チケットの取り方を紹介します!

飛行機が遅延・欠航した時の手続きと優先順位まとめ

搭乗予定だった飛行機が欠航になると、誰でも焦ります。

旅行の場合はスケジュールが大幅に狂うし、仕事の場合は大切な会議に間に合わないなど、深刻なトラブルに繋がる可能性があります。

なので、右往左往したり、空港スタッフに八つ当たりしがちですが、実はそんな時間はありません。

 

欠航が決まった瞬間にすべきことはたくさんあって、特に

  1. 代替便の確保
  2. 代替便が取れなかった時のホテル確保

は、最優先で対応すべき案件です。

特に台風などによる欠航の場合は対象者が多いので、どちらも1分1秒を争う事態になります。

なので、空港スタッフに文句を言っている暇なんかないんですね。

 

また、航空機は基本的に「どれだけ遅れようが目的地に到着すればOKというスタンス」というのを理解していない人が多すぎです。

「飛行機が遅れる=航空会社が何とかしてくれる」のも大きな間違いです。

飛行機の遅延、欠航が発生した場合、基本的に自分で何とかしないとダメってことを知っておく必要があります。

2021年4月ANA便が欠航した時の様子

搭乗していたANA便が機材不具合で欠航に!

2021年4月、とあるANAの「那覇⇒羽田」に搭乗していました。

当日は天気がとても良くて、搭乗手続きも順調で定刻どおりの離陸ができそうでした。

 

ですが、滑走路を進みいざ離陸となると、なかなか動き出しません。

おかしいな~と思っていると、機長から「離陸直前で無視できない深刻なトラブルのメッセージが表示されたため引き返します」との放送が(汗

機内はザワザワしながら、滑走路を移動しターミナルビルまで引き返すことになりました。

 

ターミナルについて10分ほどで、「主翼の油圧装置に不具合があり、現在修理対応中ですが、作業完了の目途は立っていません」との放送があります。

その後、「修理には約1時間30分ほどかかるので、一度皆様には飛行機を降りてお待ちいただきます」という放送の後、最終的には「本便は欠航となりました」とのアナウンスがありました。

機内で待たされること約1時間30分、欠航が決まり飛行機を降りて乗り継ぎカウンターで代替便の手続きをすることになりました。

那覇空港の乗り継ぎカウンターで代替便の手続き

飛行機を降りた後、那覇空港の乗り継ぎカウンターで代替便の手続きをします。

今回は、たまたまANAのプレミアムクラスに搭乗していたので、飛行機から降りる順番はとても早く、前から3番目でした。

小走りに乗り継ぎカウンターに向かったので、最初のグループで手続きをすることができました。

手続き内容のポイントは次の5点です。

  1. 欠航となった次の那覇⇒羽田便の確保に成功
  2. ただし代替便のプレミアムクラスは満席だったので普通席にダウングレード
  3. プレミアムクラスと普通席の差額は返金
  4. ただし、マイルとプレミアムポイントはプレミアムクラス相当分が付与される
  5. お詫びとして2千円もらう

私は第1グループで手続きができたのですが、後ろは長蛇の列ができてました。

たまたまプレミアムクラスに乗っていたので、この点では助かりました。

 

ちなみに、私の隣で手続きしていた年配の男性は、係員に終始高圧的な態度で怒鳴り散らしていました。

急用があったのかもしれませんが、係員に暴言を浴びせても仕方ないですよね。

こういう人になりたくないなと強く思いました。

 

あと、代替便は普通席だったのですが、待ち時間をANAラウンジで過ごすことができるか確認すると、特別に対応してくれるとのこと。

まあ、航空会社都合での「プレミアムクラス⇒普通席」への変更なので、このくらいはしてくれてもいいかも。

こちらがお詫びの2千円です。

欠航の理由が「悪天候」か「航空機の不具合」かで対応が大きく変わる

航空チケットは、いくら遅れようが目的地に到着すれば問題ない

飛行機が欠航した時の対応を考える前に、航空チケットの基本的な考え方を理解する必要があります。

まず、航空会社の基本スタンスは

  • 航空券に記載されている「出発地から目的地」までお客さんを運ぶことを保証するね
  • 目的への到着時間については、あくまで「予定時間」なので、遅れても原則保証できないよ

ということを理解する必要があります。

なので、予定時間を大幅に遅れたとしても、最終的に目的地まで運んでもらえれば問題ない=補償など全く必要ないってことなんです。

たまに勘違いして、遅延が発生したら補償を受けることができると思っている人がいますが、これは大間違いなので恥ずかしいですよ。

もちろん、乗り継ぎがある場合は最優先で対応してくれますが、あくまでそれは例外です。

遅延の理由が「自然災害」か「航空会社責任」かで対応が異なる

飛行機が欠航する理由は、台風などの自然災害か、航空機の故障などの航空会社責任かに分かれます。

このうち、自然災害の場合は、どんなに遅くなろうが目的地に到着できれば何の保証もありません。

だって仕方ないから。

 

