野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

ふるさと納税ってどんな制度?

ふるさと納税とは、自分の気に入った地方自治体への寄付のことです。

ただの寄付であれば、寄付したらそれでおしまいです。

ふるさと納税が人気の理由は、寄付した金額分の税金が減額され、しかも寄付先から返礼品というプレゼントがもらえる点です。

 

ふるさと納税がお得って聞くけど、なんかめんどくさそうって人は、ちょっとだけこの記事を読んでみてください。

ふるさと納税は「したらお得」な制度ではなく、「しないと損」な制度です。

 

手続きも簡単ですので、めんどくさがらずに、ちょっとだけチャレンジしてみましょう!

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、

  • 寄付した金額から2,000円を引いた額が税金から減額される
  • 寄付した自治体から、返礼品として寄付金額の30%~50%相当のプレゼントがもらえる

という制度です。

 

寄付した金額は、税金の減額としてほぼ差し引き0になります。※実際には手数料2千円が必要です

そのうえで、返礼品というプレゼントがもらえるので、要は手数料2千円で自治体からプレゼントがもらえる制度がふるさと納税です。

ふるさと納税をする時の3つの注意点

ふるさと納税をする時の注意点は次の3点です。

寄付金額はお得になる金額を超えないようにする

ふるさと納税は、寄付した金額から2千円を引いた額が税金から減額されます。

なので、実質2千円の負担で返礼品をもらえるというのがお得ポイントです。

ですが、じつは税金から減額される金額というのは、その人が支払った税金によって決まっています。

 

ですので、「自分がふるさと納税でお得になる金額の上限を知っておく」ということが大切です。

上限を超えた寄付は本当に「ただの寄付」になってしまいます。

 

一番簡単な確認方法はこの表をみればOKです。

ふるさと納税がお得になる金額は、家族構成や年収によって変わってきます。

ふるさと納税控除の目安

 

もう少し詳しく知りたい場合は、総務省が準備しているエクセルシートを利用してみてください。

お得金額シミュレーション

返礼品の還元率をよく考える

返礼品の還元率とは、寄付した金額の何%分が返礼品としてもらえるかという事です。

たとえば10万円の寄付をした場合、還元率30%の返礼品では3万円相当、還元率50%の返礼品では5万円相当とかなりの差が出てきます。

 

2018年に総務省の指導が入り、現在の平均的な還元率は30%です。

この30%という数字を基準に、返礼品を選ぶようにしましょう。

税金の減額手続きを忘れないようにする

ふるさと納税は、寄付した金額から手数料2千円を引いた額が税金から減額されます。

税金が減額されることで「差し引き自己負担0」となるので、税金の減額手続きを忘れないようにしましょう。

 

手続きは「ワンストップ特例制度」を利用すれば確定申告も必要ありません。

寄付をした自治体に、

  1. ワンストップ特例申請用の申請用紙
  2. 本人確認用書類

を送付するだけでOKなのでとっても簡単です。

まとめ:ふるさと納税は「しないと損」な制度です

ふるさと納税を利用すると、自己負担2千円で色々な自治体から返礼品をもらうことができます。

返礼品はいろいろなものがあって、お肉などの食料品もあれば旅行券や航空券がもらえることもあります。

還元率は30%が基本ですが、時期によっては50%還元というお得物件が設定されることもあります。

 

ふるさと納税は「したらお得」な制度ではなく、「しないと損」な制度です。

手続きも簡単ですので、めんどくさがらずに、ちょっとだけチャレンジしてみましょう!

ふるさと納税関連記事

 

チケットの取り方・裏技はこちら

チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。