野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

【Vpassチケット】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法

Vpassチケットとは、クレジットカード会社が自社のクレジットカード保有者向けにチケットを販売するチケット販売サイトの一つです。

普通は、JCBチケットはJCBカード、チケットセディナはセディナ系カード、イープラスセゾン会員限定チケットはセゾンカードと、チケット販売サイトと対象カードが分かりやすいのですが、Vpassチケットはちょっとわかりにくくなっています。

三井住友VISAカードがおすすめ!「Vpassチケット」とは

Vpassチケットのヘルプを見ると、こう書いてあります。

「Vpassチケットとは、ぴあ株式会社がVJ協会およびオムニカード協会加盟各社の発行するカード会員にインターネットを通じてチケットを販売するサービスです。」

 

なんだか意味が分かりませんね。

なので、分かりやすく解説します。

Vpassチケットの販売システムはチケットぴあが取り扱っています

実際のチケット販売システムは、チケットぴあが取り扱っています。

見たらすぐにわかるチケットぴあのシステムです。

Vpassチケットの対象となるクレジットカード

Vpassチケットの対象となるクレジットカードは

  • VJ協会の発行するクレジットカード
  • オムニカード協会の発行するクレジットカード

となります。

どちらもあまりなじみがない協会なのですが、ほとんどが地方銀行のクレジットカードです。

参考 VJAグループホームぺージVJA 参考 オムニカード協会ホームページページOMNI CARD ASSOCOATION

 

Vpassチケットを利用する場合、

「この地方銀行のカードがいい!」

という、特別なこだわりがなければ、最もスタンダードなで有名な「三井住友VISAカード」がおすすめです。

参考 VpssチケットVpass

Vpassチケットのメリット

宝塚の貸切公演がある

宝塚の貸切公演があり、貴重なSS席の抽選に申し込むことができます。

全館貸切や一部貸切、共同貸切など設定される貸切公演が非常に多いのも特徴です。

Vpassチケットの宝塚貸切公演について詳しくはこちら。

【Vpassチケット宝塚貸切公演】SS席のチケットを取る、買う!メリットと利用方法

ジャニーズ系公演の取り扱いがある

Vpassチケットでは、超人気のジャニーズ系公演も取り扱います。

応募方法が「電話・抽選方式」を採用するので応募しやすいのも特徴です。

チケットJCBやエポトクプラザのように、「電話・先着方式」方式の場合、電話が全くつながらなくで断念ってことがよくあります。

この点、「電話・抽選方式」であれば、誰にでもチャンスがあるのがいいですよね。

ジャニーズ系公演の取り扱いについては「こちら」。

シルク・ドゥ・ソレイユの貸切公演、劇団四季や、演劇、コンサートの取り扱いもある

例年、東京と大阪でシルク・ドゥ・ソレイユの貸切公演を実施しています。

また、劇団四季や人気のある演劇、コンサートの取り扱いもあります。

Vpassチケットのデメリット

貸切公演数はそれほど多くない

Vpassチケットの単独貸切公演はあまり多くありません。

協同貸切公演が多いイメージですね。

また、他の公演についても、取扱数はあまり多くありません。

ゴールドカード会員枠など、プレミアム枠がない

チケットJCB、チケットセディナ、イープラスセゾン会員限定チケットのように、プレミアムカード枠がありません。

ある意味公平なのですが、ゴールドカードを作ってでも当選確率を上げたいという場合にはちょっと残念です。

Vpassチケットの利用におすすめの三井住友VISAカード

Vpassチケットを利用する際、おすすめは、もっとも有名で安心な三井住友VISAカードです。

中でもおすすめは次の4種類のカードです。   

学生、新社会人向け「デビュープラスカード

安心、安定のスタンダード「三井住友VISAクラシックカード

女性で旅行が好きな方向け「三井住友VISAアミティエカード

30代以上は、一つ上の信頼と価値がある「三井住友VISAゴールドカード

 

詳しくはこちら

三井住友VISAカードのメリット、デメリット

まとめ:宝塚貸切公演、演劇、ミュージカルの取り扱いがあるVpassチケット

Vpassチケットでは、宝塚の貸切公演を多数取り扱います。

また、取り扱い公演数は少なめですが、人気のある演劇、ミュージカルのチケットを購入することも可能です。

 

ジャニーズ系の取り扱いも多く、「電話・抽選方式」という利用者に優しい応募方法なのでおすすめです。

 

Vpassチケットが利用できるカードを選ぶポイントですが、Vpassチケットはゴールドカード優先など、プレミアムカード優先枠はありません。

逆に言うと、どのカードでも条件は同じになります。

 

Vpassチケットの利用だけを考えれば、「三井住友VISAクラシックカード」がおすすめです。

上手に利用すれば、年会費を無料にすることもでき、補償も充実しています。

 

Vpassチケットの利用だけではなく、メインカードとして使う場合には「三井住友VISAゴールドカード」をおすすめします。

Vpassチケットには「ゴールドカード枠」の設定はありませんが、「三井住友VISAゴールドカード」は設定で年会費を4,000円にすることができます。

ライバルとなるJCBゴールドの年会費が10,000円で割引がないこと、補償内容やカードのブランド力を考えると、非常にお得です。

特に海外で使用する場合は、今でもJCBよりVISAのほうが使い勝手がいいのは事実です。

ステイタスの高いメインカードとして利用する場合は、「三井住友VISAゴールドカード」を検討してみてください。

参考 VpassチケットVpass Ticket
  • Vpassチケットでは、宝塚の貸切公演や人気の演劇、ジャニーズ系の取り扱いもあります。
  • Vpassチケットを利用するには、「三井住友VISAカード」がお勧めです。
  • ゴールドカードを作っても、プレミアムカード優先枠はありません。

 

三井住友VISAカードについて詳しくはこちら

三井住友VISAカードのメリット、デメリット

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。