野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

「単願と併願」「抽選希望順位」チケット抽選申込時有利なのは?当選確率が高くなる申し込み方法、エントリー法はある?

抽選方式のチケットに申し込む時、いつも悩みます。

何に悩むかというと、狙った公演日一本勝負がいいのか、行けそうな日にすべて申し込むほうがいいのか。

つまり、単願か併願かってことです。

 

また、併願の場合は、希望順位をどうするかってことも悩みどころです。

 

ほとんどの公演は併願でOKなんですが、たまに単願じゃないと門前払いの公演があるのが困ったところ。

私が知っている過去の事例を考えてみます。

 

あくまで私が知っている限りということを前提に読んでみてください。

チケット申し込みの「単願」「併願」とは

抽選方式で申し込むチケットは、ほとんどの場合、希望公演日、座席などを複数申し込めます。

少ない時で第3希望まで、多いときは第5希望くらいまでありますね。

 

選択する項目は、公演日と座席の種類であることが多いです。

同じ公演日で座席を選択できる場合はこんな感じ。

  • 第1希望 5月1日:S席
  • 第2希望 5月1日:A席
  • 第3希望 5月1日:B席

 

日程を選択できる場合はこんな感じです。

  • 第1希望 5月1日:S席
  • 第2希望 5月2日:S席
  • 第3希望 5月3日:S席

 

このように、複数の公演日、座席について希望順位をつけて申し込むことを、「併願」と言います。

反対に、ある1日、1種類の席種を一本勝負で申し込む方法を「単願」と言います。

MEMO
チケットの申し込み方法には、「単願」と「併願」があります。

一般的には併願が断然有利!チケットの「抽選作業順位の決定」と「当選の決定」

抽選作業順位と当選の決定の関係

プレイガイドは、一般的には次の手順で当選者を決定します。

  1. 応募者の中から抽選作業をする人を順番に決める(抽選作業順位の決定)
  2. 抽選作業対象者の申し込みで、希望順位の高いものから当選を決定する(当選の決定)

「抽選作業順位の決定」と「当選の決定」は意味合いが違うので注意してください。

 

この方式で当選者を決める場合、併願のほうが断然有利です。

なぜなら、自分に抽選作業順位が来た時の選択肢は多い方がいいからです。

 

例えば、とあるチケットの抽選について考えます。

100番目に抽選作業順位が当たったXさんの申込内容

  • 第1希望:A席(単願)

101番目に抽選作業順位が当たったYさんの申込内容

  • 第1希望:S席
  • 第2希望:A席
  • 第3希望:B席

100番目の抽選作業順位者の決定時、残っている座席が

  • S席:〇
  • A席:×
  • B席:×

だったとします。

Xさん(100番目の抽選作業対象者)の希望座席Aは売り切れなので、Xさんは落選ですが、Yさん(101番目の抽選作業対象者)の希望座席S席は残っているので、Yさんは当選となります。

この場合、「抽選作業順位が先だった人が落選」することになります。

せっかく「抽選作業順位」で有利だったのにもったいないですよね。

 

このように、通常は併願、つまり申し込めるだけ申し込んだ方が有利です。

 

よく勘違いして困るのが、「私は第1希望でS席だけ申し込んだのに、第3希望がS席だった人が当選するのはおかしい!」って怒る人。

希望の順位は、あくまでその人に抽選作業順位が回ってきたときの優先順位です。

自分に抽選作業順位が回ってこなければ何の意味もありません。

チケットの希望枚数は少ないほど有利

抽選方式のチケットを申し込む際、希望枚数は少ないほど有利です。

 

例えば、自分の抽選作業順位が回ってきた時、4連番の席は「×」だけど、1席だけは空いてるって状況は想像しやすくないですか?

こういう時は希望枚数4枚は落選、1枚なら当選となります。

 

ですので、当選確率を上げる場合は、欲張って多い枚数を希望するより、最低限必要な枚数を申し込むのが基本です。

 

う~ん。

うまく説明できない。

これでちゃんと伝わってるかな??

MEMO
一般的な抽選方法では、併願が圧倒的に有利です。

抽選方式のチケットに申し込む時、当選確率が上がる、高い希望順位の付け方、エントリー方法

抽選方式のチケットに申し込むときは、先ほど説明したとおり、基本的に併願が有利です。

また、申し込む時にはちょっとしたコツがあります。

 

私が抽選方式のチケットに申し込む時に考えるのは次の4点です

  1. 希望枠いっぱいに申し込む
  2. 第1希望枠には「競争率が高い席種」を申し込む
  3. 一番最後の希望枠には「最悪ここでもいい席種」を申し込む
  4. 抱き合わせ、おまけ付チケットを申し込む

1.希望枠いっぱいに申し込む

これは、さきほど説明したとおりです。

 

自分に抽選作業順位が来た時、希望枠が多いほど有利だからです。

単願や希望枠が少ないと、単純に当選確率が下がります。

 

申し込み枚数については、ケースバイケースです。

基本は必要な最低枚数ですが、知人や友人と交換可能な時は多めに申し込むこともあります。

ですが、多くて4枚までです。

2.第1希望枠には「競争率が高い席種」を申し込む

運よく抽選作業順位が高かった時に備えて、第1希望枠には「競争率が高いちょっと高望み的な席種」を申し込みます。

これは、「抽選作業順位が高いとき=人気の席種が残っている可能性が高い」からです。

 

