チケットの取り方を紹介します!

Aterm MR05LNおすすめモバイルルーター!2枚のSIMを組み合わせて利用できると便利

2018年末から、諸事情あってモバイルルータを利用しています。

私のメイン回線はドコモの回線で、10GB/月まで利用できます。

LTE回線で動画などはほとんど使わないので、今までは2~3GB/月くらいしか使っていなかったのですが、とあるアプリを利用しだしてデータ使用量が激増!

なんと10日で5GBを超え、これはやばいということで急遽モバイルルーターを使うことになりました。

利用しているのはNECのAterm MR05LNというルーターなのですが、この機種が素晴らしい!

あまりに出来がいいので、ちょっとご紹介します。

そもそもモバイルルーターってなに?どんな時使うの?

そもそもモバイルルーターってなに?って人のために簡単な説明をしておきます。

スマートフォンやタブレット、パソコンなど、通信を利用する機器には大きく分けて2種類があります。

  1. 屋外でも自力で通信できる機器
  2. wi-fi環境がないと自力で通信できない機器

 

(1)はスマートフォンや、ドコモやauで販売しているi-padで、いわゆるLTE通信ができる機器です。

(2)のほうは、i-padのwi-fiモデルや普通のノートパソコンが該当します。

 

モバイルルーターとは、持ち歩きができるwi-fi環境のことです。

なので、モバイルルーターと一緒に持ち歩くと、(2)の機器も屋外でモバイルルーターを経由した通信ができるようになります。

 

モバイルルーターはどんな時に使うのかという質問に一言で答えると、「屋外でもwi-fi専用機器で通信したい時」ということになります。

Aterm MR05LNのメリット

NEC製なので日本国内に最適化されている

MR05LNはシムフリーのルーターです。

シムフリーとは、ドコモ、au、ソフトバンクどの会社のシムカード(通信カード)でも使えるよってことです。

なんですが、日本ではキャリア(携帯電話会社)ごとに利用できる電波(バンド)が微妙に違ったり、国際規格と違うことしてたりします。

なので、海外製のモバイルルーターを利用すると、電波のつかみが悪かったり通信速度が遅かったりします。

 

MR05LNは日本の3大キャリアが使用しているバンドに対応しているので安心です。

実際に利用していても、安定していい感じです。

SIMカードが2枚利用できる

SIMカードとは、スマートフォンやモバイルルーターなどの通信機器に差して使う「通信カード」のことです。

対応するキャリアのSIMカードを差し込むことで、通信機器は初めて通信ができるようになります。

 

シムカードには3種類の大きさがあり、最近のスマートフォンには一番小さいnanoSIMが利用されています。

MR05LNは2枚のSIMが差せ、それぞれのカードごとに詳細な設定ができます。

例えば、月5GBまで利用できるSIMカードが2枚ある場合、MR05LNに2枚のSIMカードを指して、「AのSIMカードは4.9GBまで利用し、設定値を超えるとBのSIMカードに自動的に切り替わる」という設定ができます。

こうすると、5GBまで利用できるSIMカード2枚で月10GBまで使えるようになります。

また、SIMカードの自動切り替えは時間指定もできるので、夜間は料金が安いAのSIMカード、日中はBのSIMカードなんて使い方もOKです。

 

私は、10GBまで利用できるSIMカードを2枚差し、AのSIMカードが9.5GBを超えると自動的にBのカードに切り替わる設定をして、20GBまで利用できるようにしています。

nanoSIMサイスが2枚利用できます。

軽量・コンパクトでお値段もお手頃

MR05LNは軽量でコンパクトです。

持ち歩くことが前提のモバイルルーターの場合、重さと大きさは大きな要素になります。

また、お値段も3万円以下なので、お手頃価格です。

Aterm MR05LNのデメリット

電池持ちが悪い

Aterm MR05LNは、標準で2,500mAhのバッテリーが搭載されています。

お世辞にも電池持ちがいいとは言えず、普通に使うと朝8時~夜18時くらいで電池残量0になります。

正直、標準でついている電池の稼働時間では、かなり厳しいと思います。

 

なので、私は5,700mAhの別売電池を購入して利用しています。

標準の倍の電池容量があるので、丸一日普通に持ちます。

 

ただし、5,700mAhの電池を取り付けると、電池の暑さ分本体の後ろが出っ張ります。

なので、5,700mAhの電池には、本体後ろの専用カバーがついてきます。

カバーを付ければそこまで目立ちませんが、あまりカッコは良くないですね。

 

別売で購入が必要なこと、電池が大きいため本体後部が出っ張ってしまうのが弱点ですが、Aterm MR05LNを利用する場合は5,700mAhの別売電池が必須だと思います。

本体の傷がつきやすく、目立つ

Aterm MR05LNは、黒しか色設定がありません。

また、てかてかして無駄に高級感を出そうとしている塗装なので、傷がすごく目立ちます。

また、表のタッチパネル液晶もかなり弱い素材です。

普段持ち歩くモバイルルータであれば、もう少しキズ対策を考えたほうがいいと思います。

別に、モバイルルータに高級感のある塗装とかいらないです。

まとめ:Aterm MR05LNおすすめモバイルルーター!2枚のSIMを組み合わせて利用できると便利

とある事情で急遽導入したNEC製のモバイルルーターAterm MR05LN。

SIMカードが2枚利用できるのが思ったより便利で使い勝手がいいです。

動作も安定していて、速度も全く問題ありません。

 

電池容量にちょっと難点がありますが、非常におすすめのモバイルルータなので、モバイルルータを探しているときは参考にしてください。

一台持っていると、スマートフォンのデータ使用量が多い時や、災害時にも便利だったりしますよ!

  • MR05LNは動作が安定していて、3大キャリアの主要バンドにも対応しています。
  • SIMカードが2枚利用でき、それぞれ細かな設定をすることができます。
  • 標準でついている電池利用の場合、丸一日使用は厳しいです。

 

入手困難なチケットの取り方、裏技はこちら

「観戦・観劇ガイド」と「おすすめグッズ」
チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。