2024年オールスター「ローチケ先行」申し込み方法を考えてみる

2024年のオールスターゲームは

  • 第1戦:7月23日(火)エスコンフィールド北海道
  • 第2戦:7月24日(水)明治神宮球場

の2試合が開催されます。

 

私は2023年のマツダスタジアムで開催されたオールスターゲームを観戦したのですが、オールスター独特のお祭り騒ぎ感は楽しいですね!

普段は敵となるチームの選手を応援&応援歌を歌えるのはオールスターならではの楽しみです。

2023年マツダスタジアム開催プロ野球オールスターゲームに行ってきたよ

 

オールスターのチケットが欲しい場合、ローチケの有料会員枠を利用するのが必須です。

ですが、ローチケには「当選しやすい申し込み方法」と「ほぼ自動落選になる申し込み方法」があるので、適当に申し込んでしまうと、せっかくの有料会員のアドバンテージを生かすことができません。

なので、今回は「ローチケ有料会員枠で当選確率を上げる申し込み方法」についてまとめてみます。

プロ野球オールスターのチケットはローチケが圧倒的に有利

オールスターゲーム、日本シリーズなどの日本野球機構(NPB)が主催する試合の場合、ローチケが圧倒的にチケットを多く保有しています。

このため、オールスターゲームのチケットを取りたい場合、とにかくローチケの先行抽選を利用しましょう。

1.ローチケ先行には3つの申し込み枠がある

ローチケの先行抽選には、

  1. エルアンコール会員(有料)
  2. ローチケHMVプレミアム会員(有料)
  3. プレリクエスト(無料)

という3つの申し込み枠があります。

この3つの申し込み枠はそれぞれ別に申し込み可能ですが、同一名義での重複当選はありません。

2.「エルアン」と「HMVプレミアム」の違い

オールスターゲームのローチケ枠は、有料会員のほうが圧倒的に優遇されます。

なので、「エルアンコール会員」、「ローチケHMVプレミアム会員」どちらかには必ず加入して申し込みましょう。

(1)エルアンコール会員

クレジットカードの「エルアンコールカード」を保有していると加入可能な有料会員です。

クレカ作成が必要なこと、申し込みから会員資格取得まで10日前後かかることから、利用のハードルは高めです。

ただし、年会費が1,500円(税別)と比較的リーズナブルなこと、プロ野球日本シリーズでも効果があることから、エルアンが強い公演のファンであれば持っていても損はないと思います。

「エルアンコール会員」の特徴とメリットまとめ

 

(2)ローチケHMVプレミアム会員

月額500円で「必要な時だけ加入できる」有料会員です。

エルアンコール会員より有利なことも多いので、通常はこちらを利用することをお勧めします。

「ローチケHMVプレミアム会員」の特徴とメリットまとめ

3.ローチケで発売されるチケットは全て電子チケット

ローチケが販売するオールスターゲームのチケットは、全て電子チケットです。

採用されるのはローチケアプリなので、ローチケ枠を利用する場合は、「電子チケットが利用できるスマートフォン」が必須です。

ただし、オールスターゲームの場合「代表者が同行者の電子チケットを掲示すればOK」という仕様なので、二人以上で観戦する場合は、誰か一人が電子チケットを利用できれば入場可能です。

とはいえ、トラブル防止のためにできれば一人1台スマートフォンを持っておくのがおすすめです。

ローチケアプリ(ローチケ電子チケット)の使い方とメリット、デメリットまとめ

2024年オールスターゲーム「ローチケ先行」申し込みのポイント

2023年のオールスターゲームはマツダスタジアムで開催されました。

私も現地観戦したのですが、うちのブログはマツダスタジアム観戦者が多いので、オールスターゲームのローチケ先行販売についてアンケートを実施してみました。

回答数があまり多くないのが残念ですが、興味深い結果がでているので、まずはこちらを確認してください。

2023年マツダスタジアム開催オールスター・ローチケ先行アンケート

 

2023年のアンケート結果と過去の経験から、ローチケ先行抽選の申し込みポイントを考えてみます。

1.エルアン、HMVプレどちらを利用するか?

