prologue横浜、八戸公演の最終アンケート受付中!

2022年改悪が続くセゾンプラチナ・アメックスを解約するか考えてみる

2022年11月時点での私のメインカードは、「セゾンプラチナ・ビジネスアメックス」です。

  • 年間200万円利用で年会費が1.1万円に割引される
  • セゾンマイルクラブの年会費が無料
  • JALマイル1%に加えて、クラッセ星6特典でさらに+0.5%還元
  • プラチナカード限定の特典を使うと、年間5万円以上の還元がある

ということで使っていたのですが、2022年のセゾンカードの改悪ラッシュで事情が変わってきます。

 

特に

  • クラッセサービスの終了で+0.5%の還元がなくなる
  • 超優待の廃止でプラチナ限定の還元がなくなる

この2点が致命的で、果たしてこのままプラチナカードを維持する必要があるのか、よく検討する必要があります。

という訳で、自分自身の情報整理という意味も含めて、セゾンプラチナ・アメックスを今後も保有する価値があるのか考えてみます。

セゾンプラチナ・アメックスの概要

セゾンプラチナ・アメックスには、大きく分けて「セゾンプラチナ・アメックス」と、「セゾンプラチナ・ビジネスアメックス」の2種類があります。

ビジネスアメックスは、businessという単語がついてますが、普通に誰でも作れるクレカです。

2つのカードの大きな違いは「年間200万円の利用で年会費が1.1万円割引されるか否か」で、個人的には年間200万円使えば年会費が1.1万円割引されるセゾンプラチナ・ビジネスアメックス(以降ビジネスプラチナ)が断然おすすめです。

その他、この2つのカードの違いについては、こちらにまとめてあります。

「セゾン・プラチナアメックス」と「セゾン・プラチナビジネスアメックス」の違いを調べてみる

ビジネスプラチナのメリット

(1)年間200万円の割引で年会費が1.1万円割引される

何といっても一番のメリットは、この「年間200万円の利用で年会費が11,000円割引される」という点です。

通常22,000円の年会費が半額になるのは大きい。

他社含めて、この価格で、このサービス内容のプラチナカードを維持出ることはまずありません。

(2)セゾンマイルクラブの年会費が無料になる

ビジネスプラチナを保有していると、年間4,400円のセゾンマイルクラブの年会費が無料になります。

なので、セゾンマイルクラブに加入する場合、ビジネスプラチナの実質年会費は「11,000円ー4,400円=6,600円」と考えることができます。

セゾンマイルクラブは、「ほぼどこで使っても1.0%JALマイル還元+αがある」という、現状だとマイルを貯めるのに最強のカードです。

特に、Suicaなど電子マネーへのチャージがポイント付与対象なのは非常に貴重。

セゾンマイルクラブについて、詳しくはこちら。

JALマイルを貯めるならセゾンマイルクラブ+セゾン・アメックスが最強!

(3)プラチナの特典が使える

ビジネスプラチナを保有していると、プラチナカード独自の特典が使えます。

主なサービスは次のとおりです。

  • セゾンのコンシェルジュサービスが使える
  • プライオリティパス:無料で利用可能
  • ショッピング安心保険:年間300万円まで補償
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円補償(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高5000万円補償(利用付帯)

