野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

セディナカードJiyu!da!のメリット、デメリット

セディナカードとは、(株)セディナが発行しているクレジットカードです。

セディナカードには色々な種類がありますが、「セディナカードJiyu!da!」は年会費無料で保持できるカードです。

セディナカードJiyu!da!のメリット

年会費が無料

セディナカードクラシック(年会費1,000円)とほぼ同じスペックですが、年会費が無料で維持することができます。

また、家族カードの年会費も無料です。

ただし、ETCカードの新規発行時に1,000円(税別)が必要です。

チケットセディナを利用できる

宝塚歌劇、人気のミュージカル・演劇、コンサートチケットを取り扱っているチケットセディナを利用できます。

特に、宝塚のセディナ貸切公演では、貴重なSS席を購入することができます。

 

ただし、「プラチナカード・ゴールドカード会員先行販売」は利用できません。

【チケットセディナ】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法

セブンイレブン、イオン、ダイエーでポイント3倍

全国のセブンイレブン、イオン、ダイエーで利用すると、ポイントが3倍になり、還元率は約1.5%となります。

付帯保険

  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険:最高50万円(補償期間180日間)

ショッピング保険は90日間のカードが多いため、かなり長めの設定です。

その他

  • マルエツ等の各店舗で毎月特定日は5%割引。
  • キティちゃんデザインのカードが選べる
  • ネットショッピングで毎日最大ポイント21倍還元。

セディナカードJiyu!da!のデメリット

リボ専用カードであること

セディナカードJiyu!da!はリボ専用カードです。

ただし、初回手数料は無料です。

つまり、初回に全額支払えば手数料が無料となるので、支払いを1回で済ませる設定をしておけば、カードの維持費を0で運用することができます。

還元率は普通

セディナカードJiyu!da!の基本の還元率は0.5%と普通です。

ですが、「トクトク!ステージ」によって、ポイント倍率がアップしたり、セブンイレブン、イオン、ダイエー利用でポイントが3倍となるので、上手に利用すればポイント面でもメリットがあります。

海外旅行傷害保険が無い

基本的にセディナカードクラシックのスペックと同じなのですが、1点劣っているのが、この「海外旅行傷害保険が無い」ことです。

まとめ:年会費無料でチケットセディナを利用できるセディナカードJiyu!da!

「セディナカードJiyu!da!」は、年会費永年無料でチケットセディナを利用することができます。

リボ払い専用カードですが、返済を実質1回払いで済ませる設定をすると、リボ払いの手数料を0にすることができます。

やはり、維持費がかからずにチケットセディナを利用できるのは大きなメリットです。

また、セブンイレブン、ダイエー、イオンで利用すると、ポイントが3倍になり、還元率は1.5%となります。

 

一方、「セディナカードJiyu!da!」は、「プラチナカード・ゴールドカード会員先行販売」の利用はできません。

年会費6,000が必要ですが、「プラチナカード・ゴールドカード会員先行販売」が利用できる「セディナゴールドカード」も検討してみてください。

  • 「セディナカードJiyu!da!」は、年会費永年無料でチケットセディナを利用することができます。
  • リボ払い専用カードですが、設定により手数料を0にすることができます。
  • カードスペックはセディナカードクラシックとほぼ同じです。

※記載のサービスは 2018年7月 現在のものです。

【チケットセディナ】メリットと使い方、チケットを取る・買う方法
クレジットカード

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。