オールスターゲームのローチケ枠は、有料会員のほうが圧倒的に優遇されます。

まず、エルアンコールカードを持っている場合は、迷わずエルアン枠を利用すればOKです。

更に当選確率を上げたい場合は追加で「ローチケHMVプレミアム会員」に加入して申し込みしておきましょう。

同一名義での重複当選はないので、安心して両方に申し込めます。

 

エルアンコールカードを持っていない場合は、月単位で加入可能な「ローチケHMVプレミアム会員」に加入しておきましょう。

「7月になってローチケHMVプレミアム会員に加入⇒当落発表後に解約」であれば500円しか必要ありません。

日本シリーズにも興味があればエルアンを作る選択肢もありますが、カード到着まで10日は必要なので、時間的に間に合うか確認が必要です。

 

ちなみに、2023年のアンケート結果では、エルアンとHMVプレでは目立った当選確率の差はありませんでした。

なので、どちらが当選しやすいかを気にする必要はないと思います。

2.エルアン、HMVプレの重複申し込みしても大丈夫

以前ローチケに問い合わせした際、「エルアン、HMVプレ、プレリクの3枠に同時申し込み可能、ただし当選はいずれか一つ」という回答をもらっています。

昨年も同様の結果だったので、3枠申し込んだから強制落選という心配は必要ありません。

当選確率を少しでも上げたい場合は、3枠全てに申し込みましょう。

ただ、個人的には申込方法のほうが重要だと思うので、エルアンかHMVプレどちらか一枠を利用し、しっかりと申し込み方法を熟考したほうがいいと思います。

2020年プロ野球日本シリーズのチケット申し込みについてローチケに問い合わせてみた

3.北海道、神宮の両方申し込みはリスクあり

ローチケは、人気公演の抽選作業ではかなり複雑な処理作業をすることが分かっています。

もし応募が集中した場合は「当選は北海道と神宮でどちらか1試合まで」といった制限が発動する可能性があります。

なので、本命がある場合はその球場一本勝負がいいです。

どうしてもエスコンと神宮の両方に行きたい場合は、別名義でそれぞれ申し込みがおすすめです。

特に首都圏で開催される神宮の場合、神宮だけ申し込む「神宮単願」が有利となる可能性があると思います。

4.当選は第1希望のみなので申し込み順序はよく検討する

2023年のオールスターゲームでは、「第1希望しか当選しない」というはっきりとした傾向がありました。

ローチケの人気公演ではよくある傾向なので、今年も基本的に「当選するのは第1希望のみ」と考えたほうがいいと思います。

なので、どのお席を第1希望にするかが勝負の別れです。

適当に「第1希望:高望みの席、第2希望:本命席、第3希望:滑り止め席」なんて申し込みをした時点で落選決定となるので、第1希望をどのお席にするかはよーく考えましょう。

 

また、ローチケ人気公演では第1希望のみ申し込む「単願」が有利になるケースが結構あります。

当選するのはどうせ第1希望のお席のみなので、ここは割り切って「申し込みは第1希望のお席のみ=単願」がいいと思います。

5.席によって当選確率が大きく変わるので特に空売り席には注意する

2023年のマツダスタジアム開催オールスターゲームでは、SS席やS席に座っている人が持っているチケットは「はローチケの紙チケット」がほとんどでした。

ローチケで発売される一般向けのチケットは全て電子チケットなので、要は「SS席やS席は年間指定席保有者やスポンサー枠などに割り振られた」ってことです。

販売数が少ない席=空売りの席を選択してしまうと、いくらローチケ有料会員に加入していても普通に落選します。

アンケート結果でも、申し込むお席によって当選確率が全然違うので、販売数が多い席数を第1希望にしましょう。

何度も言いますが、ローチケは第1希望しか当選しない可能性が高いので、第1希望で空売り席を申し込んでしまうと、その時点で試合終了ですよ。

6.おまけつきチケットが有利なので上手に利用する

今年のオールスターゲームでは、「オリジナル炭酸ボトル付きチケット(通常料金に+6,600円)」が発売されます。

昨年も同様のチケットが発売されたのですが、過去の経験上「グッズ付きチケットのほうが当選確率が高くなる」という傾向があります。

ただ、グッズ付きチケットはお値段お高めなので、昨年コメント欄で教えていただいたプチ裏技を利用するのがおすすめ!

