チケットの取り方を紹介します!

【2021年グランプリファイナルのチケットを取る】スケジュールとチケット発売概要発表!

2021年10月15日(金)、「ISUグランプリファイナル 国際フィギュアスケート競技大会 大阪2021」のスケジュールとチケット発売概要が発表になりました。

 

今年のグランプリファイナルは、東和薬品RACTABドームで、観客を入れて開催される予定です。

2021年12月9日(木)~12月12日(日)までの4日間開催される2021年グランプリファイナルについて、開催概要とチケット発売概要をまとめてみます。

 

【2021年10月26日追記】

GPF1次抽選のチケットおすすめ申し込み方法をまとめました。

【2021年グランプリファイナルのチケットを取る】1次抽選販売の申し込み方法を考えてみる

2021年グランプリファイナル開催概要

【大会名称】

ISUグランプリファイナル 国際フィギュアスケート競技大会 大阪2021

【開催日程】

2021年12月9日(木)~12月12日(日)

【会場】

東和薬品RACTABドーム

2021年グランプリファイナル大会スケジュール

1日目【12月9日(木)】

  • ジュニア 男子(ショートプログラム)
  • ジュニア 女子(ショートプログラム)
  • ジュニア ペア(ショートプログラム)
  • シニア 男子(ショートプログラム)
  • シニア ペア(ショートプログラム)
  • シニア アイスダンス(リズムダンス)
    ※終了時間は22:00頃を予定しております。

2日目【12月10日(金)】

  • ジュニア 女子(フリースケーティング)
  • ジュニア ペア(フリースケーティング)
  • ジュニア アイスダンス(リズムダンス)
  • シニア 女子(ショートプログラム)
  • シニア アイスダンス(フリーダンス)
    ※終了時間は21:30頃を予定しております。

3日目【12月11日(土)】

  • ジュニア 男子(フリースケーティング)
  • ジュニア アイスダンス(フリーダンス)
  • シニア 男子(フリースケーティング)
  • シニア 女子(フリースケーティング)
  • シニア ペア(フリースケーティング)
    ※終了時間は21:30頃を予定しております。

4日目【12月12日(日)】

  • エキシビション
    ※終了時間は17:00頃を予定しております。

2021年グランプリファイナル・チケット発売概要

通し券(公式練習観覧付き)

【席種】

・アリーナSS:86,000円
・スタンドSS:64,000円

※通し券をお持ちの方は、各日公式練習開始時間(ジュニアの公式練習を除く)に合わせてご入場いただけます。単日券の方とは開場時間が異なりますのでご注意ください。

※通し券は大会公式プログラム付きです。

単日券(1次販売)

【席種・平日】

・アリーナSS:20,000円
・アリーナS:15,000円
・スタンドSS:15,000円
・スタンドS:12,000円
・スタンドA:8,000円

【席種・土日】

・アリーナSS:22,000円
・アリーナS:16,000円
・スタンドSS:16,000円
・スタンドS:13,000円
・スタンドA:9,000円

【購入可能枚数】

1人各日 2枚まで購入可能

【チケット形態】

電子チケットのみ

【販売方式】

インターネット抽選方式のみ

【決済方法】

クレジットカードのみ

【抽選受付期間】

2021年10月25日(月)10:00~10月31日(日)23:59

【当選発表】

2021年11月6日(土)18時頃

申込状況紹介サイト

【販売窓口】

チケットぴあ

https://w.pia.jp/t/gpf2021japan/ icon

公式トレード

チケット購入後に、急遽行けなくなってしまった場合は、定価でチケットの取引ができる、「グランプリファイナル2021 大会公式チケットトレードサービス」をご利用いただけます。

チケット販売に関する注意事項

【購入枚数制限について】

お1人様各日2枚まで購入いただけます。2枚購入時の同行者は申込時に必ず指定してください。その際、同行者も電子チケットを表示するスマートフォンが必要になります。

【転売禁止について】

本大会のチケットは「チケット不正転売禁止法」の対象となる「特定興行入場券(特定チケット)」となります。チケット譲渡は有償・無償に関わらず禁止です。

【本人確認について】

入場の際にご本人様確認のため身分証明書をご提示いただく場合があります。身分証明証は必ず原本をお持ちください。画像やコピー、有効期限切れ、借用したものは無効です。

【重複申し込みについて】

同一競技日の申込において複数回お申し込みがあった場合、全てのお申し込みが無効となる場合がございますのでご注意ください。

【その他】

  • 同一競技日の申込入口において複数回お申し込みがあった場合は、1Plus member IDにつき最後のお申し込みのみ有効となります。
  • 本申込入口では、1回のお申し込みで席種を第3希望までお申し込みが可能です。
  • お申し込みのうち、ご用意できました1席種のみ2枚までご購入いただきます。
  • 複数日程が当選する場合がございますので、必ずお支払い・ご来場いただける日程をお申し込みください。
  • 受付期間内であれば、お申し込みの取り消しが可能です。

