チケットの取り方を紹介します!

チケットの当選確率を上げるため応募数を増やす!アカウント登録、電子チケット用に電話番号を複数持つ方法

抽選方式のチケットの当選確率を増やそうと思った場合、いろいろな方法があります。

プレイガイドの有料会員になったり、グッズ付きのチケットに応募したり、申込方法を工夫したりと地味な努力をすることで当選確率は上がります。

中でも、応募数を増やすというのは一番シンプルで効果がある方法です。

応募数が多ければ多いほど、当選確率が上がるのはイメージできますよね。

 

また、フィギュアスケートやマツダスタジアム開催のCSのように、優先枠やグッズ付きチケットの設定がなく、とにかく応募数が勝負!!というケースもあります。

そんな時は、とにかく家族などを総動員してチケット応募数を増やすしかありません。

 

当選確率を上げるために一番単純で効果のある「応募数を増やす」という方法ですが、ちょっと問題もあります。

実はここ数年、プレイガイドのアカウント作成時には、不正応募を防ぐために「電話による認証」が必須になっています。

なので、応募数を増やす=アカウントを増やそうとすると、電話番号を複数持つことが必須になってきます。

また、サブ端末も合わせて持っていると、フィギュアスケートの電子チケットにも複数応募できるようになります。

 

電話番号って一人1番号しか持てないのでは?と思いがちですが、実は、一人で複数の番号を持つことができます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手通信会社の場合は、公式に一人5回線まで電話回線を持つことができます。

ですが、大手通信会社の電話料金は高いので、費用対効果の面であまりおすすめできません。

 

個人的おすすめは、格安通信会社の回線、いわゆる格安通信サービス(=格安シム)を利用することです。

ただし、この格安シムの利用には、ちょっとした知識が必要です。

適当に手を出すと痛い目に合うので、よく確認してみてください。

プレイガイド別アカウント作成時の認証方法

プレイガイドでは、不正登録防止のために、アカウント作成時に電話番号による認証を行っています。

認証方法はプレイガイドにより異なります。

チケットぴあの認証方法

チケットぴあの認証方法は、「指定された番号に電話をかけることで認証する」という方法です。

ですので、音声通話ができる電話番号であればOKなので、自宅の固定電話でも登録できます。

ローソンチケット、イープラスの認証方法

ローソンチケット、イープラスの認証方法は、「登録した電話番号にSMS(ショートメッセージ)を送付し、メッセージに記載されている番号を入力する」という方法です。

なので、自宅の固定電話ではSMSを受信できないので登録できません。

基本的に、携帯電話・スマートフォンの登録が必須となります。

【SMSとは】

SMSとは、Short Message Serviceの略で、携帯電話同士で電話番号を宛先にしてメッセージをやり取りするサービスです。

チケットの応募数を増やすためには電話番号が必要

2017年頃から、プレイガイドでは電話による認証をしないとチケット購入ができなくなっています。

つまり、複数のアカウントを作って応募しようと思ったら、必ず複数の電話番号が必要ということになります。

 

なんとなく、携帯電話の番号って一人1つなイメージがありますが、実はドコモ、au、ソフトバンクでは、一人当たり5回線まで保有することができます。

なので、最大でドコモ5回線、au5回線、ソフトバンク5回線の合計15回線も保有することができるんですね。

でも、こんなに回線持ってたら維持費で大変なことになります。

なので、おすすめは格安シムを利用することです。

格安シムを利用すると、月額1,000円程度で電話番号を持つことができます。

 

注意点として、必ず「音声付きプラン」を選んでください。

データプランは安いのですが、音声認証やSMS認証ができないので意味がないです。

格安シムを使って電話番号を保有する方法

格安シムを利用すると、月額1,000円以下で電話番号を持つことができます。

 

スマートフォンには、SIMカードと呼ばれるICチップ付きのカードが差し込まれています。

SIMカードには、電話番号などの情報が書き込まれています。

なので、SIMカードを差し替えることにより、1台のスマートフォンで複数の電話番号を使い分けることができます。

 

