チケットの取り方を紹介します!

年会費無料で保有できるゴールドカードを比較、おすすめのクレジットカードは?メリットとデメリットまとめ

クレジットカードには、「一般カード」と「ゴールドカード」が設定されることがあります。

一般カードとは、その名のとおり一般的なクレジットカードで、年会費が無料またはお得な代わりに、付帯するサービスもコンパクトになっているカードです。

 

ゴールドカードは、一般カードの上位カードという位置づけで、年会費も高額になる代わりに補償も充実させているカードです。

 

カードブランドによっては、ゴールドカードの更に上位カードとなる「プラチナカード」「ブラックカード」が設定されるケースもあります。

これらのカードはコンシェルジュという相談窓口が使えたり、プライオリティパスという空港の特別ラウンジが使えたりするのですが、年会費も数万円と高額になります。

 

このように、クレジットカードは年会費が高くなると補償・サービスも充実するという基本ルールがあるのですが、中には「年会費が無料なのにサービスが充実している」という夢のようなカードが存在します。

 

中でも無料ゴールドカードというのが有名で、ゴールドカードなのに年会費が無料というインチキみたいなカードです。

 

年会費無料で持てるゴールドカードといえば

  1. セブンカード・プラス(ゴールド)
  2. イオンゴールドカード
  3. エポスゴールドカード
  4. ミライノカードゴールド
  5. セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

の5つが有名です。

この無料ゴールド5券種について、メリットとデメリット、おすすめポイントをまとめてみます。

年会費無料ゴールドカード1:セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラス(ゴールド)の概要

【インビテーション条件】

非公開

※合計100万円以上の利用が目安

【年会費】

無料

【家族カード】

無料

【ブランド】

Visa、JCB

【付帯保険】

ショッピングガード保険(国内・海外):100万円

※購入から90日

【空港ラウンジ利用】

なし

【基本還元率】

0.5%

※イトーヨーカ堂系列での利用でポイントアップ

【その他特典】

ナナコへのオートチャージが可能

セブンカード・プラス(ゴールド)の特徴とお得度

【インビテーション条件について】

セブンカード・プラス(ゴールド)は、ノーマルの「セブンカード・プラス」を利用していると招待されます。

招待される基準は公開されていませんが、おおむねノーマルの「セブンカード・プラス」を100万円利用することが基準と言われています。

なので、いきなりゴールドカードから申し込むことはできません。

【カード特典】

セブンカード・プラス(ゴールド)は、ノーマルのセブンカードプラスに「年間100万円までのショッピング保険」が追加で付帯されます。

その他、空港ラウンジの利用、旅行保険などは一切ありません。

【まとめ:セブンカード・プラス(ゴールド)のお得度は?】

セブンカード・プラス(ゴールド)は、セブンカード・プラスを利用していると招待されるゴールドカードです。

ただし、「ゴールド」とは名乗っていますが、一般カードのおまけ程度のカードで、メリットがほとんどありません。

 

ゴールドだから還元率が増えるわけでもないし、空港ラウンジも使えないし、旅行保険もないし、正直ゴールドカードにするメリットがありません。

あえて言えば、「年間100万円までのショッピング保険が付帯している」だけです。

なので、無料ゴールドカードマニア以外は、無理してゴールドカードを目指す必要ないと思います。

 

もちろん、イトーヨーカドー系列を利用する機会が多ければ、「セブンカード・プラス」はお得なカードなのでおすすめです。

普段「セブンカード・プラス」使っていて、自然にゴールドカードになったらラッキー程度に考えておくのがいいと思います。

セブンカード・プラス公式サイト

年会費無料ゴールドカード2:イオンゴールドカード

イオンゴールドカードの概要

【インビテーション条件】

直近年間カードショッピング100万円以上

【年会費】

無料

【家族カード】

無料、3名まで

【ブランド】

Visa、Master、JCB

【付帯保険】

  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円※利用付帯
  • 国内旅行傷害保険:最高3,000万円※利用付帯
  • ショッピングセーフティ保険:300万円※購入から180日

