notte stellataローチケ先行アンケート実施中!

エポスVisaプリペイドカードのメリット、デメリット

VISA系のクレジットカードで一番おすすめなのが、「エポスカード」です。

エポスカードの知名度はあまり高くないのですが、

  1. カード利用通知が迅速&確実⇒「チケット抽選結果発表前に当落が分かる」
  2. セキュリティシステムが優秀⇒「セキュリティ誤作動によるチケット落選がない」
  3. 家族アカウントなどの「他人名義のチケット決済」に利用できる

という特徴がある、非常に優秀なカードです。

特にセキュリティシステムが優秀なのは大きなメリットなので、チケット抽選申し込み時には、ほぼ100%エポスカードを利用しています。

 

加えて、エポスカードを持っていると「エポスVisaプリペイドカード」と「エポスバーチャルカード」というカードを作ることができます。

この2枚の追加カードが素晴らしい特徴、機能をもっています。

エポスカードを保有していると追加できるカードの一つ、「エポスVisaプリペイドカード」についてメリットとデメリットをまとめてみます。

エポスVisaプリペイドカードの特徴とメリット

「エポスVisaプリペイドカード」とは、Visaが使える実店舗、インターネット店舗で利用できるプリペイドカードです。

特徴は、実際にプラスチック製のカードが発行されるので、インターネットだけではなく実店舗でも利用できる点です。

一方、プリペイドカードなので、事前にカードにチャージ(入金)した金額までしか利用することができません。

1.維持費が全く必要なく、有効期限もない

「エポスVisaプリペイドカード」は、カードの作成、維持に全く費用がかかりません。

費用が必要ないどころか、カードを利用すると0.5%のキャッシュバックがあるので実質プラスです。

また、カードへのチャージは無料で、最大10万円までチャージ可能、有効期限もありません。

この「カードの維持、利用費用が一切必要ない」というのが大きなメリットの一つです。

2.カードが実際に発行されるので実店舗でも利用できる

「エポスVisaプリペイドカード」は、様々なデザインのカードの中から、自分の好きなカードを選んで発行することができます。

特殊デザインカードは有料ですが、無料で発行できるカードもけっこういいデザインです。

 

そして、カードが手元に届くと、実店舗でも利用できるようになります。

「エポスVisaプリペイドカード」は、チャージされている金額内であれば、普通のクレジットカードと同じように利用することができます。

3.エポスカードと同じ特性をもっている

「エポスバーチャルカード」は、基本的にエポスカードと同じ特性を持っています。

優秀なセキュリティシステムや、迅速&確実な利用通知などの特徴もそのまま引き継ぐので、特にチケット応募ではとても便利です。

また、プレイガイドのアカウント名義とカードの名義が違っていてもOKなので、家族名義の応募にも対応できます。

抽選申し込み数を増やして当選確率を上げる方法まとめ

エポスVisaプリペイドカードのデメリット

1.親カードとなるエポスカードの作成が必須

「エポスVisaプリペイドカード」は、親カードとなるエポスカードの作成が必須です。

なので、「クレジットカードを持ちたくない」、「クレジットカードを作れない」場合はNGです。

エポスカードを持っていて、追加でプリペイド方式のカードを作りたい場合に有効です。

2.事前チャージが必要

プリペイド方式なので仕方ないのですが、あらかじめカードにお金をチャージしておく必要があります。

限度額は10万円までと比較的高額なので、通常の用途であれば十分です。

しかも、親カードとなるエポスカードから、ネットを利用して簡単にチャージが可能なので手間がかかりません。

ただし、電気料金や保険料など「継続して支払いが発生するケース」には利用できないことがあります。

3.カードが届くまで時間がかかる

「エポスVisaプリペイドカード」を作製すると、実際にプラスチック製のカードが届きます。

このため、申込からカードが使えるようになるまで1週間程度は必要です。

今すぐ使いたい場合には対応できないので、あらかじめカードを作製しておく必要があります。

まとめ:エポスVisaプリペイドカードのメリット、デメリット

「エポスVisaプリペイドカード」は、実店舗でも利用できるプリペイド方式のクレジットカードが欲しい場合におすすめのクレカです。

無料で発行できて、チャージもメインのエポスカードから手数料0円で可能です。

 

個人的には、「エポスバーチャルカード」のほうが断然おすすめですが、実店舗で利用したい場合は「エポスVisaプリペイドカード」もアリだと思います。

申し込みは「エポスカード」を持っていればWEBから簡単に手続きできるので、とりあえず持っておいてもデメリットがまったくありません。

 

「エポスVisaプリペイドカード」と「エポスバーチャルカード」の違いについては、こちらに詳しくまとめてあります。

「エポスVisaプリペイドカード」と「エポスバーチャルカード」の違いと上手な使い方

 

How to get a Ticket

コメントをどうぞ(名前にはニックネームを入力してください)

名前欄を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