チケットの取り方を紹介します!

tixeebox(ティクシーボックス)の使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

tixeebox(ティクシーボックス)とは電子チケットアプリの一つです。

専用のアプリを自分のスマートフォンにインストールすることで、電子チケットを利用することができます。

 

電子チケットサービスには、フィギュアスケートで利用される「EMTG」、ラインを使用していれば使える「ラインチケット」、イープラス系の「スマチケ」などがあります。

 

tixeeboxのリリース自体は2015年5月と結構古いのですが、正直かなりマイナーな存在です。

ですが、最大手のチケットぴあが採用していることもあり、tixeeboxも今後は大化けする可能性がゼロではありません。

今回は、tixeeboxの概要とメリット、デメリットや使い方についてまとめてみます。

tixeebox(ティクシーボックス)の特徴

tixeeboxは、専用のアプリを導入することで利用できる電子チケットです。

お世辞にも「普及している」とは言えないサービスですが、実は2015年5月とリリースはかなり前で、歴史はけっこうあります。

チケットのリセールができる

tixeeboxは、「DMM Passストア」を利用することでチケットの定価リセールができます。

ただし、このリセールはtixeeboxとは別に「DMM Passストア」という別システムで対応されるため、「DMM Passストア」に別途登録が必要だったり、公演ごとに取り扱いが違ったりとかなりめんどうです。

詳しくは、この記事内で別途まとめています。

チケットの分配ができる

tixeeboxは、取得したチケットを QRコード、LINE、メール、SMSなどを利用して同伴者に分配できます。

ですが、分配には制限があって、

  • 制限がなく誰にでも分配できるチケット
  • 誰にでも分配できるが、最後の1枚は購入者が保有する必要があるチケット
  • チケット申し込み時に登録した人にしか分配できないチケット

という3種類があるので注意が必要です。

tixeebox(ティクシーボックス)のデメリット

専用アプリを導入する必要がある

tixeeboxの利用には、専用のアプリを導入する必要があります。

また、アプリを導入する端末は、「SMSサービス又は音声通話を契約しているスマートフォン」が必要です。

タブレットは動作対象外となるので注意が必要です。

この点、ラインが使えればOKというラインチケットと比較すると利便性が劣ります。

取り扱い公演が少ない

現状でtixeeboxで利用できるチケット、公演はかなり少なめで、2019年に入ってかなり力を入れているラインチケットとは正反対です。

ONE OK ROCK、椎名林檎、刀剣乱舞などの人気公演のチケットを取り扱うこともありますが、まだまだ少なめです。

 

また、公演ごとにリセールやチケットの受け取り方が違うのも不便です。

人気公演の場合は専用のページができるのですが、その説明もちょっとわかりにくいので、現状だとユーザー側がかなり勉強しないと使いにくいサービスです。

<例>

ONE OK ROCK2018ライブの説明

公演によって例外が多く、使い勝手が悪い

電子チケット一般に言えることですが、紙チケットと比較して制限や問題が多く、使い勝手の面でかなり劣ります。

 

紙チケットの場合、「発券してしまえば持ってるだけでOK」です。

友人の分を一緒に買ったとしても、発券したチケットを渡すだけで何の問題もありません。

注意点も「公演当日にチケットを忘れずに持っていく」くらいなので、とにかくシンプルでわかりやすいです。

 

一方、電子チケットは、

  • スマートフォン、アプリの不具合でチケットが表示されないことがある
  • スマートフォンの機種変更が原則できない
  • スマートフォンのバッテリーがあがると利用できない
  • 知人への譲渡(分配)がとてもめんどくさい
  • 公演によって例外条件や制限が非常に多い

