チケットの取り方を紹介します!

KyashCard(キャッシュカード)のメリット、デメリットまとめ ICチップ搭載で個人間送金が便利なクレジットカード

ポイント還元率の高さや、アプリの使い勝手の良さで人気があったKyashが、2020年4月に新サービス「Kyash Card」をスタートさせました。

Kyash Cardのサービス開始に伴い、従来のKyashサービスについて、名称やサービス内容が変更されています。

 

Kyash(キャッシュ)とは、株式会社Kyashがサービス提供するクレジットカードで、一般的なクレジットカード決済だけではなく、ユーザー間での送金に対応しているのが大きな特徴です。

また、クレジットカードからKyashにチャージすると「チャージ元のクレジットカードのポイント+Kyashのポイント1%」を取得できるので、ポイント還元面でもとても有利なカードです。

 

その他、とても速くて正確な利用通知、使い勝手のいいアプリなど、Kyashは使いこなすと非常に便利なサービスです。

個人的には、使わなないと損だと思うくらい便利。

 

今回は、Kyashのサービスの中でも、特に「Kyash Card」について、メリットとデメリット、おすすめポイントをまとめてみます。

 

【2020年12月3日追記】

Kyashが大改悪され、クレジットカードからの金額指定チャージができなくなりました。

また、もらえるポイントについても大幅減となったため、現在では全くおすすめできないカードになりました。

KyashCard(キャッシュカード)が大改悪!今から作る価値はゼロの無能カードに!

Kyashの3つのカード、サービス

Kyashには3つのカードが設定されています。

これらのカードは、基本的に上位互換があるので、最上位カードの「Kyash Card」が一番内容的に優れたカードになります。

1.Kyash Card

Kyash Cardは、2020年4月からスタートした新しいサービスです。

カード発行手数料が900円必要ですが、ICチップに対応したり、限度上限が高くなったりと、一般のクレジットカードと遜色ない使い勝手が特徴です。

【年会費】

無料

【年齢制限】

なし

【物理カードの発行】

あり、発行手数料900円

【セキュリティ】

ICチップあり、Visaタッチあり、QUICPay対応

【利用先】

国内・国外実店舗、オンライン

【利用上限】

1回あたり30万円、月100万円まで

【ポイント還元】

1%
※還元対象上限12万円/月

【作成時の本人確認】

必要

2.Kyash Card Lite

Kyash Card Liteは、2020年3月までは「リアルカード」と呼ばれていました。

2020年4月のKyash Cardサービス開始に伴い、名称とポイント還元率の変更が実施されています。

特に、ポイント還元率は従来の1%から0.5%に半減しているので注意が必要です。

 

Kyash Card Liteは、本人確認なしで物理カードを発行できるので、オンラインでも街の実店舗でも利用できるのがメリットです。

【年会費】

無料

【年齢制限】

なし

【物理カードの発行】

あり、発行手数料300円

【セキュリティ】

ICチップなし、Visaタッチなし、QUICPay対応

【利用先】

国内実店舗、オンライン

【利用上限】

1回あたり5万円、月12万円まで

【ポイント還元】

0.5%
※還元対象上限12万円/月

【作成時の本人確認】

不要

3.Kyash Card Virtual

Kyash Card Virtualは、オンライン専用のクレジットカードです。

実際のクレジットカードは発行されず、アプリの画面上だけでカード番号などを確認します。

 

