チケットの取り方を紹介します!

EMTGがチケプラに名称変更!基本的なサービスに変更なし

2020年4月1日(水)、「EMTG」が「チケプラ」に名称変更しました。

名称変更に合わせて、ロゴも新ロゴに変わっています。

 

 

何気に、スマートフォンアプリのアイコンも変わっているので、いつものEMTGのアイコンを探そうとすると焦るかも。

 

あと、運営会社の名称も変更になっています。

従来のEMTGは「株式会社エンターテイメント・ミュージック・チケットガード」で、略してEMTGです。

 

新会社は、株式会社Tixplusで、読みは「ティックスプラス」らしいです。

ちょっと読みにくい&チケットぴあ系の「tixeebox(ティクシーボックス)」に似てる気がする。

EMTGとは

EMTGとは、EMTG株式会社が運営する電子チケットサービスです。

大手プレイガイド「イープラス」の系列会社で、主にイープラスの電子チケットを取り扱っています。

 

フィギュアスケートでは、数年前からEMTGの電子チケットサービスを利用しているので、フィギュアファンにはなじみが深いサービスですよね。

 

EMTGは、顔写真を登録した電子チケットにも対応しいるのが特徴です。

その他、一般的な電子チケットサービスのメリットであるリセール、分配も対応可能です。

 

詳しくはこちらにまとめてあるので、参考にしてみてください。

EMTGの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

EMTGからチケプラにサービス名が変更になった事に伴う変更点

今回の名称変更に伴う変更点は

  • アイコンが「EMTG⇒チケプラ」に変わる
  • IDの名称が「EMTG⇒Plus member ID」に変わる
  • 配信されるメールのドメインが「emtg.jp⇒plusmember.jp」に変わる

の3点です。

 

ユーザーには影響がない変更なので、従来のEMTGユーザーは、基本的にそのままチケプラを利用できます。

ユーザーID、メールアドレス、パスワードなどは引き継がれるので、ユーザーが手続きすることは何もありません。

 

試しにアプリを立ち上げてみると、過去に購入したチケット履歴もちゃんと引き継がれています。

 

ただし、アイコンが従来のEMTGからチケプラに変わっています。

スマートフォンのアプリを探すとき、EMTG=ピンクだと思い込んでいると、ちょっと焦るかも。

まとめ:EMTGがチケプラ名称変更!ユーザーが変更手続きする必要はある?

2020年4月1日(水)、イープラス系の電子チケットサービス「EMTG」が「チケプラ」に名称変更しました。

名称は変わりましたが、従来のEMTGユーザーの情報は引き継がれるため、特に変更手続きなくEMTGユーザーはチケプラを利用できます。

 

注意点はアイコンが変わった事、名前が変わったことで「チケプラって何?EMTGどこ行ったの??」とならないことくらいかな。

 

特に、フィギュアファンは「EMTGがなくなってる!」と慌てないようにしましょう。

 

基本サービスはEMTGから変更がないので、現時点ではEMTGの部分をチケプラに読み替えればOKだと思います。

EMTGについては、こちらに詳しくまとめてあります。

EMTGの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

 

チケプラについても、後日になりますが別途まとめてみます!

 

その他の電子チケットについては、こちらにまとめてあるので参考にしてみてください。

LINEチケットの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ tixeebox(ティクシーボックス)の使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ スマチケの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。