チケットの取り方を紹介します!

【2020年カープチケットを取る】ファンクラブ先行発売概要発表!!セブンチケット、ローチケどちらも抽選方式に変更!

2020年1月27日(月)、広島東洋カープ公式戦チケットのファンクラブ枠について、詳細が発表になりました。

 

カープチケットのファンクラブ枠は、これまで「セブンチケット:先着方式」、「ローソンチケット:抽選方式」で販売されていました。

 

今年もセブンチケット、ローソンチケットでの取り扱いは継続ですが、販売方法がどちらも「抽選方式」に変更になります。

 

なので、2019年まで有効だった「セブンイレブン店頭端末でチケットを取る」という作戦が使えなくなります。

その他細かい点でも変更点があるので、まずはチケットの発売概要などをまとめてみます。

2020年カープ公式戦・ファンクラブ先行販売概要

2020年も、マツダスタジアム公式戦のファンクラブ先行抽選販売が実施されます。

対象は2020年ファンクラブ「5C」の会員で、セブンチケット・ローソンチケットで実施されます。

2020年度カープファン倶楽部「5C (ファイブシー)」に加入する方法と、ファンクラブ特典の変更まとめ

セブンチケット

【受付方式】

抽選方式

【エントリー方法】

WEBのみ

http://7ticket.jp/sp/carpfan/

【抽選受付期間】

2020年2月7日(金)12:00~2月9日(日)21:59

【枚数制限】

1試合あたり1席種のみ4枚まで
※複数試合・第2希望まで応募可能

【販売席種】

・正面砂かぶり席
・KIRINシート内野砂かぶり
・内野指定席A
・内野指定席B
・スカイシート
・外野指定席
・カープパフォーマンスB
・3塁側パフォーマンス席
・内野自由席 大人
・内野自由席 こども

【当落発表日時】

2020年2月14日(金)10:00頃

【入金・発券期間】

2020年2月14日(金)10:00頃~2月17日(月)23:59

【支払方法】

セブンイレブン店頭

【発券手数料】

110円/枚(税込み)

 

セブンチケット枠について、おすすめ申込方法などまとめはこちら。

【2020年カープチケットを取る】ファンクラブ先行・セブンチケット抽選販売で買う方法、おすすめ申し込み方法まとめ

ローソンチケット

【受付方式】

抽選方式

【エントリー方法】

◆WEB

https://l-tike.com/st1/carp-fc/

◆電話

0570-084-567

【抽選受付期間】

2020年2月14日(金)12:00~2月16日(日)23:59

【枚数制限】

1試合あたり1席種のみ4枚まで
※複数試合応募可能

【販売席種】

・内野指定席A
・内野指定席B
・スカイシート
・外野指定席
・カープパフォーマンスB
・3塁側パフォーマンス席
・内野自由席 大人
・内野自由席 こども

【当落発表日時】

2020年2月21日(金)15:00

【入金・発券期間】

2月21日(金)15:00~2月24日(月・休)23:00

【支払方法】

ローソン、ミニストップ店頭

【発券手数料】

0円

ローソンチケット枠について、おすすめ申込方法などまとめはこちら。

【2020年カープチケットを取る】ファンクラブ先行・ローソンチケット抽選販売で買う方法、おすすめ申し込み方法まとめ

まとめ:2020年カープチケット・ファンクラブ先行発売はセブンチケット、ローチケどちらも抽選方式に変更!

2019年1月27日(月)、カープ公式戦チケットのファンクラブ先行販売の概要が発表になりました。

去年の概要発表が1月29日なので、ほぼ例年通りの時期になります。

 

今年はファンクラブ枠(以下FCと略)のチケット販売方法が大きく変わっています。

大きな変更点はこんな感じ。

1.セブンチケットがついに「抽選方式に変更」された

一番影響が大きいのは、「セブンチケット枠の抽選販売化」です。

事前に予想していたとおりなので驚きはありませんが、昨年まで使えていた「セブンイレブン店頭端末作戦」が使えなくなります。

この影響が大きいですよね。

 

店頭端末を確保さえできれば、最初の1試合はプレミアムチケットも取れたし、粘れば土日祝日の試合でも5~10試合くらいは取れました。

なので、広島県外からわざわざ遠征して遠方のセブンイレブンでチケットを取った人も結構いました。

私もそうですが、セブン店頭端末作戦が利用できないと、結構痛い人も多いはず。

 

でも、前日の夕方からセブンイレブンの端末を非常識に占拠する人がいたり、トラブルも多かったので、先着販売廃止は当然の流れだと思います。

2.ローソンチケットの取り扱いは2019年から変更なし

ローソンチケット枠は2019年と同様の取り扱いで、基本的に変更点はありません。

取り扱い席種も同じで、申し込みも「1試合あたり1席種のみ4枚まで」で「複数試合に応募可能」です。

昨年までの状況だと、多くて1試合当選なので、行けそうな試合は全て申し込んでおくのが正解かな。

3.セブンイレブン先行の「複数試合・第2希望まで応募可能」とはどういう意味?

