チケットの取り方を紹介します!

台風の進路予報は気象庁と米軍を併用しよう!野球中止の判断、交通機関の遅延予想にも使える

日本列島には、7月から9月頃にかけて台風がやってきます。

台風が近づくと、当然天気が荒れ模様になり野球や演劇などのイベントは中止となってしまいます。

 

楽しみにしていたイベントが開催できるのかは、やっぱり気になるところです。

普段の天気予報については、以前ご紹介したGPVとSCWを利用するのがおすすめです。

GPV気象予報、SCW、高解像度降水ナウキャストの使い方!1週間以上先の天気や雨の様子も予想できる!

 

ですが、どちらも台風接近時はあまり役に立ちません。

台風の進路で大きく予報が変わってしまうからです。

 

なので、台風接近時は台風の進路予報と到達時間予報を知ることが重要です。

 

天気予報、台風の進路予報というと、やっぱり気象庁が思いつきます。

なんとなく、気象庁は世界でもトップクラスの予報技術を持っていそうな気がしますが、実は違います。

 

個人的な意見ですが、気象庁より、ヨーロッパやアメリカの予報技術のほうが進んでいると思います。

特に、ヨーロッパはすごいですね。

 

なので、台風の進路予報を確認するとき、気象庁の情報だけでななく、他の進路予報も確認するようにしてください。

 

台風の進路予報を確認する場合、おすすめのサイトは2つです。

1つはもちろん気象庁、もう一つはJTWC(米軍合同台風警報センター)いわゆる米軍の情報です。

 

なお、このページに書いてある内容は、それなりの経験に基づいてはいるものの、すべて個人的な感想であることをご承知ください。

気象庁の台風情報の使い方

日本の天気予報と言えば、やっぱり気象庁です。

特に日本列島に近づいてきた時の台風進路や、台風の到達時間の予測については精度が高めです。

 

気象庁のサイトで 確認できる台風進路予報では、5日先までの進路予報が確認できる「台風経路図(台風5日進路予報)」がおすすめです。

1.気象庁の台風情報のページにアクセスする

気象庁の台風情報のページにアクセスします。

参考 台風情報気象庁

2.台風情報を選択する

標準では若干見ずらいので、表示方法を選択します。

おすすめは次の設定です。

  • 台風情報:「台風経路(台風5日進路予報)」
  • 台風選択:「表示したい台風」
  • 経路図選択:「72時間拡大」

 

気象庁台風情報を利用するときの注意点

【1.表示されている意味を正確に把握する】

台風情報に表示されている情報の意味を正確に確認しましょう。

例えば、台風の予報進路図に表示されている円は「予報円」と呼ばれています。

台風の中心が予報円に入る確率は70%です。

【2.台風72時間進路予報は表示されない時間帯がある】

一番見やすくておすすめの「台風72時間進路予報」は、1日4回(04時頃、10時頃、16時頃、22時頃)発表されます。

また、更新にちょっと時間がかかる傾向があるので、「他の情報が発表されているのに台風72時間進路予報だけがまだ」ってことがあります。

時間が経つとちゃんと表示されるようになります。

MEMO
気象庁の台風進路予報は、日本列島に近づいてきた時の台風進路や、台風の到達時間の予測が正確です。

JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風情報の使い方

台風情報は、アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報でも確認できます。

個人的な感想ですが、米軍の方が気象庁の台風進路予報よりかなり正確な進路を予報してくれます。

もちろん外れる時もありますけどね。

ですが、特に日本列島から離れた地点からの進路予報は米軍の方が精度が高いです。

1.米軍合同台風警報センターのトップページにアクセスする。

 

JTWC(以下米軍)の台風予報の使い方はちょっとクセがありますが、慣れれば簡単です。

ですが、接続先のURLがよく変わりますので注意してください。

2018年6月時点ではこちらです。

参考 米軍合同台風警報センターJTWC

 

赤枠で囲んでるところに、「JTWC Tropical Warnings」欄に、現在発生している台風が表示されます。

台風が発生していない場合は何も表示されません。

なお、米軍と気象庁では台風の定義が微妙に違うため、気象庁では表示されないのに米軍では表示されるってこともあります。

 

日本近海の台風情報を確認したい場合は、「Current Northwest Pacific/North Indian Ocean* Tropical Systems」(現在の北太平洋/北インド洋 熱帯系)を確認すればOKです。

台風が発生していて、「Current Northwest Pacific/North Indian Ocean* Tropical Systems」欄に情報が表示されている場合は、「TC Warning Graphic」を選択してください。

2.台風進路予報画が表示される

選択した台風の進路予報図が表示されます。

台風が発生した初期や日本列島から離れているときは、米軍の予報の方が精度が高い傾向があります。

米軍の台風進路予報を利用するときの注意点

米軍の台風進路予報を利用するときには、何点か注意点があります。

【1.表示されている時刻が世界時刻になっている】

米軍の台風進路予報に表示される時刻は協定世界時となっています。

このため、日本時間に直すには時差の9時間を加える必要があります。

【2.台風進路予報図の見方が微妙に違う】

台風の進路予報図に表示される内容が微妙に違います。

たとえば、台風の進路予報と共に表示される円の意味が気象庁と米軍で違います。

  • 気象庁:予報円と呼ばれ、その時刻に台風がその円の中に入る確率が70%と予報されるエリアです。
  • 米軍:ある一定の風速以上の暴風が予報されるエリアです。

 

