野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

チケットぴあの新サービス、クローク(Cloak)の内容とメリットとデメリット、引き取り、分配、リセール、払い戻しの便利な使い方

2018年4月18日から、チケットぴあで新サービス「クローク(Cloak)」が運用されています。

クロークの導入によりチケットの発券方法、リセールが変更され、新たに「分配」制度がスタートしました。

 

チケットぴあの新サービス「クローク(Cloak)」の概要と使い方についてまとめてみます。

チケットぴあのクローク「引き取り」「分配」「リセール」の特徴とメリット、デメリット

クロークとは、チケットぴあで購入したチケットを「引き取り」「分配」「リセール」できるサービスです。

サービスは2018年4月18日(水)から運用されています。

従来のシステムと比べて大きく変わるのは次の3点です。

1.チケットの発券方法と受け取り時期、払い戻し方法が変わる

これまでは、チケット購入時、または抽選申込時に、チケットをどこで発券するかという「チケット受け取り方法」を指定していました。

「セブンイレブンで発券」とか「郵送」とかですね。

 

クローク導入後は、チケット購入・抽選申込時点では、チケット受け取り方法を指定する必要がありません。

チケットが確保できると、クロークにチケットが保管されるので、期日までに好きな受け取り方法を選択して発券する感じになります。

 

また、これまでは「チケット代金をコンビニ支払い」を選択すると、支払と同時にチケットを受け取ることができました。

今後は、コンビニ支払いでも、チケットは同時に受け取れません。

チケットはクロークに保管されるので、クロークサイト内で発券場所を選択する必要があります。

【クロークを利用した発券のメリット】 

購入時ではなく、発券前に「どこでチケットを受け取ればいいか」を決めることができるようになります。

すごく便利になるわけではありませんが、近くにセブンイレブンがないけど、ファミマならある!!というと時にちょっと便利かな??

 

あと、地味に便利になったのが公演中止の際の払い戻し方法がクロークの導入で変わりました。

従来は発券店舗で払い戻しする必要がありましたが、クロークに保管しているチケットは、発券しなくても登録している口座に直接払い戻しを受けることができます。

 

詳しくはこちら

チケット払い戻し方法、期間はプレイガイドにより違うので注意!(チケットぴあ、e+イープラス、ローソンチケット)

【クロークを利用した発券のデメリット】

大きなデメリットはありませんが、以前の「購入時に発券方法を決める」方式のほうがわかりやすかったです。

普段チケットを購入することがないと、「クローク?なにそれ?」となりますよね。

また、チケット購入後、発券前に「クロークを操作して発券方法を選択する」という手間が増えたのもデメリットかな。

【クロークを利用した発券の特徴まとめ】

  • 発券前であれば受け取り方法を何度でも変更可能です。
  • 発券後はクロークに戻すことはできません。
  • 発券先は、「セブン-イレブン」「ファミリーマート」「ぴあ店舗」が選択可能です。
MEMO
購入したチケットはクロークに保管され、受け取り方法は発券前に好きな方法を選択します。

チケットぴあ

2.新たに、「分配」というシステムができる

これは大きく影響がでる新システムですね。

購入したチケットは、クロークに保管されます。

分配システムを利用すると、クロークに保管されたチケットを、1枚単位から他のぴあ会員に引き渡すことができます。

注意
  • チケット代金は、チケット購入者が全て支払います。
  • 分配はチケットの引き渡しだけで、金銭のやり取りは行えません。
  • チケットは1枚単位から分配可能です。

【クロークを利用した分配のメリット】

チケットをクロークから分配すれば、以前のように「発券してから手渡し」しなくてもチケットを譲渡することができます。

また、チケットに印字される氏名は購入者の氏名ではなく、発券時に所有している会員の氏名になります。

 

これまでも「発券番号を伝えること」でチケットの譲渡は可能でしたが、クローク分配との大きな違いは

  1. 1枚単位で譲渡可能。
  2. 受け取り側が好きな発券方法を選べる。
  3. チケットに印字される氏名が譲渡された人に変更される。

ですね。

特に、1枚単位で譲渡できるのは、一緒に行く人が急遽行けなくなった場合にかなり便利です。

また、分配には手数料がかからないのも大きなポイントです。

【クロークを利用した分配のデメリット】

特にデメリットはありません。

あえて言えば、チケットを受け取る側も、チケットぴあのアカウント(電話番号認証済み)が必要になります。

【クロークを利用した分配の特徴まとめ】

  • クローク内にあるチケットを1枚単位で別のぴあ会員に引き渡すことができます。
  • 分配には手数料が必要ありません。
  • 分配はチケットの引き渡しのみを行うものであり、金銭のやり取りは行えません。
  • チケット代金は、分配元(チケット購入者)が全額支払います。
  • チケット券面には、発券時にチケットを所持しているアカウント名が印字されます。
  • 分配を受ける側は、チケットぴあのアカウント(電話番号認証済み)が必要になります。

 