【空港ラウンジ利用】

羽田空港、成田空港、伊丹空港、福岡空港、那覇空港、新千歳空港

【基本還元率】

0.5%

※イオン系列での利用で1%

【その他特典】

イオンラウンジサービスが利用できる

イオンゴールドカードの特徴とお得度

【インビテーション条件について】

イオンゴールドカードは、ノーマルの「イオンカード」を1年で100万円利用すると招待されます。

いきなりゴールドカードから申し込むことはできません。

【付帯保険、空港ラウンジについて】

付帯保険は、国内・海外ともに利用付帯です。

なので、旅行料金を料金を「イオンカード」で支払わないと対象になりません。

また、空港ラウンジも地方空港がほとんど利用できないのでちょっと厳しいです。

【イオンラウンジの利用について】

他のカードと違うのは「イオンラウンジサービス」の利用ですが、これも正直微妙。

全国のイオンにあるラウンジが利用できるのですが、1人1回30分しか使えないし、混雑している&客層があまりよくないので、私は利用しようとは思いません。

ここ使うくらいならスタバでコーヒー飲みます。

【まとめ:イオンゴールドカードのお得度は?】

イオンゴールドカードは、「イオンカード」を利用する招待される無料ゴールドカードです。

セブンカード・プラスよりはゴールドカードのメリットが多いのですが、それでも年間100万円以上の決済を集中するまでのメリットはありません。

 

イオンカード」は、通常還元が0.5%、イオン系列での利用が1.0%になります。

この還元率は一般カードでもゴールドカードでも変わりません。

また、お客様感謝デーなどのキャンペーンについても、一般カードとゴールドカードの差はほとんどありません。

要は、イオン系列でサービスを受ける場合、一般だろうがゴールドだろうが差がほとんどないんです。

 

なので、

  • 普段よくイオン系列のお店を使っていていればイオンカードを作るメリットがある
  • 無理してゴールドカードにするメリットは少ない

というのが結論です。

 

無料ゴールドカードマニア以外は、まずは「イオンカード」作ってみて、利用金額がインビテーションの基準を超えたらラッキーって感じでいいと思います。

あと、ぱっとみ「良さそう!」って感じるイオンラウンジの利用ですが、ラウンジは想像以上に利用者の民度が低いのでびっくりしますよ。

年会費無料ゴールドカード3:エポスゴールドカード

エポスゴールドカードの概要

【年会費無料インビテーション条件】

非公開

※おおむね、6か月で20~50万円の利用

【年会費】

5,000円

インビテーションにより永年無料

【家族カード】

なし

※ファミリーゴールド制度あり

【ブランド】

Visa

【付帯保険】

  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円※自動付帯
  • 国内旅行傷害保険:なし

【空港ラウンジ利用】

羽田空港、成田国際空港、新千歳空港、函館空港、仙台国際空港、小松空港、中部国際空港、大阪国際(伊丹)空港、関西国際空港、神戸空港、広島空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、大分空港、鹿児島空港、那覇空港、ホノルル空港、仁川空港、ホノルルラウンジ

【基本還元率】

0.5%

※事前登録した店舗での利用:1.5%

【その他特典】

  • チケット販売サイト・エポトクプラザのゴールドカード枠を利用できる
  • 年間100万円の利用で1万円相当のポイントがもらえる
  • 家族も無料のゴールドカードを発行できる

エポスゴールドカードの特徴とお得度

【インビテーション条件について】

エポスゴールドカードの招待条件は非公開です。

ですが、ノーマルの「エポスカード」を「6か月で20~50万円」程度利用していると招待されると言われています。

 

いきなり「エポスゴールドカード」から申し込むことも可能ですが、おすすめはこのインビテーションが来てからの申し込みです。

理由は、インビテーションからの申し込みの場合、通常年会費5,000円が永年無料になるからです。

利用条件も半年で20~50万円とそれほどハードルが高くないので、普通に利用してれば十分クリア可能だと思います。

【エポスゴールドカードの3つのメリット】

「エポスゴールドカード」は、色々な面で一般のエポスカードよりパワーアップしています。

特に大きなメリットは

  1. 登録した店舗の還元率が0.5%⇒1.5%と3倍になる
  2. 海外旅行傷害保険が自動付帯でついてくる
  3. 家族も無料ゴールドを作ることができる

の3点です。

 

特にポイントUPについては、登録店舗が1.5%還元+年間100万円利用でボーナス1万円分というのを考えると、約2.5%還元と超お得なカードになります。

100万円利用という条件付きですが、「エポスゴールドカード」の2.5%を超える高還元カードはほとんどありません。

 

補償面では、海外旅行傷害保険が自動付帯なのが大きいです。

他のカードで旅行代金を支払っても、最高1,000万円までは保障されます。

 

空港のラウンジ利用は、「そこそこ」という感じです。

年会費有料のゴールドカードほど充実していませんが、イオンカードより断然充実してます。

年会費無料でこれだけのラウンジが使えれば十分かな。

 

