チケットの取り方を紹介します!

LinksMate(リンクスメイト)の利用でチケット応募名義を増やせる!

人気公演のチケットを取る際には、家族含めて複数名義で申し込む必要があります。

複数名義で登録する時に困るのが、アカウントを作成するときの電話番号です。

 

チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなどのプレイガイドでアカウントを作成する時には、電話番号を利用した認証手続きが必要です。

 

チケットぴあの場合は、「アカウント登録時に表示される電話番号に電話をかける」という認証方式なので、自宅電話番号でも登録できます。

ローソンチケット、イープラスの場合は、「登録した番号に届くショートメッセージに記載されている番号を入力する」という認証方式です。

ですので、ショートメッセージを受信できるスマートフォン、携帯電話の番号が必須で、自宅電話番号では登録できません。

 

アカウント登録に利用する電話番号は、重複して利用することができません。

なので、2つのアカウントを作る場合は、2つの電話番号が必要です。

 

電話番号って、一人に1つと思いがちですが、実はドコモ、au、ソフトバンクなどの大手通信会社でも、一人5回線まで電話番号を持つことができます。

ですが、大手通信会社の場合、どうしても月額料金が高くなるので、あまりおすすすめできません。

 

「チケットを取るためにアカウントを増やしたい、そのために携帯電話の電話番号が必要!」というときにおすすめなのが、格安の通信会社(格安シム)です。

格安シムを利用すると、月額料金1,000円前後で電話番号を保有することができます。

おすすめの格安シム「LinksMate(リンクスメイト)」

月額料金を抑えて別の電話番号を作りたい場合、おすすめなのが、格安シムの利用です。

プランによって維持費は変わりますが、最安の場合は月額1,000円ほどで、電話番号を持つことができます。

 

中でもおすすめなのが、LinksMate(リンクスメイト)です。

リンクスメイトは、最安の場合は月額1,100円で電話番号を保有することができます。

リンクスメイトの特徴とメリット

【月額1,100円で電話番号を維持できる】

リンクスメイトは、最安で月額1,100円で電話番号を維持できます。

また、最大で一人5回線まで契約できます。

複数回線を保有する場合は割引があり、2回線目以降は900円で契約可能です!

大手通信会社の最低プランより、大幅に維持費を節約できるのが大きなメリットです。

【クレジットカードがなくても契約できる】

格安シムを契約する場合、クレジットカードとなる場合がほとんどですが、リンクスメイトはクレジットカードがなくても契約可能です。

LP(リンクスポイント)をコンビニ決済などで購入、支払いに充てることができます。

この、クレジットカードがなくても契約できるというのも、リンクスメイトを利用するメリットの一つです。 

おすすめのプラン

リンクスメイト」には複数のプランが準備されていますが、チケットを取るアカウント用の電話番号が欲しい場合、おすすめのプランはこちらです。

1.データ容量を選ぶ

データ容量は、1GBプラン:500円がおすすめです。

メールや簡単はサイト閲覧、チケット申し込みであれば、1GBもあれば十分です。

2.オプションで「音声通話機能付き」を選ぶ

オプションで「音声通話機能付き」を選択してください。

600円の追加料金が必要ですが、プレイガイドに登録するにはこのオプションが必ず必要です。

その他のオプションは付けなくても大丈夫です。

3.端末を選ぶ

アカウント登録用の番号が必要な場合、端末は不要です。

なので、「SIMのみ購入」を選択します。

申し込みの流れ

1.「リンクスメイト」の公式サイトから、「申し込みを選択します。

 

 

2.通常申し込みを選択します。

 

 

3・データ容量を選択します。

おすすめは1Gプラン500円です。

 

4.お支払方法を選択します。

LP支払いとは、リンクスメイトのポイントを事前購入して支払う方法です。

LP支払いには、「クレジットカードを持っていなくてもOK」というメリットがある一方、約3%の手数料が必要になります。

おすすめは、クレジットカード支払いです。

 

 

5.音声通話機能を選択します。

プレイガイドのアカウントを作る場合は、音声通話機能600円が必須です。

 

 

6.端末とSIMのサイズを選択します。

SIMのみ購入を選択した後、SIMのサイズを選びます。

ここ数年のスマートフォンであれば、nanoSIMカードを選んでおけばOKです。

迷った時も、とりあえず一番小さいnanoSIMにしておけば、アダプターを利用してなんとかなります。

 

 

7.内容を確認して、OKであれば次のステップに進みます。

 

 

8.住所、氏名、連絡先などを登録後、本人確認資料を送付します。

必要事項を登録した後、マイページから本人確認書類を提出します。

スマートフォンの場合、免許証などの写真を取るだけでOKです。

書類によっては、裏目の提出が必要な場合もあるので注意してください。

手続きは以上で終了です!

おつかれさまでした。

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。