チケットの取り方を紹介します!

【アマゾンミュージック】高音質の音楽が聴き放題のおすすめ配信サービスのメリット、デメリットまとめ

Amazon Music(アマゾンミュージック)とは、アマゾンが提供する音楽配信サービスです。

月額料金を支払うことで、最大6,500万曲もの音楽を自由に聞くことができます。

 

アマゾンミュージックは、

  • HD、UltraHD音質の音楽を6,500万曲以上聞き放題
  • 数人でシェアすれば月額約410円で楽しめる
  • ダウンロードに対応しているので、飛行機などでも聞ける

と、数ある音楽配信サービスの中でも、一押しのサービスです。

 

私も使っているアマゾンミュージックのメリット、デメリットとおすすめポイントをまとめてみます。

アマゾンミュージックのプラン

アマゾンミュージックには、6つのプランがあります。

違いは、音質、料金、利用できるアカウント数の3点です。

標準音質プラン

【PRIME(プライム)】

・月額無料(AMAZONプライム会員特典)

・200万曲聴き放題

・SD(標準)音質

【UNLIMITED(個人プラン)】

・月額980円
※Amazonプライム会員は780円

・6,500万曲聴き放題

・SD(標準)音質

【FAMILY(ファミリー)】

・月額1,480円

・最大6名まで利用可能

・6,500万曲聴き放題

・SD(標準)音質

【STUDENT(学生プラン)】

・月額480円(学生限定プラン)

・6,500万曲聴き放題

・SD(標準)音質

高音質プラン(Amazon Music HD)

【個人プランHD】

・月額1,980円
※Amazonプライム会員は1,780円

・6,500万曲聴き放題

・HD音質

・数百万曲のULTRA HD音質

【ファミリープランHD】

・月額2,480円

・最大6名まで利用可能

・6,500万曲聴き放題

・HD音質

・数百万曲のULTRA HD音質

アマゾンミュージックの特徴、メリット

広告なしで、最大6,500万曲もの音楽を聴ける

何といっても一番のメリットは、最大6,500万曲もの音楽が聴き放題なことです。

Official髭男dism、あいみょんなどの最新の楽曲はもちろん、嵐などのアイドルの曲や、古めの音楽も聴くことができます。

しかも、古めの音楽でも高音質なので、父が好きな安全地帯やラッツ&スターの曲もビックリするくらいのいい音で楽しめます。

 

洋楽も充実していて、私が好きなアヴリル・ラヴィーン、ケイシャ、アレクサンドラ スタンなどの新しめのアーティストや、懐かしめのノーランズ、マドンナ、カリーミノーグなども聴く聞くことができます。

なので、若い人から年配の人まで、音楽をとっても楽しむことができるんです。

 

あと、プレイリストが充実していて、春の歌とか、ドライブ用の歌、1980年代の洋楽みたいに、ジャンルを選ぶとアマゾンミュージックが選んでくれた曲を聴くこともできます。

これが意外と良くて、今まで知らなかったけど自分の好みを曲を見つけたりもできます。

ダウンロードに対応している

アマゾンミュージックは、楽曲データのダウンロード再生に対応しています。

なので、ネットワークがない飛行機の中でも再生可能です。

 

また、自宅であらかじめ曲データをダウンロードしておけば、スマートフォンの通信料を節約できます。

 

ただし、デフォルトの状態では、HD品質でダウンロードできません。

ダウンロード設定で「HD」を選択しておけば、高音質で音楽を聴くことができます。

音質がいい

アマゾンミュージックの音質には、SD、HD、UltraHDの3種類があります。

  ビットレート 圧縮
SD:標準音質 Max320kbps  
HD:CD音質 Avg.850kbps ロスレス
UltraHD:高音質 Avg.3,730kbps ロスレス

SD音質は、最大320kbpsのビットレートで、ファイルサイズを削減するために元の音楽の詳細データが削除されます。

 

HD音質は、平均ビットレート850kbpsとSD音質の倍以上のレートで、音質の劣化がほとんどないロスレス音質です。

 

Ultra HD音質は、HDの4倍以上となる平均3,730kbps、ロスレスで、超高音質の音楽を聴くことができます。

個人的には、一度HD、Ultra HD音質の音楽を聴くと、SD音質には戻れないと思います。

音の伸びや切れが全然違うので、HD、UltraHD音質を利用できる、Amazon Music HDをおすすめします。

 

Amazon Music HDは、SD音質のプランより約1,000円/月お高くなりますが、値段分の価値は十分にあります。

ファミリーアカウントは家族で利用できる

アマゾンミュージックのファミリーアカウントは、1契約で複数のアカウントから利用できます。

例えば、ファミリープランHDの場合、月額2,480円で最大6名まで利用できるので、一人当たり約410円で高音質の音楽が聴き放題です。

6,500万曲以上の音楽が、この高音質で聞けるのであれば、超お得だと思います!!

