野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

三井住友VISAカードのメリット、デメリット

三井住友VISAカードは、三井住友カード株式会社がVISAと提携をして発行しているVISAカードです。

三井住友カードは、1980年2月、日本初のVisaカードとして、国内外共通「住友VISAカード」を発行した、国内Visaカードのパイオニアです。

三井住友VISAカードをお勧めする理由

安心・信頼のVisaブランド

Visaカードは世界200以上の国と地域で利用できます。

クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが58%にのぼり、世界No.1です。

Visaであれば、使えないということはまずありません。

海外旅行や留学に一枚は持っておけば、安心のカードです。

その中でも、『Visaといったら三井住友VISAカード』という安心・信頼があります。

充実のサービスなのに年会費を無料にできる

初年度はもちろん年会費無料ですが、翌年度以降も年会費無料、または半額でカードを保持する方法があります。

三井住友カードの充実のサービスを年会費無料や半額で利用できるので、大変お得です。

Vpassチケットを利用できる

三井住友VISAカードを持っていると、Vpassチケットを利用することができます。

さまざまなチケットが優待価格で購入できるだけでなく、宝塚歌劇、劇団四季、東宝ミュージカルなどさまざまなジャンルの演劇やコンサートのチケットを購入できます。

詳しくはこちら

【Vpassチケット】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法

お勧めの三井住友VISAカードの種類

三井住友VISAカードは、年齢別におすすめのカードがあります。

デビュープラスカード

  • 対象:18歳から25歳限定
  • 年会費:初年度無料、翌年度以降無料(年1回以上の利用)
特徴
  • 通常利用ポイント2倍、入会後3ヵ月間は5倍
  • 26歳になった後、最初のカード更新時よりプライムゴールドカードにランクアップ可能
  • 旅行傷害保険がない
MEMO
デビュープラスカード」は、大学生のファーストカード、新社会人になるタイミングで作成するカードとして最適です。

 

三井住友VISAクラシックカード

  • 年会費:初年度無料、通常年会費1,250円(税別)
  • 年会費無料の条件:「マイ・ペイすリボ」登録&前年1回以上のカード利用
特徴
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
  • ショッピング補償(年間100万円まで)
MEMO
三井住友VISAクラシックカード」は最もスタンダードなカードで、総合ランキングでもトップクラス。悩んだらクラシックカードを選べば間違いないです。

 

三井住友VISAアミティエカード

  • 女性向けのカード
  • 年会費:初年度無料、通常年会費1,250円(税別)
  • 年会費無料の条件:「マイ・ペイすリボ」登録&前年1回以上のカード利用
特徴
  • 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険
  • ショッピング補償(年間100万円まで)
  • 携帯利用料のポイントが2倍
MEMO
三井住友VISAアミティエカード」は、旅行の補償と携帯電話料金がお得な女性向けのカードです。

 

三井住友VISAゴールドカード

  • 年会費:初年度無料、通常年会費10,000円(税別)※年会費割引条件を満たすと年会費4,000円(税別)
  • 年会費割引の条件:「WEB明細書」利用&年6回以上の請求+「マイ・ペイすリボ」登録&前年1回以上のカード利用
特徴
  • 海外・国内の旅行損害保険(最高5,000万円)
  • ショッピング補償(年間300万円まで)
  • 全国主要空港の空港ラウンジサービスが使える

ライバルのJCBゴールドが年会費10,000円(税別)でほぼ同じサービスであることを考えると、割引後の年会費4,000円(税別)は破格の安さです。

MEMO
一つ上の信頼と価値がある「三井住友VISAゴールドカード」。設定により年会費4,000円で保持できるので、実は一番コストパフォーマンスがいいカードです。

年会費無料の条件、マイ・ペイすリボとは

年会費無料、または減額の条件によくでてくる、「マイ・ペイすリボ」について説明します。

マイ・ペイすリボとは

「マイ・ペイすリボ」とは、あらかじめ指定した金額を超えた分が、自動的にリボ払いとなる支払い方法です。

自動的にリボ払いになった部分には、リボ払いの手数料がかかってしまいます。

マイ・ペイすリボの手数料を0にする方法

「マイ・ペイすリボ」の初回の支払いは手数料がかかりません。

このため、「マイ・ペイすリボ」の設定額とカードの支払い限度額を同額にしておくと、基本的に1回払いとなり、リボ払いの手数料が必要ありません。

 

例えば、カード支払限度額が80万円の場合、マイペースリボの設置額を80万円にすると、全ての支払いが1回払いとなり、リボ手数料がかかりません。

 

この設定を使うと、手数料0円で三井住友VISAカードの年会費を無料、または大幅に割引して使うことができます。

私もこの方法で、三井住友VISAカードの年会費を大幅割引して利用しています。

MEMO
「マイ・ペイすリボ」の設定額とカードの支払い限度額を同額にしておくと、手数料0でカードの年会費を無料または大幅割引で持つことができます。

まとめ:三井住友VISAカードの選び方

三井住友VISAカード」は、日本で最も歴史のあるカードの一つで、知名度、信頼性も抜群です。

Vpassチケットの利用だけでなく、普段使いから海外旅行まで幅広く、安心して使えるカードなので、メインカードとして利用してください。

カードを選ぶポイントは

  1. 18歳~25歳の方のためのポイント2倍カード「デビュープラスカード
  2. 女性で旅行が好きなら「三井住友VISAアミティエカード
  3. 安心、安定のスタンダードな「三井住友VISAクラシックカード
  4. 30代以上は、一つ上の信頼と価値がある「三井住友VISAゴールドカード

でしょうか。

コストパフォーマンスを考えると、簡単な設定で年会費が4,000円(税別)になる「三井住友VISAゴールドカード」がおすすめです。

ぜひ検討してみてください。

【Vpassチケット】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法
クレジットカード

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。