今年から抽選方式になったセブンチケット枠ですが、ファンクラブの公式サイトには、「 1試合あたり1席種のみ4枚まで※複数試合・第2希望まで応募可能」と記載があります。

この表現の意味が良くわからないですよね。

 

なので、球団に電話して確認してみました。

回答は

  • FC会員はマツダスタジアムで開催される72試合について申し込める=最大72回エントリー可能
  • 1試合ついて第1希望で1席種4枚まで、第2希望で1席種4枚まで申し込める

とのことでした。

 

なので、例えば開幕戦の試合を申し込む場合

  • 第1希望:内野指定A4枚
  • 第2希望:ライト外野4枚

みたいな感じで、その他71試合も申込可能ってことです。

 

ちなみに、セブンチケットのチケット詳細ページを見てみると「先行販売お客様番号1件につき、1試合あたり第1希望と第2希望それぞれ4枚まで、全試合お申込みいただけます。」と記載があります。

 

こちらのほうがわかりやすいですよね。

ってか、カープ公式の日本語はちょっとわかりにくいことが多くて困ります。

4.セブンチケット、ローソンチケットで微妙に違いがある

2019年もそうですが、セブンチケットとローソンチケットで微妙に違う点があります

(1)セブンチケットは発券手数料が必要

2020年から、セブンチケットのみFC枠の先行販売でも発券手数料110円/枚が必要になりました。

ローソンチケットは引き続き手数料0円です。

(2)セブンチケットのほうが取り扱い席が多い

カープのチケットはセブンチケットが色々な面で優遇されています。

今年もその傾向は継続していて、セブンチケットのみ取扱い席種が多くなっています。

  • 正面砂かぶり席
  • KIRINシート内野砂かぶり
  • スカイシート (正面1塁寄り・正面3塁寄り)

この3席種はセブンチケットでしか購入できません。

(3)ローソンチケットのみWEB、電話どちらでも申し込みができる

ローソンチケットのみ、WEB、電話どちらでも申し込み可能です。

ただし、「同一試合に電話受付とweb受付で重複エントリーはできません。」としっかり記載があるので、WEBと電話の重複申し込みは意味がありません。

なので、申し込みが楽なWEBを利用するのがおすすめです。

5.その他注意点

(1)先行抽選販売には「先行販売お客様番号(12桁)」が必要

カープFC枠でチケットを申し込み際には、「先行販売お客様番号(12桁)」が必要です。

継続会員の場合は、「継続会員申込み完了のお知らせ」メール内に記載されている先行販売お客様番号(12桁)、単年会員の場合はローソンチケットから案内される「ファン倶楽部ユーザーID(8桁)」+「ご登録の誕生月日(4桁)」となります。

(2)チケットにはファンクラブ会員の名前が印字される

FC枠で購入したチケットには、FC会員の名前が印字されます。

チケットへの印字は2018年からセブンチケットのみ実施されていますが、今年はセブンチケット、ローソンチケット共に名前が印字されます。

転売防止対策の一環だとは思いますが、もっと色々と考えて対応して欲しい所です。

フィギュアとかここ数年の対策凄いですからね!


とりあえずのまとめはこんな感じです。

セブンチケット、ローソンチケットそれぞれの申し込み方法のポイントやおすすめ方法については、別途まとめています。

【2020年カープチケットを取る】ファンクラブ先行・セブンチケット抽選販売で買う方法、おすすめ申し込み方法まとめ 【2020年カープチケットを取る】ファンクラブ先行・ローソンチケット抽選販売で買う方法、おすすめ申し込み方法まとめ

 

ついに始まった2020年のカープチケット争奪戦。

皆さんのご意見やご感想お待ちしてますので、お気軽にコメントください!