具体的な使い方はこちら

チケットぴあのクローク(Cloak)を利用した分配、リセールのメリットと手続き方法
MEMO
分配を使うと、1枚単位でチケットを譲渡できるようになります

チケットぴあ

3.リセール制度の扱いが変わる

これまでもあったチケットぴあの「定価リセールサービス」。

なんですが、

  1. 「クレジットカード決済」かつ「発券前のチケット」しかリセールの対象にならない
  2. チケット代金の10%という高い手数料

で不人気でした。

そうでなくても、チケット購入時に発券手数料とかシステム手数料とか取るのに、さらに10%って・・・。

 

で、新しくなった「リセール」はどうかというと・・・。

まず、クレジットカード決済で発券前のチケットのみという制限はなくなりました。

新システムでは、クレジットカード決済でもコンビニ決済でも、チケットはクロークに保管されます。

クロークに保管されるチケットがリセール対象なので、新システムでは決済方法にかかわらず、クロークに保管されていればリセールOKって感じですね。

 

ただし、公演によりリセール対象外となるものがあるようです。

この辺の線引きは不明ですが、とにかくリセールNGな場合もあるというのは注意が必要ですね。

 

あと、新システムでは1枚単位でリセールが可能です。

これは地味に大きいですね。

今後は友人が行けなくなった場合、1枚だけリセールというのが可能です。

肝心の手数料ですが、従来と変わらずチケット額面の10%です。

リセールが成立すると、チケット購入時に支払った各種手数料が返金されます。
※決済手数料は返金対象外

【リセール特徴まとめ】

  • 発券前のチケットのみリセールに申し込みできます。
  • リセールの手数料はチケット代金の10%です。
  • 返金額はチケット料金+各種手数料ーリセール申込手数料ー送金事務手数料ー決済手数料となります。
  • リセール申込可能期間は、公演日の前日までです。
  • リセールが成立しなかった場合、返金はありません。

 

具体的な使い方はこちら

チケットぴあのクローク(Cloak)を利用した分配、リセールのメリットと手続き方法
MEMO
新システムでは決済方法にかかわらず、クロークに保管されていればリセールOKです。

チケットぴあ

まとめ:チケットぴあのクローク(Cloak)「分配」、「リセール」のメリットと上手な使い分け

新たに2018年4月18日(水)から導入されたチケットぴあの新サービス「クローク(Cloak)」。

ちょっとわかりにくいので、普段チケットを買うことなない人にとっては???となりがちです。

 

クロークを使ったチケット発券は、

  1. チケットぴあで買ったチケットは、一度クロークに保管される。
  2. クロークに保管されたチケットをどのコンビニで発券するか指定する
  3. 指定されたコンビニで発券する

という3流れになります。

「クローク」という名前がさらにサービスの内容を分かりにくくしてますが、慣れたら簡単なシステムです。

 

また、新たに使えるようになった「分配」システムは画期的だと思います。

分配とリセールの使い分けは、それぞれのメリット、デメリットを考える必要があります。

分配を利用したほうがいい場合

分配の特徴は次の2点です。

  • 利用するのに手数料が必要ない。
  • 金銭の受け渡しはできない。

なので、

  • ツイッターなどを利用して譲り先がすでに決まっている。
  • 金銭の受け渡しが別途できる。

場合には、手数料が必要ない分配がお勧めです。

リセールを利用したほうがいい場合

リセールの特徴は次の3点です。

  • 利用にチケット額面の10%が必要。
  • リセールに出せば売り手が買い手を探す必要がない。
  • リセール代金はチケットぴあから支払われるので、買い手とお金のやり取りをする必要がない。

なので、

  • チケットの譲り先が決まっていない。
  • 売り手と買い手の間でお金のやり取りをしたくない。

場合には、リセールを利用するのがおすすめです。

 

具体的な使い方はこちら

チケットぴあのクローク(Cloak)を利用した分配、リセールのメリットと手続き方法
  • チケットぴあで購入したチケットは、クロークに保管後に発券方法を指定します。
  • 「分配」を利用すると1枚単位でチケットを譲渡できます。
  • 「リセール」が新しくなり、1枚単位、コンビニ支払いでも利用できるようになります。

チケットぴあ

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

4 Comments

くるみっこ

ありがとうございます。
記事も「公演によってはリセール申込対象外となる」旨追加しました!

返信する
隣県のおっさん

8月の京セラドームでの阪神VS広島戦、Cloakに保管してあるのですが、分配はできてもリセールは出来ないです。
公演によってぴあ側(もしくは主催者側)でリセールの可否を決めてる模様。
以下の説明有
(公演によってはリセール申込対象外となります)
ま、来年に詳細判明すると思うけどカープのチケット狙いの人はリセールを期待するのは諦めた方がよいかも。

返信する
くるみっこ

いつも有益な情報ありがとうございます。

購入されたチケットは、一般発売ですか?先行発売ですか?

クローク導入前は、同じ公演のチケットでも「先行発売はリセール不可」、「一般発売はリセール可」というのが結構ありました。
公演の種類以外にも、発売方法がリセールの可否に影響するようです。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。