チケットの取り方を紹介します!

スマチケの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

「スマチケ」とは、大手プレイガイドのイープラスが展開している電子チケットサービスです。

専用のアプリを自分のスマートフォンにインストールすることで、電子チケットを利用することができます。

 

電子チケットサービスには、フィギュアスケートで利用される「EMTG」、ラインを使用していれば使える「ラインチケット」、チケットぴあ系列の「tixeebox」などがあります。

 

イープラス系列のスマチケは、リリース自体は2015年と結構古いのですが、お世辞にもメジャな存在とは言えない状況です。

ですが、イープラスの宝塚貸切公演の一部がスマチケ限定になるなど、今後は積極的に展開される可能性もあります。

 

今回は、イープラスが展開しているスマチケの概要とメリット、デメリットや使い方についてまとめてみます。

スマチケの特徴

スマチケは、大手プレイガイドの一つ、イープラスが展開してる電子チケットサービスです。

スマチケ専用のアプリをスマートフォンに導入することで利用できます。

 

あまり知名度はないのですが、実は2015年リリースと、チケットぴあ系の「tixeebox」とほぼ同時期にサービス開始しています。

メリット、デメリットもほぼ「tixeebox」と同じですが、若干制限が緩めな感じです。

アプリ、端末の制限が緩め

スマチケの利用には、基本的にSMS認証が不要です。

他の電子チケットサービスでは、チケット受け取りにはSMSサービスの利用が必須なので、この点制限が緩めです。

これはメリットにもデメリットにもなるのですが、一般ユーザーから見ると「使いやすい」という印象になると思います。

 

ただし、公演によってはスマチケを利用する際にSMS認証が必須のケースもあるので注意が必要です。

こういう「とにかく例外が多い」ってのが電子チケットの難しいところですよね。

チケットの分配ができる

スマチケは、購入したチケットを分配することができます。

例えば、代表者が4枚購入したチケットを、他の3人の端末に分配して、それぞれの端末で利用することができます。

 

ただし、こちらも例外が多く

  • 自由に分配可能な公演
  • 事前に登録した電話番号の端末にのみ分配可能な公演
  • 分配不可で同時入場のみの公演

というパターンに分かれます。

スマチケのデメリット

専用アプリを導入する必要がある

スマチケの利用には、専用のアプリを導入する必要があります。

この点、ラインが使えればOKというラインチケットと比較して、利便性が劣ります。

リセールシステムはEMTGのサービスを利用する必要がある

スマチケには、他の電子チケットサービスで提供されている「公式リセールシステム」がありません。

ですが、2019年6月から、スマチケと提携しているEMTGのチケットトレードサービスを利用して、チケットのリセールをすることができるようになりました。

トレード対象の公演であれば、突然行けなくなってしまった場合でも、イープラスの「申込み状況照会」からEMTGトレードへのチケット出品が可能です。

 

ただし、トレード対象の公演がまだ限られていること、1つのサービス内でリセールが完結していないので、アカウントの連携などが面倒なのが課題です。

 

EMTGについて、詳しくはこちら。

EMTGの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

全ての公演で取り扱いがあるわけではない

スマチケは、イープラスで購入したチケットの発券方法の1つという位置づけです。

イープラスで購入したチケットは、大きく分けて

  • コンビニ発券
  • 郵送
  • スマチケ

という3つの方法でチケットを受け取ることができます。

どの方法でチケットを受け取ることができるかは公演によって異なるので、コンビニ発券のみだったり、郵送のみだったりすることがあります。

ですので、全ての公演でスマチケが使えるわけではありません。

 

ただし、2019年になってから、特に宝塚のイープラス貸切公演でスマチケ限定発券が増えてきています。

今後は、スマチケ限定発券の公演が増える可能性がありそうです。

 

ちなみに、スマチケが利用できる公演には、このアイコンが表示されています。

公演によって例外が多く、使い勝手が悪い

電子チケット一般に言えることですが、紙チケットと比較して制限や問題が多く、使い勝手の面でかなり劣ります。

 

紙チケットの場合、「発券してしまえば持ってるだけでOK」です。

友人の分を一緒に買ったとしても、発券したチケットを渡すだけで何の問題もありません。

注意点も「公演当日にチケットを忘れずに持っていく」くらいなので、とにかくシンプルでわかりやすいです。

 

