チケットの取り方を紹介します!

【高校野球チケットを取る】2019年夏の甲子園チケット発売日を予想してみる

日本の夏の風物詩となっている、甲子園で開催される高校野球。

第101回目の開催となる2019年の夏の大会は、8月6日(火)に開幕し、16日間の日程で開催されます。

 

組み合わせ抽選会は8月3日(土)に大阪フィエスティバルホールで、そして雨天中止などがなければ決勝戦は8月21日(水)の予定です。

 

昨年は第100回の記念大会ということで、56校が出場しましたが、2019年はいつもどおり47都道府県から49校が出場となります。

北海道が北と南、東京が東と西の2校出場なので47都道府県+2=49校です。

 

5月8日時点では、夏の高校野球のチケット発売概要は未定です。

ですが、これまでの情報や昨年のチケット発売状況の傾向などから、2019年に開催される第101回夏の甲子園高校野球のチケットを取る方法を考えてみます。

 

【2019年6月5日追記】

チケット発売概要が発表になりました!

【高校野球チケットを取る】2019年夏の甲子園・当日券、前売り単日券、通し券の料金・発売日発表!

高校野球チケット、観戦ガイドのまとめはこちら

2019年(令和元年)甲子園・高校野球の日程

2019年(令和元年)甲子園・高校野球の日程、出場校、組み合わせ抽選

【出場校】

49校(北海道、東京が各2校)

【組み合わせ抽選日】

8月3日(土)大阪フェスティバルホール

【日程(予定)】

・8月06日(火)開会式
・8月07日(水)
・8月08日(木)
・8月09日(金)
・8月10日(土)
・8月11日(日)
・8月12日(月)
・8月13日(火)
・8月14日(水)
・8月15日(木)
・8月16日(金)
・8月17日(土)準々決勝
・8月18日(日)休養日
・8月19日(月)準決勝
・8月20日(火)休養日
・8月21日(水)決勝戦

計16日間(休養日2日含む)

2019年からの変更点

2019年の第101回大会からの大きな変更点は次の2点です。

1.試合開始時間の前倒し

できる限り涼しい時間帯に試合を行うため、試合開始時間が前倒しされました。

甲子園で開催される高校野球は、その日に実施される試合数によって、第一試合の開始時間が決まっています。

試合数 変更前 変更後
3試合日 9:30開始 8:00開始
4試合日 8:00開始 8:00開始
準決勝 10:00開始 9:00開始

従来は、3試合日は9:30試合開始だったのですが、4試合日と同様に8:00開始に変更となります。

 

この変更は個人的にはかなりプラスです。

どうせ9:30試合開始日でも、チケット&座席確保のため、朝早くから甲子園に行く必要があります。

なので、早く試合が始まった方が待ち時間が短くなって楽かな。

 

それに「今日は何時から試合開始だっけ?」って調べなくても、とにかく8時開始て思っておけばいいのも便利ですよね。

2.準決勝の翌日に休養日が設定された

従来は準々決勝の翌日に1日だけ設定されていた休養日に加えて、準決勝翌日にも休養日が設定されました。

なので、2019年は合計2日の休養日があります。

 

これも選手の健康・体調管理のためですね。

観戦に行く場合は、間違って休養日に行かないよう注意しましょう。

 

ただし、雨天等のため試合中止があり、日程の順延がある時は要注意です。

  • 3日間の順延があった場合:準決勝翌日の休養日がカット
  • 4日間の順延があった場合:準決勝翌日、準決勝翌日の休養日がカット=休養日自体がなくなる

この辺ちょっと複雑。

高校野球を甲子園で観るのは格別!現地観戦のススメ

高校野球といえばやっぱり夏!

高校野球といえばやっぱり「夏の大会」なんです。

春の選抜もありますが、やっぱり夏とは格が違う感じ。

  • 3年生は最後の大会なので「負けたら終わり」という緊張感
  • 「地方大会から勝ち上がらないと出場できない」という出場自体の価値
  • 炎天下で必死にプレーする選手への尊敬と感動

このあたりが違うのかなと個人的に思います。

 

そして、プロ野球とも違った面白さ、感動があります。

地元のチームが勝ち進んだりしたらほんと感動して涙が出たりします。

 

プロ野球好きな人、ぜひ一度高校野球を甲子園で生で見てください!

 

そして、野球に興味がない人も、地元学校や出身校が出場したら、ぜひ甲子園に足を運んでみてください。

選手たちのプレーとスタンドの応援に感動しますよ。

ブラスバンドを生で聞くのは最高!

