野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

東横インがおすすめ!観戦、観劇で宿泊するなら料金も手軽で予約が取りやすい!東横INNクラブVISAカードを作るとさらにお得。

野球観戦や舞台観戦で遠方まで出かける時は、よほどのことがなければ現地に泊まります。

ちょっと頑張れば日帰りOKな時でも泊まることの方が多いです。

 

だって、日帰りだと、帰りの新幹線の時間が気になります。

特に野球の場合は延長になったりと試合終了時間が読めません。

 

余裕を持ちすぎると時間を持て余すし、ギリギリすぎると試合観戦どころじゃなくなります。

それに、やっぱり日帰りは体力的に厳しい。

 

なので、精神的にも体力的にも宿泊しちゃう方が楽なのでおすすめです。

そんな私が観戦、観劇で宿泊するとき、9割以上利用しているのが東横インです。

東横インがおすすめの理由とメリット

当日16時までキャンセルが無料

東横インは、宿泊当日の16時までキャンセル料金が必要ありません。

当日のこの時間までキャンセル無料なホテルは他にほとんどありません。

急に都合が悪くなってもキャンセルできるのは便利ですよね。

 

また、この「16時までキャンセル無料」というのはもう一つメリットがあります。

それは、宿泊日当日でもけっこうキャンセルがでて、部屋を取れるってことです。

 

他のホテルでは、宿泊数日前からキャンセル料金がかかるため、当日キャンセルはあまりありません。

東横インは当日16時までキャンセル無料なので、宿泊前日から宿泊当日のお昼ごろまで結構キャンセルがあります。

 

なので、どこのホテルも満室で困った!なんて時も、まめにサイトをチェックしていると、ぽろっと空きがあったりします。

結構、この前日~当日キャンセル分でホテルを取るので、大変重宝しています。

 

あと、東横インの予約は基本的にWEBのみで、ホテルに連絡してキャンセル待ちというのがありません。

これもメリットかな。

全国各地に存在して、どのホテルでもレベルが同じ

1.全国各地の駅前に存在して、客室もほとんど同じ

東横インは、全国各地にホテルがあります。

日本国内であれば、ビジネス・観光共にほぼ100%カバーしていると思います。

また、基本的に駅前にあり、アクセスが抜群です。

 

東横インの客室は、どのホテルでも同じです。

どのホテルに泊まっても、シーツの色や部屋着、内装もほぼ変わりません。

個人的にはこれは大きなメリットなんです。

面白味や豪華さはありませんが、どこに泊まっても同一のサービスを受けることができるのは素晴らしいです。

 

観戦、観劇で宿泊するときには、清潔でゆっくりできるホテルであればそれで十分です。

適当にホテルを選ぶと、特に「清潔さ、におい、排水」あたりでたまに痛い目にあうので、ある程度は宿泊先の情報を調べる必要があります。

東横インであれば、どこでも設備が一緒なので、「このホテルの評判はどうなんだろう?」ってのを調べなくても大丈夫です。

これを、「安定の東横イン」と呼んでいます。

2.多くのホテルに駐車場も完備している

車で移動する場合にも、地方の東横インであれば駐車場完備がほとんどです。

ただし、駐車場の予約ができないホテルが多いので、夜遅い時間にチェックインすると駐車場が満車ということもあります。

車を利用する場合は、宿泊前に駐車場予約が可能か、満車の時には提携駐車場を案内してくれるのかを確認しておきましょう。

 

あと、駐車料金もホテル周辺の相場よりかなりお得なことが多いです。

また、連泊するときは連泊期間中停めることができるので、料金的にもお得で、利便性も高いです。

お値段がお手頃

東横インはお値段もお手頃です。

通常であれば、シングル5千円から8千円の間くらいで宿泊できます。

部屋数は少なめですが、ダブルやツインルームもあります。

 

また、小学生以下の子供が大人と同じベッドで添い寝する場合、子供分の料金が必要ありません。

添い寝は、1つのベッドにつき子供1人までですが、これもかなりお得なポイントです。

1.便乗値上げがあまりない

さらに素敵なのが、土日やイベント実施時に特別料金が設定されることがほとんどないことです。

野球の試合があったり、大きなイベントがあると、料金が跳ね上がるホテルチェーンがあります。

ひどいところだと、普通に2倍の料金になったりします。

 

