チケットの取り方を紹介します!

Galaxy Tab S5eの特徴とメリット、デメリット、インプレまとめ

2019年5月、タブレット端末を買い替えました。

 

私が2018年12月から利用していたタブレットは、新型の11インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular 256GBです。

新型が出たので飛びついたのですが、私には合わないタブレットでした。

 

理由は色々あるのですが

  • 重い
  • iOSの使い勝手の悪さ
  • お値段高すぎ=ラフに使えない

この3つがNGだった理由です。

 

5か月ほど頑張って使ってみたのですが、ついに断念。

手ごろなタブレットを探していたところ、SAMSUNGから軽量でお手頃価格のタブレットが発表になったので乗り換えてみました。

 

そのタブレットが「Galaxy Tab S5e」です。

Galaxy Tab S5eとは

Galaxy Tab S5eは、2019年4月にSAMSUNGから発売されたタブレット端末で、特徴は「軽さとお手軽なお値段」です。

Galaxy Tab S5eの基本スペック

メーカー Samsung
発売日 2019年4月
black,gold,silver
OS Android P
本体サイズ 160x 245×5.5(mm)
重量 400g
画面サイズ 10.5インチ
画面種類 Super AMOLED
解像度 1600 x 2560
AP Snapdragon 670
メモリ 4GBRAM+64GB
  6GBRAM+128GB
バッテリー 7040mAh

Galaxy Tab S5eの外観

【デザイン】

【カラーバリエーション】

デザインは、新型の11インチiPad Proにそっくりです。

画面の縦横比が違うので、Galaxy Tab S5eのほうがちょっと「横長」なくらい。
 

Galaxy Tab S5eの特徴とメリット、デメリット

Galaxy Tab S5eの特徴とメリット

1.とにかく軽くて薄い

一番のメリットは、何と言っても「とにかく軽くて薄い」です。

タブレット端末の重さってあまり話題になりませんが、すごく重要です。

机に置いて利用するのが前提のパソコンの場合、重さは「持ち運びのときの便利さ」くらいにしか役立ちません。

 

ですが、タブレットは手で持って利用することが多いので、少しの重量差でも手にかかる負担が全然違います。

重いと、長い時間持つのがだんだん苦痛になるんです。

特に、寝転んで本とか読むときは、切実な問題。

 

Galaxy Tab S5eの重量と薄さは驚異的です。

  重量 薄さ
Galaxy Tab S5e 400g 5.5mm
11インチiPad Pro 468g 5.9mm
Galaxy Tab S4 482g 7.1mm

薄くて軽いといわれている11インチiPad Proよりも0.4mm薄く、重量は約70グラムも軽くなります。

薄さはともかく、70グラムの差は結構大きくて、持ち比べると11インチiPad Proはかなりずっしり感じます。

 

大きさは、ほぼ同じですが、Galaxy Tab S5eのほうが横長のデザインです。

  サイズ(mm)
Galaxy Tab S5e 160x245x5.5
11インチiPad Pro 178.5×247.6×5.9

2.指紋認証がついていてお値段もお手頃

これも大きなメリットですが、Galaxy Tab S5eは指紋認証がついているんです。

もちろん、顔認証も可能。

 

私、顔認証や虹彩認証って実はすごく嫌いなんです。

マスクしていると使えなかったり、わざわざカメラの前に顔を向ける必要があってすごく「めんどくさい」。

なので、11インチiPad Proでもわざわざ「PINコード入力」使ってたほどです。

 

Galaxy Tab S5eでタブレットの指紋認証を使うと、やっぱり超便利!

それに、Galaxy Tab S5eは「電源ボタンと指紋認証ボタンが同じ」なので、「指紋認証してから別のボタンで電源入れる」なんて2度手間もありません。

電源ボタンを押すだけで認証してくれるのはとっても便利です。

 

また、Galaxy Tab S5eはお値段もお手頃です。

  値段
Galaxy Tab S5e 64GB LTE 約60,000円
11インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular 256GB 123,800円
Galaxy Tab S4 64GB LTE 約75,000円

スペックやストレージの容量が違うので単純比較はできませんが、Galaxy TabはSDカードが使えるので安価に容量を増やすことができます。

128GBのマイクロSDカードが2,000円くらいで買えちゃうからね。

 