甲子園といえば、選手のプレーと合わせて「応援」も注目です。

中でもブラスバンドは特徴的で、演奏を聴くと「ああ、甲子園に来たんだな」って思えます。

これ、テレビやラジオでは魅力が半分も伝わりません。

 

チームによって演奏に特徴があるのも面白いです。

流行りの曲をいち早く取り入れたり、伝統的な曲を演奏したりと、バラエティー豊かでとっても楽しいです。

学校によっては、「観客席で人文字」を作る場合もあるので、見た目も特色があります。

 

高校野球のブラスバンドを実際に生で聞くと、これも感動しますよ!!

甲子園の雰囲気、感動はテレビでは味わえない!

甲子園独特の雰囲気も、テレビ、ラジオでは絶対に伝わりません。

 

よく「魔物が住む」っていう試合展開があるのですが、これが現地だと雰囲気でわかるんです。

異様な雰囲気というか緊張感というか、選手が飲み込まれて普段の力を出せないのがとてもよくわかります。

 

また、ファインプレーがあった時の「歓声」や、逆転など劇的な試合展開があった時の「どよめき」も現地でなければわかりません。

 

2018年大会に出場した金足農業の「何かが起こる感」はほんとにドキドキしました。

 

「テレビで観る甲子園」と「現地で観戦する甲子園」は全くの別物です。

みんなそれがわかってるから、あれだけ混雑するのですけどね。

 

でも、長時間並んで、徹夜してみるだけの価値は十分にあると思います。

甲子園・高校野球のチケットの注意点と特徴

前売りチケットを持っていないとかなり厳しい

ここ数年の夏の甲子園は、異常なほどの人気があります。

特に、土日、お盆などは超混雑して、「始発で甲子園についても内野席のチケットが買えない」ってのが普通になってます。

それどころか「前日の夜10時から徹夜してもチケット買えない」という、ありえない状況となっています。

 

混雑の様子はこちらにまとめてあります。

また、このページには現地の様子についてもコメントをたくさんいただいています。

これ、すごく貴重な情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

【甲子園・高等野球】当日券発売の混雑、早朝からの行列の様子、当日券の再販売まとめ

前売りチケット発売時点では対戦カードがわからない

一般的に、野球にしろサッカーにしろ、「対戦カード」を確認してからチケットを買うかどうか決めますよね?

ところが、高校野球の場合は、この当たり前のことができません。

なぜなら、単純に「対戦カードがわかる前にチケットが発売され売り切れる」からです。

 

例えば、2018年の場合は

  • 6月20日(水):前売り通し券(中央特別指定席)発売
  • 7月18日(水):前売り通し券(1・3塁特別自由席)発売
  • 7月18日(水):前売り単日券発売
  • 8月02日(木):組み合わせ抽選

というスケジュールなので、どうやっても対戦カードを確認してチケット買うの無理なんです。

 

また、試合はトーナメント方式で開催されるので、その日の勝敗によって次の対戦カードが決まってきます。

 

このため、高校野球の場合、「対戦カードが決まってから前売りチケットを買う」というのは不可能です。

このあたりも、当日券の異常な行列ができる理由につながってくるんですけどね。

甲子園・高校野球のチケットの販売方法と種類

甲子園で開催される高校野球のチケットは、ちょっと変わっていて独特です。

なので、まずはチケットの種類をしっかり理解しておくのが大切です。

 

まずは、

  • あらかじめ購入できる「前売り券」と、試合日に購入できる「当日券」がある
  • 「前売り券」には期間中利用できる「通し券」と、その日だけ利用できる「単日券」がある

この2点の理解が必要です。

 

また、席種としては

  • 中央特別指定席
  • 1・3塁特別自由席
  • アルプス自由席
  • 外野自由席

の4種類があります。

前売り券

1.通し券(連券)

大会期間中ずっと利用できるチケットで、期間中利用できるチケットが束になっています。

観戦するときは、チケットの束から必要な分だけ利用する方式です。

 

通し券には、中央特別指定席と1・3塁特別自由席の2種類があります。

で、これまた注意が必要なのが、「1・3塁特別自由席は一部が共通券になっている」という点です。

共通券とは、指定された期間であればいつでも使えるよってチケットです。

なので、共通券を4枚を使って、第一日目に4人で観戦するってことができます。

 

中央特別指定席には共通券の設定がないので、チケットには入場可能日が印字されています。

当然、印字された日以外には利用できません。

 

