野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

【ローチケHMVプレミアム会員】ローソンチケットのエルアンコール会員との違いと効果

ローソンチケットでは、2017年3月3日から「ローチケHMVプレミアム会員」というサービスを開始しました。

ローチケHMVプレミアム会員になると、月額500円または年額4,980円で様々なサービスを受けられます。

 

会員特典の中に、「プレリク抽選先行当選確率が自動的にアップ」というものがあります。

ローソンチケットの一般抽選方式のチケットに応募した場合、当選確率がアップするというものです。

 

実際に「ローチケHMVプレミアム会員」を利用してみて、当選確率アップの効果はあったのか?

会費分のメリットがあるのか?

 

というのを検証しました。

 

ローチケHMVプレミアム会員の加入方法、注意点はこちら

ローチケHMVプレミアム会員の入会、退会の方法と注意点

ローチケHMVプレミアム会員とは

ローチケHMVプレミアム会員とは、ローソンチケットのWEB会員向けの有料サービスで、月額500円または年額4,980円で様々なサービスを受けられる会員です。

ワンコインでいろいろ使えるというのが売りなようです。

ローチケHMVプレミアム会員の概要

【年会費】

  • 月額500円(税別)
    携帯払い、クレジットカード払い
  • 年額一括4,980円(税別)
    ※クレジットカード払いのみ

【特典】

  1. プレリク抽選先行当選確率が自動的にアップ
  2. 入院や交通遅延、急な出張など万が一公演に行けなくなった時「チケット安心サポート」で補填します。
  3. 「クランクイン!ビデオ」から好きな映画やドラマをいつでも好きな時に視聴できる。
  4. 「クランクイン!コミック」から大人気の少年・少女マンガやドラマ化された話題作など充実のラインナップをご用意。
  5. 月額利用料と同額の500円分クーポンを、毎月もれなくプレゼントします。
  6. サイン入りグッズやプレミアムな限定商品を毎月抽選でプレゼント。
  7. 特別公演や映画の試写会などプレミアムなイベントに抽選でご招待。

ローチケHMVプレミアム会員のメリット

プレリク抽選先行当選確率が自動的にアップする(らしい)

ローチケHMVプレミアム会員は、ローソンチケットの一般抽販売(プレリク抽選先行)の当選確率が自動的にアップします。

これば大きい・・・といいたいところですが、私はまったく恩恵を受けることができませんでした。

2017年4月から2018年3月までの1年間、perfume、フィギュアNHK杯、プロ野球CS、カープ公式戦など30公演以上申し込んだのですが、一度も当選することはありませんでした。

年間約5,000円は結構大きいのですが、この効果のなさは一体・・・。

申し込んだのは人気公演のみですが、私は当選確率UPのメリットを感じることができませんでした。

プロ野球オールスターゲームのチケット購入で有利になる

2018年のプロ野球オールスターゲームでは、ローチケHMVプレミアム会員限定枠が設定されました。

 

オールスターゲームのチケットは、ローソンチケットが多くのチケットを確保しています。

2017年までは、ローソンチケットの有料会員である「エルアンコール会員」が非常に強かったのですが、2018年からは、ローチケHMVプレミアム会員限定枠も追加されました。

つまり、クレジットカードを作成してエルアンコール会員にならなくても、月額500円を支払えば「オールスターゲームのチケットの当選確率が高い先行抽選」に申し込めるってことです。

【2018オールスターチケットを取る】チケットの値段・座席種類などの概要発表!

その他特典

一つにまとめてしまってごめんなさい。

私は一切使ったことないので評価できません。

これってお得なの?

ローチケHMVプレミアム会員のデメリット

会費が高い

月額500円(税別)または年額一括4,980円(税別)は、チケットの当選確率アップだけを考えると高すぎです。

しかも、私はこれまで全ハズレなので会費を払い損です。

他の特典を利用できればお得になるのかな?

