チケットの取り方を紹介します!

2020年マツダスタジアム自由席廃止による全席指定席化と観戦席数の指針、新観戦マナー発表!

2020年6月30日(火)、広島東洋カープの公式サイトに

  1. 観戦時の注意事項
  2. 主催試合の観戦席数
  3. 自由席廃止

の3点が掲載されました。

いずれも重要な内容で、今後マツダスタジアムで試合を観戦する場合はよく理解しておく必要があります。

 

いずれの内容も他球団の対応や政府の指針から予想できたものですが、わかりにくい部分もあるため簡単にまとめてみます。

試合観戦時の注意事項とお願い

マツダスタジアムでの観戦再開にあたり、注意事項が具体的に発表されました。

【混雑の緩和】

  • 混雑が予想される場合、開門時間を早めることがあります
  • 入退場のゲートを指定させていただく場合があります
  • お客様同士が一定の距離を空けられるよう一部座席の使用を中止し、前後左右の一席を空け、観戦中の密接を防ぎます
  • グッズショップについては、店内の混雑状況に応じて入場制限を実施します

【観戦時のルール】

  • 入場時にサーモグラフィー等によるチェックを行い、37.5度以上ある場合は入場できません
  • 必ずマスクを着用してください
  • 大きな声での応援、応援歌等の歌唱はお控えください
  • ジェットバルーンの使用は禁止とします
  • お客様同士のハイタッチや握手はご遠慮ください
  • スクワット応援は禁止とさせていただきます
  • 熱中症予防などで一時的にマスクを外す場合は、センター広場の指定エリアでお願いいたします
  • ゴミは場内のゴミ箱に捨てずにご自宅までお持ち帰りください
  • 飲食はご自身の座席で会話を控えて行い、食後は速やかにマスクを着用してください

 

基本的に、マスク必須、体温37.5度以上NG、風船・ハイタッチ・握手禁止あたりは他の球場と同じ取り扱いです。

カープならではというか「スクワット禁止」は仕方ないですが寂しいですね。

ただし、カンフーバットはOKっぽいです。

 

あと、アルコールについては記載がないので、甲子園と同様に販売されそうです。

果たして売り子さんがいるのかどうかも気になります。

マツダスタスタジアム観戦席数の指針

カープ公式からも「2020シーズン主催試合の観戦席数についての指針」が発表になりました。

今回発表されたのは4ステップで、具体的な適用日が決定しているのはステップ3までです。

ステップ1:無観客開催期間

【期間】

7月3日(金)阪神戦~7月9日(木)DeNA戦の6試合

【内容】

無観客での開催

ステップ2:5,000席制限での観戦期間

【期間】

7月14日(火)巨人戦~7月30日(木)中日戦の9試合

【内容】

  • 年間指定席購入者のみ観戦可能
  • 上限が5,000席となるため、年間指定席購入者をグループ分けして観戦
  • 観客同士の密接を防ぐため、前後左右の座席を空けて対応

ステップ3:16,500席制限での観戦期間

【期間】

8月7日(金)阪神戦~

【内容】

  • 年間指定席に加え一般入場券を発売(最大約16,500席)
  • 観客同士の密接を防ぐため、前後左右の座席を空けて対応
  • 自由席は廃止、全席指定席化
  • グループ席、団体席は利用人数を制限して発売

ステップ4:29,000席での観戦期間

【期間】

未定

【内容】

  • 前後左右の席は空けていた座席は通常通りに戻して対応
  • 自由席を廃止し、全席指定席化

注意点

  • ステップ2、3の前後左右の席を空ける必要がある試合開催では、日程変更のない試合でも販売済の入場券は払戻しとなります。
  • ステップ4の29,000席での開催の際は、内野自由席のみ払戻しとなります。
  • ステップ3からステップ4への移行は、日程が決まり次第発表があります。
  • 新たな入場券の販売は状況を見ながら時期を検討し、試合を区切りながら球団HPにて行う予定です。
  • 新型コロナウイルスの感染状況により予定が変更となる場合があります。

 

基本的に、事前に予想したどおりの内容です。

2020年7月14日(火)以降のマツダスタジアム開催・広島東洋カープ戦公式戦チケットの発売方法を考えてみる

 

ステップ3=観客16,500人でもチケットの一般発売があるみたいです。

もしかしたら年間指定席だけに割り振るかと思っていたので、一般発売があるのは嬉しいです!!

 

また、チケットは試合を区切りながら発売されるので、今後も情報収取が必要です。

ただし、どうも発売はカープ公式HPのみっぽい。

あの貧弱なサーバーと格闘すると思うと、先が思いやられます。

【2020年カープチケットを取る】球団公式サイト・ホームページで買う方法、買い方まとめ

内野自由席の廃止による全席指定席化

マツダスタジアムで開催されるカープ戦の自由席が廃止になりました。

理由は2つで

  1. 感染者が新型コロナウイルスに感染していた場合に着席者を特定するため
  2. 自由席確保の「開門待ち行列」による密集・密接を避けるため

どちらも、しごくまっとうな理由です。

 

マツダスタジアムの自由席は、自分勝手な席取りなどマナーが悪く、一部では「自由席だけど不自由席」と揶揄されていました。

個人的には自由席廃止は歓迎すべき変更なので、良かったと思います。

 

自由席の廃止に伴い、シーズン開始前に販売していた8月18日(火)DeNA戦~10月11日(日)ヤクルト戦の自由席は全て払い戻しとなります。

【払い戻し対象】

8月18日(火)DeNA戦~10月11日(日)ヤクルト戦の自由席

【払い戻し期間】

7月1日(水)~8月31日(月)

 

払い戻し手続きについて、詳しくはこちらを参照してください。

8/18~10/11自由席払い戻しについて

まとめ:2020年マツダスタジアム自由席廃止による全席指定席化と観戦席数の指針、新観戦マナー発表!