 

チケットの取り方、裏技はこちら

広島東洋カープのチケットを取る方法 チケットの取り方

28 COMMENTS

りあ

自分の場合は会社勤め最中に抜け出してファンクラブのセブンイレブンの先行に十分に参加できなかったので今回の措置は有効だと思いました。
さらに、今回は年間指定席の方に運良くお願いが出来るのでたのしみです。

ただ、3/1の参加具合が年間指定席の結果に左右されるのですが、それは2月中には結果が出ているものなのでしょうか?

返信する
匿名

はじめまして。

年間の先行(抽選)は2月4日から順次結果メールが届き、2月12日までに入金完了が必須なので、そこまでに入手可能かどうかは判明しますよ。

返信する
くるみっこ

>匿名さん
貴重な情報を教えていただき、ありがとうございます。
私は年間指定席を持っていないので助かります!

>りあなさん
親切な方がいて良かったですね!
うちのブログは常連さんや詳しい方が結構いるので、色々教えてもらえることが多いです。
私も間違いや貴重な情報を頂けることが多いので感謝してます!

返信する
通称だいちゃん

名前を毎回入力しないと「匿名」になっちゃうのですね。ここの匿名は私でした。

さて・・・年間の結果メールきました。

毎年、土日祝の外野を中心に申し込んでいますが、ここ5年ぐらい、ほぼ4割ぐらいの当選率です。それ以前は、ほぼ100パーセント当選してましたが、黒田復帰以来、年間が完売していることに加え、申し込みが(たぶん)急増しているからでしょうね。

くるみっこさんのように細かなデータとってるわけではないのですが、年間持ってる知人(外野の年間)がそれなりにいるので毎年リサーチしてますが、内野指定は1塁側はなかなか当たらないけど3塁側はそれなりに当たる。外野はレフトが特に当たりやすいということはない、って感じです。まあ、これも毎年のことですが、チケットは外れで駐車券だけが当選する、ってのがあるのです。普通に考えるとそんな馬鹿な事が、ってのが平気な球団なので(笑)

返信する
くるみっこ

やっぱり3塁側の方が当選しやすいのかな?
また、レフト外野がそこまで当選しやすくないって感想は意外でした。

セブンチケット抽選の申し込みは、どの席に申し込むのかがポイントになるので参考になります。
おすすめの申し込み席種とかありますか?

返信する
通称だいちゃん

(長文です、暇なときに目を通してみてください)難しいところです。たぶん一番当たりそうなのは「3塁側パフォ」だと思いますが、そこへは行きませんよね(笑)となると、本命は「内野指定3塁側A」と「レフト外野指定」で勝負するのが王道かと。

まるっきりの私見ですが、年間の先行とファンクラブの先行、それぞれの割り当て方法が根本的に違うのでは、というのが当方の考えです。

セブンチケやローチケ等、先行とは関係ない一般販売分については各プレイガイドで各エリアの「シマ」が毎年同じだと思います。

ファンクラブ先行においては、球団持ち分のうち、〇〇枚をセブンチケ、〇〇枚をローチケという風に事前分配し、その「シマ」がプレイガイド向けと同様、ある程度固定されているのでは、と思うのです。

これに対し、年間の先行は球団持ち分から前述のファンクラブ先行分の「シマ」を除いた席のうちの〇〇%までという「数」の上限設定をして、ランダムに席を分配しているフシが見られます。これは毎年当選している席がバラバラで、ライト側でも601番から900番台まで、最前列付近から30列目ぐらいまで散らばっていることからの推測です。

今年の巨人戦・阪神戦、土日祝のうち10試合ほどライト・レフト各4枚ずつでエントリー、結果ライト側が4試合、レフト側が1試合、ダブル当たりはゼロでした。毎年こんな比率で圧倒的にライト側が当たります。

これはもともとの球団持ち分キャパがライト側の方がレフト側の約3倍ぐらいあること、そして「たぶんライトに集中するのでレフト」という考えの人が多いことなどが要因と思われます。

これに対してファンクラブ先行は枚数限定なので、たぶん各試合において、1塁側と3塁側の分配枚数がほぼ同じなのでは?と思うのです。特にほぼ同じキャパの内野についてはかなりの確率で、外野はキャパが違いすぎるので微妙ですが、たぶん内野に準ずるのでは、と思います。

そこへ例年のチケット一般販売の売れ方状況、内野1塁側と外野ライト側からバンバン売れていくのを重ね合わせると、どう考えても1塁側やライト側は競争率高すぎかと。

事後アンケートとられるときに、ファンクラブ先行はもとより、各プレイガイドで購入できた方から、ある程度のエリア(何列目とか何段目かとかをアバウトでも)を享受してもらえれば、各割当て枚数の推測当、来年度以降役立つかも、です。

