野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

エポスカードのメリット、デメリット

最近は、チケットを抽選で申し込もうとすると、決済方法がクレジットカード限定のものがほとんどです。

また、一般発売でクレジットカード以外の決済方法を選ぶと、決済手数料が別途必要となります。

少額とはいえ、ちりも積もれば・・・になりますので、チケット申し込みにはクレジットカードは必須といえます。

 

クレジットカードにはそれぞれメリット・デメリットがあるのですが、私が現在ネット通販、チケット申し込みで使用しているのは、エポスカードです。

個人的に、チケットを買うならエポスカードは必須だと思っています。

なぜに「エポスカード」なのか、どのあたりが使い勝手がいいのかをご紹介します。

エポスカードとは

エポスカードとは、丸井グループのクレジットカード会社である「株式会社エポスカード」が発行しているカードです。

丸井グループがない地域ではあまり有名ではありませんが、非常に優れたメリットがあり、自宅近くに丸井グループの店舗がなくても利用価値があります。

 

私も生活圏内に丸井がないのでこのカードの存在を知りませんでした。

でも、しばらく使ってみて、大変使いやすいので皆さんにもご紹介します。

メリットが非常に多いにもかかわらず、保有にデメリットがほとんどないのが一番の特徴です。

エポスカードのメリット

年会費が無料

年会費が無料で、一切費用がかかりません。

また、ETCカードの年会費も無料です。

チケット申し込みの際、家族名義のアカウントに登録できる

抽選方式のチケットに申し込む場合、非常に有利になるのが、「家族(第三者)名義のアカウントに登録できる」というエポスカードの特徴です。

プレイガイドのアカウントにクレジットカードを登録する場合、アカウント名義とクレジットカードの名義が違うと登録できない場合があります。

特に、チケットぴあは厳しくて、アカウントとクレジットカードの名義が違うと絶対に登録できません。

 

ですが、エポスカードだけはアカウントとクレジットカードの名義が違っても登録できます。

私も実際にチケットぴあで利用し、何度も当選しているので間違いありません。

私が知る限り、この特徴があるのはエポスカードのみで、抽選方式のチケット応募数を増やしたいときに非常に効果があります。

 

詳しくはこちら。

【抽選申し込み数を増やして当選確率を上げる方法】エポスカードを利用すると家族名義アカウントを利用できる

抽選チケットが当選した場合、いち早く「カードご利用のお知らせ」メールで教えてくれる

エポスカードを決済方法として抽選チケットに申し込んだ場合、結果発表前に「カードご利用のお知らせ」メールで当選を確認することができます。

通常、チケットの当選発表の数日から数時間前に、クレジットカードからチケット代金の「引き落とし予約」が実行されます。

エポスカードは、この「引き落とし予約」があるとメールでお知らせしてくれるので、結果発表前に当落を知ることができます。

他にも似たようなメールが届くクレジットカードもあるのですが、一番通知が正確なのがエポスカードです。

 

詳しくはこちらで確認してみてください。

チケットの当選発表前に結果がわかる!抽選方式で発売されるチケットの当落を事前に知る方法とメリット

 

私は、「ぴあのプレミアム会員枠」や「イープラスセゾンカード会員限定チケット」など、指定カードでなければ申込できない公演以外は、すべてエポスカードで申し込んでいます。

抽選チケットによく申し込むようになると、エポスカードの「カード利用のお知らせ」メールのありがたさがよくわかるようになりますよ。

セキュリティーが高い

エポスカードの「カード使用のお知らせ」メールはかなり正確です。

チケットの当選確認だけではなく、ネットで使用するときのセキュリティー上も役立ちます。

引き落としがあると即座にメールが来るので、覚えがない利用にすぐ気づくんですね。

結果的に不正利用に早く気付くことができ、セキュリティー的にも強いといえます。

また、利用を確認できるアプリのできも非常によく、使いやすいです。

エポスVisaプリペイドカード、バーチャルカードが発行できる

エポスVisaプリペイドカード、バーチャルカードは、エポスカードを保有していると無料で利用できるオプションカードです。

エポスVisaプリペイドカード、バーチャルカードは、エポスカードと同じ特徴を持っているので、プレイガイドのアカウントとクレジットカードの名義が違っても登録できます。

なので、エポスカードを持っていると、エポスカード+プリペイドカード+バーチャルカードと、なんと3名義分も増やすことができます。

 

エポスVisaプリペイドカード、バーチャルカードについて詳しくはこちら。

「エポスVisaプリペイドカード」と「エポスバーチャルカード」の違いと上手な使い方

一定額利用すると、年会費無料のゴールドカードへ招待してくれる

一定額をエポスカードで利用すると、年会費無料のエポスゴールドカードへ招待(インビテーション)してくれます。

ポイントは、インビテーション経由でゴールドカードを作成すると、ゴールドカードの年会費5,000円が、永年無料になることです。

ゴールドカードなのに年会費無料ですよ!!

