野球、宝塚、フィギュア、演劇などのチケットの取り方を紹介します

【世界フィギュア国別対抗・先行抽選販売でチケットを取る】通し券、番組連動単日券チケット発売

2019年4月に福岡マリンメッセで開催される「ISU 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2019」の番組連動受付1次2次3次4次受付が発表になりました。

チケットの一般発売は2月3日(日)からとなりますが、先行販売として「4日間通し券」、「番組連動単日券」の抽選販売が実施されています。

チケット販売窓口は、チケットぴあです。

「ISU 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2019」実施概要

【大会名称】

ISU World Team Trophy in Figure Skating 2019(ISU 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2019)

【開催期間】

 2019 年4月11日(木)~4月14日(日)

【会場】

マリンメッセ福岡

【種目】

男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス

【大会日程】

第1日:4月11日(木)
  • 14:30~氷上オープニングセレモニー 
  • 15:15~ダンス(リズムダンス)
  • 16:35~女子(ショート)
  • 18:40~男子(ショート) 
第2日:4月12日(金)
  • 16:00~ペア(ショート) 
  • 17:25~ダンス(フリーダンス) 
  • 19:00~男子 (フリー)
第3日:4月13日(土)
  • 15:15~ペア(フリー) 
  • 16:50~女子 (フリー) 
  • 18:50~表彰式 
第4日:4月14日(日)
  • 14:00~エキシビション 

「ISU 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2019」チケット詳細

【4日間通し券】

92,000円

  • 東・西ロングサイド席保証
  • 公式練習見学チケット付き
  • オリジナルグッズ付き

【単日券】

  • 特設アリーナ:20,000 円
  • 特設アリーナ(北):20,000円
  • スタンドS:17,000円 
  • スタンドA :15,000 円
  • スタンドB :8,000 円

【注意事項】

  • 3歳未満の方は入場できません。3歳以上の方は入場券が必要です。
  • 4日間通し券は先行のみの販売となります。
  • お一人様各日 4 枚まで購入できます。
  • スタンド席からの投げ込みはできません。
  • 特設アリーナ北側のお席は、大型ビジョンが後方にあるため、振り返ってご覧頂くお席と
    なります。

チケット先行販売

4日間通し券

【受付期間】

  1. 2018年10月21日(日) 13:55 ~ 10月23日(火) 12:00
  2. 2018年10月27日(土) 21:00 ~ 10月29日(月) 12:00

【当落発表】

  1. 2018年10月27日(土) 18:00~
  2. 2018年11月2日(金) 18:00~

単日券 番組連動受付1次

【受付期間】

2018年11月3日(土)18:56 ~ 11月6日(火)11:59

【当落発表】

2018年11月10日(土)18:00~

【プレイガイド】

チケットぴあ

https://t.pia.jp/pia/events/figre-wtt/ icon

単日券 番組連動受付2次

【受付期間】

2018年11月16日(金)20:00 ~ 11月19日(月)昼12:00 

【当落発表】

2018年11月23日(金・祝)18:00~

【プレイガイド】

チケットぴあ

https://t.pia.jp/pia/events/figre-wtt/ icon

単日券 番組連動受付3次

【受付期間】

2018/11/24(土) 2:20~2018/11/26(月) 昼12:00

【当落発表】

2018/11/29(木) 18:00

【プレイガイド】

チケットぴあ

https://t.pia.jp/pia/events/figre-wtt/ icon

単日券 番組連動受付4次

【受付期間】

2018年12月7日(金)19:30 ~ 12月11日(火)昼12:00 

【当落発表】

2018年12月14日(金)18:00

【プレイガイド】

チケットぴあ

https://t.pia.jp/pia/events/figre-wtt/ icon

まとめ:「ISU 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2019」のチケットを取る、買い方

ISU 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2019の4日間通し券、番組連動受付が始まっています。

チケットは、紙チケット、電子チケット両方に対応しています。

取り扱いプレイガイドはチケットぴあですが、販売ページを見てみるとこんな表示があります。

「電子チケットも紙チケットも当落には差がない」とはっきり明言されています。

2018年のNHK杯フィギュアや全日本フィギュアのチケット販売ページにはこの表現はありません。

これってどう判断すべきなんでしょう?

 

NHK杯と全日本は電子と紙で差があるってことなのか、単に記載の有無だけなのか。

感覚的には、表示の通り「電子も紙も当選確率変わらない」なんですけどね。

 

あと、たまに「電子と紙両方に応募した!」って人見かけますが、表示のとおり最後に申し込んだチケットだけが有効になります。

これ、以前はNHK杯や全日本フィギュアにも表示があったので、「両方に申し込んだほうが得」ってのはガセだと思います。

 

国別対抗フィギュアのチケットの一般発売は2019年2月3日(日)とまだまだ先です。

今後のチケット発売状況について、わかり次第UPしていきます。

参考 ISU 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2019TV asahi

 

チケットの取り方・裏技はこちら

フィギュアスケートのチケットを取る方法
チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。