チケットの取り方を紹介します!

ThinkPad X1 CarbonとX390を使い比べてみた違い、メリットとデメリット

私が現在メインで利用しているのは、ThinkPadの人気モデル、X1 Carbonの2018年モデルです。

しかも、黒とシルバー両方を使っているのでちょっと珍しいかも。

 

個人的には、2018年モデルで販売終了したシルバーがお気に入り!

X1 Carbonの2018年モデルのブラックとシルバーの違いについては、こちらにまとめてあります。

ThinkPad X1 Carbon2018黒(ブラック)と銀(シルバー)を使い比べてみた違い、メリットとデメリット

 

で、今回は、T480Sの後継機となるX390を利用する機会があったので、主に「2018年のThinkPad X1 Carbon」と「2019年モデルのX390」について、違いをまとめてみます。

ThinkPad X1 Carbon(2018)とX390のスペック的な違い

ThinkPad X1 Carbon(2018)とX390のスペック的な違い

現在使用しているThinkPad X1 Carbon(2018)とX390のスペックです。

CPUやメモリなど基本スペックが同じなので、単純に比較ができる構成です。

  ThinkPad X390 ThinkPad X1 Carbon
2018
CPU Core i5-8265U Core i5-8250U
グラフィックス CPU内蔵 CPU内蔵
液晶 14.0型FHD 14.0型FHD
タッチパネル
質量 約1.24kg 約1.13kg
バッテリー容量 57Wh 57Wh
バッテリー駆動時間 最大 約23.95時間 最大 約20.9時間
サイズ [mm] 328[幅]

225.8[奥行]

16.1[高さ]
323.5[幅]

217.1[奥行]

15.95[高さ]
インターフェイス USB Type-C x2
USB3.0 x2
HDMI
LAN (ドングル必要)
LTE
microSDカード
USB Type-C x2
USB3.0 x2
HDMI
LAN (ドングル必要)
LTE
microSDカード
LTEモジュール FibocomL850-GL FibocomL850-GL

ThinkPad X1 Carbon(2018)とX390を使ってみて感じた違い

大きさやスペック、インターフェイスについてはいろいろと紹介しているサイトがあるので省略します。

ここでは、実際に2台を使い比べて感じた率直な感想をまとめてみます。

液晶の質はかなりX1 Carbonに近づいた!

X390の一つ前のモデルとなるT480SのFHD液晶は、とにかく品質が粗悪で、評判の悪い液晶でした。

コントラストも低いし、色も全然出てないし、Celeronあたりが乗ってる安物PCの粗悪画面そのまんまです。

なので、X390の液晶もダメダメではと心配したのですが、T480Sよりはだいぶ良くなっています。

 

左側がX390、右側がX1 Carbonです。

T480Sまでのギラギラ&色が全然出てない液晶と比べると雲泥の差です。

T480Sの場合は、液晶の質だけで購入候補から外れるほどだったので、かなり改善してると思います。

 

もちろんX1 Carbonのほうが良質であることは間違いないのですが、個人的にはギリギリ許容レベルに入っていると思います。

ただし、今回の液晶は「天板カーボン、FHD、省電力機能なし、タッチパネルなし」の仕様なので、別の仕様の場合はどうなるかわかりません。

キーボードの質感とキーボードのピッチには要注意

X1 CarbonとX390では、キーボードの品質がかなり違います。

X1 Carbonはタッチも上質でタイピングの時の音もほとんどしません。

ヌルヌルとタイプができる感じです。

 

一方、X390のキーボードは安っぽいキーボードのタッチで、若干の引っ掛かりもあり、タイプ音もそれなりにします。

キーボードは好みが分かれるのですが、両方使っていると結構違いが気になります。

 

あと、気になる点はキーボードのピッチです。

X1 Carbonは、キーボードのピッチが185ミリあるのですが、X390は右側の2列とエンターキーのピッチが狭くなっています。

この差は結構大きくて、私はタイピングの時に結構気になります。

 

X390は横方向のスペース的に余裕があるので、キーピッチ185ミリでも十分収まりそうです。

ここは次年度モデルでの要改善点だと思います。

 

上がZ1 Carbon、下がX390です。

もちろん好みの部分もありますが、私はキーボードのことだ考えるとX1の一択です。

塗装の質感もかなり違う

X1 Carbonは、いわゆる「ピーチスキン」といわれる塗装で、しっとりとした質感が特徴です。

高級感があるといわれていますが、汚れや手の油が非常に目立つ塗装です。

 

どんなに奇麗にしても、1時間もタイピングをしてると、キーボードやパームレストの汚れが目立つので、私はあまり好きではありません。

耐久性も低くて、1年利用すると結構なキズが目立ってきます。

 

一方、X390はサラサラとした普通の塗装で、汚れも目立ちにくく、耐久性もThinkPad X1 Carbonより確実に高いと思います。

指紋で汚れたパソコンはイメージが良くないのですが、X390は指紋などが目立ちにくいので、ほんとに楽に使えます。

 

