野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

【ぴあプレミアム会員】ぴあカードを作ると当選確率が上がる!チケットぴあでチケットを取る・買う方法

チケット販売を手掛けるプレイガイドでは「有料会員」を設定しています。

そして、チケットの抽選販売を実施する時には、有料会員をいろいろと優遇します。

実は、人気のある公演の場合、この「プレイガイドの有料会員」になっていないと、まずチケットは当選しません。

 

最大手のプレイガイド「チケットぴあ」の抽選に応募する場合も同様で、チケットが取れるかどうかは「有料会員になっているかどうか」が大きなポイントです。

チケットぴあの有料会員は「ぴあプレミアム会員」です。

チケットぴあの有料会員「ぴあプレミアム会員」とは

「ぴあプレミアム会員」とは、チケットぴあブランドのクレジットカード「ぴあカード」を保有し、チケットぴあの決済方法に「ぴあカード」を登録してる会員です。

ぴあカード

【年会費】

  • 初年度無料
  • 2年目から3,800円(税別)

 

ぴあカードについて、詳しくはこちら。

ぴあカードのメリット、デメリット

ぴあプレミアム会員の概要

【特典】

  1. ぴあプレミアム会員だけが申込める、最速抽選「いち早プレリザーブ」に申し込みできる
  2. 一般発売の前にぴあプレミアム会員限定の「先行抽選」「先行先着」がある
  3. 先行抽選「プレリザーブ」、追加抽選「モアチャンス」の当選確率が自動的にUPする
  4. 一般発売のチケット発券手数料(100円/枚)が無料になる(指定コンビニのみ)
  5. ぴあプレミアム会員だけが使える専用電話がある

チケットぴあ

チケットぴあプレミアム会員のメリット

ぴあプレミアム会員限定の先行抽選販売に申し込める

ぴあプレミアム会員になると、「ぴあプレミアム会員限定先行」を利用することができます。

ぴあプレミアム会員のメリットとしては、これが一番大きいです。

 

「ぴあプレミアム会員限定先行」とは、ぴあプレミアム会員だけが応募できる先行抽選です。

一般会員は応募できないので、当然当選確率は高くなります。

 

「ぴあプレミアム会員限定先行」は全ての公演に設定されるわけではありません。

ですが、設定された場合は、「ぴあプレミアム会員限定先行」が利用できないと、ほぼ勝負権ありません。

人気公演の場合、一般枠ではまず当選しないと思ったほうがいいです。

先行抽選、追加抽選の当選確率が自動的にUPする

ぴあプレミアム会員は、チケットの代支払い方法を「ぴあカード」にしておくと、先行抽選販売の当選確率が自動的にUPします。

どのくらい確率がUPするのかは不明ですが、感覚的にぴあプレミアム会員でなければ勝負権がない感じです。

 

私は自分のぴあプレミアム会員+家族名義の一般会員3名義、合計4名義で応募することがあります。

競争率が高めのチケットでも、プレミアム会員の場合はある程度の確率で当選しますが、一般会員ではほとんど当選しません。

一般発売のチケット発券手数料(100円/枚)が無料になる

確かにメリットなんですが、あまり使えません。

なぜなら、発券手数料が無料になるのは「一般発売のチケット」のみで、先行発売や抽選の場合は普通に発券手数料がかかります。

正直、チケットを一般発売で買う事って少ないので、活躍の場が少ない感じです。

ぴあプレミアム会員だけが使える専用電話がある

あんまりメリットがない特典かな。

電話で先着販売のチケットを取るのって一般人には至難の業です。

専用電話でもかなり混雑するので、WEBかコンビニ店頭端末を利用するほうがおすすめです。

プラチナパスが使える

これも微妙かも。

プラチナパスとは、2017年からチケットぴあが開始したサービスで、ぴあプレミアム会員は自動的にプラチナパス保有となります。

プラチナパスを持っていると、「WEBでの購入時、混雑していてもつながりやすくなる」とあります。

ですが、発売開始時刻にはパスを持っていても繋がらないので、あまり優位性を感じたことがありません。

【チケットぴあ「プラチナパス」と「当選確率UP券」の効果は?】ぴあステージサービスの特典を検証
ぴあプレミアム会員のメリット
会員限定の抽選販売があることに加えて、一般向けの抽選販売でも当選確率がUPします。

チケットぴあ

チケットぴあプレミアム会員のデメリット

年会費がお高め

ぴあプレミアム会員になるためには、クレジットカードのぴあカードを作る必要があります。

このぴあカード、初年度は無料ですが、2年目以降は年会費3,800円(税別)がかかります。

ローソンチケットのクレジットカード「エルアンコールカード」の年会費が1,500円なので、割高なのは否めません。

座席がいいとは限らない

ぴあプレミアム会員限定のチケットのほうが座席がいいとは限りません。

正直、一般発売のほうが座席がいい場合がよくあります。

ぴあプレミアム会員枠で後方席、一般販売で前方席とか普通にあります。

 

野球のように、座席位置があまり影響なく、観れればどこでもいい場合には問題ありません。

ですが、演劇関連で前方座席を希望する場合は、「抽選の結果、後方席となるリスクが」あることを知っておいてください。

どうしても前方席を希望する場合は、ファンクラブか、別途紹介する貸切公演などで購入したほうがいいです。

ぴあプレミアム会員のデメリット
プレミアム会員だからといって座席もプレミアムであるとは限りません。

チケットぴあ

まとめ:チケットぴあで応募する場合、当選確率が高いぴあカードを作ろう!

チケットぴあのプレミアム会員は年会費がかかるのがデメリットですが、抽選販売では威力を発揮します。

正直、一般会員では歯が立ちません。

 

実は、超人気公演の場合、プレミアム会員でも当選確率はそれほど高くありません。

どちらかというと「プレミアム会員でも当たらない」という印象を持つ人が多いと思います。

 

なんですが、一般会員の場合、プレミアム会員より更に当たりません。

とういうか、一般会員はそもそも勝負権がありません。

 

プレミアム会員は当たらないから辞めようという方もいますが、それはちょっと考え方が違います。

プレミアム会員だから当選するのではなく、勝負権を得るためにプレミアム会員になると思った方がいいです。

 

通常、クレジットカードの作成には2週間から1か月かかります。

ですが、チケットぴあの場合は「ぴあカード入会手続きが完了すれば先行してプレミアム会員の特典を利用」することができます。

急ぎで抽選に申し込みたい場合はこの制度を活用してください。

参考 ぴあカードチケットぴあ
  • チケットぴあの抽選はプレミアム会員以外は勝負権がありません。
  • ただし、プレミアム会員先行が良席というわけではないです。
  • 年会費分の価値は十分にあります。公演により使い分けましょう。

チケットぴあ

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。