野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

JCB一般カードのメリット、デメリット

JCB一般カードは、「JCB オリジナルシリーズ」のスタンダードカードです。

 

JCBカードは、日本発の唯一の国際クレジットカードブランドで、「和」をテーマとしたデザインを採用しています。

JCB一般カードのメリット

チケットJCBを利用できる

チケットJCBとは、JCBカード保有者が利用できるチケット販売サイトで、入手困難なチケットや人気公演を数多く取り扱っています。

ただし、JCB一般カードでは「プレミアムカード限定枠」を利用することはできません。

【チケットJCB】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法

日本発の国際クレジットカードである

JCBは日本国内の企業です。

実は、自国内の企業が国際的なクレジットカードのブランドを担っているというのは世界的にも凄いことです。

自国内に国際的なクレジットカードブランドがない場合、アメックス・VISA・Mastercardなど外国の企業から取引が打ち切られてしまうと、たちまち国内の決済業務が停止し大混乱となってしまいます。

日本の場合、JCBが存在するので、そのような場合でも国内の決済業務は継続可能となります。

カードのデザインが「和」をモチーフにしている

「JCB ORIGINALシリーズ」カードのデザインコンセプトは、日本発唯一の国際クレジットカードブランドとして、「和」をテーマとしたデザインとなって独創性があります。

また、カードの右上にミッキーマウスのデザインが描かれているディズニー・デザインを選択することもできます。

カード付帯保険が充実している

JCB一般カードはカード付帯保険が充実しています。

初年度年会費無料カードで海外旅行保険のある数少ないカードの1つです。

  • 海外旅行傷害保険:最高3,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高3,000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険:最高100万円(海外のみ)

その他

  • ポイント優待店利用で、ポイントがおトクに貯まる。
  • QUICPay搭載カードもある。

JCB一般カードのデメリット

年会費が1,250円かかる

JCB一般カードは、オンラインで入会すると初年度の年会費が無料となります。

2年目以降は年会費1,250円(税別)必要ですが、下の2つの条件を満たすと、翌年の年会費が無料となります。

  • MyJチェックの登録
  • 年間合計50万円以上のショッピングの利用

ETCカードは年会費無料です。

また、家族会員の年会費は400円(税別)です。

本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料となります。

ポイント目当てに取得するカードではない

JCBカードはショッピング利用でJCBの「Oki Dokiポイント」が貯まります。

年間の利用金額により翌年度のポイント還元率がアップしたり、ポイントUP対象の店舗があったりしますが、基本的な還元率は0.5%で、ポイント的に優れたところはありません。

ポイント以外のメリットを重視して保有するカードです。

海外で使える店舗が少ない

JCBの海外の加盟店は近年では拡大していますが、VISA・Mastercardと比較すると海外で使える店舗がやや少ないのはデメリットです。

日本国では、まず問題ありません。

まとめ:チケットJCBを利用できるJCB一般カード

JCB一般カード」は、JCBオリジナルシリーズのスタンダードカードです。

年会費が1,250円になりますが、利用状況によっては年会費無料となります。

カード付帯保険も充実しているので、メインカードとして利用するのに適したカードです。

 

初年度年会費無料ですので、とりあえず「JCB一般カード」でチケットJCBを利用してみるのもいいかもしれません。

自分の用途に合うようであれば、チケットJCBの「プレミアムカード限定枠」を利用できる「JCBゴールドカード」への変更、アップグレードを検討してみてください。

  • JCB一般カード」を保有していると、「チケットJCB」を利用できます。
  • カード付帯保険も充実しているので、メインカードとして利用するのに適しています。
  • 将来的に、「プレミアムカード限定枠」を利用できる「JCBゴールドカード」へのアップグレードも検討してみてください。

【チケットJCB】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法
クレジットカード

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。