チケットの取り方を紹介します!

「パペット・ファンタジー ムーミン谷の夏まつり」を観に行ってきた!子ど向けとは思えないクオリティに感激!

2019年8月3日(土)、「パペット・ファンタジー ムーミン谷の夏まつり」と「みなと神戸会場花火大会」に行ってきました。

 

「パペット・ファンタジー ムーミン谷の夏まつり」とは、要はムーミンの人形劇です。

正直、お子様向けの人形劇だと思ってあまり期待せずに観に行ったのですが、これが「すばらしい!」

というか、実は大人向けなのでは?というクオリティで、感動するくらい。

 

というわけで、かくれムーミンファンのわたくしがおすすめの「パペット・ファンタジー ムーミン谷の夏まつり」についてまとめてみます。

パペット・ファンタジー ムーミン谷の夏まつり公演概要

【開催日】

2019年8月3日(土)11:00

【上演時間】

約100分(前半35分/休憩20分/後半45分)

【年齢制限】

2歳以上有料
※0歳から入場可能

【会場】

兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

【料金】

  • 大人(1階席) ¥3,000/大人(2階席) ¥2,000
  • 中学生以下(1階席) ¥1,500/中学生以下(2階席) ¥1,000

【発売日】

  • 先行 2019年5月17日(金)
  • 一般 2019年5月19日(日) 

ムーミン谷の夏まつり・あらすじ

夏至をむかえるムーミン谷。

へいわに暮らすムーミン一家でしたが、とつぜんの洪水によって、家を失ってしまいます。

途方にくれる一家は、水の上をただよう不思議なたてものを見つけ、そこに引っ越すことに。

そのたてものは、なんと「劇場」でした。

引っ越しの日の夜。

ムーミンとフローレンは、ひょんなことから一家とはなればなれになってしまいます。

ふたりに居場所をつたえるため、お芝居をひらくことにした一家。

はたしてムーミンは、ぶじに家族のもとに帰ることができるのでしょうか…?

ムーミン谷の夏まつり・感想とインプレ

正直、子供向けの人形劇だと思っていたのですが、素晴らしいクオリティの演劇でした。

とにかく「素晴らしい」です!!!

 

チケットは、頑張って最前列取りました。

演者さんの表情や人形の動きはよく見えましたが、前過ぎて舞台全体の演出はわかりにくかったかも。

シナリオに原作の雰囲気が良く出ていてしっかりしている!

劇の内容は、トーベ・ヤンソンの原作「ムーミン谷の夏まつり」が元になっています。

原作の雰囲気をよく表現しつつ、日本人向けにアレンジされているのでとても分かりやすいです。

 

ムーミンの登場人物って、日本人の感覚からすると「ちょっとこの人頭おかしいんじゃない?」ってのが多いんです。

特に、ムーミンパパは、「虚言壁」「妄想癖」「パニック障害」の傾向があるのですが、この特徴がマイルドによく表現されてます。

あと、ムーミンママの「ちょっとこの人大丈夫?」の上を行って「むしろ大物なのでは?」感もよく出てる。

 

原作そのままだと、どの登場人物も「ちょっと頭がおかしい人ばっかり」になりがちなのですが、違和感も最小限に、でも原作の雰囲気をよく保ってます。

ってか、決して子供向けではなく、大人も十分楽しめるシナリオになってました。

演者さんの技術がすごい!

人形を操る演者さんのスキルが素晴らしいです。

声もとても似てるし、人形の操作がとても上手で、すごい練習してるんだろうなと感心しました。

 

例えば、ムーミンが水中を泳ぐシーンがあるのですが、複数の演者さんが操るムーミンはまるで本当に水の中を泳いでいるように見えました。

人が人形を動かしているのに、まるで人形が意思を持って動いているように錯覚します。

プロの技ってこういうのを言うんだなと思いました。

 

あと、あくまで人形を動かす「裏方」さんである演者さんですが、とても表情が豊かです。

人形自体に表情はないのですが、演者さんの表情や声で、まるで人形自体が泣いたり笑ったりしているように感じました。

お値段がお手頃

お値段が大人3,000円と超リーズナブルです。

子供向けということでこのお値段設定なのだと思いますが、かなりお得だと思います。

普通に大人も楽しめるし。

 

ただ、どうしても周りには子供が多いので、演劇中に泣いたり叫んだりするのは仕方ないと割り切っておきましょう。

まとめ:「パペット・ファンタジー ムーミン谷の夏まつり」を観に行ってきた!

2019年8月3日(土)、西宮にある兵庫県立芸術文化センターに「パペット・ファンタジー ムーミン谷の夏まつり」を観に行ってきました。

「どうせ子供向けの人形劇でしょ?」ぐらいの軽い感覚で観に行ったのですが、演劇のクオリティの高さに感激しました。

 

私、実はかくれムーミンファンで、本場フィンランドのムーミンワールドにも行ってたりします。

タンペレのムーミン博物館に行ったり、ムーミン系の展示があると地味に見に行ったりしてるので、それなりにムーミン好きです。

 

今回のムーミン谷の夏祭りは、原作に忠実だけど日本人向けのストーリーで、演者さんの動かす人形の動きも素晴らしかったです。

本来は表情がない人形が、まるで泣いたり笑ったりしているように感じました。

 

ムーミンが好きな方は超おすすめなので、次回公演はぜひ観劇してみてください。

また、ムーミンに興味がなくても、ムーミンの原作の雰囲気が良く出た良作なのでおすすめです。

 

多分来年もあると思うので、私はこれからしばらくリピートすると思います!

 

入手困難なチケットの取り方、裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。