例えば、2018年10月27日(土)日本シリーズ開催中の広島のアパホテルを見てみると。

【普段のお値段】

 

【10月27日(土)のお値段】

 

ひどいもんです。

なので、私はアパホテルが嫌い。

 

東横インはこういうことが基本的にないので、2018年10月27日(土)も便乗値上げなく、いつもと同じお値段でした。

このような便乗値上げがないのは、私みたいに野球の試合やイベントがある時に宿泊する人にとっては強い味方です。

2.東横インのカードを作ると割引を受けることができる

東横インのカード「東横INNクラブカード」作ると、平日と土日は5%、日曜日は20%割引を受けることができます。

チェックイン時刻も通常の16時より1時間早く15時から可能になります。

また、カードを作ると1泊ごとに1ポイントが貯まり、10ポイントでシングル無料宿泊券がもらえます。

女性用カードだと、5ポイントでシングル無料宿泊券がもらえるので、なんと実質20%オフです!

 

シングル無料宿泊券は、追加料金を支払うとダブルやツインルームに変更もできます。

ホテルによって違いますが、シングル無料宿泊券にプラス1,500円から2,000円くらいで二人宿泊もできますよ!

東横インのデメリット

防音と朝食サービスがいまいち

東横インは、あまり防音が良くありません。

廊下で話す人の声は結構聞こえてきますので、気になる人は耳栓を買っておいたほうがいいと思います。

私のおすすめ耳栓はこちら。

 

あと、朝食無料サービスがあるのですが、これもいまいちです。

メニューがとかじゃなくて、食事を食べるスペースがいまいちです。

 

1階のフロント前のスペースで食事をするのですが、当然食事用に作られスペースではないので落ち着きません。

東横インにはかなりの回数宿泊していますが、私は朝食サービスを利用したことは一度もありません。

多分、今後もないと思います。

客層がいまいち

正直、客層がいまいちなことがあります。

結構外国の人も多いのですが、特に中国系の人は文化が違うので色々気になります。

とにかく声が大きいので、東横インの防音性の悪さがさらに気になります。

公式ホームページの予約システムがいまいち

東横インの公式ホームーページは、2017年にリニューアルされ、見た目が今風になりました。

なんですが、これが使いにくい!

 

以前の予約サイトは、宿泊したい地域の複数のホテルの状況が1週間分表示できたのですが、これができなくなりました。

そのほかにも見た目がいいのですが、使い勝手がいまいちなところが多すぎです。

これ設計した人、ほんとに無能!!!

以前のシステムに戻せばいいのにっていうくらい使いにくいです。

東横INNクラブカードを作ると、東横インの利用がさらにお得に!!

東横INNクラブカードの特典

東横INNクラブカードを作成すると4つの大きな特典を受けることができます。

1.シングル無料券がもらえる

会員が宿泊すると1ポイントがもらえるのですが、10ポイントたまるシングル無料宿泊券と交換ができます。

10泊で1泊無料になると考えると、実質10%オフってことです。

 

さらにすごいのが、「東横INNクラブレディースVISAカード」は5ポイントでシングル無料宿泊券と交換できることです。

5回泊まると1拍無料なので、実質20%オフです。

女性はぜひ「東横INNクラブレディースVISAカード」を作りましょう。

2.カード掲示で平日5%、日祝日20%割引になる

東横INNクラブカードを掲示するだけで、平日5%、日祝日20%割引になります。

支払いは現金でもOKなのでとっても使いやすいです。

 

ただし、カードを忘れると割引は適用になりません。

また、割引はカード名義人本人が宿泊する部屋のみで、家族や知人が泊まる部屋は割引にならないので注意が必要です。

3.6か月前から予約が可能になる。

会員以外は、ホテルの予約ができるのは3か月前からです。

東横INNクラブカード会員では、なんと6ヵ月前から予約が可能です。

人気公演の場合はホテルがすぐに埋まってしまうので、半年前から予約できるのは大きなアドバンテージです。

4.15:00からチェンクインができる

東横インのチェックイン時刻は16時ですが、会員は15時からアーリーチェックインが可能です。

駐車場を利用する場合は、駐車料金も15時からカウントされるため1時間お得です。

東横INNクラブカードの種類、東横INNクラブレディースVISAカードがお得でおすすめ!!