  • ローチケに4枚申し込む際、ボトル付き1枚と普通3枚申し込んだ場合、連番になるのか問い合わせ、連番になると回答があったので保険で1枚ボトル付きで申し込みして当選。当たったので満足です。

7.申込枚数によって当選確率が変わることはない

過去の経験上、オールスターゲームでは申込枚数によって当選確率が変わることはありません。

1枚申し込みでも4枚申し込みでもあまり当選確率は変わらないので、必要な枚数を申し込みましょう。

理論上は1枚申し込みのほうが有利なんですけどね。

8.HMVプレ枠、プレリク枠ではエルアンコールカードを使わない

まず、エルアン枠を利用する場合は、決済カードは強制的にエルアンコールカードとなります。

 

一方、ローチケHMVプレミアム会員の場合、決済に利用するカードは好きなカードを選択可能です。

この際の注意点は「ローチケHMV枠の申し込みでエルアンを利用してもご利益が全くない」という点です。

ご利益がないどころか、エルアンコールカードのしょぼいセキュリティが暴走して強制落選となる可能性があるので、個人的には他のカードを利用することを強くおすすめします。

詳しくはこちらにまとめてありますが、結構被害者いますよ。

抽選方式のチケットを購入する際にはクレジットカードのセキュリティに要注意!

9.家族名義申し込みの是非

ローチケ先行は、同一名義での重複当選はないという仕様です。

この同一名義の判定は「電話番号、メアド、クレカ」あたりをキーにしているので、これらを別にしたアカウントを作れば、普通に重複当選します。

なので、「ダブった場合はリセール上等」という覚悟があれば、別アカウントでの申し込みもアリです。

ただ、ローチケは電子チケットなので知り合いに譲渡しにくいこと、リセールの手数料がぼったくりなことを考えると、個人的にはあまりおすすめできないかも。

まとめ:2024年プロ野球オールスターゲーム「ローチケ先行」申し込み方法を考えてみる

2024年に開催されるのオールスターゲームのチケットが欲しい場合、ローチケ先行でチケットを確保するのが重要です。

申し込む際の注意点は、

1.エルアン、HMVプレの重複申し込みしても大丈夫
3.北海道、神宮の両方申し込みはリスクあり
4.当選は第1希望のみなので申し込み順序はよく検討する
5.席によって当選確率が大きく変わるので特に空売り席には注意する
6.おまけつきチケットが有利なので上手に利用する
7.申込枚数によって当選確率が変わることはない
8.HMVプレ枠、プレリク枠ではエルアンコールカードを使わない

という8点です。

 

そして一番悩む「どのお席を申し込むか」ですが、一般的に「バックネット裏席、グランドに近い席、ライト外野指定席」などは競争率が高めになります。

特に、バックネット裏やグランドに近い席はスポンサー枠などに割り振られて一般発売なし=ローチケ枠では空売りというケースが結構あるので要注意です。

また、オールスターの場合はレフト外野も人気席になるので、3塁側=ビジター側だから競争率が低いとはなりにくいという特徴もあります。

 

この辺りは推理力が試されるので、「観たい席を優先」するのか「当選確率を重視」するのかを考えて決めましょう。

 

以上が、2024年オールスターゲームのローチケ枠申し込みのポイントです。

ローチケの人気公演はかなり複雑な抽選をするので、「適当に第1希望~流す」とかなりの確率で全滅します。

皆さんの想像以上に申し込む席種や順序は大切なので、しっかりと情報収集しておきましょう。

 

という訳で、皆さんのご意見や情報などありましたら、ぜひぜひお寄せください。

特に年間指定席向けの販売や、お席の人気度などはとても参考になります。

Nippon Professional Baseball How to get a Ticket

コメントをどうぞ(名前にはニックネームを入力してください)

名前欄を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