ビジネスプラチナのデメリット

(1)年会費が必要

セゾンプラチナ・アメックスは、年会費として22,000円が必要です。

ただし、年間200万円利用したビジネスプラチナに限り、年会費の割引サービスが適用されるので、年会費は11,000円となります。

プラチナカードとしては破格の年会費ですが、キャンペーンを利用すると年会費無料になるセゾンゴールド・アメックスのほうが年会費の面では有利です。

(2)セゾンゴールド・アメックスより劣化したサービスがある

ビジネスプラチナは、年会費の優遇サービスがある一方、削られた特典もあります。

なので、単純にセゾンゴールド・アメックスの上位互換ではない点に注意が必要です。

(3)カード券面が微妙

セゾン・アメックスは、比較的最近カード券面が変更されています。

直近だと2022年1月にセゾンゴールド・アメックスの券面が変わっているのですが、正直微妙。

いまだにカード番号がエンボス加工でかさばるし、デザインも古臭いイメージが否めません。

また、プラチナカードにも高級感は全くないので、カードデザインという点ではあまりお勧めできません。

2022年中に廃止されたサービス

1.セゾンクラッセの星6サービス

セゾンクラッセの星6サービスとは、セゾンカードをよく利用して「クラッセ星6」というランクになると、永久不滅ポイントが倍になるという企画です。

特にセゾンマイルクラブとの相性が抜群で、クラッセ星6になると「JALマイル1%+永久不滅ポイント0.75%分還元」になるので、JALマイルを貯める場合は最強の組み合わせになっていました。

残念ながら2022年8月31日でクラッセは廃止となり、以降は「JALマイル1%+永久不滅ポイント0.25%分還元」と条件が大幅に劣化しています。

2022/8/31セゾンクラッセ サービス終了!永久不滅ポイント2倍付与も終了で解約祭りへ?

2.セゾン超優待サービス

セゾンの超優待サービスとは、セゾンプラチナ・アメックス、セゾンゴールド・アメックスなどを持っていると、商品購入代金の5~10%が還元されるというサービスです。

この超優待でもらえる永久不滅ポイントが何気に大きくて、プラチナカードの場合は利用額の10%(年間5万円まで)付与されるという超太っ腹な企画でした。

じゃらんや日本旅行など旅行系サイトが充実していたので私もむっちゃ使っていたのですが、残念ながら2022年10月31日で廃止となりました。

セゾン「超優待」サービスが2022年10月31日(月)で終了!

3.海外旅行補償の利用付帯⇒自動付帯(2021年改悪)

2021年7月、セゾンアメックスの海外旅行補償が全て「自動付帯⇒利用付帯」に変更されました。

ゴールド、プラチナどちらも利用付帯になったので、旅行代金の一部をカードで支払わないと対象になりません。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、多くのカードで同様の改悪が実施されているので、この点は仕方ないかなと思います。

ですが、ゴールドはともかく、せめてプラチナは自動付帯にしないと年会費分の優位性がないですよね。

セゾンアメックスの海外旅行傷害保険が2021年7月から自動付帯⇒利用付帯に大改悪!

セゾンゴールド・アメックスと比較したセゾンプラチナ・アメックスの優位性

サービスが大幅に劣化したため、セゾンゴールド・アメックスに対するアドバンテージが大きく減ったセゾンプラチナ。

現状で残された「セゾンゴールド・アメックスより優れた点」を考えてみます。

1.ポイント還元面でのプラチナの優位性はなくなった

以前は、プラチナアメックスの優位性として「クラッセ星6になりやすい」、「超優待の還元率と上限が高い」とうメリットがありました。

ですが、クラッセ、超優待どちらも廃止となった現状では、ポイントや還元面でプラチナカードの優位性はありません。

一応、「セゾンのふるさと納税ポイントで永久不滅ポイントがもらえる」キャンペーンは残りそうですが、そもそも「セゾンのふるさと納税」自体が品ぞろえが悪く割高なので微妙かな~。

2.プラチナ独自のサービスに価値を見出せるか

セゾンゴールド・アメックスになくてセゾンプラチナだけが利用できる主なサービスは

  1. プライオリティ・パスが無料で利用できる(ゴールドは+1万円)
  2. コンシェルジュサービスが利用できる
  3. 「SAISON MILE CLUB」に無料で加入でき、JALマイルを最大1.125%の還元率で貯めることができる
  4. 海外旅行傷害保険が最高1億円になる(ゴールドは5千万円)

という4点です。

改悪後もセゾンプラチナ・アメックスを保有すべきか?