返信する
くるみっこ

貴重なコメントありがとうございます。

席の割り振りについて、奥が深い&面白いですよね!
アンケートで詳細まで聞ければいいのですが、いかんせん対象試合が70試合以上、販売窓口も多く、詳細を聞くのはちょっと回答者の手間が増えて難しそうです。

「チケット販売窓口により座席位置が決まっている」は同感です。
JCB枠とか、毎年同じ位置が間違いなく撮れてるので。

やっぱり、3塁側をメインに、どうしてもチケット欲しい場合は3塁側ビジターって感じなのかな。

返信する
のんのん

はじめまして。コメント失礼します。
毎年、知人の年間指定席向けの優先販売に参戦させてもらっています。
今シーズンは土日祝の全試合の内野指定Aを4枚でエントリーしましたが、結果は、1塁側を24試合エントリーし全滅。3塁側は6試合エントリーでGWの試合を含め3試合当選となりました。やはり土日については1塁側が圧倒的に当選確率が低いです。平日も数試合ほどエントリーしましたが、こちらの方は席種、枚数問わず当選確率が高い印象です(平日の1塁側内野指定Aの7枚口も複数試合当選してました)。あくまでも年間指定席向けの優先販売の結果ですが、この傾向を踏まえ今後のFC先行、プレイガイド先行、一般販売等々は3塁側内野指定Aを中心にエントリーする予定です。

返信する
くるみっこ

おおお、超貴重な情報ありがとうございます。
やっぱり、一塁側は危険ですね。

安全策は3塁側なのかな。
結果が楽しみです!

返信する
のんのん

単純にホームの1塁側が人気というのもあると思いますが、マツダスタジアムの内野の席種の構造上、3塁側には内野指定Bもあるので必然的に席数は3塁側A<1塁側Aとなります。ただ、1塁側内野Aはスポンサーの主催試合の招待枠やその他の団体向けに球団が保有しているエリアがあります(懸賞等で多いときは200名招待とかもありますしね)。3塁側内野Bも少量の団体向けのエリアを球団が保有していますが、そこを差し引いたとしても各先行販売を含めた一般観戦者向けの販売枚数は3塁側内野Aの方が多いのかもしれませんね。あくまでも個人的な見解ですが、人気面、実際の販売枚数、そして今回の当選結果を含めて考えると3塁側の方が圧倒的に有利だと考えています。

返信する
くるみっこ

確かに、中国電力のプレゼントも1塁側200名様ご招待とかですよね。
さて、

・どの座席を選ぶかで大きな差が出るか
・それとも応募者が多すぎで1人1試合しか当選しない制限がかかるのか

楽しみですね!

返信する
通称だいちゃん

はじめまして。

>招待枠やその他の団体向けに球団が保有しているエリア

1塁側で球団が保有しているエリアはS席の隣のシマの一部ですが、そこは懸賞や団体向けではありません。

懸賞等団体向けは、いわゆる「先取り枠」ってのがあります。球団保有分のチケットのうち、まずは大口スポンサー向けとして年間を通しての計画上、必要分を割り当てしています。

返信する
匿名

>通称だいちゃん
はじめまして。ご教授ありがとございます。
1塁側内野指定Aに限ると1塁側スカイシート下あたりのエリアもスポンサー企業、団体への販売向けに確保しているエリアだと解釈していましたが違いましたでしょうか?ごくたまにですが無意味に空白地帯と化している試合も見受けられるます(3塁側内野Bもですが)

通称だいちゃん

はじめまして。
自分が知る限りでは「球団所持分エリアであることは間違いないけど、取り置きしていることはあり得ない」です。いつ行われるかわからないイベントや招待のために数百席も未販売エリアを作るほど球団もお人よしではありませんから。スカイシート下がスポンサーや団体向けへの割り当てゾーンであることは確かです。それは先述の通り、公式戦日程確定後、まず最初に行われている「大口スポンサー等向けへの先行販売・修学旅行等団体への先行販売」「球団取り置き分確定作業・・・付き合い等で年間エリアに準じて関係者に有料でわりあて」(こちらが12月~翌年1月ぐらいまで)、で、この時点で〇月〇日の〇〇戦が〇〇席、ってのを確定させますので、それがスカイシート下からポール際に固まる形(そのあたりが球団持ち分なので)になるのは、単に自然の流れ、ということになろうかと。

