野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

マツダスタジアム屋根下で雨に濡れない、日陰になる座席はどこ?カープ戦を快適に観戦できる!

オープンフィールドで座席の間も広く、快適に野球観戦ができるマツダスタジアム。

私も大好きな球場なのですが、オープンフィールドであるため、どうしても天候に左右されてしまいます。

そこで気になるのが、「雨に濡れない座席、屋根下になる座席があるのか??」ということ。

 

屋根があると雨もしのげるし、日差しも避けられる可能性が高くなります。

はやり、女性はこのあたり気になりますよね。

 

ほとんどの座席が雨の時は濡れてしまいますが、実はマツダスタジアム、屋根がある部分があります。

今回は、マツダスタジアムで屋根下になる座席をご紹介します。

マツダスタジアムで雨に濡れない屋根下になる座席

まずは、マツダスタジアムの座席を確認してみます。

マツダスタジアム内野座席表

マツダスタジアム外野座席表

 

マツダスタジアムの内野指定席の場合、屋根下になるのは、次の部分です。

  1. SS席、S席、1塁側内野指定A席の26列~33列
  2. スカイシート席の下
  3. ビジターパフォーマンス席の下

 

SS席、S席、1塁側内野指定A席の25列がちょうど屋根の境目ぐらい。

風向きにもよりますが、26列なら雨に濡れないかなって感じです。

 

外野指定席の場合、屋根下になるのは、次の部分です。

  1. カープパフォーマンス席の下
  2. レフト外野指定席の一部

 

で、これだけではわかりにくいので、本邦初公開!!

私がせっせと歩いて確認した「マツダスタジアム屋根下図面」がこちら!

赤線よりコンコース側が屋根の下になります。

マツダスタジアム屋根の下になる座席図面(内野編)

1塁側内野指定席の屋根下座席

 

3塁側内野指定席の屋根下座席

 

SS・S内野指定の屋根下座席

マツダスタジアム屋根の下になる座席図面(外野編)

ライト外野指定席の屋根下座席

 

レフト外野指定席の屋根下座席

 

大体、この赤線内であれば屋根下になります。

風向きも関係しますが、この線より数席後ろであれば、まず雨に濡れることがありません。

線の上の座席だと、風向きによっては雨が入り込みます。

 

あと、屋根があると7回裏の風船が飛ばしにくいのでご注意を。

マツダスタジアムで日陰で快適に観戦できる座席

マツダスタジアムでカープの試合を観戦する際、「どこが日陰になるか」ついては、季節により変わるので一概に言えません。

基本的に、午後はマツダスタジアム1塁側内野指定席ホームベースよりから日陰になっていきます。

 

2018/5/20 13:30

正午前後の太陽が高い位置にある時間帯は、ほぼ、日陰=屋根下となります。

 

2018/5/20 15:30

2018/5/20 15:30

時間の経過とともに、影が1塁側から陰が伸びていきます。

ちょっとわかりにくいですが、この時点でバックネット裏はほぼ日陰です。

 

2018/5/20 15:30

ライト外野指定席は影がどんどん減っていきます。

ライト・レフト外野指定席、ビジターパフォーマンス席、カープパフォーマンス席は西日があたるので、ナイターの場合でも、日差し対策が必要です。

 

う~ん。

あんまりいい写真撮れてないですね。

 

日陰情報については、機会があればまとめてみます。

情報、いい写真お持ちの方がいましたらご協力よろしくお願いします!

まとめ:マツダスタジアム・屋根下で雨に濡れない、日陰になる座席はどこ?

オープンフィールドで座席の間も広く、快適に野球観戦ができるマツダスタジアムなんですが、どうしても天候に左右されてしまいます。

ほとんどの座席は雨が降ると濡れてしまいますが、一部屋根下になり、雨に濡れない座席もあります。

 

雨に濡れてしまう座席で、天気予報がいまいちの時は、雨具の用意をしておきましょう!!

比較的観戦マナーがいいマツダスタジアムなので大丈夫だとは思いますが、傘をさしての観戦はマナー違反ですよ。

 

広島東洋カープのチケットの取り方、裏技はこちら

広島東洋カープのチケットを取る方法

 

マツダスタジアム観戦ガイドについてはこちら

【マツダスタジアム観戦ガイド】座席表、日陰になる屋根下席、おすすめ情報

 

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。