改悪後のセゾンプラチナ・アメックスは、還元率や還元上限でのメリットがゼロです。

なので、「セゾンプラチナ・アメックスの特典」と、「年会費無料で維持できるセゾンゴールド・アメックスの特典」を比較して、年会費分の差があるのかを考えることになります。

1.セゾンプラチナ・アメックスは解約する一択

改悪後のプラチナカードをどうするかですが、まず年会費の割引がない「セゾンプラチナ・アメックス」は解約する一択です。

残念ながら22,000円の年会費をペイできるだけの特典がありません。

仮にプラチナを維持するにしても、ビジネスプラチナに変更すべきだと思います。

2.ビジネスプラチナを解約したほうがいい場合

(1)「年間200万円以上の利用がない」&「セゾンマイルクラブに加入しない」場合

まず、年間200万円以上の利用がない場合は、速攻で解約しましょう。

残念ながら、今更このカードに年会費22,000円はちょっとありえないです。

次に、セゾンマイルクラブへ加入しない場合もメリットがほぼないので、解約を強くおすすめします。

JALマイルに興味がなくても、とりあえずセゾンマイルクラブに加入しておけば1%マイル+0.25%分の永久不滅ポイントがもらえます。

JALマイルは、後から1.25倍程度のWAONなどに交換できるので、マイル以外でも利用価値があります。

なので、JALマイルを貯めていなくても、ビジネスプラチナを利用する場合は、セゾンマイルクラブに加入しておきましょう。

(2)プライオリティパスが不要な場合

セゾンプラチナ・アメックスはプライオリティパスが無料で使えるので、ここに価値があると思えば継続もアリです。

ですが、実はセゾンゴールド・アメックスも、必要な時に1万円支払えばプライオリティパスが使えるようになります。

海外旅行に行くのが難しい場合は、「必要な時にプライオリティパスを購入できる」というセゾンゴールド・アメックスのほうが合理的かも。

3.ビジネスプラチナを維持したほうがいい場合

(1)ビジネスプラチナのサービスに価値を見出している場合

セゾンプラチナ・アメックスだけが利用できるサービスに価値を見出している場合は、もちろん継続がおすすめです。

人それぞれ利用環境が違うので、この点は各自で確認してみましょう。

(2)コールセンターの繋がりやすさと質を重視する場合

セゾンプラチナ・アメックスには、プラチナカード専用の問い合わせ電話番号があります。

この電話が地味に便利で、つながりやすくて対応してくれるスタッフの質もいいんです。

私、結構コールセンターに問い合わせることが多いのですが、ゴールドのコールセンターだと、普通に20分くらい待たされます。

これがプラチナ用の電話番号だと、よほど混雑していない限りすぐにつながります。

また、対応してくれるスタッフの質も段違いで、こちらの質問に対して適切な回答をしてくれます。

なので、

  • コールセンターの電話の繋がりやすさ
  • スタッフの質
  • 万が一の不正利用時の対応の良さ(を期待)

という3点に差額の6,600円を支払ってもいいと考えるなら、ビジネスプラチナを維持してもいいと思います。

私はよくコールセンターを利用すること、不正利用の被害にあった時のストレスを少なくしたいことから、ビジネスプラチナを維持する予定です。

逆に言うと、この点にメリットを感じなければ、さっさとビジネスプラチナを解約して、年会費無料のセゾンゴールド・アメックスにすべきだと思います。

もし移行するならどのクレジットカード?

セゾンプラチナ・アメックスを解約する場合、その後のメインカードを決めておく必要があります。

1.セゾンゴールド・アメックス(無料化済み)

年1回の利用で年会費無料になるセゾンゴールド・アメックスを保有している場合、このカードが代替カードの第1位になります。

年1回利用すれば年会費無料だし、セゾンマイルクラブも4,400円で加入できるし、基本的なサービスはプラチナと変わらないしと、いいことずくめ。

プライオリティパスにしても、必要になったら加入すればいいので無駄がありません。

2.セゾンパール・アメックス

セゾンゴールド・アメックスを年会費無料化できていない場合は、とりあえずセゾン・パールアメックスを作るのがおすすめです。

セゾンパール・アメックスは年1回の利用で年会費無料に維持できるうえ、しばらく使っていると「年会費無料のセゾンゴールド・アメックス作りませんか?」的なインビテーションが届きます。

最初からセゾンゴールド・アメックスを作るとインビテーションがないので、まずはセゾンパール・アメックスを作るのがおすすめ!

