野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

【ふるさと納税・日本旅行ギフトカード50%還元】観戦、観劇の交通費・旅費に利用できておすすめ!

和歌山県高野町のふるさと納税で、日本旅行のギフトカードが還元率50%で取り扱われています。

期間限定のふるさと納税で、具体的な終了日の記載はありません。

ですが、総務省から指導が入ると、速攻で終了となるケースもあります。

実際、今年もあっというまに停止となったふるさと納税は数知れず。

ふるさと納税の高還元率案件が激減!9月11日総務省指導

 

2018年の秋に「ふるさと納税の還元率は30%が目安」と総務省から厳しいお知らせがでています。

高野町の日本旅行ギフトカードは50%と高還元率ですので、停止になる前に早めに手続きしておきましょう!

和歌山県高野町のふるさと納税・日本旅行ギフトカード50%還元がおすすめの理由

和歌山県高野町のふるさと納税で、日本旅行ギフトカード50%還元というお得なふるさと納税を受付中です。

おすすめのポイントは3点です。

還元率が50%と高い

和歌山県高野町のふるさと納税返礼品「日本旅行ギフトカード」は還元率が50%とかなりお得です。

2018年秋以降、ほとんどの返礼品が還元率30%になっているので、貴重なふるさと高還元率案件です。

寄付金額が2万円からOKと利用しやすい

和歌山県高野町のふるさと納税返礼品「日本旅行ギフトカード」は、2万円から寄付することができます。

2万円の寄付で1万円分のギフトカードがもらえるので、寄付がとってもしやすいです。

 

最低寄付金額が高いと、「ふるさと納税がお得になる金額」を超えてしまうことがあります。

高野町の日本旅行ギフトカードは、最低2万円から、1万円単位で寄付ができるので、効率よく寄付ができるのがいいですね。

日本旅行のギフトカードは有効期限がなくて使いやすい

日本旅行のギフトカードは有効期限がありません。

また、全国の日本旅行の支店や電話、WEBで利用できるので、使い勝手がとってもいいです。

私も2018年のふるさと納税は、日本旅行のギフトカードにしました!!

ふるさと納税をする前に「お得になる限度額」を確認しよう!

ふるさと納税は、家族構成や年収により、寄付がお得になる限度額が変わります。

限度額以上の寄付をしても「ほんとにただの寄付」になるので注意してください。

 

一番簡単な確認方法はこの表をみればOKです。

ふるさと納税控除の目安

 

詳しくは「こちら」で確認してください。

和歌山県高野町のふるさと納税「日本旅行ギフトカード」の寄付手続きをしてみよう!

実際に、和歌山県高野町のふるさと納税「日本旅行ギフトカード」の寄付手続きをしてみましょう。

手続きは簡単で、スマートフォンから10分もあれば手続き完了します。

ただし、お支払いにはクレジットカードが必要なのであらかじめ準備しておきましょう。

 

手続きは、「ふるなび」というふるさと納税専門のサイトから行います。

「ふるなび」からクレジットカード決済で寄付をすると、寄付金額の1%分のアマゾンギフト券をもらえます!

1.「こちら」から寄付したい金額の日本旅行ギフトカードを選択します。

◆日本旅行ギフトカード(1万円分)

◆日本旅行ギフトカード(1万5千円分)

◆日本旅行ギフトカード(2万円分)

◆日本旅行ギフトカード(2万5千円分)

※その他の金額はこちら

 

 

2.商品を確認して「寄付を申し込む」を選択します。

 

 

3.「ふるなび」の会員登録をしていれば、メールアドレス、パスワードを入力してログインします。

会員登録なしでも寄付できますが、登録すると寄付額の1%分アマゾンギフトがもらえます。

簡単に登録できるので、会員登録して寄付することをおすすめします!

 

 

 

4.必要事項を入力します。

【注意点】

◆ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度とは、「簡単な書類を提出するだけで、確定申告することなく税金の軽減を受けることができる」制度です。

ワンストップ特例制度を利用するにチェックを入れておくと、必要書類が送付されてきますので、基本はチェックをいれましょう。

◆返礼品の希望について

返礼品を希望するにチェックを入れましょう。

チェックがないと、ただの寄付になってしまいます。

 

 

5.入力が終わったら、「確認」を選択し「送信」します。

その後はクレジットカード情報の入力画面になるので、必要事項を入力して手続き完了です!

まとめ:ふるさと納税・日本旅行ギフトカード50%還元は観戦、観劇の交通費・旅費に利用できておすすめ!

和歌山県高野町のふるさと納税で、日本旅行のギフトカードが還元率50%で取り扱われています。

11月8日(木)時点で具体的な終了日は決定していませんが、いつ打ち切りになるかわかりません。

 

日本旅行のギフトカードは他の自治体でも取り扱っていましたが、9月の総務省通知で軒並み終了してしまいました。

まだふるさと納税の枠が残っている人、まだ手続きしていない人は、早めに手続きしておくことをおすすめします。

 

日本旅行のギフトカードは有効期限がないので、試合観戦、観劇の交通費の支払いに最適です。

私も今年のふるさと納税は日本旅行のギフトカードにしたので、ぜひ検討してみてください。

ふるさと納税関連記事

 

ふるさと納税について詳しくはこちら。

ふるさと納税ってどんな制度?

3 Comments

なち

ふるさと納税やった事ない素人です。

本年寄付分は申請書類を2019年1月10日必着で発送する必要があるみたいですが、今から申し込んでワンストップ用の書類とやらは自治体から間に合うように届くものなのでしょうか?

もし間に合うように届かなければ確定申告で対応することになるのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ございません。

返信する
くるみっこ

初のふるさと納税なんですね!
一番確実なのは該当自治体に電話して確認です。

ですが、私の経験では「今からなら楽勝で間に合う」と思います。

ワンストップ特例制度を利用するにチェックしておくと、寄付した自治体から申請用紙が送付されていきます。

その用紙に必要事項を書いて返送すればOKです。

通常、返礼品と書類は別に送付されてきます。
おそらく、今月中に必要書類は送付されてくる可能性が高いでよ。

ふるさと納税は「しないと損」なので、ぜひチャレンジしてください。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。