野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

ぴあカードのメリット、デメリット

ぴあカードは、大手プレイガイド「チケットぴあ」のクレジットカードです。

カードを保有していると、チケットぴあの有料会員である「ぴあプレミアム会員」として様々な特典を受けることができます。

 

ぴあプレミアム会員の特典の中でも大きいのが、会員専用枠を利用できることです。

人気公演に応募する場合は、「ぴあプレミアム会員」への加入が最低条件です。

ただし、年会費が3,800円とお高めなので、メリットとデメリットをよく考えて加入してください。

ぴあカードのメリットと特徴

ぴあカードの概要

【年会費】

  • 初年度無料
  • 2年目から3,800円(税別)

【家族会員】

なし

ぴあプレミアム会員の特典を受けることができる

ぴあカードを保有し、チケットぴあの支払い方法に登録すると「ぴあプレミアム会員」の特典を受けることができます。

ぴあカードの一番のメリットはもちろんこの「ぴあプレミアム会員」になれることです。

 

ぴあプレミアム会員について詳しくはこちら。

【ぴあプレミアム会員】ぴあカードを作ると当選確率が上がる!チケットぴあでチケットを取る・買う方法

ぴあカードが届く前にぴあプレミアム会員の特典を受けることができる

「ぴあカードを持っていないけど、どうしても公演に会員枠で申し込みた」という時、ぴあカードが届く前にぴあプレミアム会員の特典を受けることができます。

ただし「すでに決済できるクレジットカードを持っている」というのが条件です。

 

チケットぴあ

ぴあカードのデメリット

年会費がお高め

ぴあカードは、年会費が3,800円(税別)とお高めです。

ライバルのエルアンコールカードが1,500円(税別)なので、倍以上高くなっています。

この年会費の高さはやっぱりデメリットです。

会員になっても当選確率はあまり高くない

チケットぴあは最大手のプレイガイドだけあって、「ぴあカード」の保有者もたくさんいます。

結果的に競争率が高くなるので、ぴあカードを作ってぴあプレミアム会員になったとしても、当選率はそれほど高くありません。

ネットを検索すると、「ぴあカード作っても当選しない」という口コミをよく目にすると思います。

ですが、これはちょっと違います。

 

一般会員の場合、プレミアム会員より更に当たりません。

とういうか、一般会員はそもそも勝負権がありません。

プレミアム会員だから当選するのではなく、勝負権を得るためにプレミアム会員になると思ってください。

チケットぴあ

ぴあカード作成時の注意点とポイント

ぴあカードには「ぴあJCBカード」と「ぴあNICOSカード」があります。

「ぴあNICOSカード」の場合は、VISAとMasterどちらかのブランドを選択することができます。

都合がいいブランドを選択すればOKですが、チケットJCBを利用したい場合は「ぴあJCBカード」、三菱UFJニコスチケットサービスを利用したい場合は、「ぴあNICOSカード」を選ぶのもありです。

【チケットJCB】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法
【三菱UFJニコスチケットサービス】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法

まとめ:チケットぴあの当選確率が高くなるぴあカード

ぴあカードは3,800円という高めの年会費がネックですが、チケットぴあでチケットを購入する機会があれば、持っておいて損はないカードです。

特に、行きたい公演にぴあプレミアム会員枠が設定される場合、一般枠では勝負権がありません。

つまり、ぴあプレミアム会員への加入が必須=ぴあカードが必須といえます。

 

また、プレミアム会員枠が設定されなくても、通常の抽選でも当選確率がUPする点がローソンチケットのエルアンコールカードより優れた点です。

 

半面、フィギュアスケートのように効果が全くない公演や、プロ野球日本シリーズのように効果が薄い公演もあります。

自分が取りたいチケットは「ぴあカードを作ることで当選確率が上がる」のか、よく確かめてからカードを作成してください。

参考 ぴあカードチケットぴあ
  • ぴあカードが届く前に、ぴあプレミアム会員の特典を受けることができます。
  • チケットぴあの抽選はプレミアム会員以外は勝負権がありません。
  • 年会費が3,800円とお高めなので、よく考えて加入しましょう。

チケットぴあ

 

【ぴあプレミアム会員】ぴあカードを作ると当選確率が上がる!チケットぴあでチケットを取る・買う方法
クレジットカード

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。