2020年6月30日(火)、カープ公式から、

  • 観戦時の注意事項
  • 主催試合の観戦席数
  • 自由席廃止

の3点が掲載されました。

 

いずれも重要な内容で、今後マツダスタジアムで試合を観戦する場合はよく理解しておく必要があります。

それぞれについて簡単にまとめてみます。

1.観戦時の注意事項

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、従来の試合観戦とは大幅に制限が変わってきます。

 

マスクは必須で、37.5度以上は入場拒否となります。

また、大声を出す、ハイタッチ、握手、ジェット風船などは禁止され、カープ独自のスクワット応援もNGです。

飲食については、自席で静かにであればOK、アルコールについては記載がないのでこちらもOKっぽいです。

 

あと、メガホンについて記載がないので、声を出すのに使わないのであればOKっぽいです。

なので、カープファンが持っているカンフーバットは問題なさそう。

ハイタッチや握手がNGなので、カンフーバットで喜びを表現しましょう。

 

今まで問題なかったことがNGになると辛い面もありますが、感染拡大防止のためには仕方ないのでルールはちゃんと守りましょう。

2.主催試合の観戦席数

球団から公式にステップ1~4までの観戦席数が発表になりました。

事前に予想していた内容とほぼ同様で

【ステップ1:7月3日(金)阪神戦~7月9日(木)DeNA戦の6試合】

  • 無観客開催

【ステップ2:7月14日(火)巨人戦~7月30日(木)中日戦の9試合】

  • 年間指定席保有者をグループ分けした5,000席制限での観戦

【ステップ3:8月7日(金)阪神戦~】

  • 16,500席制限での観戦期間
  • 前後左右の座席を空けて対応
  • 年間指定席保有者に加え、一般入場券を発売(最大約16,500席)
  • 自由席廃止、全席指定席化

【ステップ4】

  • 29,000席での観戦期間
  • 自由席廃止、全席指定席化

 

という対応になります。

ステップ4がいつから可能かは未定ですが、球団としては8月18日(火)DeNA戦を一つのラインとして考えてるみたいです。

8月18日(火)以降の試合については払い戻しが決定していないため、球団としてはなんとか当初発売したチケットをそのまま使いたいという考えなのでしょう。

ただし、現状だと8月18日(火)からの通常開催はかなり厳しそうです。

政府の指針では、各ステップの間隔は約3週間なので、少なくとも8月1日の3週間後となる8月21日頃までは通常開催は難しいかな。

もちろん、今後の新型コロナウイルス感染症の状況で大きく変わってくるので、先行きは不明です。

 

あと、ステップ3となる8月7日(金)阪神戦以降は、16,500人を上限として観戦が可能です。

年間指定席保有者が約8,300人なので、16,500人ー8,300人=約8,000人分のチケットが発売されます。

一般枠もあるようなので、どのような方法で、いつ販売されるのか今後も情報収集が欠かせません。

 

ただし気になるのは、発売がカープ公式サイトのみっぽい点です。

カープ公式はかなりしょぼいので、チケット発売時刻には混雑して全くつながらなくなります。

かなりの忍耐力が必要なので、できれば抽選販売にしてほしいのですが、公式で対応できるのか怪しい。

3.自由席廃止

やっとマツダスタジアムの自由席が廃止され、全席指定席となりました。

日本シリーズでは全席指定で対応できたので、やればできるはずだったんです。

まあ、色々なしがらみがあってできなかったと思うのですが、個人的に自由席の廃止はとても嬉しいです。

 

残念ながらマツダスタジアムの自由席はマナーが悪く、非常識な席取りが横行していました。

「自由席なのに不自由席」と言われることも多く、今回の指定席化は時代の流れとしても当然だと思います。

 

全席指定席化に伴い、既に販売済みの自由席は全て払い戻しとなります。

頑張ってチケット取った方は残念ですが、再販されるチケット確保にむけて頑張りましょう。

 

以上が、6月30日(火)にカープ公式から発表があった観戦についての情報です。

個人的には、8月7日(金)からの試合について一般発売があるのがとても嬉しいです。

年間指定席に割り当てられる可能性もあったので、ちょっと意外なくらい。

 

あと、最近また変な人に粘着されてますが、慣れちゃったので大丈夫。

久しぶりの野球観戦に向けてチケット争奪戦にチャレンジしようと思います!

 

チケットの取り方、裏技はこちら

広島東洋カープのチケットを取る方法 チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。