チケットの取り方を紹介します!

2020年広島東洋カープ・マツダスタジアム開催公式戦チケットの値上げ発表!

2019年12月16日(月)、マツダスタジアム開催のカープ公式戦チケットの価格改定について発表がありました。

要は「値上げ」です。

 

今回の値上げは、「2019年10月1日から実施された消費税増税のための値上げ」だけでなく、単純にチケットの価格自体が高くなっています。

 

もともとお安めだったカープのチケットなので、値上げしてもまだまだお得と言えるレベルですが、枚数が多いと地味に効いてきますね。

2020年カープ公式戦入場券料金

一般席

  • 内野指定席A:3,900円
  • 内野指定席B(3塁側) :3,300円
  • スカイシート: 3,300円
  • 外野指定席: 2,400円
  • カープパフォーマンスB: 2,100円
  • ビジター・3塁側パフォーマンス: 2,100円
  • 内野自由席 大人:1,900円(こども: 900円)

砂かぶり席

  • 正面砂かぶり席:8,300円
  • KIRINシート内野砂かぶり: 6,300円
  • 外野砂かぶり席 4,000円

グループ席

  • コカ・コーラテラスシート5人掛け:24,000円
  • コカ・コーラテラスシート6人掛け:28,800円
  • コカ・コーラテラスシート7人掛け:33,600円
  • ゲートブリッジ(6名まで):24,000円
  • キリン生茶シート鯉桟敷(8名まで) 38,400円
  • プレミアムテラス(8名まで):38,400円
  • コージーテラス(7名まで):30,100円
  • 寝ソベリア(2名まで):7,600円
  • バスタベリア(2名まで):7,600円

駐車場

球場東駐車場(コストコ屋上):2,100円

入場券発送料

全国一律 ¥700/件(税込)

2020年カープ公式戦入場券料金の値上げ幅について

2020年の公式戦チケットは、おおむね100円~300円の値上げになっています。

主なチケットでは、

  • 内野指定A:3,600円→3,900円【+300円】
  • 正面砂かぶり:8,000円→8,300円【+300円】
  • 外野指定席:2,100円→2,400円【+300円】
  • 内野自由席:1,700円→1,900円【+200円】
  • 駐車場:2,000円→2,100円【+100円】

こんな感じの値上げ幅です。

 

2019年10月の消費税増税が+2%なので、例えば内野指定Aの場合は3,600円×2%=約72円です。

なので、実質の値上げ幅は300円ー72円=約240円ってことになります。

 

値上げについての是非はさておき、マツダスタジアムについては、値上げ後でもお手軽価格といえます。

たとえば東京ドームの場合、内野指定A席に該当する内野指定A席が5,400円なので、まだまだお安い値段設定です。

 

ただし、外野指定席になると、逆にマツダスタジアムが2,400円に対し、東京ドーム2,200円と価格が逆転してしまいます。

このあたりの価格設定は、広島と東京の物価の差もあるので何ともですが、外野は据え置きでも良かったかなと思います。

 

逆に、内野自由席を2020年も残すのは、理解に苦しみます。

色々な「しがらみ」や問題があると思うのですが

  • 非常識なグループが自由席を占拠する
  • 球場前に自由席目当ての人が並び近隣に迷惑をかける
  • チケットがなかなか取れない

この辺りの問題が、内野自由席を廃止して指定席化することでかなり改善されるはずです。

 

カープ球団は、ことチケット販売については非常に能力が低いと思います。

というか、これだけの人気球団となった現在では、自前でチケット販売企画を取り扱うのはちょっと無理なんだと思います。

2019年のチケット一般販売なんか、ほんとにケガ人が出なくて不思議なくらいの混乱だったし。

カープチケット・球団窓口販売のまとめと反省会

 

グッズの企画力は抜群なんだけどね。

まとめ:2020年広島東洋カープ・マツダスタジアム開催公式戦チケットの値上げ発表!

2019年12月16日(月)、マツダスタジアム開催のカープ公式戦チケットの値上げ発表がありました。

おおむね、100円~300円の値上げになるのですが、枚数が多いと地味に効いてくる値上げです。

 

例えば、内野指定Aを4枚購入する場合、今までは14,400円+手数料だったのが、15,600円+手数料になります。

その差額1,200円は地味に大きいですよね。

 

全体的にこれだけ値上げするくらいなら、内野自由席を指定席化して料金を上げたほうが良策だと思うのですが、球団なりの考えや方針があるのでしょう。

 

というわけで、2020年シーズンのチケット価格が判明したので、この後は「どうやってチケットを取るか」というのがポイントになってきます。

 

今年はファンクラブ枠の申し込みが「抽選方式」に変わったので、おそらくチケットのファンクラブ優先枠も「全て抽選方式」に変わる可能性が高いと思います。

そうなると、いままで使えた「セブンイレブン店頭に並ぶ作戦」が使えなくなり、単純に「運勝負」になってきます。

【2019年カープチケットを取る】ファンクラブ先行・セブンチケット先着方式で買う方法、買い方

 

また、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットなどのプレイガイド枠の販売方式も変わってくるかもしれません。

特に、イープラスの先行先着販売がどうなるのかが気になります。

イープラスの先行先着はチケット取りやすい穴場だったからね。

【2019年カープチケットを取る】プレイガイド先行・イープラスで買う方法、買い方

 

2020年シーズンのチケットをどうやって確保するかという点について、現時点でできる事は少ないですが、個人的にはJCBカープカードを早めに作っておくのがおすすめです。

2019年も結構チケット取れた報告があったので、JCBカープカード枠は、貴重な「先着方式」でカープ公式戦のチケットが取れる枠になると思います。

 

JCBカード枠の利用には、対象となるJCBセ・リーグカードが必要なのですが、ギリギリで作成すると申し込みに間に合わない可能性があります。

実際、2019年についてもギリギリ申し込みすぎて間に合わなかったケースがあります。

 

ですので、できれば早めにカードを作っておくことをおすすめします。

カープ公式戦のJCBカード枠については、こちらの記事を参考にしてみてください。

【2020年カープチケットを取る】JCBセ・リーグカード枠でチケットを取る方法、買い方

 

というわけで、今年はチケット販売方法が大きく変更されることが予想されるカープ公式戦のチケット。

今後も色々と対策を考えていきますので、情報提供も含めて、皆様のご協力をよろしくお願いします。

 

チケットの取り方、裏技はこちら

広島東洋カープのチケットを取る方法 チケットの取り方

2 COMMENTS

隣県のおっさん

内野自由席はまぁ残しても良いけど、その代わり内野自由席区画以外の立ち入りを禁止にするべき!
僕の好きな外野レフト指定なんて自由席チケットホルダーの超穴場になってますから。
レジャーシート、折り畳み椅子、強制排除じゃ!

値上げも微妙に効きますね。
とりあえず一年分全て応募するので今年のローチケ祭りのような事があれば相当支払ありますから(笑)

夏休み期間中、オリンピックで試合が少ないのも争奪戦にどう影響するか気になります。

返信する
くるみっこ

確かに、立ち見はひどいですね。
一時的ならともかく、椅子やシートは撤去させないとダメだと思います。

そういえば、オリンピックで野球の日程も変わりますね。
オリンピックは全く興味がないので、野球がないのはさみしいです。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。