一方、航空機の故障などの航空会社責任の場合は、ホテル代やタクシー代、代替交通機関の交通費などが支給される場合があります。

補償される金額には約1万5千円ほどの上限がありますが、これは交渉次第です。

もちろん実際に発生した費用について補償されるだけので、「お詫び」的な金銭を要求するのはナンセンスです。

航空機が欠航となった場合にすべきこと

搭乗予定だった飛行機が欠航すると、かなり焦ります。

仕事の都合や、家族の予定で翌日までに帰宅する必要がある場合などは特にパニックになりがちです。

ですが、こういう時こそ冷静な対応が必要になるので、迅速に次の3点を確認しましょう。

1.代替便の確保

まずは代替便の確保です。

飛行機が欠航した場合、乗り継ぎカウンターで代替便の手続きをするのですが、台風による欠航の時などはカウンターが超混雑します。

このカウンターに馬鹿正直に並んでいると、順番が来る頃には代替便が売り切れなんてことになりかねません。

なので、カウンターに並んでいる間に、まずはWEBから代替便を確保しておきましょう。

その後、航空会社の電話窓口に連絡して事情を説明すれば、先ほど確保した代替便に振替処理をしてくれます。

直前予約になるのでチケット代がバカ高いことが多いですが、そんなの後でどうにでもなります。

とにかく、代替便を自力で確保するのが最優先です。

2.代替便が取れない場合はホテルの確保

代替便が取れないかった場合は、宿泊先の確保が次の優先ポイントです。

特に家族がいる場合は非常に重要なので、とにかく宿泊先の確保に全力を注ぎましょう。

1人なら空港ロビーで寝泊まりも最悪アリですが、家族がいる場合はありえません。

3.戻り航空券をチェックする

宿泊先をとりあえず確保したら、代替便の戻りをチェックしましょう。

実は航空チケットって結構戻りがあるので、しつこくリロードしているとポロっと戻りチケットを取ることができます。

ただし、これはあくまで賭けなので、宿泊先を確保しておくのは必須です。

 

ちなみに、空港カウンターの「空席待ち」に期待するのは最悪の選択です。

航空会社の最上位ステータスを持っていればともかく、JGCやSFCくらいでは空席が落ちてくることはまずありえません。

また、航空会社のシステム上、空席待ちより戻りチケットのほうが優先されるケースがあるので、この点でも戻りチケットのチェックは欠かせません。

事情を説明して、家族総出でチェックをしましょう。

航空機が結構になった場合にしてはいけないこと

1.スタッフに当たりちらす

私も見たことあるのですが、空港のスタッフに高圧的な態度で当たり散らす人がいます。

「いい加減にしろ」と怒鳴る男性、「何とかして」とかなぎり声をあげる女性などを見てきましたが、これ、愚の骨頂だと思います。

だって、そこで怒ってもどうにもならないよね。

イライラするのはわかるけど、ここでストレスを発散して貴重な時間を無駄にするのは頭悪すぎです。

欠航時の手続きは、代替便にしろホテル確保にしろ1分1秒を争います。

その貴重な時間を無駄にするなんて意味が分かりません。

2.初動ですべきことをしない

欠航が決まった場合、最優先ですべき手続きは

  1. 代替便の確保
  2. 代替便が取れない場合はホテルの確保
  3. 代替便の戻りチケットチェック

の3点です。

特に代替便については高額でもいいのでWEBから押さえておくのが最優先です。

欠航が決まった最初の数分が勝負なので、この時間を無駄にせず優先順位をつけて対応できないと、結果的に自分が困ることになります。

3.航空会社を当てにして自分で何もしない

欠航が発生した場合、航空会社が何とかしてくれると考えていると痛い目を見ます。

特に台風による欠航などは対象が多いので、航空会社側で対応できることは非常に限られてきます。

なので、欠航が発生した時の対応は、原則的に自分自身で何とかしないとダメだと思っておきましょう。

まとめ:航空機が遅延した時に最優先ですること

飛行機は、台風や機体の不具合などで欠航することがそれなりにあります。

欠航があると色々な予定が狂うため、正直かなり焦ります。

ですが、欠航が決まった瞬間に適切な対応ができるかどうかで、その後に大きな差が生まれることになります。

 

特に台風による欠航は対象者が多いので、自分自身で迅速に対応できるかどうかが大きな分かれ目になります。

カウンターで大声を上げる人もいますが、そんなことしても時間の無駄です。

しかも、立場が弱い人に高圧的な対応を取るなんで人として最低です。

周りからも白い目で見られてるの気づかないのかな~。

 

まあ、そういう頭がおかしい人に構うとろくなことにならないので、粛々と自分ができる最善のことは何かを考えて実行に移しましょう。

この時、意外とチケットの取り方知識が生きるんですよね。

普通の人は戻りチケットとか知らないし。

 

という訳で、飛行機が欠航した場合の対応についてまとめてみましたので参考までに。

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。