Kyash Card Virtualを発行する際、本人確認は必要ありません。

メールアドレスと携帯電話番号をアプリに入力すれば、1分で発行できてすぐに利用できます。

【年会費】

無料

【年齢制限】

なし

【物理カードの発行】

なし、発行手数料無料

【セキュリティ】

ICチップなし、Visaタッチなし、QUICPay対応

【利用先】

オンラインのみ

【利用上限】

1回あたり3万円、月12万円まで
※本人確認無しの場合、5千円/回、2万円/月の制限あり

【ポイント還元】

0.5%
※還元対象上限12万円/月

【作成時の本人確認】

不要

Kyashの3つのカード、サービスの違い

Kyashで利用できる3つのカードの違いは、大きく分けて次の4点です。

1.実店舗で利用できるかどうか

実店舗で利用できるのは、Kyash CardとKyash Card Liteだけです。

Kyash Card Virtualはオンラインのみ利用可能なので、物理カードも発行されません。

なので、実店舗で利用したい場合は、Kyash CardかKyash Card Liteを選ぶ必要があります。

2.ICチップ、VISAタッチ決済が利用できるか

決済時に4桁の暗証番号で認証できるICチップを搭載しているのは、Kyash Cardのみです。

最近では、ICチップ搭載のクレジットカードしか対応していない店舗もあるので、Kyash Card Liteは利用できないケースもあるので注意が必要です。

また、Kyash CardはVISAタッチ決済にも対応しています。

.限度額、ポイント付与率

限度額、ポイント付与率は、3つのカードで異なります。

最上位に位置するKyash Cardが、全ての面で一番有利に利用できます。

  限度額 point
Kyash Card 30万/回,100万/月 1%
Lite 5万円/回,12万/月 0.5%
Virtual 3万円/回,12万/月 0.5%

※Virtualは本人確認無しの場合、5千円/回、2万円/月の制限あり

4.カード発行手数料、本人確認の有無

カードの発行手数料、発行時の本人確認は、3つのカードで異なります。

  手数料 本人確認
Kyash Card 900円 あり
Lite 300円 なし
Virtual 無料 なし

Kyash Cardは本人確認が必要ですが、Kyash LiteとKyash Virtualは本人確認なしでクレジットカードを保有できるのが大きなメリットです。

Kyash Cardのメリット、おすすめポイント

3種類あるKyashの中で一番のおすすめは、2020年4月からサービス開始したKyash Cardです。

1.利用上限が高い「ICチップ付きカード」が発行される

Kyash Cardに申し込むと、Visaの物理カードが発行されるので、国内はもちろん、海外でもVisa加盟店でカードを利用できます。

発行されるのはICチップ付きのカードなので、最近増えている「ICチップのみ対応」という店舗でも利用可能です。

 

また、Kyash Cardは1回の決済で30万円まで利用できるので、一般のクレジットカードとほぼ同様の使い勝手で利用できます。

Liteは5万円、Virtualは3万円と上限が低いので、ちょっと高額な買い物になると制限に引っかかって使えません。

2.ポイントの2重取りが可能

クレジットカードでKyash Cardにお金をチャージした場合、クレジットカードにはチャージ分のポイントが付与されます。

さらに、Kyash Cardで買い物をした場合は、Kyash Cardに1%のポイントが付与されます。

つまり、

  • チャージ時のクレジットカードポイント
  • 決済時のKyash Cardポイント

の2重取りが可能になります。

 

例えば、還元率1%のクレジットカードからKyash Cardにチャージした場合、1%+1%=合計2%もポイントをもらえるってことです。

 

ただし、Kyash Cardのポイントは、「月額12万円までの利用」にしか付与されません。

なので、利用は一月に12万円以内に抑えるのがおすすめです。

3.ユーザー間での送金が無料でできる

Kyash Cardはユーザ間の送金に対応しています。

手数料も無料なので、Kyashアカウント同士なら、「いつでもどこでも手数料無料でリアルタイム送金」ができます。

立て替えてもらったお金の支払いや割り勘などに非常に便利です。

 

ただし、送金が可能なのは銀行口座や現金でチャージした残高のみです。

クレジットカードからチャージした残高は送金できないので注意が必要です。

4.アプリから簡単に明細確認、利用停止ができる

Kyash Cardは、アプリから簡単にカードの利用停止、再開手続きをすることができます。

なので、「普段はカードを無効にしておいて、カードを使う時だけ有効にする」なんて使い方も簡単にできます。

また、カードを使うとすぐに通知が来る「リアルタイム通知」が便利で、万が一の不正利用時にもすぐに気づくことができます。

 

