チケットの取り方を紹介します!

LINEチケットの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

LINEチケットとは、ラインを使ってコンサートやスポーツのチケットを購入できるサービスです。

2018年10月がサービス開始なので、まだまだ始まったばかりのサービスですね。

 

ラインチケットの特徴は、とにかく「ラインのアカウントがあれば利用できる」という手軽さです。

同じような電子チケットでは、フィギュアスケートを中心にEMTGというサービスが先行しています。

ですが、専用アプリへの登録が必要な点、システムが使いにくいこともあり、いまいち普及してません。

 

ラインチケットは、まだサービスが開始されたばかりで、当初はコンサート系のチケットのみを取り扱っていました。

ですが、2019年からまさかの阪神タイガース公式戦チケットを取り扱うなど、急激に普及する可能性を秘めています。

 

というわけで、ラインチケットのメリット、デメリットや使い方についてまとめてみます。

ラインチケットの特徴

ラインチケットは、音楽ライブやコンサート、スポーツなど様々なジャンルのチケットを、ラインから簡単に検索、購入、発券できるサービスです。

ラインを利用していれば、別途登録などが必要ない

ラインチケットの一番のメリットは、普段ラインを利用している=ラインの登録があれば利用できる点です。

この点、先行している電子チケットサービス「EMTG」はわざわざチケット購入のために「アプリの導入と登録」が必要で手間がかかります。

 

また、ラインチケットは、普段使っているラインと操作系が同一なので、使いやすさも抜群です。

EMTGはお世辞も使いやすいサービスとは言えないので、この「ラインを使っていれば使える」という手軽さは大きなアドバンテージです。

 

ラインチケットを利用する際には、ラインの登録を本名に変えたり、自分の写真をプロフ画像に換える必要はありません。

ラインアカウント作成時の電話認証とメールアドレス登録をしてあればOK、つまり普通にラインが使えている環境であれば大丈夫です。

取り扱いは電子チケットのみで発券の必要がない

ラインチケットで取り扱うのは電子チケットのみです。

いわゆる「紙チケット」の取り扱いはありません。

 

ラインチケットでは、「わざわざコンビニなどで発券する必要がなく、ライン一つで購入から発券まで完結することができます。」とメリットを主張してますが、これは正直微妙。

やっぱり、紙チケットの安心感にはかないません。

でも、今後は電子チケットに集約していくと思われるので、できるだけ慣れておきましょう。

手数料は普通

ラインチケットの利用登録は無料で、入会費や年会費は一切かかりません。

ただし、チケットの購入やリセールへの出品には所定の手数料が必要です。

この手数料が以外と普通で、チケットぴあやローソンチケットなどの既存プレイガイドとほぼ横並びです。

 

ラインチケットの手数料は公演によって異なりますが、一般的に

  • システム手数料:1枚につき324円(税込)
  • 先行サービス料:先行販売の場合のみで、受付ごとに異なります
  • 決済手数料:1件につき216円(税込) ※コンビニ払いを選択した場合のみ

な感じです。

システム手数料が他のプレイガイドと比較して100円ほどお高めです。

まあ、紙チケットで必要な「発券手数料108円」が含まれているイメージかな。

決済方法

ラインチケットの決済方法は、クレジットカード決済、コンビニ決済、LINE Pay決済が利用可能です。

コンビニ決済に対応しているので、クレジットカードを持っていない学生でも利用可能になっています。

LINEチケットの使い方

ラインチケットで購入したチケットは、マイチケットに保存されます。

マイチケットからは、チケットの発券、出品、分配ができます。

  • 発券:チケットを自分のスマートフォンにダウンロードして利用できるようにする
  • 出品:チケットを公式リセールに出品して販売する
  • 分配:チケットを友達に譲渡する

チケットの発券方法

ラインチケットで購入したチケットを利用するためには、「発券」手続きが必要です。

発券といってもコンビニで紙チケットを発行するようなものではなく、チケットを自分のスマートフォンにダウンロードして使えるようにする手続きです。

1.マイチケットから「発券する」を選択し、自分のスマートフォンにチケットをダウンロードします。

  • 発券ができるようになるとLINEの通知が届きます。
  • チケットのダウンロードが完了するとLINEの通知が届きます。

 

 

2.通知の「電子チケットを表示」を選択します。

 

3.「チケットを表示する」を選択します。

※「チケットを表示する」ボタンは開演時間近くになるとボタンが有効になります。

 

4.座席表が表示された画面をスタッフに見せて入場すします。

「スタッフに見せる」ボタンをスタッフが2回タップすると入場済み画面に変わります。

LINEチケットの分配

チケットの分配

ラインチケットでは、チケットを友達に譲渡する「分配」を利用できます。

相手もラインを使っていることが条件ですが、普段使っているトークと同じ操作でチケットを分配することができます。

ただし、すべての公演が分配可能ではなく、次の3通りのチケットがあります

  1. 分配不可能なチケット
  2. チケット購入時に分配先を登録するチケット
  3. 誰にでも分配できるチケット

「2.チケット購入時に分配先を登録するチケット」は、チケット購入時にラインのお友達の中から分配する人をあらかじめ決めて分配登録する必要があります。

そして、分配登録した相手以外には分配できないので注意が必要です。

本人確認に厳しいアミューズ系のチケットで採用されていますね。

 

チケットぴあの「分配」とほぼ同じサービスですが、「チケット購入時に分配相手を指定できる」という点がラインチケットの特徴です。

本人確認に厳しい公演でも採用されているので、今後爆発的に普及する可能性もあります。

チケットの分配方法

1.「マイチケット」に表示されているチケットの「分配する」を選択します。

  • 公演ごとに公式分配できる期間が設定されています。
  • 分配が利用できない公演もあります。
  • 最後の一枚は譲渡できないことがあります。

 