と、とにかく例外や問題が多くてめんどくさいです。

チケットなんて、入場できればそれだけでいいのに、電子チケットはとにかく余計な手間暇がかかります。

転売防止の観点から必要なシステムだとは思いますが、正直なところ、紙チケットと比較して電子チケットが有利な点はほとんどないです。

tixeebox(ティクシーボックス)を利用したチケットの受け取り方法

tixeeboxでチケットを利用する方法は、次の4ステップです。

公演ごとに取り扱いや操作手順が違うので、ちょっとわかりにくいです。

1.tixeeboxアプリのインストール

公演までに、tixeeboxアプリを端末にインストールしておきます。

アプリをインストールする際、SMSによる認証が必要となります。

このため、利用する端末は、「SMSサービス又は音声通話を契約しているスマートフォン」が必要です。

タブレットはNGですが、SIMフリースマートホンでもSMSが受信できればOKです。

tixeebox / 電子チケットの受取はティクシーボックス

tixeebox / 電子チケットの受取はティクシーボックス
開発元:Live Styles Inc.
無料
posted withアプリーチ

2.tixeeboxアプリでチケットを受け取る

チケットの受け取り、発券は公演によって異なりますが、大きく分けて「チケットぴあのCloak(クローク)で受け取り」と「パスワードで受け取り」の2つがあります。

どちらが採用されるかは公演によって異なります。

 

チケットぴあのクロークとは、ぴあでチケットを購入した時に一時的に保存されるスペースのことです。

クロークに保存されたチケットは、「コンビニでの紙発券」、「知り合いへの譲渡(分配)」、「リセール」など、ユーザーが希望する方法で取り扱うことができます。

tixeeboxに対応したチケットの場合、クローク内で「tixeeboxで引き取り」という選択肢が増える感じですね。

クロークについては、こちらにまとめてあるので参考にしてください。

チケットぴあの新サービス、クローク(Cloak)の内容とメリットとデメリット、引き取り、分配、リセール、払い戻しの便利な使い方

 

また、チケットの受け取り時にも、SMSによる認証が必要な場合があります。

この場合、チケット購入時に指定した電話番号以外の端末では、チケットを受け取ることができないケースがあるので注意して下さい。

 

【チケットぴあのCloakを利用する場合】

1.Cloakのアイテム詳細画面で、「電子チケットを引取る」⇒「tixeeboxで引き取り」ボタンをタップし、引き取り完了まで進めます。

 

2.「ぴあ会員IDと連携する」ボタンをタップしチケットぴあにログインすると、ぴあ会員IDとtixeeboxが連携されます。

 

3.対象の公演のチケットがリストに追加されます。公演当日はこのチケット画面をスタッフに見せればOKです。

 

【パスワードで受け取りを利用する場合】

1.チケットの申し込み先から、必要事項3点が通知されます。

  1. チケット受け取り案内のURL
  2. パスワード1:チケット引換番号9桁
  3. パスワード2:申込時に登録した電話番号

 

2.チケット受け取り案内のURLを開き、「チケットを受け取る」ボタンをタップすると、tixeeboxアプリが起動し、パスワード入力画面が表示されます。

 

3.パスワード入力画面で、パスワード1、パスワード2を入力し、「チケットの確認」ボタンをタップします。

 

4.「チケットを取得」をタップするとチケットがリストに追加されます。公演当日はこのチケット画面をスタッフに見せればOKです。

3.当日の入場

公演当日、入場時間が近くなると、自動的にチケット画面が入場モードになります。

入場モードになったチケットの画面をスタッフに見せればOKです。

tixeeboxを利用したチケットの分配方法

tixeeboxで取り扱う公演には、

  • 1台の端末で同伴入場ができる公演
  • 同伴入場ができないので一人一人に分配が必要な公演

の2種類があります。

同伴可の公演の場合は、1台のスマートフォンにチケットを表示して、同行者と一緒に入場できます。

 

一方、同伴入場ができない公演の場合、同伴者の端末にもtixeeboxアプリをインストールして、事前に譲渡する必要があります。

このチケットの譲渡のことを「分配」といいます。

 

チケットの分配は、分配用のコードを作製してチケットをあげたい人にお知らせするだけです。

分配用のコードはQRコードかURLで発行できるので、メールやLINEで相手に伝えます。

チケットをもらう人は、あらかじめtixeeboxアプリをインストールしておき、分配用のコードをタップします。

 

また、チケットの分配は公演によって制限が異なります。

  • 制限がなく誰にでも分配できるチケット
  • 誰にでも分配できるが、最後の1枚は購入者が保有する必要があるチケット
  • チケット申し込み時に登録した人にしか分配できないチケット

下に行くほど制限がきつくなる感じですね。

 

