チケットの取り方を紹介します!

劇団四季センター前方の良席を取る方法!直前でもリセールを使うと良席がとれるかも?

劇団四季では、「アラジン」「ライオンキング」「キャッツ」「リトルマーメイド」「オペラ座の怪人」などの人気公演を上演しています。

劇団四季の公演が開催される会場は比較的コンパクトなので、自治体の「〇〇市民会館」と比較して、後ろのほうでも舞台が見やすいという特徴があります。

ですが、せっかくなら「よりいいお席」で観劇したいですよね!

 

席の良し悪しは個人差がありますが、一般的に「1階中央ブロック前方、2階席最前列」などがいいお席とされています。

これらの良席で観劇したい場合、劇団四季のファンクラブ「四季の会」会員先行を利用するのがおすすめです。

四季の会枠は、販売するチケット数も多く、手数料も安く、良席が設定されているので、こちらを狙うのがやっぱり王道です。

 

ですが、会員先行は公演の数か月前に実施されるため、かなり前から観劇の予定を立てる必要があります。

なので、開催が近づいた公演は良席で観ることができないのか・・・といえは、実は開催直前でもいいお席が取れる方法があるんです。

 

私は、実際に2022年7月「オペラ座の怪人」の良席を、公演2日前に取ることができました。

という訳で、今回は劇団四季の良席を直前に取る方法と、おすすめのお席についてまとめます。

劇団四季のチケット販売窓口と発売スケジュール

劇団四季のチケット販売窓口

劇団四季のチケットは、大きく分けて

  1. 劇団四季公式
  2. チケットぴあ
  3. その他

という3つの窓口で販売されます。

劇団四季の公式は、チケットの取扱数が多く、ファンクラブ先行なども設定されるので、チケットが取りたい場合は一番おすすめの販売窓口になります。

 

チケットぴあについては、他のプレイガイドより劇団四季の取り扱いが多ので別枠にしています。

貸し切り公演や良席の取り扱いも多いのですが、チケットのお高い手数料がネックです。

 

その他は、JR系、イープラス、クレカ枠などいろいろな販売窓口があります。

劇団四季公式のチケット発売スケジュール

劇団四季のチケットは、おおむね次のスケジュールで発売されます。

  1. 四季の会(抽選)
  2. 四季の会(先着)
  3. チケットぴあ先行
  4. 一般発売
  5. リセールチケット販売

四季の会はとは、年間1,100~3,300円の会費で加入可能な劇団四季のファンクラブです。

この中でおすすめは、四季の会枠とリセールチケットです。

劇団四季のファンクラブ「四季の会」

劇団四季には、「四季の会」というファンクラブ制度があります。

一番おすすめの「フルコース・WEB版」の場合、2,200円(税込)の年会費でチケットの先行抽選に参加可能です。

年会費の2,200円は、チケットの割引で元が取れるので、年1回のペア観劇でも加入しておくことをお勧めします。

例えば、S席のピーク料金の場合、一般12,100円に対し、会員だと11,000円と1,000円引きでチケットを購入できます。

ペア観劇だと1回の割引でほぼ年会費をペイできるので、費用対効果も抜群です。

詳しくは四季の会公式サイトで確認してください。

四季の会

劇団四季の良席を取る方法

1.四季の会枠を利用する

劇団四季のファンクラブ「四季の会」に加入すると、四季の会会員先行を利用できます。

四季の会枠は「抽選方式」と「先着方式」の2回に分けてチケットが発売されます。

(1)四季の会 抽選方式

公演初日、千秋楽、記念日、開園直後の土日などの人気日については、抽選方式で販売されます。

抽選申し込み時に席種を選ぶことができますが、座席位置の指定ができないので、どのお席になるかは運任せです。

同じS席でも範囲が広いので、運が悪いと「値段だけ高い後方席」になる可能性もあります。

(2)四季の会 抽選方式

その他の日程については先着方式での発売となります。

先着方式の場合は座席指定が可能なので、自分の希望するお席を選んで購入可能です。

ただし、人気公演日は激戦になるので、欲しいチケットが買えない可能性もあります。

2.リセールチケットを利用する

劇団四季では、チケットのリセールサービスとして「チケットの出品」というシステムが提供されています。

このリセールは、こまめにチェックしていると超良席を取ることができるのでおすすめです。

リセールチケットは誰でも購入できるので、無理して四季の会に入会する必要はありません。

ですが、チケットの割引があるので、とりあえず四季の会の加入しておくのがおすすめです。

劇団四季リセールの特徴

劇団四季チケットリセール「出品」の特徴

劇団四季では、チケットのリセールサービスとして「チケットの出品」というシステムが提供されています。

1.公演の2日前までリセール出品可能

リセールチケットは、公演の2日前まで出品可能です。

もし期限内にリセールが成立しない場合、チケットは売り手の元に返品されます。

2.リセールが成立した場合はギフトコード還元

リセールが成立した場合、チケット代金は現金ではなく、劇団四季のチケット購入に利用できる「購入代金相当のギフトコード」として還元されます。

なので、四季の公演を2度と観ない場合はリセールを利用する意味がありません。

手数料は成約金額の5%とリーズナブルですが、「四季の会」会員は月に5回まで出品手数料が無料となります。

この点でも四季の会に加入しておくことをお勧めします。

3.購入者はリセールチケットであることがわからない

リセール出品されたチケットは、リセール専用サイトが準備されるわけではなく、劇団四季の公式サイトで「しれっと普通に」販売されます。

なので、購入者側からすると、リセール出品されたチケットかどうかは全く分かりません。

リセール出品されたチケットを購入できれば直前でも良席が取れる!