そして、「エポスカード」はチケットを購入する場合、非常にメリットがあるカードです。

競争率が高いチケットを取ろうとした場合、「エポスカード」は非常に威力を発揮します。

詳しくはこちらにまとめてあるので、参照してみてください。

【申し込み数を増やしてチケット当選確率を上げる】クレカ限定抽選にはエポスカードが効果的!抽選方式のチケットを取る方法

【まとめ:エポスゴールドカードのお得度は?】

エポスゴールドカード」は、インビテーションで作成すると年会費無料で保有することができます。

最高還元率が2.5%にもなること、海外旅行傷害保険が自動付帯されることを考えると、ちょっと頑張ってでも無料ゴールドにする価値は十分にあります。

インビテーションの条件も半年で20万円~50万円の利用とそこまで高くありません。

 

私もVISA系の支払いは全てエポスゴールドで決済しているくらいおすすめカードなので、ぜひチャレンジしてみてください!

エポスゴールドカード」について、詳しくはこちらにまとめてあります。

エポスゴールドカードのメリット、デメリット

年会費無料ゴールドカード4:ミライノカードゴールド

ミライノカードゴールドの概要

【年会費無料インビテーション条件】

なし
※いきなり申込可能

【年会費】

3,000円

スマリボ設定により年会費分キャッシュバック=実質年会費無料

【家族カード】

なし

【ブランド】

JCB

【付帯保険】

  • 海外:最高5,000万円※自動付帯
  • 国内:最高5,000万円※自動付帯

※本人+家族まで自動付帯あり

【空港ラウンジ利用】

旭川空港、新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港、成田国際空港、羽田空港、 富士山静岡空港、中部国際空港セントレア、新潟空港、富山空港、小松空港、伊丹空港、関西国際空港、 神戸空港、岡山桃太郎空港、広島空港、米子空港、出雲空港、山口宇部空港、高松空港、徳島空港、松山空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、宮崎ブーゲンビリア空港、鹿児島空港、那覇空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港

【基本還元率】

1.0%

【その他特典】

  • 国内・海外旅行傷害保険が充実していて、本人+家族が自動付帯
  • 住信SBIネット銀行のATM利用料、振込手数料を無料にできる

ミライノカードゴールドの特徴とお得度

【インビテーション条件について】

ミライノカードゴールドの作成にはインビテーションは必要ありません。

いきなり申し込みが可能なので、他の無料ゴールドカードみたいに「修業」が必要ありません。

【ミライノカードゴールドの3つのメリット】

「ミライノカードゴールド」の大きなメリットは

  1. 旅行関係の補償が非常に充実している
  2. 住信SBIネット銀行のコンビニ出金手数料、無理込み手数料が無料になる
  3. 基本還元率が1.0%とお高め

の3点です。

 

特に旅行関係の補償については、そこらのプラチナカード並みの補償が年会費無料でついてきます。

海外旅行だけでなく、国内旅行まで「本人+家族分が自動付帯」なのでホントに凄いです。

 

また、住信SBIネット銀行のコンビニ出金手数料、振込手数料が無料になるのも大きいです。

全国にあるコンビニでお金が下せるってほんとに便利ですよ!

【まとめ:ミライノカードゴールドのお得度は?】

ミライノカードゴールド」は、インビテーションなしでいきなり作れる年会費無料カードです。

他の無料ゴールドカードみたいに修業が必要ないのは便利で、欲しい時に作ることができます。

半面、年会費無料にするにはスマリボ設定が必要なので、他の無料ゴールドカードみたいに何も考えずにガンガン使えるカードではありません。

 

ですが、「本人+家族の旅行補償が自動付帯」と、「住信SBIネット銀行のコンビニ出金、振込手数料無料」は超強力です。

特に旅行関係の補償は、他のプラチナカード並みかそれ以上なので、年に1回でも旅行に行く機会があれば、カードを作っておくことをおすすめします。

海外は自動付帯のカードもありますが、国内も自動付帯のカードは非常に珍しいです。

個人的には、5つのゴールドカードの中で一番利用価値が高いと思ってるくらい使える補償だと思います。

 

あと、ミライノカードゴールドはインビテーションなしでいきなり作れるのもメリットです。

空港ラウンジもそこそこ使えるので、他のゴールドカードのインビテーションを待つ時間がない場合でも対応可能です。

 

ミライノカードゴールド」について、詳しくはこちらにまとめてあります。

ミライノカードゴールドのメリット、デメリット

年会費無料ゴールドカード5:セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの概要

  

【年会費無料インビテーション条件】

キャンペーン時にクラス「星5つ」以上達成

【年会費】

10,000円

※キャンペーン条件達成により、年1回の利用で該当年度無料⇒永年無料で保有可能

【家族カード】

1,000円

※本会員が年会費無料の場合は家族会員も無料

【ブランド】

amex

【付帯保険】

  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
  • ショッピング安心保険:200万円※購入から120日

