notte stellata日テレゼロチケ枠アンケート受付中!

JCBカープカードのメリット、デメリット

JCBは、セ・リーグの6球団と提携して「JCBセ・リーグオフィシャルカード」というクレジットカードを発行しています。

JCBカープカードはそのうちの一つで、広島東洋カープと提携しているクレジットカードです。

カード券面にはカープのチームロゴが印字され、ファンであれば保有しているだけでも満足感があると思います。

 

そして、JCBカープカードを持っていると「マツダスタジアムのカープ戦のチケット」の先行販売に参加できます。

これが実はおすすめで、私もJCBカード枠で「ゴールデンウイークのカープ対ジャイアンツ戦のチケット6連番」を取れてます。

そのほかにも色々な特典があるJCBカープカードのメリットとデメリットについてまとめてみます。

JCBカープカードの概要

JCBカープカードには、「一般カード」と「ゴールドカード」の2種類があります。

一般カード

【年会費】

  • 本人:2,000円(税別)
  • 家族会員:400円(税別)

【旅行傷害保険】

なし

【国内・海外航空機遅延保険】

なし

【ショッピングガード保険】

  • 海外:最高100万円
  • 国内:なし

ゴールドカード

【年会費】

  • 本人:10,750円(税別)
  • 家族会員:1枚目無料、2枚目から1,000円(税別)

【旅行傷害保険】

  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高5,000万円

【国内・海外航空機遅延保険】

  • 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):2万円限度
  • 出航遅延費用等保険金(食事代):2万円限度
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等):2万円限度
  • 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等):4万円限度

【ショッピングガード保険】

  • 海外:最高500万円
  • 国内:最高500万円

JCBカープカードの特徴とメリット

1.カープオリジナルデザインのクレジットカードが持てる

カープカードの大きなメリットの1つが、カープオリジナルデザインのクレジットカードが保有できることです。

カードには一般カードとゴールドカードの2種類があります。

一般カード

 

ゴールドカード

 

一般カードとゴールドカードの違いは、大きく分けると次の3点です。

(1)デザインが違う

一般カードはカープのチームカラーである「赤」を基調としたカードです。

ゴールドは金色になってしまうので、個人的には一般カードのほうがカープらしくて好きかな。

(2)年会費が違う

カープカードは年会費が必要なクレジットカードで、一般カードとゴールドカードでは結構年会費が違います。

  • 一般カード:2,000円
  • ゴールドカード:10,750円

(3)補償内容とプレゼントの当選確率が違う

ゴールドカードには「旅行傷害保険」、「国内・海外航空機遅延保険」が付帯しています。

また、プレゼントに応募した時の当選確率が「2倍」と言われています。

 

ゴールドカードのメリットは主に

  1. 家族カードの1枚目が無料
  2. 旅行傷害保険、航空機遅延保険、ショッピング保険が充実

の2点です。

カード券面がゴールドになること+上記特典に魅力があればゴールドカード、それ以外の場合は一般カードを選択すればOKです。

普通は一般カードを選択するのがいいと思います。

2.チケットの優先販売に申し込める

JCBカープカードを持っていると、JCBのチケット優先販売枠、いわゆるJCBカード枠を利用することができます。

このJCBカード枠は知名度が低いので、特に人気チームの場合は利用する価値があります。

 

ちなみに、JCBカープカードを持っていれば、マツダスタジアムだけでなく、他球場(東京ドームを除く)のチケット発売にも参加できます。

なので、チケットを取るのが大変な横浜スタジアムや甲子園球場などのチケットが欲しいときにも役立ちます!

3.プレゼント企画がある

こちらは「おまけ」程度ですが、カード保有者向けのプレゼント企画があります。

【公式戦チケットプレゼント】

毎年5月16日~翌年5月15日の期間中にJCBセ・リーグカードを合計12万円以上利用した人の中から、抽選で招待されます。
※ゴールドカード会員の当選確率は「2倍」

【選手直筆サイン色紙プレゼント】

毎年5月16日~翌年5月15日の期間中にJCBカープカードを合計12万円以上利用した人の中から、抽選でサイン色紙をプレゼント!
※ゴールドカード会員の当選確率は「2倍」

【球団主催のイベントに抽選で招待】

球団が主催するファン感謝デーなどに抽選で招待されます。

JCBカープカードのデメリット

1.年会費がかかる

JCBカープカードは年会費が必要で、一般カードで2,000円(税別)、ゴールドカードで10,750円(税別)となります。

やっぱり年会費が必要なのはデメリットですが、チケットの優先販売を利用するとちょっと話が変わってきます。

 

JCBカード優先枠でチケットを購入する場合、チケットの購入手数料は300円(税別)です。

他のプレイガイドの先行発売でチケットを購入すると、500円~800円(税別)程度の手数料を取られてしまいます。

 

JCBカード枠は手数料がお安めなので、例えば4枚チケットを買うと、手数料が高いプレイガイドと比較して2,000円くらいは簡単にお得になります。

なので、チケットの先行販売を利用するのであれば、年会費2,000円も決して高くはないと思います。

2.プレゼントは抽選形式なので運試し

JCBカープカードのプレゼント特典は抽選方式です。

特に応募の必要がなく、カード使用金額の条件などをクリアしていれば自動応募と便利なのですが、あくまで抽選方式です。

運が悪いと全くメリットなしという可能性もあります。

まとめ:JCBカープカードのメリット、デメリット

JCBカープカード 」は、JCBがセ・リーグと提携して発行しているクレジットカードの一つです。

カード券面には、カープのロゴが印刷されているので、デザインだけでもファンには人気があります。

 

プラスして、「JCBカープカード 」を持っていると、JCBが企画するカープチケットの優先販売枠=JCBカード枠を利用できます。

JCBカード枠は、1塁側、3塁側の内野指定席A、しかも前方の良席を確保していることが多めで、私もよく利用しています。

 

一般カード、ゴールドカードどちらを作るかですが、個人的には一般カード一択だと思います。

ゴールドカードは年会費のわりにメリットが少ないこと、券面自体が一般カードのほうがいいことが理由です。

カープファンであれば一考の価値があるクレカなので、ぜひ検討してみてください。

How to get a Ticket

コメントをどうぞ(名前にはニックネームを入力してください)

名前欄を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