野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

エポスゴールドカードのメリット、デメリット

エポスゴールドカードは、エポスカードの上位カードです。

さらに上位のエポスプラチナカードも存在しますが、コストパフォーマンスが最高なのはこのエポスゴールドカードです。

私も保有していて、特にネットではメインで利用しているカード「エポスゴールドカード」の特徴についてまとめてみます。

エポスゴールドカードを作るには

インビテーションが来ると年会費が永年無料

エポスゴールドカードは、ネットから直接申込することもできますが、なんといってもおすすめは、エポスカードをしばらく利用し、ゴールドカードへの招待(インビテーション)経由で作成することです。

インビテーション経由でゴールドカードを作成すると、5,000円の年会費が永年無料となります。

通常、ゴールドカードは10,000円前後の年会費がかかるのがあたりまえです。

エポスカードの年会費無料は、一年ではなくて永年無料です。

この年会費が永年無料というのはかなりすごいです。

インビテーションはどのくらいで来るのか

インビテーションがくるには、おおむね「半年以上の利用」と「50万円以上の利用」が目安のようですが、利用状況により異なるようです。

ちなみに、私はエポスカードを半年、約50万円利用したところでインビテーションがあり、速攻でゴールドカードへランクアップしました。

インビテーションのハードルはそこまで高くない感じですね。

エポスゴールドカードのメリット

基本的にエポスカードのメリットは引き継いでいます。

ですので、チケットをクレジットカードで支払う場合は非常に便利です。

加えて、上位カードにあたるので、ゴールドカードのみの特典もたくさんあります。

「選べるポイントアップショップ」登録でポイント最大3倍

対象ショップの中からよく利用するショップを登録するだけで、カード利用時のポイントが最大3倍になります。

つまり、通常0.5%が1.5%になります。年会費無料でこの還元率はすごいです。

登録できるショップはたくさんありますが、チケットぴあ、イープラスも対象です。

これらのプレイガイドやよく使うお店を登録しておくと、知らないうちにポイントが貯まっています。

年間利用額に応じたボーナスポイント

年間50万円以上の買い物で2,500円相当のエポスポイント、年間100万円以上の買い物で10,000円相当のエポスポイントがボーナスポイントとしてもらえます。

また、エポスカードの場合は2年でポイントの有効期限が切れてしまいますが、エポスゴールドカードで貯めたポイントの有効期限はありません。

国内・海外の一部の空港ラウンジが無料で使える

国内と海外の一部の空港ラウンジが無料で使えるようになります。

ただし、一部というのがポイントで、使える空港には制限があるため、事前に確認は必須です。

海外旅行傷害保険が自動付帯で傷害・疾病治療費用も充実

エポスゴールドカードは海外旅行傷害保険が自動付帯になっていますので、ゴールドカードを持っているだけで保険の対象になります。

また、保証金額もエポスカードより高くなっています。

まとめ:インビテーションで年会費永年無料・エポスゴールドカード

エポスゴールドカードは、インビテーション経由で作成すると、永年年会費無料というコストパフォーマンス最強のカードです。

普通のエポスカードのメリットはすべて引き継いているので、インビテーションが来たらアップグレードしない手はありません。

ゴールドカードへのインビテーション目指して、まずはエポスカードを作ってみてください。

  • インビテーション経由で作成するとゴールドカードなのに年会費無料です
  • もちろん、ゴールドカードの特典が利用できます
  • よく利用する店舗を登録すると、利用時のポイントが1.5%になります

 

エポスカードについて詳しくはこちら

エポスカードのメリット、デメリット

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。