2021年グランプリファイナルチケットの注意点

2021年グランプリファイナルのチケット発売概要は、11月に開催されるNHK杯フィギュアとほぼ同じっぽいです。

大きな違いは、「通し券の設定」と「担当するプレイガイドがチケットぴあになっている」という2点ですね。

1.チケット販売は「チケットぴあ」が担当

今回のグランプリファイナルは、チケットぴあがチケット販売を担当します。

チケットはすべて電子チケットとなりますが、チケットぴあが持っている「tixeebox」を採用するとは考えにくいので、おそらく従来どおりチケプラのシステムを利用すると思われます。

tixeebox(ティクシーボックス)の使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

 

NHK杯では、受付システムはイープラス、電子チケットはチケプラという分担だったのですが、イープラスとチケプラの登録内容が違うと申込時にエラーが発生しています。

しかも、何が原因でエラーとなっているかわからないというタチの悪い仕様です。

グランプリファイナルについても、チケットぴあとチケプラの連携については不安が残ります。

トラブルがあっても対応できるよう、余裕をもって申し込みしたほうがいいかも。

 

【2021年10月25日追記】

電子チケットはNHK杯フィギュアと同じくチケプラが担当します。

申込には「チケットぴあのアカウント「と「チケプラのアカウント」が必要です。

チケプラの使い方とメリット、電子チケットとしての注意点やおすすめポイントのまとめ

2.チケットは電子チケットのみ、同行者も登録が必要

チケットはすべて電子チケットとなり、紙チケットは廃止されました。

チケットは1人2枚まで購入可能なので、NHK杯と同様にペア観戦が可能です。

ただし、NHK杯の時は同行者の登録がとてもめんどくさかったので、こちらも要注意です。

3.通し券の設定あり、しかも公式練習観覧付き!

最近のフィギュアスケート大会では廃止されていた通し券が復活しています。

また、通し券は公式練習観覧付きなので、練習を見るのが好きなファンにはおすすめです!

いちおう、単日でも公式練習観覧チケットは発売されるみたいですが、開場時間が違うみたいです。

4.チケット譲渡は有償・無償に関わらず禁止

グランプリファイナルのチケットは「チケット不正転売禁止法」の対象となる「特定興行入場券(特定チケット)」となります。

このため、定価を超える価格での販売は違法となります。

チケット発売概要には、「チケット譲渡は有償・無償に関わらず禁止」となりますが、「チケット不正転売禁止法」の趣旨を考えると、この取り扱いは無理があります。

とはいえ、過去の様子を振り返ると、名義違いで入場拒否されることは普通にあるので、変な名義での購入や転売チケットに手を出すのはやめておきましょう。

まとめ:2021年グランプリファイナルのチケットを取る方法、買い方

ついにチケット発売概要が発表になった2021年のグランプリファイナル。

チケットの詳細は後日UPされるようなので、わかり次第まとめを別途作ってみます。

 

とりあえず、現時点では今年のNHK杯フィギュアのアンケート結果を振り返っておくことをおすすめします。

抽選方法が変わる可能性もありますが、かなり参考になると思います。

申し込みの詳細が判明したら、昨年のアンケート結果を踏まえて「申し込みのポイント」を皆さんで考えてみましょうね!

2021年NHK杯フィギュアのチケット1次抽選販売アンケート結果まとめ!

 

【2021年10月26日追記】

GPF1次抽選のチケットおすすめ申し込み方法をまとめました。

【2021年グランプリファイナルのチケットを取る】1次抽選販売の申し込み方法を考えてみる

 

【2021年11月9日追記】

1次抽選のアンケート結果について考察してみました。

2021年グランプリファイナルのチケット1次抽選販売アンケート結果まとめ!

 

チケットの取り方・裏技はこちら

フィギュアスケートのチケットを取る方法 チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ

3 COMMENTS

2019も全滅

いつも有益な情報をどうもありがとうございます。心から感謝します。
キャパについてですが、NHK杯の代々木も、ファイナルのRACTABドームもキャパの50%観客を入れるようですが、そもそもフィギュアの時、それぞれ何人くらいの観客を入れてるのでしょうか?
調べたら、代々木のスタンドは8636人、RACTABドームのフィギュア時のキャパは6000人となってるので、それぞれその半分くらいになるのでしょうか?(アリーナの分があるのでもうちょい多い?)
代々木4500人くらい、RACTAB3000人ちょっとと予想してますが、合ってますでしょうか?
(だとしたら、多分ファイナルのほうがチケット取りにくいですよね。)

返信する
くるみっこ

情報提供ありがとうございます。
では、チケットぴあ+チケプラで確定ですね。

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