また、機種変更して古くなったスマートフォンに、格安シムを差してサブ機として使う方法もおすすめです。

なので、機種変更の際には古いスマートフォンを捨てたり、下取りに出したりしないでください。

二束三文で手放すより、格安シムを差してサブ機として利用したほうがずっと価値があります。

1.格安シムを契約する

自分のスマートフォンに合った格安シムを契約します。

格安シムは自前の基地局やアンテナを持っていないため、ドコモ、au、ソフトバンクの保有している通信網を借りてサービスを提供しています。

なので、格安シムを契約する時には、

  • ドコモの通信網を利用するドコモ回線プラン
  • auの通信網を利用するauプラン
  • ソフトバンクの通信網を利用するソフトバンクプラン

という3種類の回線プランから選ぶことになります。

 

基本的に、自分が持っている端末を販売していたキャリアのプランを選ぶのが無難です。

変な組み合わせを選ぶと通信できないとか普通にあり得ます。

特に、au、ソフトバンクの端末は落とし穴が多いので要注意です。

 

おすすめの格安シムは、b-mobileとLINEモバイルです。

b-mobileのメリット、デメリットまとめ
LINEモバイルのメリット、デメリットまとめ

2.SIMカードが届いたら、スマートフォンに刺さっているSIMを差し替える

格安シムのSIMカードが届いたら、スマートフォンに刺さっているSIMカードを差し替えます。

または、古いスマートフォンにSIMカードを差し込みます。

 

すると、格安SIMに登録されている電話番号で通話、SMSが利用できるようになります。

この状態でプレイガイドにアカウント登録、認証の手続きをすればOKです。

注意

スマートフォンとSIMカードには「使える組み合わせ」があります。

なんでもOKというわけではないので、事前によく確認しましょう!

詳しくは「格安スマホ、格安シムを契約するための基礎知識」を確認してください。

格安スマホ、格安シムを契約するための基礎知識 SIMカード、SIMロック、SIMフリーって何?

3.サブ端末があると、電子チケットやリセールサービスも利用できる

SIMカードを差し替えることで、電話・SMS認証を利用することができますが、おすすめは格安SIM専用の端末を準備することです。

専用の端末があると、差し替えの手間がなくなるだけでなく、アプリを導入して電子チケットやリセールサービスをサブ端末でも利用できるようになります。

 

専用の端末を準備するおすすめの方法は、機種変更の際に古い端末を下取りに出さず、サブ端末として利用することです。

数千円で下取りに出すよりも、格安SIMを差してサブ端末として利用するほうが数段利用価値があります。

まとめ:チケットの当選確率を上げるため応募数を増やす!アカウント登録、電子チケット用に電話番号を複数持つ方法

プラチナチケットを取ろうとした場合、プレイガイド有料会員になったり、クレジットカード枠を使ったり、応募方法を工夫したりといろいな方法があります。

皆さん、いろいろな努力をして少しでも当選確率を上げようと必死です。

抽選方式で発売されるチケットを取る・買う!当選確率が上がる申し込み方法

 

中でも、当選確率を上げるために一番手っ取り早い方法が「応募数を増やす」です。

応募数が多ければ、単純に当選確率は高くなります。

 

ですが、応募数を増やすためにはプレイガイドのアカウントも増やす必要があります。

そして、プレイガイドのアカウントを増やすためには、認証用の電話番号が必要になってきます。

 

認証用の電話番号を作ろうと思った場合におすすめなのが、格安SIMを契約して普段使っているスマートフォンと差し替える、または、機種変更前の古い機種で利用する方法です。

特に、サブ端末が準備できると、フィギュアスケートなどの電子チケットにも対応できます。

 

ただし、格安シムとスマートフォンには相性があるので、「どの格安シムと契約するか」はよく確認しないとダメです。

適当な格安シムを作ると、SIMカードを差し替えても使えない!なんて普通にあります。

特にauとソフトバンクは要注意です。

 

超人気チケットの場合、例えば全日本フィギュア選手権とかは、1名義で応募してもまず当選しません。

あんまり大きな声では言えませんが、私はフィギュア用に5回線以上持ってます

それでも、せいぜい1回線分くらしいか当選しませんし、全滅も普通にあります。

 

おすすめの格安シムは「b-mobile」と「LINEモバイル」です。

こちらに詳しく特徴をまとめているので、ご自身の環境にあったサービスを検討してみてください。

b-mobileのメリット、デメリットまとめ
LINEモバイルのメリット、デメリットまとめ
  • 当選確率を上げるためには、応募数を増やすのが効果的です。
  • 応募数を増やすためには、認証用の電話番号が必要です。
  • 格安シムを利用するとコストを下げることができます。

 

格安スマホ、格安シムを契約するための基礎知識 SIMカード、SIMロック、SIMフリーって何?
チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。