この辺りもあって、iPadの半額というお値段はやっぱり魅力的です。

っていうか、iPad Pro高すぎ。

3.貴重な「使える」Androidタブレット

2019年現在、日本で普通に買える「使えるタブレット」というとiPadしか選択肢がない状態です。

以前はSONYからもタブレットが発売されていましたが、XperiaZ4tabを最後に途絶えています。

ちなにみ、このXperiaZ4tabは重量がたったの389グラム、しかもフルセグ受信可能という神端末でした。

3年程使っていましたが、電池劣化と処理能力低下、ベゼルの大きさがネックで11インチiPad Proにリプレイスしたのですが、今でも「神機」だと思ってます。

 

ソニーが撤退し、怪しいメーカーの怪しいタブレットしか選択肢がない状態の中、軽量でそこそこのスペックのAndroid端末というと、Galaxy Tab S5e一択になると思います。

Galaxy Tab S5eのデメリット

1.日本で正式販売されていていない

とにかく一番のデメリットはこれで、Galaxy Tab S5eは日本で正式ルートでの購入ができません。

海外からの輸入か代理店からの購入となります。

 

となると、保証面がやっぱり不安なのは否定できません。

2.スペックはそれなり

薄くて軽いGalaxy Tab S5eですが、スペックは「それなり」です。

乗ってるプロセッサーはSnapdragon 670なのでミドルハイスペックくらい。

11インチiPad ProのA12Xと比べると全く勝負になりません。

 

プロセッサーの処理速度の目安となるAntutuの数値でも、その差は歴然。

  スコア
Galaxy Tab S5e 約150,000
11インチiPad Pro 約550,000
Galaxy Tab S4 約190,000

 

要は、iPad Proの性能を使いきれるのかってことなんですよね。

私の

  • Kindleでの書籍、マンガ閲覧
  • Web閲覧
  • U-NEXTの動画配信視聴

程度の利用では、正直オーバースペックでした。

買う前に気づけよって話ですよね。

3.初期設定がちょっとだけ大変

Galaxy Tab S5eは日本で正規の取り扱いがないため、海外から購入する必要があります。

なので、「発売された国」の言語や設定がデフォルトなんですね。

 

私が購入したのは韓国版だったので、最初の画面にはハングル文字が出てきました。

設定で日本語に変更できるのですが、日本語入力の設定など、ちょっとだけ設定をいじる必要があります。

Galaxy Tab S5eの購入方法

日本で正規販売していないGalaxy Tab S5eを購入するには大きく分けて2つの方法があります。

海外通販サイトで購入する

海外の通販サイトの中には、日本語に対応しているサイトも結構あります。

有名どころはこの2つかな。

どちらでも好きな方を選べばOKだと思います。

◆ETOREN(イートレン)

◆EXPANSYS(エクスパンシス)

 

日本の通販サイトで購入する

Galaxy Tab S5eは、日本のアマゾンやヤフーショッピングでも販売しています。

ショップが輸入した商品に手数料が上乗せされるので、ちょっとお値段がお高めになります。

でも、日本語が通じて、いつも利用してる通販サイト経由で購入できるのは大きなメリットです。

ポイントUPやセールのときを狙うと意外とお得になることもあるので、まめにチェックしておきましょう。

Galaxy Tab S5eのインプレ

2019年5月に購入したGalaxy Tab S5eの簡易インプレをしてみます。

 

箱はこんな感じです。

Galaxy Tab S4よりも簡易パッケージなので、このあたりは「e」モデルってことでしょうか。

 

 

付属品はこれ。

電源プラグは韓国版なので日本では使えません。

あと、Galaxy Tab S5eにはイヤフォンジャックがないので、Type-Cからの変換プラグがついてます。

 

 

超便利な指紋認証&電源ボタンは、「横画面にした時のタブレットの左上」についています。

この指紋認証だけでもiPadから乗り換えた価値があります!

 

 

接続端子はType-Cです。

できる限りマイクロUSBは自宅から排除したいのでこれも高ポイント。

 

 

ディスプレイは10.5インチのSuper AMOLE、いわゆる有機ELです。

奇麗なディスプレイで、必要十分の性能があります。

液晶よりも動画を見た時の遅延が少ないかと思ったのですが、私の目では違いが良くわかりません。

 

画面は16:10なのでiPadProより横長です。

これは一長一短で、動画を見るときはGalaxy Tab S5eのほうが上下の黒帯が少なくて快適ですが、Kindleで漫画を見るときはiPadPro方が表示面積が多くて見やすいです。

 