お試しプラン中はプレリク抽選先行の当選確率アップが利用できない

お試しプランを利用すると、入会月の利用料が無料になります。

ただし、お試しプランの期間中はプレリク抽選先行の当選確率アップが利用できません。

まあ、これは仕方ないですね。

 

お試しプランは、翌月から自動更新で課金となるので、利用継続しない場合は注意してください。

当選発表前までにサービス停止すると、先行抽選特典の対象とならない

当選発表前までにローチケHMVプレミアム会員を退会すると、先行抽選特典の対象となりません。

ローチケHMVプレミアム会員の会費は月単位です。

ですので、申し込みと結果発表が月をまたぐ場合、2か月分の会費が必要となります。

エルアンコール(LEncore)会員と重複加入できない

微妙に不便です。

エルアンコール会員とローチケHMVプレミアム会員は1つのアカウントで重複加入できません。

1人でエルアンコール会員とローチケHMVプレミアム会員両方に加入する場合は、アカウントを2つ作成して、別々に加入する必要があります。

エルアンコール(LEncore)会員とローチケHMVプレミアム会員の違い

似たような名前のサービス、エルアンコール会員とローチケHMVプレミアム会員の違いを簡単にまとめてみます。

エルアンコール会員

【加入条件】

ローソンチケットのクレジットカード「エルアンコールカード」の作成が必要。

【会費】

年会費:1,500円/年(税別)

【主な特典】

エルアンコール会員だけが申込めるLE会員限定先行がある

※プレリク抽選先行(一般抽選)の当選確率は通常会員と同じ

【エルアンコール会員】エルアンコールカードを作ると当選確率が上がる!ローソンチケットでチケットを取る・買う方法

ローチケHMVプレミアム会員

【加入条件】

特になし。

【会費】

月額500円または年額一括4,980円(税別)

※月払いの場合は携帯払いが可能

【主な特典】

プレリク抽選先行(一般抽選)の当選確率が自動的にアップ

MEMO
  • エルアンコール会員は会員限定の先行発売があるが、一般抽選に優遇がありません。
  • ローチケHMVプレミアム会員は一般抽選の当選確率が上がるらしいです。

まとめ:ローチケHMVプレミアム会員の効果

2017年4月から2018年3月までの1年間加入してみたローチケHMVプレミアム会員ですが、申し込んだチケットは1回も当選しませんでした。

そのほかにも、2018年オールスターゲームとプロ野球日本シリーズの時期に月払いで加入したのですが、こちらも全滅。

 

競争率が高めのチケットが多かったとはいえ、申し込み全滅は切ないです。

少なくとも私にとってはローチケHMVプレミアム会員のメリットはなかったかな・・・。

 

動画の読み放題サービスなどの特典を利用するのであれば、500円/月の会費も納得ですが、一般抽選販売の当選確率アップだけを目当てに加入は厳しい気がします。

ただし、毎月音楽クーポンが500円分届くので、利用する人はこれだけで月会費の元が取れます。

入院や交通遅延、急な出張など万が一公演に行けなくなった時に利用できる「チケット安心サポート」もついてますので、このあたりのサービス特典を総合的に判断してください。

 

ローチケHMVプレミアム会員の加入方法、注意点はこちら

ローチケHMVプレミアム会員の入会、退会の方法と注意点
【エルアンコール会員】エルアンコールカードを作ると当選確率が上がる!ローソンチケットでチケットを取る・買う方法
  • ローチケHMVプレミアム会員、チケットのことだけ考えると会費がお高めです。
  • 2017年は当選0/29(くるみっこ実績)です。
  • 2018年から、オールスターゲームのチケット先行抽選が有利になりました。

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

4 Comments

しー

今年1月にチケット当選確率UPにつられて入会しましたが、日米野球、日本シリーズ全て外れました。
退会を検討してます。

返信する
くるみっこ

HMVプレミアム会員の当選確率UPって、あんまり評判よくないんですよね。
私も今まで1回も恩恵受けたことないです。

あと、日本シリーズの優先枠も設定されなかったのでますます微妙になってる気がします。

返信する
くるみっこ

コメントありがとうございます。
やっぱり全滅でしたか(笑)

チケットの当選確率アップだけみると、かなり厳しいですね。
加入するなら、エルアンコール会員のほうがいいと思います。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。