チケットの取り方を紹介します!

【2019年NHK杯フィギュアのチケットを取る】8月21日(水)通し券発売開始!NHK杯国際フィギュアスケート競技大会

2019年のNHK杯フィギュアは、札幌市南区の真駒内セキスイハイムアイスアリーナ で、11月22日(金)~24日(日)までの3日間開催されます。

 

出場選手やチケットの発売概要などは既に発表済みですが、今年はメンバーが超豪華なので、かなりのチケット争奪戦になると思われます。

 

チケットは、

  • 通し券:2019年8月21日(水)~ 8月25日(日)
  • 単日券:2019年9月11日(水)~ 9月17日(火)

というスケジュールで販売される予定で、現時点では抽選販売のみ実施される予定です。

 

おそらく、2次抽選販売、3次先着販売などが実施されると思いますが、どちらもかなりの激戦になるのは間違いありません。

なので、全日観戦できないとしても、通し券でチケットを確保しておくことをおすすめします。

2019年NHK杯フィギュア開催概要

【大会名称】

国際スケート連盟公認グランプリシリーズ2019/202019 NHK杯国際フィギュアスケート競技大会

【開催日程】

2019年11月22日(金)~11月24日(日)

【会場】

真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
(北海道札幌市南区真駒内公園1-1)

2019年NHK杯フィギュア大会スケジュール

1日目【11月22日(金)】

  • 12:30アイスダンス (リズムダンス)
  • 14:20ペア (ショートプログラム)
  • 16:00氷上オープニングセレモニー
  • 16:55女子 (ショートプログラム)
  • 19:05男子 (ショートプログラム)
    ※競技終了時間は20:40頃

2日目【11月23日 (土)】

  • 12:15アイスダンス (フリーダンス)
  • 14:35ペア (フリースケーティング)
  • 16:50女子 (フリースケーティング)
  • 19:25男子 (フリースケーティング)
    ※男子競技終了後、男子、女子の表彰式を氷上にて実施、終了時間は22:00頃

3日目【11月24日(日)】

  • 12:00エキシビション
    ※エキシビション終了時間は15:00頃

 

※開場は、各日とも最初の競技開始時刻の約90分前を予定

2019年NHK杯フィギュアチケット通し券(3日間)発売概要

【席種】

・スタンドS:38,000円

【購入可能枚数】

1人1枚のみ

【チケット形態】

電子チケットのみ

【販売方式】

抽選方式

【抽選受付期間】

2019年8月21日(水)10:00 ~ 8月25日(日)18:00

【販売窓口】

チケットぴあ icon

【その他】

  • 南・北ロングサイド席保証
  • 大会公式プログラム付き

2019年NHK杯フィギュアチケット通し券(3日間)申し込みのポイント、注意点

通し券は電子チケットのみ販売される

2019年NHK杯の通し券は電子チケットのみで販売され、紙チケットの取り使いはありません。

また、応募できるのはスマートフォンのみで、タブレットでは応募できないので注意が必要です。

 

いまだにガラケーを利用している場合は、あきらめてスマートフォンに機種変更しておきましょう。

残念ながら、フィギュアファンであれば、スマートフォンの利用は必須です。

 

ただし、実は「通し券への応募」自体はパソコンからでもできます。

申込時に「電子チケットを受け取るスマートフォンの番号」を入力する仕様なので、とりあえずパソコンから申し込んでおいて、当選したらスマートフォンに機種変更ってのも可能です。

でも、個人的にはフィギュアファンであればスマートフォンにおとなしく機種変更すべきだと思うかな。

 

フィギュアスケート電子チケットについて、詳しくはこちら

フィギュアスケート・電子チケット受け取り時の注意点、対応スマートフォンと公式チケットトレードシステム(NHK杯、全日本フィギュア選手権)

チケット購入時には電話番号の登録が必須

電子チケットを申し込む際には、電話番号の登録が必須です。

当選したチケットを受け取ることができるのは、登録した電話番号のスマートフォンのみです。

 

登録間違いを含め、電話番号の変更は一切できないので注意してください。

まあ、電話番号の変更を認めると転売防止の意味がなくなるので仕方ないです。

通し券は1人1枚のみ購入可能

通し券は1人1枚のみ購入可能となっているので、友人と二人連番で購入ということができません。

基本的に1人観戦用のチケットという位置づけなので、私のように二人で観戦したい場合は申し込みできません。

 