3.その他(検討中)

その他のカードも検討したのですが、現状だとなかなかいいカードがないんですよね。

ネックになるのは

  • Suicaなど電子マネーへのチャージがポイント付与対象外になるカードが多い
  • 補償条件などがいいカードは年会費も高い

この2点です。

特に、電子マネーへのチャージがポイント対象となるカードがかなり少ないので、いまさらながらセゾンカードの優位性を再確認しました。

 

ちょっと前までは三井住友ゴールドNLが最有力だったのですが、CCCというきな臭い会社と提携してしまったので脱落しました。

まあ、ここ最近の三井住友NLの大盤振る舞いは、何か裏があるはずなんですよね~。

うまい話にはなんとやらで、少なくも私はお勧めしないです。

三井住友カード(NL)5%還元対象が9店舗追加という大盤振る舞いの裏で、Tポイントと統合という大改悪

まとめ:2022年改悪が続くセゾンプラチナ・アメックスを解約するか考えてみる

2021年から2022年にかけ大改悪が続くセゾンカード。

特にプラチナカードの劣化は著しく、「クラッセ星6の永久不滅ポイント2倍」、「超優待」が廃止となった現状では、多くの人が解約を検討していると思います。

個人的な結論としては、現状だと

  • 年間200万円利用+セゾンマイルクラブに加入
  • プライオリティパスが欲しい
  • プラチナ専用デスクへよく電話する
  • 不正利用時の対応を少しでも良くしたい

このケース以外では、「セゾンプラチナ・アメックス」、「セゾンプラチナ・ビジネスアメックス」どちらも解約すべきだと思います。

年会費と比較して得られるメリットが、セゾンゴールド・アメックスのほうが完全に上です。

というか年会費無料のセゾンゴールド・アメックスがむちゃくちゃコストパフォーマンスがいいんですけどね、正確には。

 

私は、200万円利用+セゾンマイルクラブ加入ですが、JALのJGCとANAのSFCダブルホルダーなので、プライオリティパスは不要です。

正直、プラチナのメリットはかなり薄いのですが、「電話の繋がりやすさ、不正利用時の対応(希望)」を重視して、とりあえずもう1年はセゾンプラチナ・ビジネスアメックスを維持します。

私みたいなケースはまれなので、一般的にはやっぱりプラチナは解約かな~。

あと、「クラッセ星6の延長適用が終わる2023年2月に何か代替サービスがあるかも」というわずかな期待もしてたり。

 

移行先の第一候補は、年会費無料化済みのセゾンゴールド・アメックスです。

改めて考えると、このカードのスペックはあなどれないですね、特にSuica含めた電子マネーのチャージがポイント加算対象になるのは大きいです。

もし、セゾンゴールド・アメックスを無料化できていない場合は、とりあえず「セゾン・パールアメックス」を作ってください。

しばらく使うと年会費無料「セゾンゴールド・アメックス」へのインビが届く可能性が高いので、現状だとこれが一番おすすめ。

 

以上が、私的「セゾンプラチナ・アメックスを今後も維持するか?」のまとめになります。

皆さんのご意見があればお気軽にお寄せください。

セゾン アメリカン・エキスプレス・カードのメリット、デメリット How to get a Ticket

コメントをどうぞ(「名前」にはニックネームを入力してください)

名前欄を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ

2 COMMENTS

ステップ

どぉも

来年2月に終わるクラッセの『0.5ポイントプラス』ですが、残念ながら代替は無いと思います。理由は主様もお考えの通りです。

代わりですが。
無い(笑)。なので、マイレージプラスアメックス平捕獲(汗)。
来年のお盆にカープ現地応援に参戦するとして、往復10500マイルでチケットが取れるのが嬉しいマイレージプラスです。
電話が繋がり辛いのがネックですが、そこの上席さんと何度もコミュニケーションを取っており、万が一の時には備えております。

でも、多くの方々にお勧めは出来かねます。
クレカ保有で最初に考えるべき事は万が一の時の対応力ですから、主様のお勧めの方法が適切です。

返信する
くるみっこ

セゾンのマイレージプラスは興味あるんですよね。確か「ベイスターズファンです」さんが詳しかった気がするので、メリット聞いてみます。

返信する

コメントをどうぞ(名前にはニックネームを入力してください)

名前欄を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