チケットの取り方を紹介します!

JCBゴールドカードのメリット、デメリット

JCBゴールドカードは正式名称を「JCBゴールド」といい、JCBが発行するプロパーカードである「JCBオリジナルシリーズ」のゴールドカードです。

 

JCBカードは、日本発の唯一の国際クレジットカードブランドで、「和」をテーマとしたデザインを採用しています。

JCBゴールドのメリット

チケットJCBを利用できる

チケットJCBとはJCBカード保有者が利用できるチケット販売サイトで、入手困難なチケットや人気公演を数多く取り扱っています。

JCBゴールドは、プレミアムカード限定枠の先行抽選に応募することができます。

プレミアムカード限定枠が設定されている公演は、一般枠より段違いに当選確率が高くなります。

 

ただし、一般枠にゴールドカードで申し込んでも効果はありません。

あくまで、「プレミアムカード限定枠」に申し込んだ場合のみ威力があるので注意が必要です。

【チケットJCB】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法

日本発の国際クレジットカードである

JCBは日本国内の企業です。

実は、自国内の企業が国際的なクレジットカードのブランドを担っているというのは世界的にも凄いことです。

自国内に国際的なクレジットカードブランドがない場合、アメックス・VISA・Mastercardなど外国の企業から取引が打ち切られてしまうと、たちまち国内の決済業務が停止し大混乱となってしまいます。

日本の場合、JCBが存在するので、そのような場合でも国内の決済業務は継続可能となります。

カードのデザインが「和」をモチーフにしている

「JCB ORIGINALシリーズ」カードのデザインコンセプトは、日本発唯一の国際クレジットカードブランドとして、「和」をテーマとしたデザインとなって独創性があります。

また、カードの右上にミッキーマウスのデザインが描かれているディズニー・デザインを選択することもできます。

カード付帯保険が充実している

JCBゴールドはカード付帯保険が充実しています。

  • 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング保険:最高500万円
  • 乗継遅延費用保険金、出航遅延費用等保険金、寄託手荷物遅延費用保険金、寄託手荷物紛失費用保険金

最高金額1億円はゴールドカードの中では最高峰です。

JCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーションの可能性がある

JCBゴールドを堅実に利用していると、JCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーションが届くことがあります

JCBゴールド ザ・プレミアとは

ゴールドカードのワンランク上のプレミアム・ゴールドカードです。

JCBゴールドのサービスはそのままに、より充実したサービスが受けられます。

その他

  • 国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジ無料利用
  • JCBゴールド会員専用の通話料無料のゴールドデスク
  • JCBゴールド グルメ優待サービス
  • 会員情報誌「JCB THE PREMIUM」

JCBゴールドのデメリット

年会費が 10,000円かかる

年会費が10,000円(税別)必要です。

三井住友VISAカードのように、設定で減額することができず、必ず10,000円が必要です。

家族会員は1名まで無料、2人目より1名様につき1,000円(税別)です。

ETCカードも年会費無料です。

 

家族会員が1人まで年会費無料というのは大きなメリットです。

家族会員も別枠でチケットJCBの「プレミアムカード限定枠」に申し込むことができます。

つまり、家族カードを1枚作成すると、年会費10,000円で2口、つまり、1口当たり5,000円で「プレミアムカード限定枠」を利用することができます。

もちろん、家族カードもJCBゴールドの厚い保証が受けられるので、可能であれば家族カードは作成しておいてください。

ポイント目当てに取得するカードではない

JCBゴールドカードはショッピング利用でJCBの「Oki Dokiポイント」が貯まります。

年間の利用金額により翌年度のポイント還元率がアップしたり、ポイントUP対象の店舗があったりしますが、基本的な還元率は0.5%で、ポイント的に優れたところはありません。

ポイント以外のメリットを重視して保有するカードです。

海外で使える店舗が少ない

JCBの海外の加盟店は近年では拡大していますが、VISA・Mastercardと比較すると海外で使える店舗が少ないのはデメリットです。

日本国では、まず問題ありません。

JCBカードを急いで作りたい場合の対応方法

JCBカードを作成する場合、「通常申し込み」と「翌日お届け」という2つの申し込み方法があります。

一般カード、ゴールドカードなど、カードドランクが違っても、発行までの日数は変わりません。

通常申し込み

通常申し込みの場合、最短3営業日でカード発行、約1週間でカードが手元に届きます。

インターネットで設定できない金融機関を引き落とし口座として登録した場合、免許証などのアップロードが必要になる場合があります。

翌日お届け

次の条件を満たす場合、翌日お届けとして最短で申込日翌日にカードを受け取ることができます。

  • 平日11:00AMまでに申し込みが完了し、同12:00PMまでに審査通過のメールが届いている
  • 引き落とし口座をインターネットで設定できている

ただし、北海度、長崎、沖縄、その他一部地域の場合は、最短で翌々日以降の受け取りとなります。

なお、翌日お届けは申し込みする時の入り口が違うので注意してください。

参考 インターネット支払口座設定可能金融機関JCBカード

まとめ:チケットJCBの「プレミアムカード限定の先行抽選」を利用できるJCBゴールドカード

JCBゴールドカード」は、JCBオリジナルシリーズの上位に位置するカードです。

年会費が10,000円(税別)必要になりますが、なんといってもチケットJCBの「プレミアムカード限定枠」を利用できるのは大きなメリットです。

プレミアムカード限定枠が設定されている公演は、一般枠より段違いに当選確率が高くなります。

 

1枚目まで無料で作成できる家族カードを作っておくと、さらにコストパフォーマンスも高くなります。

 

JCBゴールドカード」は、カード付帯保険が充実しステイタスも高いので、メインカードとしての利用が最適です。

メインカードとして利用すれば、ポイントの還元もあるので、年会費の実負担も少なくなります。

私も「JCBゴールドカード」をメインカードとして利用していますので、ぜひ検討してみてください。

  • JCBゴールドカード」は、チケットJCBの「プレミアムカード限定枠」を利用できます。
  • 年会費が10,000円必要ですが、補償やセキュリティがしっかりしているのでメインカードとして使えます。
  • 家族カードを作っておくと、さらにコストパフォーマンスも高くなります。

【チケットJCB】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法
クレジットカード

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。