【空港ラウンジ利用】

羽田空港、関西国際空港など、国内の約35か所の主要空港で利用可能

【基本還元率】

0.75%

※クラス星6つで1.25%

【その他特典】

  • セゾンカード会員限定チケットの「ゴールドカード限定枠」を利用できる
  • 海外旅行の帰国時に、会員1人につきスーツケース1個を無料で配送
  • プライオリティ・パス優待:10,000円(税別)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの特徴とお得度

【インビテーション条件について】

セゾンゴールド・アメックスの申し込みは、他のカードからのアップグレードでも、いきなりゴールドカード申し込みでも、どちらでもOKです。

他の3つの無料ゴールドカードとは、「インビテーションなしでも作れる」という点が違います。

 

年会費は1万円なので、ゴールドカードとしては一般的な年会費で、補償内容も「ゴールドカードとして一般的」という内容です。

 

ですが、ごくたまに実施されるキャンペーン期間中に条件を達成すると「年1回の利用でその年度の年会費が無料」になるんです。

この「年1回の利用で年会費無料」というのは、カードを持っている限り有効です。

なので、年1回の利用を継続すれば、永久に年会費無料でゴールドカードを維持できます。

 

他の無料ゴールドカードと比べて、「年1回利用する」という条件が必要ですが、アメックスブランドで補償内容が充実したゴールドカードが年会費無料なんで信じられない神キャンペーンです。

キャンーペンの様子については、こちらを確認してみてください。

2019年12月1日~12月26日のキャンペーンでセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費無料特典をゲットする方法を考えてみる

【付帯保険について】

セゾンゴールド・アメックスはゴールドカードなだけあって、保険関連が充実しています。

  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
  • ショッピング安心保険:200万円※購入から120日

と、保険関係はゴールドカードの名にふさわしい補償内容です。

 

また、ゴールドカード専用のコールセンターはフリーダイヤルで携帯電話からも利用できます。

なので、問い合わせや万が一のトラブル発生時に無料で相談ができます。

特別な事情がなければ混雑することもないし、対応もさすがゴールドカードという感じでしっかりしています。

【空港ラウンジ利用について】

羽田空港、関西国際空港など、国内の約35か所の主要空港で利用が可能です。

例えばエポスゴールドカードでは利用できない岡山空港、新潟空港、出雲空港などの地方空港のラウンジも、セゾンゴールド・アメックスであれば利用可能です。

 

また、ゴールドカードでは珍しい「海外旅行の帰国時に、会員1人につきスーツケース1個を無料で配送」というサービスも利用できます。

普通に配送すると2,000円程度は必要なので結構お得です。

【還元率について】

セゾンゴールド・アメックスの基本還元率は0.75%です。

この還元率自体は結構普通なのですが、利用を重ねると還元率が1.25%に跳ね上がります。

この還元率はクレジットカードとしてトップクラスなので、ポイント目当てとしても非常にポイントが高いカードになります。

【まとめ:セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのお得度は?】

無料ゴールドカードの中でも、ダントツでお得なのが「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。

本来、年会費が1万円もするアメックスブランドのゴールドカードです。

なので、イオンカードやセブンカードとはそもそものステイタスやポテンシャルが段違いです。

 

無料ゴールドにするにはキャンペーンの時期と資格が限られているのが難点ですが、うまく条件さえクリアできれば超おすすめの無料ゴールドカードになります。

 

また、「セゾンゴールド・アメックス」は、セゾンカード会員限定チケット(セゾンカード枠)のゴールドカード会員限定枠を利用できます。

このゴールド枠を利用できるとプラチナチケットの当選確率が高くなるのですが、特に東京ドーム巨人戦ではかなりの強さを発揮するので超おすすめです。

 

詳しくはこちらにまとめてあるので参考にしてみてください。

セゾン アメリカン・エキスプレス・カードのメリット、デメリット

まとめ:年会費無料で保有できるゴールドカードを比較、おすすめのクレジットカードは?メリットとデメリットと特徴

クレジットカードの「ゴールドカード」を保有していると、充実したサービスを受けることができます。

 

サービスの内容はカード会社によって様々ですが

  • 空港ラウンジの利用
  • 国内、国外旅行時の保険
  • ショッピング保険、盗難保険

などが主なサービスです。

あと、カード券面がちょっとカッコよかったり、一般カードよりステイタス性があったりします。

 

半面、ゴールドカードの保持には年会費が必要で、10,000円/年が相場になっています。

中には年会費3,000円~5,000円/年という格安ゴールドカードもありますが、サービスが限定的になることが多いです。

 

