チケットの取り方を紹介します!

セディナカードJiyu!da!のメリット・デメリット

セディナカードJiyu!da!とは、(株)セディナが発行しているクレジットカードです。

セディナカードには色々な種類がありますが、年会費が無料で補償もある程度充実しているのがセディナカードJiyu!da!の特徴です。

特に、補償については年会費無料のクレジットカードとしてはトップクラスの充実度です。

 

半面、セディナカードJiyu!da!は商品を購入した時に「強制的に分割払い」となるという特徴があります。

このため、上手に利用しないと分割手数料がかかり、せっかくの年会費無料が吹き飛んでしまう可能性もあります。

セディナカードJiyu!da!を使いこなすにはちょっとしたコツがいりますが、わかればとても簡単です。

今回は、上手に使えばコストパフォーマンス抜群のセディナカードJiyu!da!について、特徴と上手な使い方をまとめてみます。

セディナカードJiyu!da!のメリット

年会費無料で利用できる

何と言っても一番のメリットが、この「年会費無料で維持できる」ってとこです。

保有していても負担がないのはやっぱり大きいですよね。

 

家族カードの年会費が無料なのもポイントです。

ただし、ETCカードを新規発行する場合は1,000円(税別)が必要です。

 

また、カード券面は一般とキティちゃんバージョンから好きな方を選ぶことができます。

チケットセディナを利用できる

セディナカードJiyu!da!を保有していると、宝塚歌劇、人気のミュージカル・演劇、コンサートチケットを取り扱っているチケットセディナを利用できます。

 

特に、宝塚のセディナ貸切公演では、貴重なSS席を購入することができます。

 

セディナカードJiyu!da!では「プラチナカード・ゴールドカード会員先行販売」は利用できませんが、逆に言うと一般枠の利用であれば、セディナカードJiyu!da!で十分です。

 

基本的に、チケットセディナでは宝塚以外で「プラチナカード・ゴールドカード会員先行販売」は設定されません。

なので、宝塚以外の演劇が好きな方は、年会費が必要ないセディナカードJiyu!da!のほうがおすすめです。

セディナゴールドカードは年会費が6,000円も必要ですからね。

 

チケットセディナについては、こちらに詳しくまとめてあります。

【チケットセディナ】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法

セブンイレブン、イオン、ダイエーでポイント3倍

全国のセブンイレブン、イオン、ダイエーで利用すると、ポイントが3倍になり、還元率は約1.5%となります。

利用日に制限もなく、毎日がポイント3倍です。

これらのお店をよく使う場合は、最強ランクのポイント還元率です。

付帯保険が年会費無料カードの中ではかなり充実している

セディナカードJiyu!da!は、年会費無料のカードの中では、付帯保険、サービスがトップクラスに充実しています。

ショッピング保険(動産総合保険)

セディナカードJiyu!da!で購入した商品の破損・盗難等による損害が、購入日から180日間、年間で最高50万円まで補償されます。

カード紛失・盗難保険

カード紛失・盗難により被害を受けた場合、届け出日から60日前までさかのぼって損害が全額(又は一部)補償されます。

ネットセキュリティサービス

インターネットで第三者に不正使用され、身に覚えのない請求が届いた場合、届け出日から60日前までさかのぼって損害が全額(又は一部)補償されます。

国内旅行傷害保険

セディナカードJiyu!da!で旅行代金を支払った場合、国内旅行傷害保険1,000万円までが付帯されます。※海外旅行傷害保険については設定がありません。

 

補償関係がとても充実しているセディナカードJiyu!da!ですが、中でも「ショッピング保険の180日間補償」というのは結構すごくて、JCBゴールドカードの90日間を上回ります。

年会費無料のカードとしては破格の補償内容です。

セディナカードJiyu!da!のデメリット

還元率は普通

セディナカードJiyu!da!の還元率は0.5%と普通です。

全国のセブンイレブン、イオン、ダイエーで利用するとポイントが3倍になったり、インターネットモール経由での買い物がポイント最大21倍になったりと特典はあります。

ですが、通常利用はあくまで普通の還元率です。

一括払いができず「強制分割払い」となる

年会費無料のカードであるにも関わらず、手厚い補償やポイントサービスを受けることができるセディナカードJiyu!da!の唯一最大の弱点が、この一括払いができず「強制分割払い」となる点です。

ただし、カードの特性を理解して上手に利用すればメリットだけを受け取ることができます。

セディナカードJiyu!da!は一括払いができず、全て分割払いとなる

セディナカードJiyu!da!で購入した商品代金は、一括払いができず、全て分割払いとなります。

買い物の際に一回払いを指定しても、必ず月々分割払いとなってしまうんです。

 

なので、何も考えずに利用すると、分割払いのお高めの利息がかかってしまうため、年会費無料のメリットが吹き飛んでしまいます。

 

このデメリットを回避する方法は簡単で、「カード利用限度額」と「ショッピングのお支払いコースの支払金額」を同額にするだけです。

この設定だけで、カードで支払った商品は自動的に1回払いとなり、分割払いの手数料がかかりません。

 

例えば、カード限度額が20万円の場合、お支払いコースも20万円にしておけば、セディナカードJiyu!da!の利用は全て一括払いとなり、分割払いの手数料がかかりません。

まとめ:年会費無料でチケットセディナを利用できるセディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!」は、年会費無料のカードであるにも関わらず、補償が非常に充実しているカードです。

 

一方、1回払いで支払っても自動的に月々払いとなってしまう「分割払い専用カード」というのが最大のデメリットです。

ですが、簡単な設定でそのデメリットを解消でき、充実した補償やポイントサービスが利用できるため、セディナカードが欲しい場合は一押しのクレジットカードになります。

 

特に、チケットセディナを利用したい場合は、超おすすめのカードです。

普段使いにも充実した補償は大きなメリットなので、ぜひ「セディナカードJiyu!da!」を検討してみてください!

  • セディナカードJiyu!da!」は年会費無料でチケットセディナを利用できます。
  • 補償も充実しているので、メインのクレジットカードとしても十分使えます。
  • 分割払い専用のカードですが、カードの利用額と月々の支払上限額を同一にすることにより、一括払いカードとして利用できます。

※記載のサービスは 2018年7月 現在のものです。

 

【チケットセディナ】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法
クレジットカード

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。