チケットの取り方を紹介します!

混雑してチケット販売サイトに繋がらない時はスーパーリロードを利用すると接続できる

チケットの発売時刻に何度チャレンジしても、「混雑していて繋がりません!」って表示されるのはよくある話。

そんな時は再接続を試すのですが、皆さんどんな感じで端末を操作してますか?

 

混雑メッセージが表示された時は、ブラウザの更新ボタンを押して、画面を再読み込みする方法が一般的だと思います。

この方法は「リロード」と呼ばれていて、Windows用ChromeやIEでは「F5」キーを押すことでリロードすることができます。

 

ですが、この「リロード」には2種類あるんです。

1つが普通の「リロード」、もう一つが「Super reload(スーパーリロード)」と呼ばれているもので、チケットを取る場合は、「スーパーリロード」が有利と言われています。

今回は、スーパーリロードについてまとめてみます。

 

なお、今回は「わかりやすさ」を重視しているので、厳密にいうと違う点が結構あります。

あらかじめご了承ください。

キャッシュって何?

リロードとスーパーリロードの違いを理解するためには、パソコンやスマートフォンがWEBサイトのページをどうやって読み込んでいるかを理解する必要があります。

 

通常、WEBサイトを閲覧する場合はこんな感じで処理されます。

【初めて見るWEBサイトの場合】

  1. 表示したいWEBサイトから画像、文字などのデータをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたデータを元に、WEBサイトを表示する。
  3. 同時に、ダウンロードしたデータを端末内にコピーして保管する

(3)の手順で端末内にコピーされるデータを「キャッシュ」といいます。

そして、同じWEBサイトを再度閲覧する場合は、ネットからダウンロードするのではなく、キャッシュにコピーされているデータが利用されます。

 

2回目以降にキャッシュが利用される理由はいろいろあるのですが、「表示速度の向上とネットワーク負荷の軽減」が大きな目的の一つです。

ネット経由でデータをダウンロードするより、端末内のデータを利用するほうが速度も速いし、ネットを利用しないので通信量も節約できます。

どうせ同じ画像や文字データを表示させるなら、端末にコピーしたデータ利用したほうが効率的だよねって考え方です。

 

なので、WEBサイトをブラウザで表示させる場合、最初の1回目と2回目以降では、データの出所が違います。

  • 1回目:ネット経由でWEBサーバーからデータをダウンロードして利用する
  • 2回目以降:端末に保存してあるキャッシュを利用する

表示速度が向上して、通信料も節約できる「キャッシュ」はいいことづくめな気がしますが、残念ながら弱点があります。

特に、チケット購入手続きの場合、致命的な問題が発生することがあるんですね。

チケット購入時にキャッシュが悪さをする

チケット購入手続きをする時「混雑しています」表示が出ることがあります。

特に、チケット発売時刻などは、スムーズにつながる方が珍しいくらいです。

 

で、この「混雑しています」表示とキャッシュはとても相性が悪いんです。

WEBサイトが表示される仕組みをもう一度振り返ってみます。

  • 1回目:ネット経由でWEBサーバーからデータをダウンロードして利用する
  • 2回目以降:端末に保存してあるキャッシュを利用する

もし、1回目の接続で「混雑しています」表示になると、そのデータがキャッシュに保存されてしまい、2回目以降は何度再読み込みしても「混雑しています」表示になってしまうことがあるんです。

つまり、何回再読み込み(リロード)しても、キャッシュのデータを読み込んでいるとダメってことです。

スーパーリロードを使うとキャッシュを利用しない

そこで登場するのがスーパーリロードです。

スーパーリロードは、「キャッシュのデータを利用せず、ネット経由で最新のデータを取得してね」っていう命令です。

ですので、チケット購入時のリロードは、通常のリロードではなく「スーパーリロード」を使った方が接続できる確率が上がります。

 

特に、「アクセスが集中しています」という表示がされた場合や、WEBサイトのアドレス欄の表示に変な単語、例えば「sorry」みたいなのが入っている場合は、通常のリロードではつながりません。