しかも、このゴールドカード、実はかなりの優れモノなんです。

エポスカードの使い勝手はそのままで、さらに特典が付きます。

  1. インビテーション経由でゴールドカードを作成すると年会費永年無料
  2. もちろん、ゴールドカードの特典が利用できる
  3. チケットぴあ、e+をショップ登録すると、利用時のポイントが1.5%になる

別途、エポスゴールドカードのメリットについてはご紹介します。

ちなみに、私はカードを作成して半年でインビテーションがあり、速攻でゴールドカードに変えました。

エポスゴールドカードのメリット、デメリット

引き落とし口座を本人名義以外の口座に設定できる

エポスカードは、クレジットカードの引き落とし口座を本人名義口座以外に設定できます。

実は、これができるカードはほかにありません。

主婦の人が、自分名義でカードを作成して、引き落としは夫名義ということができます。

エポトクプラザというカード会員用サイトでチケットを確保できる

エポスカード会員だけが利用できる「エポトクプラザ」でチケットを購入することができます。

このサイト、知名度が低いわりには、なかなか良いチケットを取り扱うことがあります。

発売日が平日13時からとか変な時間なことがありますが、貴重なチケットが確保できることもあるので、あらかじめエポスカードを作っておいたほうがいいです。

 

ジャニーズ系の取り扱いも多く、2018年は「滝沢歌舞伎2018」や「ナイツ・テイル」の取り扱いがありました。

【エポトクプラザ】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法

丸井「マルコとマルオの7日間」にエポスカードで決済すれば丸井やネット通販が10%割引

丸井「マルコとマルオの7日間」というセールが年4回あり、エポスカードで決済すれば丸井やネット通販が10%割引となります。

単純計算で年間28日間はマルイで10%引きで買い物できることになります。

普段値引きがない商品を購入するとかなりお得です。

特に無印良品の10%割引が人気があるようです。※一部対象の店舗もあります。

その他のメリット

エポスカードには、そのほかにも多くのメリットがあります。

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 全国10,000店舗以上で優待・割引がある
  • 入会キャンペーンが充実していて、たくさんポイントがもらえる
  • 最短即日発行ができる
  • 70種類以上のデザインから選べる。

エポスカードのデメリット

家族カードの設定がない

エポスカードには家族カードの設定がありません。

年会費が無料なので、「1人1枚作ってね」てことでしょうね。

ポイント還元率は0.5%と普通

ポイント還元率を重視する人はちょっと向いてません。

基本的に0.5%なので、そこらのカードと同じです。

お店によってはエポスポイントが2〜5倍になるところもありますが、特別にポイント還元がいいカードではありません。

ただし、ゴールドカードになると話が変わります。

エポスゴールドカードのメリット、デメリット

利用明細の発行には80円/通が必要

ショッピング1回払いのみ利用時には、利用明細書発行料として1通あたり80円(税別)が必要となります。

ネットから確認、印刷できますし、使いやすいアプリがありますが、紙での明細を郵送してほしい場合はマイナスポイントです。

まとめ:チケット購入用に便利なエポスカードをおすすめする理由

エポスカードをおすすめする理由は次の3つです。

  1. アカウントとクレジットカードの名義が違っても登録できるので、家族アカウントなどに登録し応募数を増やすことができる。
  2. プリペイドカード、バーチャルカードを作ると、合計3名義分のクレジットカードを無料で作成できる。
  3. チケットの当選発表前に「カードご利用のお知らせ」メールで正確に教えてくれる
  4. 一定額利用すると、年会費無料のゴールドカードへ招待してくれる

特に「アカウントとクレジットカードの名義が違っても登録できるので、家族アカウントなどに登録し応募数を増やすことができる」のはエポスカードのみのメリットです。

さらに、「プリペイドカード、バーチャルカードを作ると、合計3名義分のクレジットカードを無料で作成できる」ので、エポスカードを作ると3つのアカウントを増やすことができます。

入手困難なチケット入手には、応募数を増やすのが効果的なので、個人的にはエポスカードは「チケットに応募する場合の必須カード」だと思います。

詳しくはこちら。

【抽選申し込み数を増やして当選確率を上げる方法】エポスカードを利用すると家族名義アカウントを利用できる

 

私の住んでいる周辺には丸井がないため、一般的なエポスカードのメリット「マルコとマルオの7日間」割引をほとんど使えません。

それでも、「エポスカード」には多くのメリットがあるので、ネットを中心にVisaのメインカードとして利用しています。

 

エポスカード」は年会費も無料で、保有にデメリットがありません。

抽選方式のチケットに応募する場合は必須のカードですので、ぜひ試してみてください。

 

エポスゴールドカードについて詳しくはこちら

エポスゴールドカードのメリット、デメリット

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。