劇団四季のリセールチケットは

  • 公演2日前まで、いつでも出品可能
  • リセールチケットは四季公式サイトでしれっと発売される

という特徴があります。

なので、「公演2日前まで、こまめに公式サイトをチェック」すれば、一度売り切れた良席を購入できるんです。

また、四季公式サイトには、「メールコンシェルジュ」という便利なシステムが準備されています。

メールコンシェルジュに登録すると、欲しいチケットのリセール出品があると、メールで通知してくれます。

通知内容は公演日など詳しく設定できるので、リセールチケットが欲しいについてはこちらを登録しておくと便利です。

ただし、土日などの人気日はリセール狙いの人も多いので、通知が来たら即チケット購入できるよう準備しておきましょう。

2022年7月公演で私が確保したリセール出品と思われるチケット

この夏に大阪でオペラ座の怪人が観たいな~と思っていた私は、以前からマメに劇団四季の公式サイトをチェックしていました。

7月21日(木)のお昼ごろにチェックしてみると、なんとS1の前方どセンターペアが販売してる!

速攻で購入手続きを済ませました。

 

S1席のG列、センターブロックのほぼ中央の超良席です!

大阪劇場の場合、E列までは前席との段差がないので見ずらいんですよね。

なので、F列以降が好きなのですが、G列のセンターブロックなんて超超超良席です。

土曜公演のこんなお席が公演2日前に取れるのも、リセールの醍醐味ですね。

2022年7月 大阪四季劇場に「オペラ座の怪人」を観に行ってきた!

2022年7月の土曜日、劇団四季の「オペラ座の怪人」を観るため、大阪四季劇場に行ってきました。

大阪駅から歩いてすぐのところに、大阪四季劇場はあります。

 

 

エレベーターもオペラ座の怪人仕様になってますね!

劇団四季の公演は、地方の会場でも実施されますが、個人的には四季専用の劇場で見るのがおすすめ!

音響や舞台を使った演出が違うし、こういうところも専用劇場のほうが素敵です。

 

 

大阪四季劇場の中には、こんな感じのフロアもあります。

まさに劇場って感じ!!

 

 

本日のキャスト一覧です。

コアなファンはキャストについてもいろいろと語れるようですが、私はライトファンなので、そこまでこだわりはありません。

宝塚だったら、キャストについても少し語れるけど。

 

 

劇場内は、幕があくまで撮影可能になっています。

オペラ座の怪人といえばシャンデリアの演出が有名ですが、どーんと舞台に置いてありますね。

400キロ以上ある大きなシャンデリアが空中を舞う様子は圧巻です。

 

劇団四季の劇場は、地方の〇〇市民会館など違って、箱が小さい&座席がよくできているので、後方席でもそれなりに舞台を楽しむことができます。

個人的には1階のセンターブロックF列~H列くらいが一番いいお席だと思いますが、ちょっとだけ注意事項もあります。

(1)1階のA列~E列までは段差がない

大阪四季劇場の場合、1階席のA列~E列までは、列間の段差がありません。

なので、前の人の頭が司会を遮る可能性があります。

F列から段差があるので、背が低い人はF列以降を狙うのがいいと思います。

(2)前方だと演者の表情は見れるけど舞台全体が観れない

前方席は舞台が近いので、迫力ある演技を間近に楽しむことができます。

半面、舞台全体を見ることができないので、楽しめる演出がかなり限られます。

最近の公演ではプロジェクターを使った演出も多いので、この点はメリット、デメリット両方ありますね。

この点でも1階席はF列~H列くらいがおすすめです。

(3)2階席はかなり上からのぞき込む形になる

2階席は舞台全体を見ることができるので、プロジェクションマッピングの効果など、舞台全体の演出を楽しむことができます。

ですが、かなり上から舞台を見ることになるので、好き嫌いが分かれるのも事実です。

私は、垂直距離があると臨場感を感じにくいので、2階席はあまり好きではありません。

マツダスタジアムのスカイシートも苦手だし。

だだし、これはあくまで好みなので、2階席が好きというファンもたくさんいます。

まとめ:劇団四季センター前方の良席を取る方法!直前でもリセールを使うと良席がとれるかも?

2022年7月の土曜日に、前から行きたかった劇団四季の「オペラ座の怪人」を観てきました。

私は基本的に宝塚歌劇が好きなのですが、劇団指揮のオペラ座の怪人も、音楽、演出、演技、全て素晴らしかったです!!

 

私は同じ公演を何回も観れる機会はないので、できれば良席で、じっくりと観劇したいと思っちゃいます。

そんな時におすすめなのが、劇団四季のリセールチケット狙いです。

うまくリセールチケットをつかめれば、「公演2日前に、S1席G列ペア、どセンター」みたいな超良席を取れることもありあす。

 

劇場で生で見るミュージカルは、やっぱりテレビや映画とは全然違います。

興味があれば公式サイトをマメにチェックしてみてくださいね!

 

チケットの取り方、裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(名前にはニックネームを入力してください)

名前欄を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