事前に販売せずに所持しているのは、ご提示の3塁側Bの数列分(こちらはカープ以外、どの球団でもそれなりにある未販売分で、急なお客さん用に確保しているので、最終的に空席のまま、ってのはよくある話です)ロイヤルの最前列、1塁側内野AのS席の隣の1部、ぐらいだと思いますけど。

また試合によっては部分的に40席ぐらい空席が発生していることがある場所は、球団から購入したどこかの団体の売り逃し等で、球団が所持している場所ではないでしょう(試合によってその場所が異なるので、間違いないと思います)

なっち

去年まで

①年間指定の先行抽選
②FC先行で10〜15試合チケット確保
③e+、エルアンに軽く参加(手数料高いから)
④一般発売セブンで知人の席確保

って流れだったけど、今年はFC先行で確保困難そうなので手数料高い先行もぴあ加えて全力参戦になりそうです。同じような人が多いかな。

2月23日の整理券当選したら一般発売は窓口とセブンの二刀流になりますが、去年もハズレたし期待薄です。

返信する
くるみっこ

プレイガイドの手数料高いですよね。
イープラスなんて意味わかんないくらい高いし、ぴあも最近値上げしてます。

FC先行のコンビニ店頭端末技が使えなくなったので、今後は全ての抽選に全力でチャレンジする必要があると思います。

返信する
チケット疲れ

くるみっこさん、教えて下さい。
初の放流に挑戦しようと思うのですが、
この場合でも放流はあるのでしょうか?また、会員限定でしょうか?なかなか読めませんネ!

返信する
とっちゃん

2019年はカープファンクラブのローチケ抽選申込み終了日の翌日がe+先着の発売日で、かつ、その発売日はTigers Fan Clubのローチケ、ビジパフォ抽選申込みの開始日でした。
2020年はカープファンクラブのローチケ抽選申込み終了日が2/16、Tigers Fan Clubのローチケ、ビジパフォ抽選申込みの開始日が2/17で確定しています。
よって、2020年のe+先着(今年は抽選かもしれないけど)は2/17かもしれません。
2/17(月)も自由が効くように仕事などの調整をしておいてもよいかもしれません。
以上、あくまで予想なので間違っていたらごめんなさい。

返信する
くるみっこ

個人的には、イープラスは先着維持してくると思ってます。

発売日はわからないですね。
本命は2月14日(金)、大綱で2月17日(月)って感じかな。

貴重なご意見ありがとうございます。

返信する
あわ

カープチケットの発売開始について、過去3年の日付を整理した結果から幾つか推測してみます。

FCローチケの申込締切翌日が、プレイガイド先行のローチケ(エルアン)の申込開始日というルールのようなので、2020はエルアンが2/17(月)からで、プレリクが2/18(火)からかな。

イープラスは、過去3年が2/16(木)→2/16(金)→2/15(金)と推移して来たので、2/14(金)本命で、2/17(月)対抗というくるみっこさんの予測に賛成です。

基本的に開幕が約10日早まっても、例年とほぼ同じ日程(FCセブンは抽選に変わったけど、申込初日が金曜というのは変化なし)みたいですね。

返信する
くるみっこ

色々と推測楽しいですね。

現時点で一番気になるのは、「イープラスが先着維持か、抽選になるか」ですよね。
あと、発売日時。

返信する
とし316

ファンクラブ先行をプレイガイド扱いで抽選にできるのに、一般販売が抽選にならない意味がカープサイトの日本語同様によくわからないです。
関東住みの私にとってはセブン端末でチケットを取れないとなると、連戦でのチケット確保が難しくなり、日シリや優勝決定戦でもないのに1日だけ広島へ行くのはコスパが悪すぎます!抽選に外れた場合でも連戦でのチケットの入手が可能な道としてリセールのシステムもしっかりと確立して欲しいものです!

返信する
くるみっこ

ですよね、一般も抽選方式採用すればいいのに、色々としがらみがあるのでしょう。

リセールは他の競技、特にフィギュアスケートとかは充実してます。
ジャイアンツやベイスターズあたりが先行して取り組んでくれることを期待!

返信する
XYZ

今年は分かりませんが昨年ローチケ販売分は名前記載無かったような気がします。

返信する
くるみっこ

あ、確かに2019年はセブンチケットだけ記名があった気がします。
さっそく、記事修正しておきます。

ご指摘ありがとうございます!

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。