また、「雨天中止になっても払い戻しがない」というのも通し券の特徴です

2.単日券

単日券は、券面に印刷された日だけに利用できるチケットで、1・3塁特別自由席しか設定がありません。

また、「第一試合が雨天中止になり順延となった場合」はスライド利用できず、すべて払い戻し対象となります。

当日券

試合当日に発売されるチケットです。

対戦カードがわかってから購入できる=応援したいチームの試合が観れるというメリットがありますが、特に夏の大会の場合は、チケット売り場に超行列ができます。

 

当日券では中央特別指定席は販売されないので、取り使うのは、

  • 1・3塁特別自由席
  • アルプス自由席
  • 外野自由席

の3種類です。

甲子園・高校野球の席種

甲子園で開催される高校野球では、大きく分けて4つの席種があります。

中央特別指定席

2,800円

いわゆるバックネット裏に該当する座席です。

座席にはテーブルもついていて、ほとんどのエリアに屋根もあるので快適に観戦することができます。

中央特別指定席は、前売り通し券でしか購入できません。

1・3塁特別自由席

2,000円

阪神タイガースの試合では、ブリーズシート、アイビーシートと呼ばれる座席です。

甲子園では、午前中は1塁側が日向、午後は3塁側が日向になります。

 

夏の甲子園の場合は、日向かどうかが死活問題になるため、午後が日陰になる1塁側が人気です。

エリアの後ろ部分には屋根もあるので、雨が振りそうな時は屋根下の座席を選びましょう。

アルプス席

800円

出場校の応援団やブラスバンドが利用する席ですが、一般の人も入場できます。

応援が非常に盛り上がるエリアですが、屋根がないので雨が降るとずぶぬれになります。

夏場は日差しも厳しいエリアになりますが、選抜の場合は逆に暖かくていい場合もあります。

背もたれがないことから、長時間の観戦には不向きかも。

外野席

500円

外野席は座席数も多く、比較的チケットが買いやすいのがメリットです。

ですが、屋根や背もたれはなく、夏の大会は1試合観戦でもかなり日焼けします。

なので、厳重な日差し対策が必要です。

2019年甲子園高校野球のチケット発売状況の予想

2019年チケット発売の変更点

2019年のチケットについて、値段など詳細は不明でが、5月8日(水)時点でわかっているのは次の2点です。

1.「中央特別指定席・通し券」の販売方法を抽選方式に変更

2019年の中央特別指定席は、抽選方式で販売されると発表されています。

昨年は、6月20日(水)に中央特別指定席の販売が「先着方式」で実施され、発売後10分程度で完売しています。

お値段が4万円以上するお高めのチケットだったんですけどね。

いちお、転売防止のため抽選方式にするそうですが、はたしてどれだけ効果があるのか疑問。

2.「1・3塁特別自由席・通し券」を、店舗に加えてWEBでも販売する

2019年の1・3塁特別自由席・通し券は、店舗+WEBでも販売するそうです。

昨年は指定店舗のみでの販売だったのですが、この変更が何を意図しているのか正直分かりません。

2018年のチケット発売状況まとめ

2019年のチケット発売を予想するため、2018年の様子も整理してみます。

  • 6月15日(金):発売概要発表
  • 6月20日(水):前売り通し券(中央特別指定席)発売
  • 7月18日(水):前売り通し券(1・3塁特別自由席)発売
  • 7月18日(水):前売り単日券発売
  • 8月02日(木):組み合わせ抽選

こうやって見ると、発売概要発表から実際の発売までが6日しかないので、結構タイトですよね。

で、前売り券はどちらも水曜日発売ってのが目立ちます。

 

高校野球のチケットは2018年から取り扱い方法が大きく変更され、この形態での販売実績が1年しかありません。

なので統計としてはちょっと弱いのですが、チケットって「同じ曜日に発売」されることが多いんですよね。

 

なので、2019年も「水曜日発売」となる可能性は十分あります。

 

また、最近は「転売防止のためチケット発売から試合日までの期間を短くする」という傾向があるで、中央特別指定席の発売時期はもっと後になると予想します。

というわけで、

  • 6月後半:中央特別指定席の抽選受付
  • 7月前半:当選発表
  • 7月17日(水):その他チケットの一般発売

と予想します。

外れたらごめんなさい。

 