この制限は公演によって結構変わります。

例えば、2018年のONE OK ROCKは一番厳しい制限が適用され、分配先はチケット申し込み時に指定する必要があり、その人以外には分配ができませんでした。

2019年は分配の条件が緩くなり、チケット申し込み時に分配先を指定する必要がなく、誰にでも分配が可能になりました。

ただし、すべてのチケットを分配することはできず、最後に1枚はチケット購入者の端末に残す必要があります。

 

このあたりの分配の制限は公演ごとに異なるので、事前によくチェックしておきましょう。

tixeebox(ティクシーボックス)を利用したチケットのリセール

tixeeboxは、都合により行けなくなった公演のチケットをリセールに出すことができます。

リセールは、「DMM Passストア」を経由する必要があります。

リセール対象のチケットは、「対象のチケット一覧」で確認することができます。

DMM Passストアとは?

DMM Passストアとは、チケットをリセールに出したい人とチケットを探している人をマッチングして、チケットを定価でお譲りする事ができるサービスです。

DMM Passストアでは、tixeeboxアプリで発券されたチケットのみリセールの取り扱いをすることができます。

【リセール対象】

tixeeboxアプリで発券されたチケットのみで、紙チケットを取り扱うことはできません。

【支払い方法】

クレジットカード、DMMポイント

DMM Passストアを利用したリセールの方法

DMM Passストアを利用したリセールは、公演ごとに取り扱いや申込期限が異なります。

【チケットをリセールに出したい場合】

  1. 期限内にチケットのリセール手続きをする
  2. マッチングが成立後にDMM Passストアからメールが届く
  3. チケット代金受け取り用の口座を登録する
  4. マッチング完了後、受け取り口座にチケット代金が振り込まれる

 

<注意事項>
  • リセールする相手を選択することはできません
  • マッチング不成立の場合チケットは返却されます
  • 口座情報の登録にはDMMの会員登録が必要です
  • マッチング成立した場合、所定の手数料+振り込み手数料324円が必要です

【チケットを買いたい場合】

  1. 対象のチケット一覧」から、買いたいチケットを探してリクエストする
  2. マッチングが成立した場合、DMM Passストアからメールが届く
  3. 指定日までにチケット代金を支払う
  4. チケットは表示予定日に自動でtixeeboxアプリに表示されるため、受け取り手続きは不要
 
<注意事項>
  • マッチング相手を選択することはできません
  • マッチング成立後のキャンセルはできません
  • マッチング成立した場合、所定の手数料が必要です。

tixeeboxでチケットが受け取れない場合、購入後に機種変更した場合、分配の制限について知りたい場合

tixeeboxは電子チケットなので、紙チケットとは違った問題が発生することがあります。

特に

  1. tixeeboxでチケットが受け取れない場合
  2. tixeeboxでチケットを購入後に機種変更した場合
  3. tixeeboxの分配の制限が知りたい場合

この場合は、紙チケットでは必要ない手続きや知識が必要です。

 

結論から言うと、このような場合は、tixeeboxのサポートセンターに問い合わせるのが一番です。

この3つのケースは、利用している端末や公演の種類によって大幅に取り扱いが変わります。

色々と解説しているサイトもありますが、正直あてにならないので、サポートセンターに聞くのが正確で手っ取り早いと思います。

【tixeebox専用サポートセンター】

◆WEBでの問い合わせ

問い合わせフォーム

◆電話での問い合わせ

03-6679-2082

(受付時間 : 全日 10:00-19:00)

まとめ:tixeebox(ティクシーボックス)の使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

電子チケットシステムとして2015年から展開しているtixeebox。

正直知名度はかなり低く、「行きたい公演がたまたまtixeeboxのみ対応だった」という人以外、ほとんどの人が知らないシステムだと思います。

 

ラインチケットと比較すると、やっぱり専用アプリをインストールしないとダメってのがハードルが高めです。

また、リセールに出品するためには別サービスへの登録が必要だったり、公演によって分配のシステムが違ったりと、使い勝手の悪さが少し目立ちます。

 

正直、チケット発券方法として紙チケットが選択できるのであれば、tixeeboxを選ぶ理由はありません。

 

ですが、今後はtixeebox限定のチケットが増える可能性もあります。

いざ本番で、tixeeboxって何?ってなると困るので、今のうちからtixeeboxに慣れておくのもアリだと思います。

 

その他の電子チケットについては、こちらにまとめてあるので参考にしてみてください。

LINEチケットの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ
スマチケの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ
EMTGの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。