野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

チケットの空売りに注意しよう!公演やプレイガイドにより空売りの傾向はある程度わかる!

一般販売でチケットを取る場合、知っておく必要がある重要な情報の一つが「チケットの空売り」です。

空売りとは、プレイガイドがチケット発売する際、そもそも売るチケットを持っていないことです。

 

チケットの空売りに遭遇してしまうと、発売直後に運よくサイトにつながってもチケットを買うことができません。

だって、そもそも売ってるチケットがないんだから当たり前です。

 

空売りも含めて、「どのプレイガイドがどのくらいチケットを持っているのかを知ること」はとっても大切です。

ですが、この「どのプレイガイドがチケット持ってるか」を知るのはかなり難易度が高いです。

過去の経験から推測するしかありませんので、かなり綿密な情報収集が必要です。

チケットの「空売り」ってどんなもの?

チケットの空売りとは、プレイガイドがそもそもチケットを持っていないのに「あたかも持っているように見せかけて」販売することです。

発売時刻前には、チケット残数が「〇」なのに、発売時刻と同時に「×」に変わるのは、まさに空売りです。

 

実際には、販売枚数「0」の「真の空売り」はほとんどなく、ごく少数枚だけ販売する「ほぼ空売り」がほとんどです。

真の空売りをしてしまうと、いろいろと問題が発生しますからね。

でも、チケットが欲しい側からみると、「真の空売り」も「ほぼ空売り」も同じようなもんです。

ですので、当ブログでは、ごく少数のチケットが販売される「ほぼ空売り」も「空売り」とします。

 

空売りなんてこと本当にあるの??と思う方もいるかもしれませんが、これ結構あります。

結構というか、かなり普通に「空売り」は行われています。

 

空売りに遭遇してしまうと、運よく発売開始時刻ちょうどにサイトにつながったとしてもチケットは買えません。

「いくら頑張ってもチケット買えない!」って時は、もしかしたら空売りでは??ということも疑ってみてください。

なぜチケットの空売りが発生するのか

普通にいろいろな公演で行われている「空売り」ですが、そもそも、なんで空売りなんてことがあるのでしょうか。

理由は大きく分けて3つです

1.そもそもチケットの数がすごく少ない場合

そもそもごく少数のチケットしかない場合、どうやっても「空売り」になってしまいます。

 

例えば、広島東洋カープのクライマックスシリーズを例に挙げます。

広島東洋カープの本拠地・マツダスタジアムには、「鯉桟敷」というプレミアムシートがあります。

屋根とテーブルがついていてグループで観戦できるプレミアムなチケットですが、わずか9枚しかありません。

この9枚を、球場窓口、カープ公式WEB、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、セブンチケットという6つの方法で分けて販売します。

しかも、一般販売の前には先行抽選もあります。

こんなの、一般販売でとれるわけがないのはわかりますよね。

 

このように、「そもそもチケットが少ない」場合や「販売窓口が多くて1窓口当たりの割り当てが少ない」場合は必然的に空売りになります。

2.プレイガイドの割り当てが少ない場合

公演によっては、特定のプレイガイドにチケットが集中し、他のプレイガイドにチケットがほとんど配分されないことがあります。

この場合、チケットがほとんど配分されないプレイガイドは、結果的に空売りとなってしまいます。

例えば、東京ドームで開催される巨人戦の特定席種は、イープラス以外にはほとんど配分されません。

結果的に、ローソンチケットやチケットぴあは空売りとなってしまいます。

3.プレイガイドが先行販売で売り切ってしまう場合

プレイガイドは、一般発売の前に先行発売というものを実施します。

で、この先行発売はなぜか「先行発売手数料」なるものが上乗せされて販売されます。

手数料は200円/枚から500円/枚くらいで、金額は公演により異なります。

 

この先行販売手数料は地味に大きくて、例えば4枚のチケットを先行抽選販売で買うと、500円×4枚=2,000円もかかる場合があります。

プロ野球の外野席のように、そもそもチケット代金が1,500円とかだと、

  • 先行販売手数料:500円
  • システム利用料:200円
  • 発券手数料:100円
  • コンビニ決済手数料200円
  • 合計:1,000円/枚

みたいに、チケット代金の半分以上が手数料なんてこともあり得ます。

 

チケットを買う側からすると結構な出費になる「先行販売手数料」ですが、プレイガイドから見ると美味しい収入になります。

どうせチケット売るなら、先行販売手数料が取れるほうがいい!って考えるのはわかりますよね。

 