【LTEモジュール】

購入したのは韓国版(SM-T725)ですが、ドコモのSIMカードを差すと勝手に認識してLTE通信ができました。

設定何もしなくてもOKです。

 

気になる対応BANDは

Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 20
Band 28
Band 66

なので、ドコモ系SIMを利用する場合、Band19が使えないのがちょっと痛いですが、街中ではほぼ問題なく利用できる感じです。

【言語設定】

初期設定の言語がハングル文字なので、日本語に変更する必要があります。

あと、文字入力も日本語のセットをダウンロードして利用する必要がありますが、これも簡単に設定から全てできます。

【処理速度】

  • WEB閲覧
  • KINDLEでの書籍、マンガ閲覧
  • U-NEXTでの動画視聴

この程度であれば全く問題ありません。

超軽量で持っている腕に負担が少ないので、iPadよりおすすめです。

まとめ:Galaxy Tab S5eの特徴とメリット、デメリット、インプレ

2019年4月に発売されたGalaxy Tab S5eは、400グラムという軽量・薄型のアンドロイドタブレットです。

現状、日本でタブレットを買おうと思うと、iPad以外の選択肢がほとんどないのですが、このGalaxy Tab S5eはおすすめです。

 

iPadProほどの処理能力はありませんが、やっぱり「軽い」は正義です。

タブレットって手で持って使用することが多いのですが、重いとそれだけで使用頻度が下がってしまいます。

 

11インチiPad Proとの重量差約70グラムって結構大きくて、ある程度の時間タブレットを持っていると、腕への負担がだいぶ違います。

 

また、アンドロイドスマートフォンを使っている場合、やっぱりタブレットもアンドロイドのほうが色々と便利です。

 

ただし、ペンシルを使って絵を描く場合はiPad Pro一択です。

私も、最初はペンシルで絵をかいたりメモ取ったりするかと思ったのですが、「パソコンでタイプしたほうが楽で速い」ということに気づき、結局ペン入力は使わなくなりました。

 

SAMSUNからは10インチクラスのタブレットとしてGalaxy Tab S4も発売されています。

Galaxy Tab S5eのように「e」が付く製品は廉価版という位置づけになることが多いのですが、Galaxy Tab S5eについてはちょっと違う感じです。

性能が高いが重くて厚いGalaxy Tab S4、軽量で薄型なGalaxy Tab S5eと製品としての住み分けができています。

 

日本で正式販売されていないのがネックですが、アンドロイドスマートフォンを利用していて、タブレットも欲しいと思っている場合、Galaxy Tab S5eは超おすすめですので、ぜひ検討してみてください。

 

入手困難なチケットの取り方、裏技はこちら

「観戦・観劇ガイド」と「おすすめグッズ」
チケットの取り方

2 Comments

La Mesa

くるみっこさん、こんにちは。
私は長らくXperia Tablet Zを使っていましたが、さすがにくたびれてきたため、去年の頭ぐらいに買い換えを検討しました。当然Xperiaの最新版を買おうとしましたが、ソニーがタブレットから撤退していたなんて全く知らず、途方に暮れました。私もiOSが嫌い(というか、大昔からAppleが嫌い)なので、当然Androidで探しましたが、Xperia Tablet Z並のスペックのものすら販売されていないのを知ったためです。

どうしようかと思っていたら、「ソニーがタブレットを復活させる」なんて噂が出回っているのを知り、期待しながら待っていましたが、いくら待ってもそれが現実になりません。仕方がないので、去年の12月に妥協して買ったのが、Lenovo Tab P10です。
これは10.1インチで厚さ7ミリ、440gなので、Galaxy Tab S5eよりは画面が少し小さい割に少し厚くて少し重いのですが、3万円(wifiモデル。LTEは3.6万円)と安いので、まぁ良しとしました。今のところ快調です。

早くソニーが再参入して、XperiaZ4を超える製品を出してくれないかなぁ。10万円オーバーでも買いますよ。

返信する
くるみっこ

コメントありがとうございます。

Lenovo Tab P10いいですよね、コストパフォーマンスは最高だと思います。
今回は、Snapdragon 450ってのとベゼルの太さが気になって見送りましたが十分アリだと思います。

私もSONY好きなので、Xperia Ztab、Z2tab、Z4tabと全て使ってました。
Z3tabはお風呂用として今でも現役です!

Z4tabはほんとに神機だと思うんですよね。
あの薄さでフルセグ受信可とか信じられないです。

SONYの新型タブレットは、噂はあるけどもう無理なのかなとあきらめてます。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。