2018年のチケット発売状況について、詳しくはこちらを確認してみてください。

【高校野球チケットを取る】2018年夏の甲子園・6/20中央特別指定席・通し券チケット発売の様子まとめ
【高校野球チケットを取る】2018年夏の甲子園・7/18一般発売の様子と戻りチケットまとめ

まとめ:2019年夏の甲子園・高校野球のチケット発売日を予想してみる

令和になって最初の甲子園・高校野球が、2019年8月6日(火)から16日間の日程で開催されます。

 

昨年の混雑状況を振り返ると、やっぱり事前に前売り券を確保しておくことを強くおすすめします。

特にお盆時期は徹夜しないと内野自由席のチケット買えないというのが普通になっています。

 

それだけ、甲子園で生で見る高校野球が最高ってことなのですけどね。

徹夜は「夏のイベント」としてみれば楽しいって人もいるかもしれませんが、私はちょっと無理です。

 

なので、今年もなんとか通し券の確保がんばりたいです。

昨年は中央特別指定席、通路横、屋根下、1塁寄りって最高の通し券を買えたのですが、例の豪雨災害で野球観戦どころではなくなってしまいました。

 

なんとか1試合は観戦できたのですが、今年はもっと甲子園行きたい!!

8月20日高校野球準決勝を観戦に甲子園に行ってきた!混雑と球場の様子まとめ

 

というわけで、今後も情報収集頑張ります。

皆さんもご協力よろしくお願いします!

 

【2019年6月5日追記】

チケット発売概要が発表になりました!

【高校野球チケットを取る】2019年夏の甲子園・当日券、前売り単日券、通し券の料金・発売日発表!

高校野球チケット、観戦ガイドのまとめはこちら

 

入手困難なチケットの取り方、裏技はこちら

甲子園球場・高校野球のチケットを取る方法、観戦ガイド
チケットの取り方

5 Comments

La Mesa

こんにちは。いよいよ近づいてきましたね。
今年は、「通し券を買ってホテルを予約して会社を休んで全試合観戦」という長年の夢を実行すべく、色々と準備をしているのですが、中央特別指定席は抽選なんですか!うーん。

それだけ長く会社を休むには6月前半くらいには全ての段取りを行う必要があるのですが、その後7月に「落選」したら目も当てられないです。両方当選したら片方を捨てる覚悟で、2IDで申し込むことも考えないといけないかもしれません。
去年と同じにしてくれないかなー。

あと、転売対策なら簡単な方法があると思うのです。「束から切り離したら無効」にするだけです。これだけで、少なくとも通し券のバラ売りについては、転売屋は壊滅と思います。何でやらないんだろう。

今後も高校野球情報を期待してます!ありがとうございました。

返信する
くるみっこ

いよいよですね。

全試合観戦はすごくうらやましいです。
私もいつかしてみたい!!!

中央特別指定席はおそらく抽選になると思います。
4月17日にそういう報道があったので。

抽選方式にしても転売防止にはならないのにね。

ご指摘の通りの取り扱いにするか、いっそのこと通し券は「一枚のパス」にするのもアリですよね。

どちらにしても、今後の情報収集大切です。

返信する
澤崎さん好きでした!

お世話になっております。

今回中央特別指定席が抽選になるということですが、ぴあカード作成しといたほうがよろしいですかね?
毎年行ってますが、前売り券は必須ですよね!

返信する
くるみっこ

高校野球のシーズンが近づいてきましたね!

結論から言うと、「高校野球のチケットのためにぴあカード作成」は不要だと思います。

ぴあの抽選は、ぴあカードの効力がないのが結構あります。
フィギュアスケートとかPerfumのファンクラブ枠などは、ぴあカードの効力0です。

ぴあの抽選=ぴあカードで当選確率アップと勘違いしている人が結構いますが、違います。

高校野球の場合、ぴあカードの効果なしの可能性が高いので、わざわざ4,000円近くするぴあカード作る必要ないです。

それに、ぴあカードの効力ありってわかってからでも遅くないですよ。
ぴあは「カードの申し込みすれば、手元に届く前に優先枠使える」って制度ありますから。

返信する
澤崎さん好きでした!

アドバイスありがとうございます!

甲子園の当日券(お盆とか準々決勝とか)をゲットするのはほんとに骨が折れるので、なんとか前売り券ほしいですよね!

ぴあは「カードの申し込みすれば、手元に届く前に優先枠使える」というのは知らない技だったので万が一のときは使わせていただきますm(__)m

返信する

コメントをどうぞ(「名前」欄は必ず入力してください)

「名前」を入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。