このような理由で、特に最近はどのプレイガイドも先行販売で多くのチケットを売ろとする傾向があります。

で、一般販売では、ごく少数だけ販売して「いちおう一般販売でも売ったよ」ってことにします。

 

以上3つが、一般販売で空売りが発生する理由です

チケットの空売りを見破る方法

チケットの空売りを見破る方法は、空売りが発生する理由によって異なります。

1.そもそもチケットの数がすごく少ない場合

「そもそもチケットの数が少ない」または「販売窓口が多くて一つの窓口当たりの枚数が少なくなり、結果的に空売りになる場合」を考えます。

この場合は比較的簡単で、「そもそものチケット枚数がどのくらいか」と「販売窓口と販売方法の数」を調べればわかります。

これは誰でも調べられるので、このケースの空売りで文句を言うのは筋違いです。

問題は次の2つのパターン。

2.プレイガイドの割り当てが少ない場合

特定プレイガイドにチケットが集中する場合、配分が少ないプレイガイドは空売りとなってしまいます。

この場合、配分が多いプレイガイドにチャレンジしなければチケットはとれません。

どのプレイガイドが多くチケットを持っているかは、公演によって異なります。

ですので、該当公演の過去の販売情報を調べると、だいたいの傾向はわかります。

3.プレイガイドが先行販売で売り切ってしまう場合

プレイガイドが「先行販売手数料」欲しさに先行販売で売り切ってしまう場合、これを見破るのは大変です。

なぜなら、これも「過去の経験」しか頼るところがないからです。

逆に言うと、それまでの販売傾向を知っていると、なんとなくどのプレイガイドや販売方法が空売りが多いかわかってきます。

◆イープラスの場合

私の経験上、空売りが最も多いのはイープラスです。

イープラスは先行販売手数料が500円とお高めなケースが多く、先行販売で売り切りる傾向も強いプレイガイドです。

公演にもよりますが、私だったらイープラスの「以前に先行販売があった一般販売」にチャレンジはしません。

◆ローソンチケットの場合

次に先行販売で売り切る可能性が高いのはローソンチケットです。

イープラスほどではありませんが、ローソンチケットも先行販売重視の傾向があるので、一般販売は厳しめです。

ですが、「ローソンチケットがメインプレイガイド」となっている公演はちょっと話が違います。

プロ野球オールスターや日本シリーズ、フィギュアスケートなどの「ローソンチケットがメインプレイガイド」となっている公演の場合は、一般販売でもそれなりにチケットを販売します。

加えて、ローソンチケットがメインプレイガイドの場合は、ローソンチケット名物の「ゲリラ放流」もほとんどの公演で実施されます。

再販売、復活、戻り、放流を利用してチケットを取る、買い方(チケットぴあ、ローチケ、イープラス、セブンチケット)

◆チケットぴあの場合

大手プレイガイド3つのうち、チケットぴあが一番一般販売でもチケットを持っていることとが多いです。

これまで、チケットぴあで「ほんとに空売り」に遭遇したことはほとんどありません。

ですが、だからといってチケットを取りやすいとはなりません。

チケットぴは利用者が多いこと、大手プレイガイドの中ではBOT対策が一番遅れていることから、一般発売でパソコンやスマートフォンからチケットを取るのはかなりハードルが高くなります。

まとめ:一般販売でチケットを購入する場合、「チケットの空売り」に注意しよう

チケットの空売りにあたってしまうと、どんなに頑張ってもチケットをとることができません。

ですので、「空売りの有無」は一般販売でチケットを買う際に一番最初に確認すべき事項になります。

特に、複数のプレイガイドでチケットを取り扱う場合は「どのプレイガイドでチャレンジするか」が勝負の分かれ目になります。

 

ですが、その一般販売が「空売り」かどうかを見定めるのは結構大変です。

もともとチケットの枚数が少ない場合は調べればわかりますが、それ以外の理由で空売りとなる場合は過去の経験しか頼るところがありません。

 

プレイガイドや公演により、「先行販売で売り切る」のか「一般販売にチケットが残っているのか」はある程度の傾向があります。

最終的にはツイッターやブログなどで「過去の情報や経験が豊富な人」に頼るしかないのが現状です。

 

やっぱり大切なのは「情報」です。

事前に「正確な情報収集」をできた人が結果的にチケットを取れる確率が上がると思います。

世の中ガセネタや嘘が多いので、「怪しい情報」にはひっかからいよう注意してください。

  • そもそも売るチケットがない「空売り」は普通にあります。
  • プレイガイドや公演により「空売り」の傾向はおおむね掴めます。
  • 結局は「正確な情報収集」をできた人がチケットを取ることができます。

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。