野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

バンドルカードのメリット、デメリット

バンドルカードとは、Visaの加盟店で支払いができるVisaプリペイドカードです。

Visaのプレイペイドカードといえば、「Vプリカ」が有名ですが、主に手数料の面でバンドルカードのほうがメリットがたくさんあります。

クレジットカードを持ちたくない、諸事情で作れない場合に便利なバンドルカードについてまとめてみます。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

バンドルカードとは

バンドルカードとは、Visaの加盟店で支払いができるVisaプリペイドカードです。

インターネット上のVisa加盟店なら世界中どこでもクレジットカードと同じように利用することができます。

また、Vプリカと違い、オプションで「実際にカードを発券」することで、実店舗でも利用できるようになります。

バンドルカードの作成条件

バンドルカードの発行には年齢制限はありません。

ただし、未成年の方の場合は、発行の際に保護者の同意が必要となります。

Vプリカを申し込みできるのは、「日本国内在住の18歳以上の方」なので、バンドルカードのほうがカード作成のハードルが低くなります。

 

また、バンドルカードの作成はスマートフォンからアプリをインストールし、簡単な登録をするだけでOKです。

本人確認や銀行口座の登録などが一切必要ありません。

発行される情報

バンドルカードを作成すると、すぐにカード情報が付与され、アプリで確認することができます。

  1. カード番号:クレジットカードと同じ16桁の番号です。
  2. 有効期限:月/西暦が下2桁で表示されます
  3. セキュリティコード:クレジットカードと同じ3桁の番号です。

 

バンドルカードは、無記名で利用できるカードなので、所有者氏名情報の登録は必要ありません。

インターネットなどで氏名を入力する必要がある場合は、[姓:VANDLE][名:USER]でOKです。

この点もカード作成時にニックネーム登録が必要なVプリカとの違いになります。

有効期限

バンドルカードの有効期限は5年間です。

Vプリカの有効期限1年と比べるとかなり長い有効期限です。

バンドルカードが利用できないケース

バンドルカードはプリペイドカード方式という性質上、Vプリカと同様に利用できないケースがあります。

バンドルカードが利用できない主なお店
  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購買
  • 保険料の支払い
  • 高速道路料金
  • 機内販売

バンドルカードのメリット

審査が無いので、誰でも利用できる

バンドルカードの作成には事前審査や本人確認が必要ありません。

特に年齢制限もないので、スマートフォンが利用できればOKです。

学生さんなど諸事情によりクレジットカードが作れない人、あまりクレジットカードを作りたくない人には強い味方です。

 

最近は「クレジットカード支払い限定」のチケットが増えています。

クレジットカードがない、持てない場合は、バンドルカードを利用するとチケットを購入できるようになります。

 

登録も、スマートフォンにアプリを入れて簡単な登録をするだけです。

バンドルカードの登録方法、コンビニチャージの方法、使い方

本名で登録する必要がない

バンドルカードは、作成の際に氏名登録する必要がありません。

この「無記名カード」というのはチケット購入時には大きなメリットです。

例えば、クレジットカードの登録に一番厳しいチケットぴあでは、通常はアカウント名義とクレジットカードの名義はイコールでないとカードで支払うことができません。

 

ですが、バンドルカードを利用すると、だれのアカウントでも問題なく支払い登録ができます。

そもそもバンドルカードは無記名で利用できるカードなので、名義チェックの意味がないからです。

 

この特性を利用すると、クレジットカード登録に厳しいチケットぴあでも、家族に協力を依頼してチケット購入が可能になります。

チャージ手数料、維持費が無料

バンドルカードは、Vプリカと比較して手数料がとてもお得です。

チャージ手数料無料で、カードに維持費も一切必要ありません。

 

Vプリカの場合、チャージには2,000円で200円、10,000円で390円の手数用が必要なことに加えて、3か月利用が無いと「休眠カード維持費」として125円も引かれます。

バンドルカードのデメリット

ポチっとチャージは便利だけれど手数料に注意が必要

ポチっとチャージについては、公式サイトにこう説明してあります。

「ポチっとチャージは、アプリから金額を入力すると即座にチャージされ、国内外のVisa加盟店でのお買い物にすぐに使えるサービスです。お申込み金額は後からお支払いいただきます。」

 

要は、バンドルカードにお金が入っていなくても、前借りしてチャージができるシステムです。

前借りしたお金は、翌々月末までに返済する必要があります。

 

プリペイド方式のカードは、「カードにチャージされている金額までしか利用できない」というのが大原則なのですが、それを覆すシステムが「ポチっとチャージ」です。

一見、非常に便利なサービスなのですが、注意点は「手数料」です。

 

バンドルカードは、登録、維持費などが0なのが特徴ですが、さすがに「ポチっとチャージ」の利用には手数料が必要です。

  • 3,000円〜10,000円の場合:500円
  • 11,000円〜20,000円の場合:800円

の手数料が必要となるので、利用するときには注意してください。

リアルカードの発行には手数料が必要

バンドルカードは「スマートフォンで発行するバーチャルカード」なので、標準ではカードの現物は発行されません。

なので、実店舗で利用することができず、インターネット限定での利用となります。

 

ただし、Vプリカと違って、バンドルカードには「リアルカード」というオプションがあります。

リアルカードを発行すると、カードの現物が郵送されてくるので、コンビニなどの実店舗でもクレジットカードと同様に利用できるようになります。

このリアルカードの発行は大きなメリットなのですが、発行手数料として300円が必要です。

セブンイレブンでコンビニチャージができない

バンドルカードはコンビニでチャージすることが可能ですが、セブンイレブンでは取り扱いがありません。

店舗数が一番多いセブンイレブンでチャージできないのはデメリットの一つです。

まとめ:チケット申し込み時に便利なバンドルカード

「バンドルカード」は非常に優れたプリペイドカード方式のカードです。

プリペイドカード方式のカードとしては「Vプリカ」が有名ですが、「バンドルカード」のほうが次の点で優れています。

  1. 年齢制限がない
  2. チャージ手数料が無料
  3. 維持費が無料
  4. 有効期限が5年
  5. 登録がスマートフォンで簡単

基本的に、「バンドルカード」のほうが優れているので、よほどの事情がなければ「Vプリカ」よりバンドルカードの利用をおすすめします。

チケット購入のためカードが必要な場合は、ぜひ検討してみてください。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

バンドルカードの使い方はこちら

バンドルカードの登録方法、コンビニチャージの方法、使い方

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。