アマゾンミュージックのデメリット

月額料金が必要

アマゾンミュージックは、有料の音楽配信サービスです。

アマゾンプライム会員であれば、追加料金なしで「PRIME」プランを利用できますが、聞くことができるのは200万曲、SD音質のみです。

 

「UNLIMITED」を契約すると、月額980円(Amazonプライム会員は780円)の料金が必要ですが、楽曲数が6,500万曲と跳ね上がります。

ただし、聞ける音質はSD音質とちょっと残念。

 

おすすめは、HD、UltraHD音質を楽しめるAmazon Music HDの個人プランHDですが、月額1,980円(Amazonプライム会員は1,780円)とちょっとお値段がお高めです。

 

やっぱり、アマゾンミュージックの一番のネックは、この月2,000円近くになる利用料だと思います。

 

ただしファミリープランを使うと、Amazon Music HDのファミリープラン月額2,480円で最大で6名まで利用できるので、一人当たり約410円とかなりコストパフォーマンスが良くなります。

 

なので、ファミリープランを利用して、複数のアカントを使うのがおすすめです。

高音質の音楽データは結構なデータを使う

Amazon Music HDの音楽は、音質がとてもいいのですが、反面けっこうなデータを使います。

例えば、3分半の音楽データの平均的な容量はこんな感じです。

  データ量
SD:標準音質 9MB
HD:CD音質 51MB
UltraHD:高音質 153MB

 

HDは音質がいいのですが、SD音質の5倍以上のデータを使用します。UltraHDに至っては、SD音質の15倍以上のデータを使ってしまいます。

 

特にUltraHD音質の曲をLTE回線で聞く場合、データ使用量をそれなりに使うことになるので、あらかじめ端末にダウンロードしておくのがおすすめです。

 

ただし、端末のストレージもそれなりに使うので、空き容量は常に確認しておくようにしましょう。

HD、UltraHD音質は端末が対応していないと意味がない

GD、UltaraHD音質で音楽を聴く場合、端末やイヤフォンがある程度いい製品でないと、せっかくの音質の良さを生かすことができません。

 

端末は、2014年以降にリリースされたほとんどのiPhone、iPad、Android端末がHD、UltraHD音質に対応しています。

なので、ほとんどの人が使っている端末でそのまま高音質な音楽を利用できます。

 

ただし、ヘッドフォン、イヤフォンについては結構厳しくて、安物だとせっかくの高音質を生かすことができません。

ハイレゾ対応、またはハイレゾ相当対応のイヤフォンを選んでおくのがおすすめです。

私のアマゾンミュージック利用環境

私は、Amazon Music HDのファミリープランを複数ユーザーで使っています。

ファミリープランは月額2,480円で、最大で6名まで利用できるので、一人当たり約410円となかなかのコストパフォーマンスです。

 

使っている端末は、Xeria5で、イヤフォンは、「SONY WF-1000XM3BM」です。

この環境だと、ワイヤレスで高音質を楽しむことができるので、非常に快適&おすすめです!

スマートフォンをXperia5に機種変更したインプレとメリット、デメリット SONY WF-1000XM3BMとBose SoundSport Freeを聴き比べ!人気ブルートゥースイヤホンのメリットとデメリットまとめ

まとめ:高音質の音楽が聴き放題のアマゾンミュージックがおすすめ!

数ある音楽配信サービスの中でも、個人的のおすすめなのが、アマゾンミュージックです。

中でも、「Amazon Music HD」のファミリープランは、

  • HD、UltraHD音質の音楽を6,500万曲以上聞き放題
  • 数人でシェアすれば月額約410円で楽しめる
  • ダウンロードに対応しているので、飛行機などでも聞ける

というのがおすすめポイントです。

 

Amazon Music HD」は、無料利用期間もあるので、ぜひ一度試してみてください。

大げさじゃなくて、日常生活が変わってきますよ!!!

 

そして、「Amazon Music HD」が気に入ったら、イヤフォンにもちょっとお金をかけてみてください。

SONYのWF-1000XM3BM、とってもいいですよ!

SONY WF-1000XM3BMとBose SoundSport Freeを聴き比べ!人気ブルートゥースイヤホンのメリットとデメリットまとめ

アマゾンミュージック

 

入手困難なチケットの取り方、裏技やおすすめグッズはこちら

おすすめグッズ チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。