パソコンでのスーパーリロードの使い方

スーパーリロードの使い方は、使っている機種やブラウザによって変わります。

パソコンの場合、スーパーリロードはショートカットキーを押すだけで簡単に利用できます。

Windows

Chrome Ctr+F5
FireFox Ctr+F5
IE Ctr+F5
Edge F5

Mac

Chrome Command+R
FireFox Command+shift+R
Sasari Command+R

Windowsパソコンの場合、通常のリロードがF5キーです。

F5キーを押すときに合わせてctrキーを押すだけでスーパーリロードになるので手間がかかりません。

ですので、Windowsパソコンを利用する場合は、スーパーリロードを使うようにしましょう。

スマートフォンでのスーパーリロードの使い方

問題は、スマートフォンでのスーパーリロードの使い方です。

結論から言うと、ブラウザやシステムの設定画面から何回も階層をたどる必要があるため、すごく手間がかかります。

パソコンみたいにショートカットキーを押すだけでOKではなくて、設定画面から「キャッシュを削除する」という手続きをする必要があるんですね。

正直、スーパーリロードのために時間をかけるくらいなら、通常のリロードを使うほうがいいと思います。

通常のリロードでは何か変、スーパーリロードを使った方がいいと判断した時だけ使うことをおすすめします。

Android(Chrome)

1.Chromeの右上「・・・」マークをタップする

 

 

2.「設定」をタップします

 

 

3.「プライバシー」をタップします

 

 

4.「閲覧履歴データを削除する」をタップします

 

 

5.「閲覧履歴」と「キャッシュされた画像とファイル」を選択し、「データを消去」をタップします。

iPhone(Safari)

1.設定から「Safari」をタップします。

 

 

3.「履歴とWEBサイトデータを消去」をタップします。

 

 

4.「履歴とデータを消去」をタップします。

まとめ:チケット発売時刻の混雑時に繋がる方法「スーパーリロード」

チケットの発売時刻は混雑するので、スムーズにチケット購入できるケースはまれです。

「混雑していて繋がりません!」って表示が何度も表示されて、なかなか次の画面に進みません。

 

そんな時は再接続「リロード」を試すのですが、通常のリロードでは端末内のキャッシュを利用してしまうため、何度リロードしても画面が進まないことがあります。

特に、「アクセスが集中しています」という表示がされた場合や、WEBサイトのアドレス欄の表示に変な単語、例えば「sorry」みたいなのが入っている場合は、通常のリロードではつながりません。

 

ですので、キャッシュを利用しないリロード「スーパーリロード」を使うと、うまく接続できる可能性が高くなる・・・と言われています

なんでこんなあやふやな表現なのかというと、理論上はスーパーリロードが有利なはずなんですが、私自身あまりスーパーリロードのメリットを感じたことがないんです。

通常のリロード使おうが、スーパーリロード使おうが、ダメな時はダメ、繋がるときは繋がるというのが正直な感想です。

 

パソコンを利用する場合は、リロードもスーパーリロードも手間が変わらないので、スーパーリロードを利用するのがおすすめです。

ですが、スマートフォン利用の場合は、スーパーリロードは結構めんどくさいので、なんか変ってとき以外はわざわざ利用しなくてもいいと思います。

 

たくさんある「チケット取るための基本知識の中の1つ」として、ぜひ知っておいてください。

  • スーパーリロードは、キャッシュを利用せずにデータを再取得します。
  • 混雑表示にはスーパーリロードが有利な場合があります。
  • スーパーリロードはパソコンの場合は簡単に利用できます。

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

2 COMMENTS

ぱになろ

ありがとうございます!iPhoneのスーパーリロードで無事つながってチケット予約できました!!感謝です〜(T . T)

返信する
くるみっこ

チケット取れて良かったですね!
iPhoneのスーパーリロードはちょっとめんどくさいのが弱点です。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。