また、速度の表示も米軍はknots(ノット)で表示されます。

時速〇キロメートルに変換したい場合は、1knots=1.852km/hなので、計算がちょっと面倒です。

【3.気象庁と米軍では台風の番号が違う場合がある】

日本では、よく「台風〇号」という表現が利用されます。

米軍でも台風に番号が振られますが、気象庁で使用する番号と違う場合があります。

これは、気象庁と米軍では、「台風の定義」が微妙に違うためで、「気象庁では台風としてカウントされないのに米軍ではカウントされる台風」が発生すると、どんどんずれてきます。

MEMO
台風が発生した初期や日本列島から離れているときは、米軍の予報の方が精度が高い傾向があります。

台風の東側は雨風が強くなり危険

気象庁と米軍を利用すると台風の進路予報を確認することができます。

併せてぜひ知っておいてほしいのが、台風の東側は雨・風共に強くなるということです。

【台風に伴う風の特性】

台風は巨大な空気の渦巻きになっており、地上付近では上から見て反時計回りに強い風が吹き込んでいます。

そのため、進行方向に向かって右の半円では、台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が強くなります。

逆に左の半円では台風自身の風が逆になるので、右の半円に比べると風速がいくぶん小さくなります。

(気象庁)

難しいことは置いておいて、とにかく台風の東側は風や雨が強くなります。

 

なので、例えば広島在住の場合を考えると

  1. 岡山県を台風が通過する場合は、雨・風が控えめ
  2. 九州北部~山口県を通過する場合は、雨・風が非常に強い

という傾向があるということです。

もちろん、台風の接近に伴う前線の活発化など、それ以外の要素もあるので一概には言えませんが、おおむねの傾向として「台風が住んでるところの西を通過する場合は要注意!」です。

 

実は、この「台風の東と西と雨・風の差」は結構大きくて、極端な話、台風が西側を通るくらいなら台風が上陸するほうが全然ましです。

なので、台風の進路状況と合わせて、住んでいるところ(天気を確認したいところ)のどちら側を台風が通るのかも合わせて確認しましょう。

MEMO
台風が西側を通過するときは雨、風が強くなるので要注意です。

まとめ:台風の進路予報は気象庁と米軍JTWCを併用しよう!違いと使い方。

台風の進路予報はいろいろな機関が発表しますが、おすすめは気象庁と米軍の台風情報です。

 

ウェザーニューズは無料ならともかく、有料会員になってまで見なくてもいいと思います。

アプリの使い方や情報画面などはきれいで見やすいのですが、肝心の予報精度についてはいまいちです。

傾向的に気象庁と米軍の中間の予報を出すことが多く、「ウェザーニューズ」すごい!と思ったことはほとんどありません。

あくまで、個人的な感想ですよ。

ですが、アプリの出来も良く、気象庁、米軍、ウェザーニューズの台風進路予報を重ねて一度に比較できたりと、使い勝手は断トツです。


気象庁の台風予報は、日本列島に近づいた時は一番正確だと思います。

日本列島に近づくと情報の更新頻度も高くなりますし、特に予報到達時刻の正確性は一番です。

ですが、数日先の予報や日本列島から離れた地点の台風については、正直米軍やヨーロッパの予報にかなり劣ります。


米軍の台風予報は、個人的に一番信用しています。

特に、台風発生初期や日本列島から離れた地点、数日先の予報は、米軍が一番です。

 

ただし、表示時刻に9時間足す必要があったり、予報円の意味が違ったり、頻繁にサイトのURLが変わったりと使いにくいところもあります。

ですが、米軍の予報を使えるかどうかは、特に台風予報では大きな差になるので、ぜひ試してみてください。


7月から9月にかけて台風の接近が多い日本列島。

予定がある場合は特に台風進路が気になりますよね。

特に、野球や演劇などの観戦予定がある時は、台風進路に一喜一憂することもあります。

 

台風の進路予報といえば、普通は気象庁の予報だけを見てしまいますが、ぜひ米軍の予報も見るようにしてください。

米軍の予報は、最初の見方が難しいですが、慣れれば簡単です。

もちろん野球観戦やお出かけの予定がある時だけではなく、普段の生活でとっても便利になりますよ!

(実はヨーロッパの予報が「かくれ予報精度一番」なのですが、ちょっと使い方が難しいのでこれは要望があれば)

  • 台風の進路予報は、気象庁と米軍を併用するのがおすすめです。
  • 日本列島に台風が近づいたときは気象庁の予報が正確です。
  • 米軍の予報は表示の意味合いが気象庁と違う場合があるので注意が必要です。

 

GPVとSCWの使い方についてはこちら

GPV気象予報、SCW、高解像度降水ナウキャストの使い方!1週間以上先の天気や雨の様子も予想できる!

 

入手困難なチケットの取り方、裏技はこちら

「観戦・観劇ガイド」と「おすすめグッズ」 チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。