2.友だちリストの中から選んで「分配する」を選択します。

 

分配されたチケットの受け取り方法

1.トーク画面からチケットを受け取る

友達から分配されたチケットは、トーク画面に表示されます。

トークの「詳細を見る」を選択すると、チケットを受け取ることができます。

LINEチケットの公式リセール

ラインチケットでは、公式リセールを利用することで「行けなくなったチケットを1枚単位で売る」ことができます。

ただし、全ての公演がリセールの対象ではなく、出品できないチケットや、出品可能期間があるため注意が必要です。

 

リセールの価格は興行主があらかじめ設定するため、高額転売の恐れはありません。

また、リセールは個人間で行うのではなくラインチケットが仲介するので、入金やチケットのやり取りでトラブルが発生ることはありません。

手数料は、売る側はチケット定価の10%、買う側は324円ですので、こちらもチケットぴあのリセールとほぼ同じサービスです。

公式リセールへのチケット出品方法

1.「マイチケット」に表示されているチケットの「出品する」を選択します

  • 公演ごとに公式リセールに出品できる期間が設定されています。
  • 公式リセールが利用できない公演もあります。

 

 

2.出品内容を確認して出品する

  • チケットの販売価格、手数料を確認し、OKであれば「出品する」を選択します。
  • 一部の公演では価格を指定できるものもあります。

公式リセールのチケット購入方法

公式リセールに出品されたチケットは、「チケットを選ぶ」画面に表示されるので、条件を確認して購入手続き進めます。

  • 公式リセールの出品がない場合は表示されません。
  • 「チケットの発売・リセール出品の通知を受け取る」をONにしておくと通知を受け取ることができます。

まとめ:LINEチケットの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

2018年1月から、あのラインがチケット販売に本格的に参入しました。

取り扱うのは電子チケットメインで、直接の競合はEMTGになります。

 

まだ始まったばかりで何ともですが、正直EMTGでは全く歯が立たないと思います。

理由は2点で

  1. ラインが使えるだけで利用できる手軽さ
  2. 本人確認が厳しいチケットでも、ラインの友達機能を利用して譲渡できる

この2点です。

 

また、色々と保守的な阪神タイガースのチケットを2019年から取り扱うことになったのも個人的には驚いた点です。

チケットの転売防止と行けなくなった公演のリセール問題を一気に解決するポテンシャルを秘めているので、今後の動きや取り扱いには要注意ですね。

  • ラインチケットは、ラインが利用できれば別途登録なしで利用できます
  • 友達機能を利用して、本人確認が厳しい公演でもチケットを譲渡できます
  • クレジットカードがなくてもコンビニ払い、LINE Pay払いが可能です

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

10 Comments

くるみっこ

LINEチケットの利用には

(1)iOS/AndroidでLINEアプリをインストールしている
(2)アカウントにメールアドレスを登録している
(3)電話番号の認証が完了している

という条件をすべて満たす必要があります。

例えば、Facebookなど、SNSのみで認証した場合はLINEチケットにログインできません。

【メールアドレスの登録手順】
https://help.line.me/line/?contentId=20000059

なお、ご質問の内容は、本来ラインにお問い合わせすべき内容かと考えます。

返信する
くまモンさん

LINEチケットで初めて購入したのですが、仕事が休めなくなり、代わりに家族が行くことは出来るのでしょうか?高齢者なので入場時間だけ仕事抜け出して、操作だけ私がしに行き、入場は家族がする。

返信する
くるみっこ

「LINEチケットの利用」と「本人確認の有無」は別問題です。
本人確認がなければ、ご家族に端末を渡して入場可能となります。

本人確認が厳しければ、ご本人以外は入場できません。

返信する
クボタ

ずっと、楽しみにしていたコンサート、支払いもしていて、マイチケットの情報まで届いていましたが、同行者がLINEのアカウントを変更してしまい、チケットの分配が出来ず、同行者はコンサートに入場出来ないとのこと。支払いもしていて、席番も決まっているのに、LINEアカウントを変更してしまったという理由で、コンサートに入場出来ないのは、とても残念。このシステム、厳しすぎると思いませんか?

返信する
とっちゃん

使ったことがないので、詳細記事のお陰でイメージしやすくなりました。とても感謝です。タイガースページに以下のような記載がありました。
基本的な質問なのかもしれませんが、購入者は複数枚を購入した場合、例えば4枚購入して持っていた場合、1つのスマートフォンの画面に4枚のチケット画面が表示される感じなのですかね?
分かったら教えてもらえると嬉しいです。

//////
チケットを複数枚ご購入いただき、お連れ様が遅れてくる場合は必ずチケットをお連れ様に分配してください。スマートフォン等をお持ちでないお子様は必ず大人の方と一緒にご入場ください。

返信する
くるみっこ

電子チケットは使ったことないと不安ですよね。

ラインチケットで複数枚のチケットを購入した場合の取り扱いは公演によって異なります。

例えば、星野源さんのライブの場合は同時入場不可で、必ず各自のスマートフォンに分配する必要があります。

阪神タイガースの場合は、同時入場可能なので、一台のスマートフォンで4人分が表示されるはずです。
同時入場できない場合は、あらかじめ分配しておく必要があります。

ちなみに、EMTGは分配ができないので、同行者が遅れてくるときはわざわざ入場口まで戻らないといけないトンチな仕様です。

ラインチケットの場合は分配が簡単なので、基本は分配して利用がいいと思います。

返信する

とっちゃん にコメントする コメントをキャンセル

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。