東横INNクラブカードには次の3種類があります。

東横INNクラブカードインターナショナル

 

クレジット機能なしの東横INNカードで、入会金1,500円(学生は1,000円)が必要です。

年会費などはありませんので、カードの維持に別途費用は必要ありません。

ホテル宿泊時、チェックイン時に入会手続きをすると、チェックアウトまでにはカードが発行できます。

東横INNクラブVISAカード、東横INNクラブレディースVISAカード

「東横INN」と「りそなVISA」の提携カードで、クレジット機能がついています。

年会費として1,350円が必要ですが、年会費相当分の宿泊券がもらえるため、実質的に年会費はかからないと言えます。

※2018年7月時点

 

特筆すべきは「東横INNクラブレディースVISAカード」のポイント還元率の高さです。

通常、会員本人の1泊ごとに1ポイントが付与され、10ポイントでシングル無料券と交換できますが、レディースVISAカードは5ポイントでシングル無料券と交換できます。

 

5回宿泊すると1泊無料なので、なんとポイント還元率約20%!!

超お得になるので、女性はぜひ「東横INNクラブレディースVISAカード」を作成してください。

参考 東横INNクラブカード東横イン

まとめ:東横インがおすすめ!観戦、観劇で宿泊するなら料金も手軽で予約が取りやすい!

日本全国にあって、どのホテルでも同じ部屋、施設を利用できる東横イン。

観戦、観劇でよくホテル利用する場合にはおすすめです。

 

料金の便乗値上げもないし、当日16時までキャンセル無料だし、直前でもまめにチェックしてると空きが出るしといいことづくめです。

東横インクラブカードを作ると、半年前から先行予約ができたり、日曜日に20%割引になったり、最大20%還元相当の宿泊券がもらえたりとメリットがさらに多くなります。

 

カードを作っていない人は、ぜひ一度検討してみてください!

参考 東横イントップ東横イン
  • 東横インは全国どこでも同じ部屋、設備を利用できます。
  • イベント開催時の便乗値上げがあまりありません。
  • 当日16時までキャンセル可能で、直前でも予約が取れることがあります。
  • 東横INNクラブカードを作ると、宿泊料割引など多くのサービスを受けることができます。

 

入手困難なチケットの取り方、裏技はこちら

チケットの取り方
「観戦・観劇ガイド」と「おすすめグッズ」

4 Comments

隣県のおっさん

基本ズムスタ観戦は車による日帰りですけど一杯引っかけたい時は東横イン新幹線口利用です。
駐車場は今年新しくできたタイムズ広島駅新幹線口前第2駐車場がおすすめですよ。
24時間止めて800円ですし駅北口まで近く新しくできた自由通路を利用すれば駅前までもすぐです。
帰りも駅前ほど混まないのですぐに出れます。
ナゴヤドームもよく行くのですが名古屋だとビーズホテルが一押し。
ここ数年このホテルオンリーです。
まず、安い、きれい、朝食無料、駐車場併設、温泉あり、駅からのアクセスも良好。
ご参考までに。

返信する
くるみっこ

東横イン新幹線口、たまに利用します!
車は東横インの立体駐車場を利用しますが、24時間800円の駐車場はお得ですね!

名古屋ドームは残念ながら行ったことがないので、観戦の機会には参考にします!

返信する
とっちゃん

私も東横イン派で、野球シーズン中は10泊以上お世話になります。理由は全国の球場周辺はカバーできていること、うちは子供が2人いて小学生以下は添い寝無料でシングルルームでもベッド幅が通常のダブルサイズで余裕で寝られること、そして、清潔でリーズナブルなことですね。共感できるいい記事でした。

返信する
くるみっこ

東横イン派発見!
私も、清潔でリーズナブルだと思います。
予約も取りやすいし、観戦、観光で結構使うので、年間3~4枚は無料券もらってるかも。

他のホテルだと、宿泊前に最低限のレビューを確認しないと怖いんですよね。
別に豪華さは求めないんですが「清潔さ、排水、におい」がダメなホテルはNGです。

お子さん添い寝情報ありがとうございます。
記事にも追加しておきました。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。