野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

ThinkPad X1 CarbonとT480Sを使い比べてみた違い、メリットとデメリット

ThinkPadの人気モデル、X1 CarbonとT480Sは、サイズ感やスペック、値段などが近いため、どちらにしようか迷う人も多いと思います。

実際、私も購入時にかなり悩みました。

 

結局X1 Carbonを購入したのですが、現在は諸事情でT480Sとの2台体制で運用しています。

X1 CarbonとT480S両方を使用しているユーザー目線で、それぞれの特徴やメリットをまとめてみます。

ThinkPad X1 CarbonとT480Sのスペック的な違い

ThinkPad X1 CarbonとT480Sのスペック的な違い

現在使用しているThinkPad X1 CarbonとT480Sのスペックです。

CPUやメモリなど基本スペックが同じなので、単純に比較ができる構成です。

  ThinkPad T480s ThinkPad X1 Carbon
2018
CPU Core i5-8250U Core i5-8250U
グラフィックス CPU内蔵 CPU内蔵
液晶 14.0型FHD
タッチパネル
14.0型FHD
タッチパネル
質量 約1.32kg 約1.13kg
バッテリー容量 57Wh 57Wh
バッテリー駆動時間 最大 約15.4時間 最大 約20.9時間
サイズ [mm] 331[幅]

226.8[奥行]

18.45[高さ]
323.5[幅]

217.1[奥行]

15.95[高さ]
インターフェイス USB Type-C x2
USB3.0 x2
HDMI
LAN
LTE
SDカード
USB Type-C x2
USB3.0 x2
HDMI
LAN (ドングル必要)
LTE
microSDカード

ThinkPad X1 CarbonとT480Sを使ってみて感じた違い

大きさやスペック、インターフェイスについてはいろいろと紹介しているサイトがあるので省略します。

ここでは、実際に2台を使い比べて感じた率直な感想をまとめてみます。

液晶の品質がかなり違う

液晶の品質がかなり違います。

どちらもFHDのタッチパネル仕様ですが、X1 Carbonのほうが数段液晶の品質が上だと思います。

左がX1 Carbon、右がT480Sです。

結構色合いが違うのが写真でもわかると思います。

実際に見てみると、X1 Carbonのほうが断然画面が鮮明です。

X1 Carbonは表示もシャープで「白が白く」表示され、人の肌も質感もいいです。

 

T480Sは全体的にぼやけた感じで画面も黄色っぽく、人の肌も不自然です。

また、液晶の粒々感が結構気になるので、これが某サイトでいう「ギラツキ」って表現だと思います。

この液晶の差は大きく、個人的にはこの液晶品質の差だけでThinkPad X1 Carbonを選ぶと思います。

キーボードの質感がかなり違う

キーボードの品質もかなり違います。

X1 Carbonはタッチも上質でタイピングの時の音もほとんどしません。

T480Sのキーボードは安いキーボードのタッチで、若干の引っ掛かりもあり、タイプ音もそれなりにします。

キーボードは好みが分かれるのですが、両方使っていると結構違いが気になります。

ただし、キーボードの品質差は液晶画面ほど大きくないので、用途によってはT480Sもありです。

塗装の質感がかなり違う

ThinkPad X1 Carbonは、いわゆる「ピーチスキン」といわれる塗装で、しっとりとした質感が特徴です。

これも好みが分かれますが、汚れや手の油が非常に目立つので、私はあまり好きではないです。

1時間もタイピングをしてると、キーボードやパームレストの汚れが目立ちます。

また、耐久性も低そうなので、しばらく使用すると塗装剥がれが必ずあると思います。

 

一方、T480Sはサラサラとした普通の塗装で、汚れも目立ちにくく、耐久性もThinkPad X1 Carbonよりかなり良さそうです。

面白味や高級感はないですが、安心できる塗装の質です。

個人的には、塗装の質で選ぶなら、T480Sをおすすめします。

廃熱についてはT480Sのほうが有利

T480Sのほうが廃熱的に有利なようで、高負荷をかけた時のファンの周りはT480Sのほうが静かです。

熱のこもりもX1 Carbonのほうが多いですね。

ただし、どちらもWEB閲覧、オフィスソフト程度では、夏場でもどちらもファンが回るようなことはありません。

エンコードなどをすると時はどっちもファンが全開になってそれなりにうるさいです。

その他細かい違い

いろいろなところで、T480Sのほうがコストコストカットされているのがわかります。

どうでもいいところですが、電源ボタンはT480のほうがかなり安っぽいです。

まとめ:ThinkPad X1 CarbonとT480Sを使い比べてみた違い

ThinkPadのスペック的に似ている2機種、X1 CarbonとT480S両方を使っているので、それぞれの特徴をまとめてみると、

【X1 Carbon】

  • 液晶の品質が素晴らしい。
  • キーボードの質感も上質で静音設計。
  • ピーチスキンの塗装は汚れやすく耐久性も低い。
  • T480Sより200グラム軽いのは持ち比べると歴然とした差がある。
  • 狭枠液晶を採用しているので一回りサイズが小さい。
  • 細かいところも質感がいい。
  • 廃熱についてはそこまで気にしなくてもいい。

 

【T480S】

  • 液晶の質がかなり悪く、これだけで選択肢から外れるほど。
  • キーボードの質感もいまいちでタイプ音もけっこうする。
  • 普通の塗装だけど、汚れも目立たず、耐久性もいいのでおすすめ。
  • X1 Carbonより200グラム重いのは結構大きな差。
  • 液晶の枠が広く、細かいところの質感がいまいち。
  • 廃熱はX1Carbonよりいいけどそこまでの差はない。

 

こんな感じです。

 

トータル的には、X1 Carbonが断然おすすめです。

重量(軽さ)、液晶、キーボード、全体の質感がT480Sよりかなり上で、製品としての完成度は勝負にならないと思います。

T480Sのスペック的なメリットである有線LANポートやSDカードスロットなどが必要な場合以外は、X1 Carbonを選択したほうが後悔がないかな。

ただし、X1 Carbonのピーチスキンの汚れやすさ、耐久性の低さは覚悟してください。

 

X1 Carbon購入時のインプレッションはこちら。

Thinkpad X1 Carbon2018購入!おすすめのメリットとデメリット

 

 

入手困難なチケットの取り方、裏技はこちら

チケットの取り方
「観戦・観劇ガイド」と「おすすめグッズ」

2 Comments

隣県のおっさん

IBM時代とは色々と違うのでしょうね。
それよりも最近のNECパソコンのLenovo化が酷いです。
Lenovoの本体にNECの独自アプリを入れただけ。
富士通もやがてそうなるのかも…

返信する
くるみっこ

PC自体がかなり落ち目ですよね。
最近の若い人はブラインドタッチができない人が多くてびっくりします。

でも、スマートフォンのフリック入力は両手を使って超早くて2度びっくりです。

ThinkpadはいいPCですよ。
やっぱりキーボードとトラックポイントは最高だと思います。
NECの米沢工場産なので、ある意味NEC製。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。