なお、2020年9月からは、不正利用に対しての補償制度が開始しました。

不正利用から10日以内に申請する必要がありますが、限度額なしで補償してくれるのは安心です。

KyashCard(キャッシュカード)の不正補償制度が開始!メリット、デメリットと注意点まとめ

5.カードのデザインがいい

Kyash Cardは流行りの「カード表面に番号が記載されていない」デザインを採用しています。

カラーはネイビー、シルバー、ピンクの3色で、シンプルなデザインと合わせてとてもクールです。

 

ちなみに、私が使っているのはシルバーです。

Kyash Cardのデメリット

1.ポイント還元に上限があり、還元対象外サービスもある

Kyash Cardのポイント還元は1%で、クレジットカードからチャージする場合はポイントの二重取りも可能です。

ですが、Kyash Cardのポイント還元は「月12万円までの利用」にしか適用されません。

なので、例えば20万円を利用しても、ポイント還元はそのうちの12万円分=1,200円しか付きません。

 

また、キャッシュバック対象外となる決済が意外とあります。

代表的な対象外決済は次の支払いです。

  • 交通機関への支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
  • 鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Apple Pay/Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 税金の支払い
  • ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金の支払い

特にSuica、ふるさと納税あたりは要注意だと思います。

詳しくは公式サイトで確認してみてください。

Kyashポイント還元対象外となる取引

2.カード作成時に900円が必要

Kyash Cardは年会費無料ですが、発行時に手数料900円が必要です。

9万円利用すると元が取れる計算になりますが、やっぱり初期費用が必要なのはデメリットです。

3.チャージ式クレジットカードが利用できない店舗がある

Kyash Cardはチャージ式クレジットカードなので、「チャージ式クレジットカードお断り」のサービスでは利用できません。

代表的な利用NGケースは

  • ガソリンスタンド、高速道路利用料
  • 毎月の継続的な支払いや、自動更新が発生する支払い
  • 各種プリペイド、電子マネーの購入

このあたりです。

※2020年10月から「日本国内のホテル、航空チケット」での利用が可能になりました

 

また、チャージ型クレジットカードなので仕方ないのですが、Kyash Cardはあらかじめチャージしてある金額までしか使えません。

設定でオートチャージも可能ですが、セキュリティ面であまりおすすめできません。

面倒ですが、使う時にチャージするほうがいいと思います。

まとめ:KyashCard(キャッシュカード)のメリット、デメリット

2020年4月、Kyashの新サービス「KyashCard」がスタートしました。

 

KyashCardは、ICチップ付きの物理カードが発行されるので、国内外のVisa加盟店でサインレスの利用できるのが大きなメリットです。

地味に、Apple PayとGoogle Payにも対応しているのも使えます。

 

また、クレジットカードのポイントとKyashCardポイントが二重取りできるので、ポイントを重視する場合にもおすすめできます。

カード表面に番号の記載がないシンプルな券面も、今時のクレジットカードっぽくていい感じです。

 

もちろん、従来のKyashで便利に使えた

  1. ユーザー同士の送金機能
  2. アプリから簡単に利用停止、再開ができる
  3. リアルタイム通知でカード利用がすぐにわかる

といった便利機能はそのまま利用できます。

 

一方、900円の発行手数料が必要だったり、ポイント付与対象が月12万円までだったり、不正利用時の対応が微妙など、デメリットもあります。

個人的には、KyashCardにはオートチャージ設定はせずに、必要な時にチャージして使うのが正しい利用方法だと思います。

 

KyashCardは上手に使うと非常に便利で使えるクレジットカードです。

特に、QUICPayと組み合わせてスマートフォンで利用すると超便利で、nanacoやWAONは一切使わなくなりました。

私もシルバーのKyashCardを利用しているので、メリット、デメリットをしっかり把握したうえで使いましょう!

 

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

 

クレジットカード チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。