チケットの取り方を紹介します!

ThinkPad X1 carbonをLenovoアクシデント・ダメージプロテクションを利用して修理してみた

私はPCを購入する際、必ず「3年の延長保証+自然故障以外も修理できるオプション」に加入します。

ソニーだと「ワイド保証」、NECだと「安心保障サービスパック」という商品ですね。

実際に保証を利用することは少ないので、損得で言うと微妙ですが、加入する理由は「もめるのがめんどくさいから」です。

故障の原因が自然故障なのか、ユーザーの過失なのか、サポートとやり取りするのがホントにめんどくさくて苦痛です。

なので、多少割高でも「落下や水濡れでも修理OK」のオプションには必ず加入、保証が切れる3年後に買い替えという感じです。

 

直近だと、

  1. SONY:VAIO Duo 13
  2. SONY:VAIO Pro13
  3. NEC:LAVIE Direct HZ(Hybrid ZERO)
  4. Lenovo:ThinkPad X1 carbon

というPC利用歴ですが、いずれも自然故障以外も修理OKの保証に加入してます。

 

そして2021年秋、ThinkPad X1 carbonが故障したので修理に出しました。

ThinkPad X1 carbon Gen6にも、3年間の延長保証とアクシデント・ダメージプロテクションをつけていたので、自然故障以外も無料修理の対象となります。

Lenovoのサポートを使うのは初めてだったので心配したのですが、意外なほど迅速でスムーズな対応だったので驚きました。

以前利用したことがあるSONYの修理と同レベルで素晴らしかったので、その時の様子をまとめておきます。

レノボ アクシデント ダメージプロテクションとは

ThinkPadを購入する際、オプションで「アクシデント ダメージ プロテクション」という保証サービスに加入することできます。

アクシデント ダメージ プロテクションとは、火災、液体こぼし、落下、自然災害による破損など予期しない事故による障害をカバーするサービスで、盗難、紛失も補償対象となります。

加入しておけば自然故障以外も無料で修理対応が可能ですが、保証対象外となるケースもあるので注意が必要です。

【保証対象】

国内で発生した火災、液体こぼし、落下、自然災害(落雷、風災、豹災、雪災に限る)、盗難、紛失

【修理上限】

修理回数、金額に上限なし

【注意点】

(1)盗難・紛失、火災の場合、Lenovoが指定した金額を負担することで代替機が準備される

盗難、紛失、火災の場合、レノボが指定する金額を支払うことで代替機が提供されます。

追加費用については、PCの利用期間、代替機のスペックなどにより異なるので、ケースバイケースだそうです。

(2)表面の損傷のみは保証対象外

表面の損傷のみは対象外なので、仮に外装が割れていてもPCが問題なく動作していれば保証対象となりません。

【保証対象となるケース】

  • パソコンが誤ってテーブルから落下して液晶ディスプレイを破損した場合
  • 落雷による過電流によりパソコンに重大な障害が発生した場合
  • キーボードにコーヒーをこぼしてパソコンにシステム障害が起きた場合

【保証対象とならないケース】

  • 外部のケースが割れるが、パソコンが問題なく動作している場合
  • パソコンを雨天の中で使用し、動作不良によりデータが消えてしまった場合
  • スライタスペンまたはバッテリーの置き忘れ

修理は電話で依頼するのがおすすめ

レノボのコールセンターは担当が日本人でないことが多いので、細かいニュアンスなどが伝わりにくいケースがあります。

このため、修理依頼はメールやチャットでも可能ですが、できれば電話で担当者と直接話すのがおすすめです。

特にADPを利用する場合は、修理箇所が無料対応可能なのか確認するのが重要です。

問い合わせ先は持っているPCのブランドにより異なるので、こちらで確認しておきましょう。

https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/hf001521#madoguchi

 

問い合わせ先はフリーダイヤルですが、固定電話からしか繋がらない仕様です。

携帯電話からだとナビダイヤルで有料になるので、できればコールバックを利用しましょう。

折り返しレノボから電話をしてくれるのでとても便利です!

https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/contactus/callback

修理状況はWEBで確認できる

レノボのパソコンを修理すると、配送状況や修理の進捗をWEBから確認することができます。

この際、「問い合わせ番号」が必要なので、修理依頼の際に教えてもらえる番号をメモしておきましょう。

https://support.lenovo.com/jp/ja/repairstatus

修理依頼から修理完了PCの到着までは約1週間

レノボの修理は優秀で、おおむね一週間から10日程度で修理完了品が手元に戻ってきます。

国産メーカーと比較しても早いほうなので、この点は素晴らしいです。

ただし、部品の欠品があったり修理不可能な場合は、担当から電話連絡があるようなので時間がかかります。

レノボアクシデントダメージプロテクションを実際に使ってみた

2021年10月、ADPを利用してThinkPad X1 carbonを修理しました。

【故障内容】

  • 一部キーボードの破損(キートップ外れ)
  • 落下による液晶破損
  • 本体ケースの傷

【修理経緯】

2021/10/13(水) 修理受付窓口に修理依頼
2021/10/14(木) PC引き取り(佐川急便)
2012110/15(金) レノボリペアセンター到着
2021/10/20(水) 修理完了、発送
2021/10/21(木) PC到着(佐川急便)

【修理結果】

  • 液晶交換
  • 天板交換
  • 液晶ベゼル交換
  • キーボード交換
  • 本体ケース交換

【その他】

  • 外観はほぼ新品状態
  • レノボで各種チェックを実施し正常動作していることを確認
  • 本体裏面のシールなどは貼り換え(シールは若干傷んでいる)

まとめ:ThinkPad X1 carbonをLenovoアクシデント・ダメージプロテクションを利用して修理してみた

2021年10月、レノボの保証サービス「アクシデント ダメージプロテクション」を利用しました。

電話での受付からPCの引き取り、修理完了まで非常にスムーズで、とても素晴らしい対応でした。

レノボのサポートはいい評判と悪い評判が混在しているのですが、私は非常に好感触を持ちました。

多分、トラブルになるケースは

  1. アクシデントダメージプロテクションに加入していない
  2. 担当者の日本語能力に問題があることをユーザー側が認識してない

この2点が原因だと思います。

 

アクシデントダメージプロテクションに加入していないと、修理金額でトラブルになりがちです。

レノボの場合、修理見積だけでも費用がかかるので、「修理見積⇒思ったより高額なのでキャンセル」した場合でも、数千円の見積もり費用が必要です。

また、保証対応できる部分と実費の部分が混在するケースがあるので、これもトラブルになりがちです。

なので、レノボのパソコンを購入する場合は、ADPへの加入は必須だと思います。

ADPはそれなりに高額で、16万円のThinkPad X1 carbonで3年加入した場合だと4万円近く必要です。

ですが、レノボのPCを買う場合は、この費用は必要経費とみるべきかな。

 

あとは、コールセンターの日本語能力が低いケースが多いので、この点はユーザー側でフォローが必要です。

怪しいと感じたら担当を変えてもらうのも一つの手だと思います。

レノボのパソコンを購入する場合は、それなりの対応がユーザー側に求められるってことですね、いいか悪いかは置いといて。

 

ホントはVAIOがいいんだけど、トラックポイントが・・・。

でも、2021年10月に発売されたSX12の勝色はヤバイです。

ThinkPad nanoを買ったばかりなのに(汗

ThinkPad X1 nano 2021年モデルとThinkPad X1 carbon2018の違い、インプレまとめ

 

入手困難なチケットの取り方、裏技やおすすめグッズはこちら

おすすめグッズ チケットの取り方

コメントをどうぞ(名前にはニックネームを入力してください)

名前欄を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