一方、電子チケットは、

  • スマートフォン、アプリの不具合でチケットが表示されないことがある
  • スマートフォンの機種変更が原則できない
  • スマートフォンのバッテリーがあがると利用できない
  • 知人への譲渡(分配)がとてもめんどくさい
  • 公演によって例外条件や制限が非常に多い

と、とにかく例外や問題が多くてめんどくさいです。

チケットなんて、入場できればそれだけでいいのに、電子チケットはとにかく余計な手間暇がかかります。

転売防止の観点から必要なシステムだとは思いますが、正直なところ、紙チケットと比較して電子チケットが有利な点はほとんどないです。

スマチケを利用したチケットの受け取り方法

スマチケの利用は簡単で、

  1. イープラスアプリのインストール
  2. チケットのダウンロード
  3. 公演当日のチケット提示

の3ステップに分かれています。

イープラスアプリをインストールする

スマチケの利用には、イープラスアプリが必要です。

無料で利用できるアプリなので、あらかじめ端末にダウンロードしておきましょう。

e+(イープラス) チケット・ニュース・スマチケ

e+(イープラス) チケット・ニュース・スマチケ
開発元:eplus inc.
無料
posted withアプリーチ

チケットをダウンロードする

購入したスマチケのチケットを端末にダウンロードします。

1.購入後に届くメールのリンクを選択する

 

2.イープラスアプリでリンクを開く

 

3.ダウンロードが完了すると、アプリ内にチケットが表示されます

当日会場でスマチケ画面を提示する

公演当時は、イープラスアプリからチケットを表示して係員に見せるだけで入場できます。

スクリーンショットなど画面コピーでは入場できません。

1.イープラスアプリから「入場画面に進む」を選択します

 

2.表示される画面を係員に見せるだけです

スマチケを利用したチケットの分配方法

スマチケでは、QRコード、ライン、メールなどを利用してチケットを分配することができます。

ただし、公演により分配に制限があり、

  • 自由に分配可能な公演
  • 事前に登録した電話番号の端末にのみ分配可能な公演
  • 分配不可で同時入場のみの公演

というケースがあるので注意が必要です。

1.該当公演のチケット画面で「分配する」を選択する

 

2.分配するチケットを選択し「次へ」を選択する

 

3.分売する方法を選択し「次へ」を選択する

スマチケがうまく受け取れない場合、スマチケ購入後に機種変更した場合、分配の制限について知りたい場合

スマチケは電子チケットなので、紙チケットとは違った問題が発生することがあります。

特に

  1. スマチケがうまく受け取れない場合
  2. スマチケでチケットを購入後に機種変更した場合
  3. チケットの分配の制限が知りたい場合

この場合は、紙チケットでは必要ない手続きや知識が必要です。

 

結論から言うと、このような場合は、イープラスのスマチケ専用サポートセンターに問い合わせるのが一番です。

この3つのケースは、利用している端末や公演の種類によって大幅に取り扱いが変わります。

解説サイトに載っている内容は全く当てにならないので、サポートセンターに聞くのが一番です。

【スマチケ専用サポートセンター】

0570-06-9959

(受付時間12時~20時・土日祝含む)

まとめ:スマチケの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

スマチケは、イープラスが展開している電子チケットサービスです。

サービス開始は、チケットぴあが展開する「tixeebox」とほぼ同時期の2015年と結構歴史があるのですが、あまり普及しているとは言えない状態です。

 

スマチケは、イープラスで購入したチケットを発券する方法の一つという位置づけです。

電子チケットならではの、機種変更でのトラブルや分配の問題があるので、現時点で積極的にスマチケを選ぶ理由はありません。

紙チケットで発券可能であれば、迷わず紙チケットを選びましょう。

 

ただし、2019年から宝塚のイープラス貸切公演がスマチケ限定になるなど、イープラスもスマチケを積極的に利用しようという動きがあります。

なので、今後は嫌でもスマチケを利用しないといけないケースも増えてきそうです。

 

いざ本番で、スマチケって何?ってなると困るので、今のうちからスマチケに慣れておくのもアリだと思います。

 

その他の電子チケットについては、こちらにまとめてあるので参考にしてみてください。

LINEチケットの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ
tixeebox(ティクシーボックス)の使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ
EMTGの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。