抽選作業順位が低くて第1希望が売り切れた時は、第2希望以下が抽選対象になるので問題ありません。

 

注意点は、「競争率が高い席種」を低い希望枠で応募するのはほとんど意味がなく、枠の無駄遣いってことです。

例えば、

  • 第1希望:人気が無くて座席数も多い自由席
  • 第2希望:人気のSS席

と応募したケースを考えてみてください。

運よく抽選対象順位が1番だったとしても第1希望の「自由席」が当選となってしまい、せっかく高かった抽選作業順位を全く生かせないんですね。

 

なので、第一希望は「競争率が高いちょっと高望み的な席種」に申し込みのがおすすめです。

あとの希望順位のつけかたは、基本は欲しい順でOKです。

どちらでもいい場合は、人気があって競争率が高そうなチケットを高順位にしておきましょう。

3.一番最後の希望枠には「最悪ここでもいい席種」を申し込む

一番最後の希望枠には、「最悪ここでもいい、全滅で観劇できないよりはまし」という席種を申し込みます。

やっぱり、全滅は避けたいですからね。

私は、野球などの場合は自由席を一番最後の希望枠にすることが多いです。

 

ちなみに、「最悪ここでもいい、全滅で観劇できないよりはまし」という席種を第1希望など高順位で申し込むのはナンセンスです。

理由はもうわかりますよね。

 

また、

  • 第1希望:人気のSS席3塁側
  • 第2希望:人気のSS席1塁側
  • 第3希望:人気のネット裏

という応募もあまりおすすめできません。

この場合、「第2,3希望が当選するとき=抽選作業順位が高いとき=第1希望が当選となる時」となります。

第2希望、第3希望がほとんど意味がない応募になるので、これなら単願とほとんど変わりません。

どうしてもその席がいい場合以外は、第2希望以下には現実的な座席、最終希望には「最悪ここでもいい、全滅で観劇できないよりはまし」という席種にするのがおすすめです。

 

まあ、いくら申し込み方法を工夫しても、そもそも抽選作業順位がまわってこないと意味ないんですけどね。

4.抱き合わせ、おまけ付チケットを申し込む

プレイガイドでは、抱き合わせチケット、おまけ付チケットというものを販売します。

 

抱き合わせチケットとは、宝塚のチケットでよくみられるのですが、「チケット+ランチ付き」とか「〇日のS席と△日のB席をセットで」みたいに、チケット単独ではなく、何かしらのプランと合わせて販売する方式です。

 

おまけ付きチケットとは「チケット+オペラグラス付き」のように、チケットにおまけがついているものです。

 

どちらもチケット代金にプラスして特典分の料金が必要になるため、割高になります。

ですが、過去の経験上、抱き合わせチケット、おまけ付チケットの方が当選確率が高くなります。

おそらく、プレイガイドでもノルマがあるんでしょうね。

おまけの値段が高いほど、抱き合わせの内容がしょぼいほど当選確率が上がるというジレンマがありますが、どうしても欲しいチケットの場合は検討してみてください。

抽選チケット申し込み時「単願」が有利だった事例

先ほど説明したように、一般的には「併願」が断然有利です。

なんですが、たまに単願が有利になることがあります。

 

超人気公演でたまにあるんですが、「単願」以外の申し込みを全て排除する抽選があります。

単願以外の申し込みが全て排除された例

私が知ってる、単願以外の申し込みが全て排除された、つまり、単願で申し込んだ人しか当選しなかった公演がこれ。

『Perfume FES!! 2017』

  • 公演日:2017年09月13日(水) 19:00開演
  • 会場:大阪城ホール

星野源さんとPerfumeの対バンだったのですが、超人気公演となりました。

PerfumeのファンクラブPTA会員向けの先行販売が行われたのですが、これが見事に単願以外が排除されています。

当時ネットで実施されたアンケート結果がこちら。

当選者は単願のみで、併願は全滅です。

 

Perfume FES!! 2017は

  1. 9/6 VSスガシカオ公演
  2. 9/7 VSレキシ公演
  3. 9/13 VS星野源公演
  4. 9/14 VSマシシマム ザ ホルモン公演

 

と4公演が実施されたのですが、単願制限があったのは星野源さんのみ。

他の公演は併願でも普通に当選してます。

 

レアケースですが、こういう抽選方法もあります。

MEMO
レアケースですが、単願以外が排除される人気公演もあります。

まとめ:抽選方式で申し込むチケットは「単願」「併願」どちらが当選確率が高いのか?

抽選方式のチケットを申し込む場合、普通は併願で行ける公演全て申し込んだ方が有利です。

気合の第1希望一本勝負!とかしても、空回りで意味がありません。

 

なんですが、ごくたまに単願以外の申し込みを全て排除する場合があるのが困りもの。

 

また、併願で申し込むときも、希望順位をどうつけるかをよく考える必要があります。

 

応募する公演が「単願」「併願」どちらが当選確率が高いのか、また、どのような抽選方法を採用するのかは正直わかりません。

過去の経験としか・・・。

なので、情報収集は欠かせません。

  • 抽選方式チケットに申し込む場合、一般的には「併願」が有利です。
  • 希望公演はできる限り多く申し込んだ方が当選確率が高くなります。
  • ごくたまに、単願以外の申し込みを全て排除する場合があるのが困りもの。

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。