このように、「ステイタスが高くてサービスが充実しているゴールドカードの保有には年会費がかかる」というのが一般的なのですが、実は年会費無料で保有できるゴールドカードがあります。

有名な年会費無料で持てるゴールドカードといえば

  1. セブンカード・プラス(ゴールド)
  2. イオンカード
  3. エポスゴールドカード
  4. ミライノカードゴールド
  5. セゾンゴールド・アメックス

の5つです。

 

正直、「セブンカード・プラス(ゴールド)」、「イオンカード」についてはメリットがほとんどないので、無料ゴールドカードマニア以外は無理して作る必要がないです。

特にセブンカード・プラス(ゴールド)なんかは、色が金色なだけです。

 

一方、「エポスゴールドカード」、「ミライノカードゴールド」、「セゾンゴールド・アメックス」は、無理してでも作る価値がある無料ゴールドカードです。

私も3枚全て持っていますが、どのカードも非常にメリットが多くて「持ってないと損」なカードだと思います。

 

特に、「セゾンゴールド・アメックス」については、2019年に2回あった神キャンペーンを利用できた方からも「信じられないくらいお得!」というコメントをたくさんいただいています。

年会費1万円のアメックスブランドのゴールドカードが年会費無料で持てるなんて、普通ありえないです。

エポスゴールドカード」と違って、うまくキャンペーンを利用する必要はありますが、チャレンジするだけの価値はあります。

 

ミライノカードゴールド」の「住信SBIのコンビニ出金手数料、振込手数料無料」と、「カード持っているだけで家族まで旅行時の保険が付いてくる」も超魅力的。

私は旅行が好きなので、旅行補償はホントに助かります。

スマリボ設定に注意が必要ですが、他のカードみたいに修業期間無しでいきなりゴールドカードを作ることができるのもいい所。

 

ぜひ、超お得な無料ゴールドカード「エポスゴールドカード」、「ミライノカードゴールド」、「セゾンゴールド・アメックス」のホルダーになれるようチャレンジしてみてください!

 

 

クレジットカード チケットの取り方

6 COMMENTS

ステップ

どぉも

お勧めのセゾン雨金。30%還元キャンペーン実施中。
マイナポイントの還元率が25%なので、破壊力大きいです。
使い勝手に制限はあるものの、使わな手はないでしょう。

https://www.saisoncard.co.jp/amex/service/

カード1枚につき1件カウントなので、複数持ちの場合は、枚数分だけ使用上限金額が増えて嬉しい。

返信する
くるみっこ

情報提供ありがとうございます、さっそく別記事にもUPしました!

30%キャッシュバックキャンペーン、かなり使えますよね!

食事&飲み会で利用できるお店がかなり多いので、私も使おうと思ってます。

返信する
香子

くるみっこさん、ごぶさたしてます。

セゾンゴールドアメックスの年会費無料キャンペーン時には、お世話になりました。

あの後、エポスゴールドのインビテーションを貰うべく、4ヶ月半頑張り、5月13日に、無事インビテーションが届きました。利用金額は、30万円と少しです。
早速申し込みしました! 届くのが楽しみです。

次は、イオンゴールド…は、もういいかな…。
100万円も、頑張って使って、ゴールドにする必要無いですよね。
イオン、あんまり行かないし。
よっぽど大きな金額を使う事があれば、その時に考えます。

セゾンゴールドアメックスとエポスゴールドがあれば、充分です!

また、良いカードがあれば、ぜひお教え下さい。

ありがとうございました!

返信する
くるみっこ

コメントありがとうございます!

エポスゴールド、無事にゲットできたんですね!!

エポスはむっちゃ使えるので、持っておいて損はないですよ。

無料ゴールドとしては、エポスゴールド、セゾンゴールドが最強だと思います。

イオンとセブンは個人的には必要ないかな。

あと、もう1つおすすめがあるので、後日まとめてみます。

返信する
ステップ

どぉも。

イオン金ですが、単純に1枚1名利用(空港のラウンジ使用のように)で現状の混雑は解消出来ると思いますが、経営側はイオン内での購入利用状況を加味した改定を行うようですので、注視しておいてください。

セゾン雨金については、今回は主様の「またあるかも?」の書き込みがありませんが、あるような気がするのは僕だけでしょうか?

返信する
くるみっこ

個人的には、セゾンゴールドのキャンペーンは「ある」と思ってます。

ですが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、どうなるか不透明なところもあります。

あるとすれば、4~5月かな?

あと、イオンは、ラウンジの利用要件について改定するのかな?

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。