このように「1人1枚しか購入できない」方式は、厳格な本人確認と合わせれば転売防止効果が高いのですが、ペアで観戦できないというデメリットもあります。

このあたりのバランスは難しいですね。

ちなみに、単日券は1人2枚まで購入できると思います。

通し券はスタンドSのみ、支払い方法はクレジットカードのみ

2019年NHK杯フィギュアで設定される席種は

・アリーナ:14,000円 
・スタンドS:12,000円
・スタンドA:8,000円

の3種類です。

通し券では、このうちスタンドSのみが販売され、価格は38,000円 です。

 

単日券のスタンドSが12,000円なので、12,000円×3=36,000円と、通し券のほうが2,000円お高くなります。

通し券には

・南・北ロングサイド席保証
・大会公式プログラム付き

 

という特典があるので、プログラム代を2,000円と予想すれば、割高感はないと思います。

なお、チケット代金の支払い方法はクレジットカード限定と思われます。

入場時には本人確認のための身分証明書が必要

購入したチケットには、購入者の名前が表示されます。

入場時には本人確認が実施されるので、運転免許証やパスポートなどの身分証明書の原本が必要です。

 

なので、必ず観戦する本人名義で応募するようにしてください。

まとめ:2019年NHK杯フィギュアチケット通し券(3日間)申し込みのポイント、注意点

2019年のNHK杯フィギュアの通し券チケットの申し込みが、2019年8月21日(水)10:00 ~ 8月25日(日)18:00の期間で実施されます。

基本的に2018年からの変更点はありませんが、今年は出場選手が豪華なので強烈な競争率になりそうです。

 

出場選手、大会概要について詳しくはこちら。

【2019年NHK杯フィギュアのチケットを取る】NHK杯国際フィギュアスケート競技大会のチケットを取る方法、買い方

 

通し券はスタンドSのみですが、南・北ロングサイド席保証となっています。

花束・プレゼントの投げ込み可能エリアはアリーナ席からのみなので、通し券が当選しても投げ込みはできません。

ですが、過去の経験上、通し券はスタンド席の見やすい所に設定されることが多いので、今回も期待できると思います。

 

最初に販売される通し券ですが、今年もチケットぴあのみで取り扱うため、重複当選の心配はなくなりました。

ですが、取り扱いは電子チケットのみ、入場時には本人確認が必要なので、必ず観戦に行く本人名義で応募するようにしましょう。

あと、勘違いしている人が多いのですが、「ぴあプレミアム会員」の優先枠はありません。

なので、NHK杯や年末の全日本フィギュアについては、ぴあカード作っても意味ないので注意してください。

 

支払方法は、おそらく「クレジットカード限定」です。

なので、クレジットカードを持っていない場合は、急いで準備しておく必要があります。

おすすめは、この後の単日券で威力を発揮する「エポスカード」です。

 

通常、チケット申し込み名義とクレジットカード名義が違うと、プレイガイドで処理がはじかれて応募できません。

ですが、「エポスカード」を使うと、チケット申し込み名義とクレジットカード名義が違っても処理が通ります。

つまり、家族に頼んだりして応募数を増やすことができるんですね。

特に、チケットぴあの場合、「エポスカード」以外のカードは家族名義アカウントで使用できないので必須だと思います。

 

詳しく、こちらにまとめてあるので参考にしてみてください。

【抽選申し込み数を増やして当選確率を上げる方法】エポスカードを利用すると家族名義アカウントを利用できる

 

かなりの競争率が予想される2019年NHK杯フィギュアスケート大会。

最初のチケット販売機会となる通し券ですが、申込期間が4日間しかありません。

申込にはスマートフォンとクレジットカードが必須なので、今のうちに準備をしておきましょう。

 

今回のNHK杯フィギュアのチケットについては、アンケートを実施する予定です。

今後のチケット確保のために、ご協力宜しくお願いします。

◆アンケート入力【当選発表後に受付予定】

2019NHK杯フィギュアまとめはこちら

 

チケットの取り方・裏技はこちら

フィギュアスケートのチケットを取る方法
チケットの取り方

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。