シルバーロゴのほうがX390です。

個人的には、塗装の質で選ぶなら、ダントツでX390かな。

重量差約100グラムは結構大きい

X390はカーボンの天板を選択したので、X390としては最軽量の約1.24kgです。

X1 Carbonが約1.13kgなのでその差は約100グラム。

 

この100グラムは意外なほど大きくて、普段X1 Carbonを使っていて、たまにX390を持つと「重っ!!」となります。

その他細かい違い

ちょっとしたところで、X390のほうがコストコストカットされている点があります。

 

X390(左)はThinkPadのロゴがシルバー、X1 Carbon2018(右)はブラックです。

大きさはほぼ同じ、X390のほうがちょっとだけ小さい感じですが、比べないとわかりません。

 

 

ヒンジの部分もX390左)はシルバー、X1 Carbon2018(右)はブラック塗装。

あと、電源ボタンがX390のほうがプラスティック感満載で安っぽいです。

 

 

パームレストのThinkPadロゴもX390がシルバー、X1 Carbon(2018)がブラックです。

 

その他、使ってみた感想は

【X390のLTEモジュールのほうが安定している】

同じFibocomL850-GLが乗っているのですが、X390のほうが断然安定しています。

X1 CarbonのLTEモジュールは不安定で、特にスリープからの復帰時にLTEになかなか変わらなかったりします。

かなり設定を頑張ってやっと安定したのですが、X390はシムカードを差すだけでAPN設定など一切しなくてもLTEでつながります。

これは超便利!

【X390のスリープが安定している】

X390のほうがスリープが安定してます。

X1 Caorbonは、勝手にスリープから復帰していることが多いのですが、TX390ではそんなことがありません。

使おうと思ったらバッテリが―減ってる!とか困るので、この点はX390のほうがかなり安心して使えます。

まとめ:ThinkPad X1 Carbon(2018)とX390を使い比べてみた違い

ThinkPadのスペック的に似ている2機種、X1 Carbon2018とX390、それぞれの特徴をまとめてみると、

【X1 Carbon2018】

  • 液晶の品質が素晴らしい。
  • キーボードの質感も上質で静音設計。
  • ピーチスキンの塗装は汚れやすく耐久性も低い。
  • X390より100グラム軽いのは持ち比べると歴然とした差がある。
  • 細かいところも質感がいい。
  • 廃熱についてはそこまで気にしなくてもいい。
  • LTEモジュールが不安定になることが多い。
  • スリープが不安定で「いつの間にか復帰⇒電池が減ってる」コンボを食らうことがある。

 

【X390】

  • 液晶の質はX1 Carbonより落ちるが、ギリギリ許容範囲内。
  • キーボードの質感もいまいちで、特にキーピッチの狭さは要注意。
  • 普通の塗装だけど、汚れも目立たず、耐久性もいいのでおすすめ。
  • X1 Carbonより100グラム重いのは結構大きな差。
  • 液晶の枠が広く、細かいところの質感がいまいち。
  • LTEモジュールが安定している。
  • スリープが安定している

 

こんな感じです。

 

個人的には、X1 Carbon2018とX390どちらか選ぶなら、X390買うかな。

理由は

  1. X1Carobonのピーチスキン塗装は汚れ目立つ&耐久性低すぎ
  2. LTEモジュールとスリープが安定している
  3. 液晶が許容範囲内になった

この3点です。

 

X1 Carbonの2019年と比較しても、やっぱりX390だと思います。

X1 Carbon2019にシルバーモデルがあれば悩むけど、やっぱり黒のピーチスキンはあまり好きになれません。

1年の使用で結構汚くなってるし、道具として使うパソコンの汚れを気にずるのはめんどくさいです。

 

というわけで、あまり出回っていないX390とX1 Carbon2018の比較記事をまとめてみました。

ご質問などがあれば、お気軽にコメントにてお寄せください!

 

X1 Carbon購入時のインプレッションはこちら。

Thinkpad X1 Carbon2018購入!おすすめのメリットとデメリット ThinkPad X1 Carbon2018黒(ブラック)と銀(シルバー)を使い比べてみた違い、メリットとデメリット

 

入手困難なチケットの取り方、裏技やおすすめグッズはこちら

おすすめグッズ チケットの取り方

2 COMMENTS

Anonymous

失礼ながら、写真が明らかにT490SではなくX390です。
当方、T490Sと共通ボディのT495Sを使っておりますが、キーボード右端はX1Carbonと同じです。

返信する
くるみっこ

あああああ。
素で間違ってました、ホントにごめんなさい。

ご指摘の通り、X390で間違いありません。
ってか、思い切り本体に刻印あるのに、なんで間違えたんだろ?

12月から仕事で使ってるメイン端末なのに、お恥ずかしいです。

早速修正しました。

ご指摘ありがとうございました!

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。